神田愛花アナは夫の日村勇紀とは破局説も流れたが結婚!

スポンサーリンク

2015-06-29_181024

今回は、元NHK所属で現在はフリーアナウンサーとして活躍している神田愛花(かんだあいか)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

神田愛花アナウンサーは、NHK退職後、フジテレビ系『めざにゅ~』のメインキャスターを務め、BSスカパー!『Newsザップ』のキャスターを務めています。

 

2015年4月には、お笑いコンビバナナマンの日村勇紀との交際が発覚し世間を驚かせ、2018年4月7日に晴れて結婚に至っています。

 

神田愛花プロフィール
出身地神奈川県横浜市
生年月日1980年5月29日(38歳)
身長156cm
血液型O型
最終学歴学習院大学理学部数学科卒業
所属事務所セント・フォース
職歴NHKアナウンサー
(福岡→東京アナウンス室:2003年~2012年)
活動期間2003年~
推定年収?
推定カップBカップ
資格

一級小型船舶操縦士

趣味

海釣り、歌舞伎鑑賞

同期

一柳亜矢子

首藤奈知子

西堀裕美

橋本奈穂子

古野晶子

出演番組(過去含む)

・TVQ九州放送『おとななテレビ』

・BSスカパー!『NewsザップMC』(月~木曜日担当)

・JFN『スキマから聴こえてくるラジオ』

神田愛花アナウンサーの経歴。

2016-10-20_001536

 

神田愛花アナウンサーの経歴は、神奈川県横浜市出身、中高一貫校である私立大妻中学校・高等学校を経て、学習院大学理学部数学科を卒業後、2003年4月にNHKにアナウンサーとして入局しています。

 

中学・高校時代には生徒会長を務めています。大学時代は飯高茂(学習院大学理学部数学科教授)研究室に在籍。また、女性ファッション雑誌に読者モデルとして掲載されたことがあります。

 

2016-10-20_000024 

3年時には、『ミス学習院コンテスト2001』において準グランプリに輝いています。

 

NHK時代。

 

NHK入局後、初任地は、拠点局である福岡放送局に勤務。福岡放送局時代から度々全国区の番組に出演しており、2005年には青山祐子アナの代役で『サタデースポーツ』、『サンデースポーツ』のキャスターを務め若手のホープとして期待されていました。第56回NHK紅白歌合戦『スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜』のお披露目隊として先輩の高山哲哉アナとともに日本全国を走り回った経験があります。

 

また、『2006FIFAワールドカップ放送』では、総合テレビで日曜日の朝に放送されていたウィークリーハイライトのサブMCも務め、ワールドカップ期間中は、福岡から毎週上京しています。2007年春に東京アナウンス室へ異動が決まり、2年間務めた塚原愛アナの後任として『爆笑オンエアバトル』6代目司会(この時、キャッチフレーズは「愛から愛花へ」)、BS hi『にっぽん力検定』⇒『双方向クイズ にっぽん力』の司会を務めています。

 

また、同年11月25日には、『全国高等専門学校ロボットコンテスト全国大会』の司会を担当。2008年にフジテレビで放送された『FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』番組内の「さんま・中居の今夜も眠れない」では、明石家さんまが選ぶ「さんまのラブメイト10」において第4位に選ばれています。

 

NHKを退職。フリーアナウンサーとして活動。

2012年2月にNHKに退職する意思を伝え、3月31日付で退職しています。退職の理由については、一部週刊誌の報道では、NHK局内で神田愛花アナに対して陰湿なイジメがあったと言われています。

 

彼女は元々は、報道志望でしたが、バラエティ番組ばかりに起用され、上に希望を伝えても全く話が通らなかったようです。また、彼女の人気と美貌に嫉妬した先輩アナウンサーからのイジメも酷かったと言われています。

 

NHK退職後、複数の芸能事務所と所属契約の交渉を行い、2012年7月からセント・フォースに所属することが決定しています。10月2日よりTBSラジオ『ザ・トップ5〜リターンズ』の毎週火曜日パーソナリティを務めています。2013年4月からは、フジテレビ系早朝の情報番組『めざにゅ〜』の月曜~水曜のメインキャスターを1年間務めています。

 

2014年1月11日からは、TVQ九州放送『土曜の夜は!おとななテレビ』にレギュラー出演しています。

 

同年10月6日には、BSスカパー!『ニュースザップ』のMCに就任しています。 (~2017年12月)

 

神田愛花アナがバナナマン日村勇紀と結婚に至るまでの馴れ初め経緯。

神田愛花アナウンサーは、2017年4月7日にお笑いコンビバナナマン・日村勇紀と結婚しています。

 

