.

青山祐子アナウンサーは夫の仕事の関係で香港へ【NHK】

この記事は約 7 分で読むことができます。

2017年12月27日

2015-02-17_183308

今回は、NHKに所属する青山祐子(あおやまゆうこ)アナウンサーについての情報を集めました。

 

青山祐子アナは、かつてはNHK総合『サンデースポーツ』や『ニュースウォッチ9』のメインキャスターとして活躍していたNHKの「看板アナ」の一人でした。

 

青山祐子プロフィール
出身地 広島県佐伯郡大野町
(現・廿日市市)
生年月日 1972年12月27日(45歳)
身長 163㎝
血液型 ?型 
最終学歴 筑波大学体育専門学群卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 長野→東京アナウンス室
活動期間 1995年~
ジャンル 情報番組など
配偶者 あり(2011年)
推定年収 ?
推定カップ 推定D~Eカップ
好きな食べ物

炊き立ての白米、ちなみに放送前はNHK1階食堂の野菜ラーメンが好きです。

趣味、特技

ゴルフ、茶道、ピアノ、スキー、弓道四段

リフレッシュ術

ゴルフ、友達との食事とカラオケ。家族と一緒に過ごす。

同期

柘植恵水(福井→東京アナウンス室→名古屋→東京アナウンス室→名古屋)

長尾香里(NHK国際部記者)

担当番組

(2012年2月から産前育児休暇中)

青山祐子アナウンサーの経歴

 

青山祐子アナウンサーの経歴は、広島県佐伯郡大野町(現・廿日市市)出身、広島女学院高等学校を経て、筑波大学体育専門学群を卒業後、1995年にNHKにアナウンサーとして入局しています。

 

高校時代は、新体操の選手として活躍。大学時代には、弓道部に所属しており1993年1月に行われた第43回三十三間堂弓道遠的大会の成人女子の部で優勝した経験があります。

 

アナウンサーを目指したきっかけは、1994年のリレハンメルオリンピックでのスキーの団体種目で、原田雅彦が、金メダルを目前にしてジャンプを失敗した際、日本チームの選手が駆け寄ってきた映像に感動し「そのような現場にいたい」と、強く思い、アナウンサーを志しました。

 

就職活動では、NHKと長野朝日放送のアナウンサー試験に合格。1998年に長野冬季オリンピックが決定していた為、どちらに就職するか迷ったようですが最終的にはNHKを選んでいます。

 

青山裕子アナウンサーのNHK時代

 

初任地は、NHK長野放送局に勤務。本人の希望が叶った形となり『長野オリンピック』の中継リポートなどスポーツ番組を担当しています。1999年4月に東京アナウンス室に異動した後も『NHKニュース11』のスポーツコーナー、『NHKニュースおはよう日本』のスポーツコーナー、『サタデー・サンデースポーツ』などスポーツコーナーで活躍。

 

また、『アテネオリンピック』、『トリノオリンピック』、『北京オリンピック』、『バンクーバーオリンピック』などの現地取材やスタジオメインキャスターなどを務め、NHKの女性スポーツ担当アナウンサーの中心的存在になります。

 

2008年4月からは、それまでスポーツを担当していた『ニュースウォッチ9』のメインキャスターに昇格しています。

 

 

2011年1月、医療福祉関連会社を経営する医療法人のナンバー2と言われる1歳年下の谷元 樹氏と結婚しています。同年4月、『ニュースウォッチ9』を降板。翌4日よりトーク番組『スタジオパークからこんにちは』の司会を担当しています。

 

2012年1月、第1子を妊娠したため『スタジオパークからこんにちは』を降板。同番組の20日放送回を最後に産前育児休暇に入っています。

 

青山祐子アナウンサーの結婚相手の夫について

 

2011年8月20日に綱町三井倶楽部で執り行われた青山アナの結婚披露宴が、かなり豪華だった事で話題になりました。独身時代に通っていた茶道教室で知り合い親しくなったタレントの神田うのの影響なのか、夫が高収入なこともあり、とてもNHKアナウンサーと一般人男性の結婚式とは思えないほどの豪華な披露宴だったといいます。

 

同年5月に明治神宮で行われた式でも、後日行われた披露宴でも、神田うのプロデュース「Scena D’uno(シェーナ・ドゥーノ)」の和装やドレスを着用しています。(同年3月に起きた東日本大震災の影響で5月は式のみで披露宴は自粛していた。)

 

披露宴の参加者も有名人ばかりで、王貞治長嶋茂雄古田敦也、夫の親友でありビジネスパートナーの大相撲・朝青龍も出席しています。しかし、この結婚に関する様々な問題でNHK幹部が激怒していると一部週刊誌に報じられています。

 

NHK幹部が激怒したと噂の本当の問題は?

