小林麻耶アナの夫(旦那)國光吟との結婚経緯や芸能界復帰

スポンサーリンク

 

今回は、生島企画室に所属する小林麻耶(こばやしまや)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

小林麻耶アナは、元TBSアナウンサー。TBS時代から明るく元気な可愛い笑顔で、男性人気が非常に高い女性アナウンサーであり、妹の小林麻央もセント・フォース所属のフリーアナウンサーとして活動するなど美人姉妹として注目され続けていました。

 

そんな、小林麻耶アナのこれまでの経歴や夫の國光吟(くにみつあきら)氏の職業や話題になった「交際0日婚」についてなどの情報をまとめています。

 

小林麻耶プロフィール
愛称まやや、マーヤ、マヤリン
出身地新潟県小千谷市
生年月日1979年7月12日(40歳)
血液型A型
最終学歴青山学院大学文学部英米文学科卒業
身長157㎝
所属事務所セント・フォース(2009年~2018年8月3日)
生島企画室(2019年5月~)
職歴元TBSアナウンサー
活動期間2003年~
推定年収1000万円
推定カップCカップ
趣味

スキューバダイビング、テニス、ドライブ、東京タワー鑑賞、トミカ収集

資格

中高英語教員免許

同期

高畑百合子

過去の担当番組(過去含む)

Eテレ:ロシア語講座

日本テレビ:『誰だって波瀾爆笑』

フジテレビ:バイキング 金曜日レギュラー

BS朝日:極上空間 ナレーション

小林麻耶アナウンサーの経歴。


(小林麻耶の中学3年生時)

 

小林麻耶アナウンサーの経歴は、新潟県小千谷市小千谷病院生まれ。その後、少中学時代で埼玉県越谷市、兵庫県西宮市等、6回も転校を繰り返し、高校からは、東京都荒川区で過ごしています。学歴は、國學院高等学校を経て、青山学院大学文学部英米文学科を卒業しています。

 

 

大学在学中の2001年から1年間、日本テレビ系バラエティ番組『恋のから騒ぎ』に、第8期生としてレギュラーで出演。翌年度には、妹の小林麻央も同番組に出演しており、美人姉妹として話題になりました。

 

 

青山学院大学卒業後、2003年4月にTBSテレビにアナウンサーとして入社しています。

 

 

料理バラエティ番組『チューボーですよ!』の4代目アシスタント、『世界・ふしぎ発見!』の初代アシスタント、2004年から5年連続で『輝く!日本レコード大賞』の進行役を務めるなど、TBSの”看板女子アナ”として活躍していました。主に、バラエティ番組に出演が多く、その独特の「ブリっ子」キャラで人気を博しました。  

 

2009年3月でTBSを退社。TBS専属契約となり、30日からTBS系の新番組『総力報道!THE NEWS』のメインキャスターを1年間務めています。その後、妹と同じセント・フォースに所属しています。

 

 

2014年10月、最愛の妹である麻央の乳がんが脇への転移診断が下されます。世間に知られる2016年6月まで公表しないまま仕事を続けています。

 

 

一時は、看病に専念しようと闘病中の妹に相談しましたが、妹からの「辞めないでほしい」という願いと自分がテレビに出ることによって妹を元気づけれるという思いから仕事を続けたといいます。

 

2015年10月からは、日本テレビ系で放送されている日曜朝の人気バラエティ番組『誰だって波瀾爆笑』のMCに、産休に入るタレントの関根麻里の後任として起用されています。単発番組での出演は多かったものの『バイキング』以外での久々の地上波でのレギュラー出演が決まり、小林アナは勢いに乗り今後は痛いキャラを封印し、積極的に婚活活動をするなどと語っていました。(~2016年9月)

 

 

2016年5月19日、妹の病を隠し続けた結果、心身ともに限界がきてしまい、当時レギュラーとして出演していたフジテレビ系『バイキング』生放送中に体調不良を起こし途中退席しています。

 