日村勇紀(ひむらゆうき)の経歴は、広島県出身、1972年5月14日生まれの46歳。高校時代からお笑いコンビを組み、1990年に芸能界入り。1993年に設楽統と共に『バナナマン』を結成。身長172㎝。血液型O型。一見コミカルな風貌ですが、売れっ子芸人で高収入、女性に対しても優しいと評判でモテるタイプだと言われています。

 

2人は、2013年末のクイズ番組で同じグループになり、神田愛花アナの方が日村勇紀に一目惚れをし、別の番組で再会した時に神田愛花アナが「好きです」と打ち明け、2015年2月から交際がスタートしています。

 

2015年4月17日発売の写真週刊誌『フライデー』では、2人の熱愛半同棲生活が報じられ大きな話題になりました。記事によると、3月下旬、神田愛花アナは仕事が終わるとスーパーで買い物を済ませ、帰宅せずにそのまま都内の高級マンションへ入っていったそうです。このマンションは芸能人が多く在住している事で知られ、これは怪しいとフライデーの記者は神田愛花アナをマークし続けたといいます。その後もこのマンションへ通うことが続き、近所に救急車が来た際にベランダから2人揃って顔を覗かせたところをついに激写されています。この報道を受け日村は2月半ばから交際していると認め、互いの事務所も交際を認めるコメントをしています。また、以前神田愛花アナがTwitterでタラバガニの写真を投稿していたことが有り、同時期に日村もラジオの生放送でタラバガニの話をしていたといい、2人は怪しかったとも言われています。

 

神田愛花アナの方から告白したと言うことで、一部報道では「売名行為」といった旨の内容もあり、神田愛花アナは自身のSNSで「ネットで、すごく悲しくなる記事を見付けてしまいました…。なんでそういう理論にもっていくんだろう。全然違うのに…」「反論したくなる気持ちを必死におさえているところです 私よ、大人になれ、大人になれ、大人になれ…」と綴っています。

 

同年6月30日放送の日本テレビ系 『今夜くらべてみました~トリオ THE 悩めるセント・フォースな女~』に出演した際には、交際について触れられると日村から「たくさん喋ってきていいぞ」と言われたらしく「洗濯する時には必ず脱いだパンツにウンチがついています」と仰天エピソードを赤裸々に暴露し周囲をざわつかせ、司会のSHELLYに「そこまではダメと思ってる」とダメ出しされています。また、自身についても「ハンカチはもたない」「鼻を噛んだテッシュを乾かして再利用する」などちょっと変わってる面があることを明かしています。これを見た視聴者の一部からは「ぶっちゃけすぎじゃね?」「交際ネタで売名行為か?」「金目的」「かわいくない」「痛すぎるだろ」といった批判的な声も挙がっています。

 

同年7月7日放送の『踊る!さんま御殿!!』に出演した際には、日村との付き合いをノロケながらも、母親に交際を反対されていた事を明かしています。母親の「娘の恋人の条件」は、かなり厳しく「高学歴であること」、「生まれつきのお金持ちであること」、さらに「見た目が速水もこみちみたいであること」と明かしています。この発言を受け視聴者からは、「何様のつもりだよ!」「日村にも、日村の両親にも失礼だ!」と、またも批判の声が殺到しています。

 

(以下、同番組での発言まとめ)

・日村とは、2014年11月に知人を介してセッティングしてもらい自分からご飯に誘った。その場で電話番号を聞かれ交換したが連絡が途絶え気味となり神田から「デートに行きたい」と何度も誘った。

 

・同じ事務所の小林麻耶と食事に行った際には、日村の事がタイプだと話している。小林によると日村のことを「包み込むような雰囲気が好き」「性格だけではなく顔がタイプ」と言っていたといい、神田から「よく見て麻耶ちゃん。目とかすごい可愛いから。鼻も高いんだよ。」と力説されたという。

 

・高校時代に、お坊ちゃま高校の男子生徒とデートした際に、当時「マルサの女」が見たくて見たところ、次のデートの日は決まっていたが彼から連絡が来なくて、連絡をしたところ「愛花ちゃんはイメージが違ったからデートしたくない」と言われた。

 

・今までは「母親の理想の人ばかり探してきたが自分がその人を好きになれなかった」と明かしている。母親の理想の男性は高学歴、収入が結構あって、一代で築いたのではなく生まれた時からお金持ちか、安定した収入のあるサラリーマンの方で、見た目が速水もこみちだという。

 

・母親はバラエティ番組を見ないので日村のことを全く知らず、交際し始めたときは反対されて大変だった。しかし、以前に母の理想に近い企業の御曹司と交際していたが、なんだかんだで反対されていた。今まで母のために自分が結婚すればいいと思っていたという。

 

・今回(日村との交際)は、母親に反対されても自分が前に進んで交際している。現在でも許したのか諦めたのかは聞いていないと明かしている。

 