 

一番問題になったのが、披露宴の写真が神田うののブログにアップされたことです。NHKアナウンサーとして、「披露宴の写真などが芸能人のブログにアップされること自体が問題」だとして、青山アナはNHK幹部から口頭注意を受けたと言われています。

 

しかし、注意後も神田うののブログには、何度も青山アナが登場しています。しかも第2子妊娠の際には、神田のブログで発表する形となり、NHKから直接、神田の事務所へ記事を削除してほしい旨のお願いをしたとも言われています。

 

この件に対して、神田うのが、非常識だとバッシングする意見もありますが、青山アナがNHKからの指摘をしっかり受け止めて注意していれば、神田うのもそんな非常識な事はしていなかったと思われます。

 

一部では、NHK社内への披露宴の招待状が、パソコンの一斉送信メールだったという報道もありますが、さすがに、これは実際にはどうだったのかはわかりません。

 

青山祐子アナウンサーはセレブの仲間入り

 

結婚後の青山アナは、とにかくセレブっぷりが週刊誌などで度々報じられています。住まいも、リビングが30畳以上で家賃100万円~130万円の超高級マンションだと言われています。

 

2012年3月に第1子長男、2013年6月に第2子長女と、スピード出産した青山アナですが、東京都港区赤坂の「山王病院」で出産したのではないかと報道されています。

 

「山王病院」は安くても一泊三万円、もっとも高価な病室では、一泊十二万円と噂されるセレブ御用達の有名病院です。芸能人では山口百恵松嶋菜々子広末涼子なども、こちらの病院で出産したといいます。

 

夫である谷元氏の仕事の関係で香港に移住

 

医療福祉の大手関連会社の役員だった夫(医療法人錦秀会No.2と言われた谷元 樹氏)が、クビになったという報道がありました。

 

投資や金融機関との関係悪化など、利益を出せなかった事が原因とされており、会社から「退職金を100倍にしてもいいから早く辞めさせろ」と、言われるまでに怒りを買ってしまったそうです。その為、住まいだった超高級マンションも社宅だったために追い出される事になってしまったとも言われています。

セレブ仲間である和泉佳子氏のフェイスブックによると、2014年3月には、夫の仕事の関係で、香港に移住したとの事です。

 

2014年3月24日には、サンケイスポーツが青山アナが3人目の子供を妊娠したことを報じ、7月に第3子次男を出産しています。

 

2016年12月10日、日刊スポーツが第4子を妊娠したと報じています。翌2017年5月6日、同年2月ころに第4子次女を無事に出産した事を報じています。

 

今回の出産で青山アナは、2012年3月に第1子を出産してから約5年間で4人を出産した事になります。

 

神田うののブログに登場


出典:祐子ちゃんおめでとう

2017年12月26日、神田うのがブログで夫の誕生日兼クリスマスパーティーの様子を綴り、青山アナとのサンタコスプレ姿のツーショット写真を掲載。また、元日本テレビの松本志のぶアナも登場しています。

 

翌27日のブログでは青山アナの誕生日会にサプライズで参加した様子を掲載。夫の谷元氏も写真に登場しており、参加メンバーは、ドン小西、別所哲也など豪華な顔ぶれです。

 

青山祐子アナウンサーまとめ

 

・結婚してからのセレブぶりが度々話題になる

・復帰すると、囁かれていたが現在も育児休暇中

・5年間で4人の子供を出産(2男2女)

青山祐子アナウンサーの復職については、結婚した際の神田うののブログの件で、NHKアナウンサーとしての自覚が足りないと注意され、局内で厳しい立場になったとも言われています。

 

復帰したら、アナウンサーとして信頼を取り戻すように頑張ってほしいところです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式サイト

『NHKアナウンスルーム:青山祐子』

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む)(情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子 元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子 エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学文学部卒業(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子 チーフアナウンサー(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪)   1982年入局 ・渡邊あゆみ エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学教養学部卒業(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀 エグゼクティブアナウンサー(局次長級)。(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)アナウンス担当副部長   1988年入局
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。   平成29年度(2017)夏に異動となった女性アナウンサー ・上田早苗 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室) ・阿部陽子(広島→東京→名古屋→東京→長野→東京→甲府→東京→日本語センター→ラジオセンター→大阪) ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台) ・中川緑 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室→京都) ・伊東敏恵 (岡山→広島→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→甲府) ・柘植恵水(福井→東京→名古屋→東京→名古屋→東京→日本語センター出向)   平成29年度(2017)春に異動となった女性アナウンサー ・秋野由美子(富山→名古屋→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→熊本→大阪→東京アナウンス室) ・井上あさひ(鳥取→広島→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室) ・赤木野々花(徳島→大阪→東京アナウンス室) ・上原光紀(新潟→広島→東京アナウンス室) ・千葉美乃梨(山形→仙台→東京アナウンス室) ・保里小百合(高松→福岡→東京アナウンス室) ・高橋美鈴(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室) ・三輪秀香(長崎→福岡→東京アナウンス室→名古屋) ・副島萌生(大分→名古屋局) ・石橋亜紗(熊本→大阪) ・井田香菜子(長野→大阪) ・星麻琴 (岡山→札幌) ・森花子 (東京アナウンス室→水戸) ・礒野佑子 (東京アナウンス室→宇都宮) 番組担当変更 2017年2月16日発表 出典:http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20170216.pdf こちらの公式PDFによりますと、担当番組の出演者が変更になった番組は以下の通り。 担当変更のみ【★は新番組】 NHKニュースおはよう日本(平日) (平日)4:30~08:00 「MC」中村慶子(産休)→赤木野々花、近江友里恵(隔週交代)、「スポーツ」森花子→上原光紀、「まちかど情報室」近江友里恵→千葉美乃梨
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.