病院に緊急搬送され、一時は意識を失うも、原因は判明せず同月28日に予定していた著書『まや道 向かい風でも笑顔の理由』(5月25日)のサイン&握手会は、体調不良のため中止が発表されています。

 

2016-10-13_165155

 

同年6月1日には、セント・フォースから「先月体調を崩し、休養させて頂いております弊社所属の小林麻耶は、過労による体調不良が回復しない為、当分の間すべての仕事を休ませて頂く事になりました。」と報告。長期休業に入っています。

 

 

『バイキング』途中体積から20日後、麻央が入院したことをマスコミが嗅ぎつけ「進行性がん」とスクープしています。

 

 

それを受け、2016年6月9日には、麻央の夫である市川海老蔵が、記者会見を開き妻が進行性乳がんで闘病中であることを明らかにしています。

 

その後、9月1日には「今はまだ仕事ができる状態ではないのですが、また笑顔で働ける日が来るように、その第一歩としてブログを再開させていただきたいと思います。」と報告し、闘病中の麻央のブログを紹介しています。

 

2017年4月3日、小林アナがフジテレビ系『バイキング』にて11ヶ月ぶりにテレビ復帰しています。番組MCの坂上忍が先月30日に行ったインタビューのVTRが放送され、休養に至った経緯や闘病中の麻央の状況についても話しています。

 

休養中の生活については「本当に自分の心と体を取り戻すのに必死だった。自分のペース以外のものに対応できなかった。(自宅マンションの)3階のエレベーターにも乗れなかった。すごく速く感じた。(外にも出られず)ひきこもってました。毎日10時間以上寝てました」と告白。そのような状況でも妹の為に病院に通ったという。「底力が出た。そんな状況の中でも妹のことを思えば病院にも行くことができた」「妹の方が大変ですし、命がかかってるのに、私のことを本当に気にかけてくれた」と語っています。今後については、まだ時期は未定ですが休養前に務めていた同番組の木曜レギュラーにも復帰すると話していました。

 

 

2017年6月22日には妹の麻央が乳癌の為、死去

 

同年7月3日からTOKYO FM『LOVE in Action』のパーソナリティに復帰しています。(~同年12月28日)

 

2018年2月4日には、テレビ朝日『宇宙戦隊キュウレンジャー』最終話リポーター役で出演しています。同年6月27日には日本テレビ系『今夜くらべてみました』にゲスト出演しています。

 

 

2018年7月27日(当時39歳)、自身のブログで「私、小林麻耶は、7月24日に入籍致しました。」と、同月24日に結婚したことを報告しています。

 

また、当時夫(旦那)については一般人のため「4歳年下の優しい男性です」とのみ紹介。続けて「結婚はしないと思っていた私がまさかの結婚をすることになったこのミラクルは、妹がいなくなり、あまりにも私が悲しみ続けていたので天国でみかねた妹からの最高のプレゼントだと感じています。」と、自分自身も結婚するとは思っていなかったと綴っています。

 

また、今後については「妊娠はしておりません。今後もたくさん働きたいと思います!!!」と報告。この電撃結婚発表にブログのコメント欄はエントリーして30分で1000件以上の祝福のコメントが寄せられています。

 

また、同日所属事務所であるセント・フォースは、マスコミ各社宛に書面で「小林麻耶の結婚に関しましては、本人が本日ブログで発表した通りです。お相手が一般の方なので、これ以上のコメントは差し控えさせて頂きます。何卒ご理解下さいますようお願い申し上げますとともに、どうぞ温かく見守っていただければ幸いです」とコメント。会見についても「予定はございません」としています。

 

 

翌8月1日、写真週刊誌『女性セブン』が夫とのツーショット写真を掲載。その記事の中では、(麻耶の知人)が「海老蔵さんに雰囲気が似ていて驚きました」とコメントしていたと伝えています。

 