お互いの母親が反対!日村の母親が激怒!結婚は「絶対ない!」らしい。

 

2015年7月14日の『女性自身』において、同誌の記者が、相模原市にある日村の実家に取材で訪れた際、母親は結婚について問われると「結婚なんてない」と答えたといい、両親同士の交流について聞かれると「何もない。だから結婚なんて絶対にない!絶対に!!」と怒りを露わにし、インターホンを切られてしまったと伝えています。また、関係者の証言では、日村が「結婚は、すぐにでもしたいよ。でも、うちの母親が大反対しているんだ。紹介しようにも会ってくれなくて」とボヤいていたと伝えています。

 

日村勇紀が交際は継続中と宣言。

 

この報道により不穏な空気も流れましたが、『週刊女性』9月15日号では、恵比寿のダイニングバーで食事中の2人のツーショット写真を掲載しています。2人はハワイのガイドブックを開き旅行の予定を立てていたと報じています。2016年12月27日の日本テレビ系『超踊る!さんま御殿!! 2016年話題の人が大集合4時間半大忘年会SP』に出演した際には、「おかげさまでまだお付き合いさせていただいてる」と交際が続いていることを明かしています。MCのさんまから「かなり長いし、結婚っていうのに届いてもいいんちゃうか?」と聞かれると「まだ話は出ていなくて」と答え、「プロポーズ待ちなのか?」と問われたところ「プロポーズ待ちなのか、プロポーズする側なのかよくわからないんですけど」と話し、具体的にはまだ何も決まっていないようです。

 

『アサヒ芸能』(2017年3月30日号)では、2人が破局したのではないかと報じています。記事によると日村の自宅近くにある飲食店の常連客曰く、近所でよく2人の姿を見かけていたのに今年に入ってから一度も見なくなったと言い、他の常連客たちも「別れてしまったのでは?」と心配しているといった内容でした。この報道を受け、同月24日には、日村がラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』で破局説を否定しています。相方の設楽統から冗談で「別れちゃったんでしょ?」と確認されると、日村は「別れちゃったって、別れてないよ」「全然別れてないです」と完全否定しています。

 

日村勇紀がラジオ番組で結婚したことを生報告。

 

2018年4月7日、日村勇紀(当時45歳)がTBSラジオ『バナナマンのバナナムーンGOLD』番組中に「4月7日に私、日村は、神田愛花さん(当時37歳)と結婚しました」と生報告。続けて「(2人で)ついさっき区役所に婚姻届を出してきた」と明かし、相方の設楽統が婚姻届の証人となったといいます。

 

2017年12月に日村の方からプロポーズしたといいます。双方の所属事務所も文書で結婚を報告。神田愛花アナの結婚報告。

「この度、わたくし神田愛花は、バナナマン日村勇紀さんと結婚致しました。毎日彼の身の回りに起こる奇想天外な出来事を体験していくうちに、人生で初めて結婚してみたいと思うようになりました。彼にとても感謝しております。今後ともわたくしたちをどうぞ宜しくお願い致します。」

なお、妊娠はしておらず、挙式・披露宴は未定と発表。交際期間約3年でゴールインしています。

 

他のエピソード

 

・2018年4月9日放送の、フジテレビ系『ノンストップ』では、MCの設楽統が、日村勇紀から1カ月程前に結婚することを知らされ、神田愛花アナも交えて食事をしたと時のエピソードを披露。神田愛花アナは日村勇紀のことを最初こそ「日村さん」と呼んでいたものの「ソール」と呼んでいたという。番組ではその理由を聞いたところ、最初は日村勇紀から「ユーくん」と呼んでいたが、それから徐々に「ユーキュン」→「ユキュソ」→「ユキュソール」→「ソール」に変化したと説明している。

 

神田愛花アナウンサーまとめ。

・学生時代には読者モデルとして活動。

・2001年度準ミス学習院。

・NHKを退職してフリーアナウンサーとして活動。

・2015年4月にバナナマン・日村勇紀と交際発覚。2018年4月に結婚。

今後も神田愛花アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
女性アナウンサー8名出演!踊るさんま御殿SP7月7日
2015年7月7日放送の日本テレビ系列『さんま御殿3時間SP 女子アナ軍団の逆襲!』には吉川美代子(元TBS)、小林麻耶(元TBS)、皆藤愛子(セント・フォース)、神田愛花(元NHK)、小島奈津子(元フジテレビ)、本田朋子(元フジテレビ...
【セント・フォース】女性アナウンサー名鑑【一覧】
株式会社セント・フォース(cent. Force CO.,LTD)は、フリーアナウンサー、キャスター、リポーターなどが所属する芸能事務所です。 所属する者はキャスターやリポーターを務める女性が多い。キャスター業と平行し、タレントや...

コメント