これに小林アナは、同日付けの自身のブログでこの記事のリンクを張り付け、「正直、真逆な雰囲気です。麻耶の知人に、お伝えくださいね!!!今までは、ぐっと堪えてきましたが、わたしには大切な旦那様と旦那様のご家族がいます」と猛反論。そのうえで、「妹を偲ぶ会で 海老蔵さんとの変な記事を書かれないように 妹に頼んだのですが、天国には届かなかったので、自分で言うことにします。海老蔵さんとは、家族です。それ以上でも、それ以下でもありません。何もありませんから!!!」とメディアに強く訴えています。

 

2018年8月3日、自身のブログで「私、小林麻耶は8月3日をもって所属事務所(株)セント・フォースとの契約が終了致します」と報告。今後については、メディアの仕事を離れ「全身全霊、家族のために日々たくさん働きたいと思います」と綴っています。

 

また、「(09年に)TBSを退社してから約9年間、どんな時も支え続けてきてくれた社長、マネージャーさん達に感謝しかありません。家族のようにほっとできる事務所でした。突然の報告ではありますが、今後は大好きなメディアの仕事を離れ、全身全霊、家族のために日々たくさん働きたいと思います」と家庭に入ると宣言。事実上の芸能界引退を発表しています。

 

また、ブログの方は「小林麻耶としてではなく、プライベートの私として書き綴って参りましたので、引き続き、皆様と触れ合う場所にさせてください」とこれまで通り続ける意向であるとし、同年11月11日には、著書『しなくていいがまん』が発売される予定だと合わせて報告しています。

 

また、セント・フォースも同日、久保地美晴社長名でマスコミ各社へFAXで契約を終了したことを報告。「弊社としても誠に残念ですが、本人の意志を尊重し、ここにご報告させていただきます」とし、「メディアの仕事からは離れることになりますが、これからも一人の女性としての小林麻耶をどうぞ温かく見守って頂けたら幸いです」とコメントしています。

 

芸能界引退後。

 

同年8月17日の『フライデー』では、8月4日の夕方4時頃に、銀座近くの路上で小林アナが運転する真っ青なポルシェがUターン禁止のレーンでUターンしてしまったようで警察に止められ、違反切符をきられている姿を掲載。ちなみに助手席に乗っていたのは、夫ではなく車好きで知られるTBS時代の上司である安東弘樹でした。(その場に居合わせた通行人が撮影しフライデーに渡したと思われる)

 

また、記事によるとフライデーは、小林アナの新居を訪ねインタビューを敢行。夫婦のツーショット写真を掲載しています。

――ご結婚おめでとうございます。
 一瞬、ビックリした表情を浮かべる麻耶さん。その後、隣にいた夫と向き合ってあの愛くるしいスマイルを見せた。

――以前、「結婚は来年でいいかな」と言っていましたが、心境の変化があったのですか? ストレスがあったとか。
「(結婚に)ストレスとか、原因があるんですか? キャハハハッ!」

 ハイテンションな麻耶さん。だが、本誌記者が「ポルシェ」という単語を口にするや、様子が一変した。
「ごめんなさい、わたし、引退したので」

――家族同然の付き合いをしていた海老蔵さんとも急に疎遠に……。
 質問には答えず、彼女は本誌スタッフをスマホで逆撮影した後、
「わたし、フライデー好きなんで、(記事を)載せないでくださいね」
 こんな捨て台詞を残して立ち去った。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp

また、先の報道で「海老蔵似」と伝えられている夫の容姿については、彼女の言うように海老蔵とはまったく別のタイプであり、お笑いコンビ・はんにゃ金田哲を小柄にした感じの、柔和なナイスガイと伝えています。

 

また、これまでに「一般人」とだけ伝えられている夫の詳細については、関係者によると「麻耶さんの旦那さんは、さる歌舞伎の贔屓(ひいき)筋の御子息」だと伝えています。

 

芸能活動を再開。夫の國光吟(くにみつあきら)氏について。

 

その後、2019年4月19日放送のTBS系『金スマ』に初めて夫婦で初出演しています。芸能界引退の真相や世間を驚かせた「交際0日婚」についても語っています。

 

 

夫の國光吟氏の職業は整体師。マンションの一室で紹介制のサロンを経営しています。

 

 

國光氏は元々は、ダンサーを目指しており、LDHのダンススクールに通い、EXILEのバックダンサーを務めたこともあるようです。

 

 

しかし、腰の椎間板ヘルニアでダンサーの夢を断念しています。

 

 

その後、リハビリがてらにヨガインストラクターの資格を取得。現在は整体師として活動しています。

 

 

小林アナは、國光氏についての人柄や性格については「優しくてとにかく穏やか、ゆったりしているので一緒にいるだけで癒やされる」と説明しています。

 

 

そんな新婚夫婦の様子を同番組は2019年5月17日放送回と2回に渡って密着取材。ライザップの料理教室に通う様子やお互いのルーツの地を訪れた様子を放送しています。

 

 

 

2人は「アキラくん」「麻耶ちゃん」と呼び合い、終始見つめ合うなどのラブラブの様子が放送されています。

 

 

國光氏はスタジオにも登場し、MCの中居正広とは地元(神奈川県)が近いといい、そのおっとりキャラから中居から終始イジられていました。

 

2人の馴れ初めや結婚に至った経緯。

 

2人の出会いは2018年5月、小林アナが美容院に訪れた際、友人から「この間、ものすごい腕の良い整体の先生がいて腰痛が治ったの、麻耶も今度やってもらいなよ」と勧められ、どこも悪くなかったが当時の事務所社長が腰痛持ちだと思い出し社長のために予約したといいます。

 

 

しかし、当日社長の都合が悪くなってしまったため替わりに本人が行くことに。そこで初めて國光氏と出会い、決して自分のタイプではありませんでしたが初対面で「この人と結婚したい」と思ったといいます。

 

 

一方の國光氏も初対面で「結婚したい」と思ったと明かしています。

 

 

ちょうどその頃、妹の一周忌を迎え、妹の死を改めて受け入れなければならず、心身ともに疲弊してしまい不眠に悩ませられたといいます。

 

 

しかし、國光氏から施術を受けた日だけは眠れるようになり、3日1回は國光氏のサロンに通うようになったといいます。

 

 

そんな中、サロンを紹介した友人が小林アナを励ますために國光氏を交えて3人で食事に出掛けたといいます。そして2回目の食事会の帰り道に、帰る方向が一緒だったので一緒にタクシーに乗り込み、車の中で「今日のごはん本当に美味しかったよね」と話しかけた時の彼の答えが「結婚してください」だったといいます。

 

 

出会いからわずか2ヶ月、一回もデートもしていない状況でした。このいきなりのプロポーズに小林アナは驚き流石に断りましたが、それでも國光氏「結婚してほしいんです。美味しいものがあると麻耶さんに食べさせたくなる。面白いものを見ると麻耶さんの喜ぶ姿を見る。」と彼は2人で幸せを共有したいと諦めませんでした。

 

 

プロポーズを断った小林アナですが帰宅した後もプロポーズの言葉が頭に残り、その日の晩に自ら電話をかけ「私と結婚してください」と告げたといいます。

 

 

妹・麻央の旅立ちから1年。小林アナは「妹からの天国からのプレゼントだと私は本当に思いました」と語っています。

 

夫の國光氏が「顔」を公開した理由。『直撃!シンソウ坂上』

 

2019年5月30日放送の『直撃!シンソウ坂上』では、夫の國光氏も同席し、芸能界引退に至った真相や夫の顔をSNSで公開した理由について説明。それは、妹ががんを公表してからのマスコミの執拗な取材攻勢が主な原因だったと明かしています。

 

 

妹が病院に通う間、連日家にまで取材が来たり、家の電話がなったりするなど常に追いかけられる状況だったと明かしています。その中でも1つ許せない記事があったといいます。

 

 

それは、妹が亡くなる4ヶ月前、妹が体調が良い時を見計らって妹が好きな洋服店に行った際に、週刊誌で「ブランド店2時間ショッピング」という「すごく元気じゃないか」と誘導する内容の記事を書かれてしまったといいます。しかし、実際にはカフェが併設している洋服店で2時間ずっとショッピングしていたのではなく、カフェでゆっくり話をしていただけだといいます。

 

さらに、ネット上ではその記事を真に受けた人から「2時間もショッピングできるなんて、がんではない」「そんな闘病中に買い物に行くなんて馬鹿げた行為」「死ぬ死ぬ詐欺」などの心無い書き込みもあり、それを見た妹は「お買い物にも行けないんだね」と凄く悲しそうな顔をしていたといいます。

 

 

小林アナは「もしかしたらがんの人たちは、笑うことで病気に良い作用がある、実際にお医者様もそう言ってた。笑う時間をたくさん増やしたかったのにその時間もなくなりました。もしあの時、ああいう記事がなければ妹も、もっともっと楽しい時間を過ごせた。もっともっと治療に専念できた」と険しい表情で振り返っています。

 

妹の死後もマスコミの取材攻勢は止まず、葬儀の場所にも火葬場にもいたといい、今度は姪っ子や甥っ子の面倒を見れば「母親気取り」「麻央の後釜を狙っている」などと書かれ「海老蔵との再婚説」が浮上していました。さらに甥っ子の歌舞伎を見に行ったら「よく来れましたね」「どういう気持で来るんですか?」「あなとのこと必要としていませんよ」などの酷い言葉を言われたといいます。

 

 

心身ともにボロボロになり、当時は、本当に死にたくて仕方がなかったと振り返っています。

 

 

結婚後も今度は、「結婚したのは誰だ?」と注目され、マスコミから追われる日々は続いたといいます。

 

 

また、夫の職業について、当時週刊誌で書かれた「宇宙ヨガインストラクター整体」という怪しげなスピリチャル系のネーミングについては、イベントの主催者側から付けられた名称であって、まだ駆け出し講師だった為に断りきれなかったと明かし、それを数年経って掘り起こされ面白おかしく書かれてしまったものだといいます。

 

 

我慢の限界がきた小林アナは自身のブログで「引退」を発表。自分から引退という言葉を使えば取材が止まると思っての行動でした。しかし、止むことはなく夫と2人で歩いていた時も背後から「最近、海老蔵さんと疎遠ですがどうしてですか?」「結婚したら姪っ子さんと甥っ子さんはもういいんですか?」などと追われ続けたといいます。

 

 

そんな中、苦しむ小林アナの為、國光氏は「テレビに出ている人だけがSNSをやっている時代じゃないから、自分が顔を出して前に出れば止まるんじゃないか?」と提案。2人は悩みながらも2018年11月のハワイ旅行で、夫との2人の写真を初公開しています。

 

 

すると「ご主人の顔を見てホッとしました」「安心しました」「幸せそうで何よりです」などのたくさんの反響があり、あれだけ苦しんでいたマスコミの取材も「ピタッ!」と止んだといいます。

 

 

それからは精神的なストレスも減り平穏な生活を取り戻すことが出来きたといい、どんどん体調も良くなってきたと明かしています。

 

 

また、仕事を復帰しようと思ったきっかけは、今年3月に自身が生まれた病院が取り壊されるということで講演を頼まれた際、すごく暖かく迎えられたことがきっかけとなり、改めて自分はずっと「伝える」という仕事をしてきたので、これからも「伝えていきたい表現していきたい」という気持ちが溢れ出たからだと説明しています。

 

「生島企画室」に夫婦で所属。

 

2019年5月31日には、元TBSアナウンサーの生島ヒロシが会長を務める「生島企画室」に夫婦で所属し、仕事を再開することを報告しています。

 

 

「生島企画室」に所属した経緯は、ちょうど事務所に入って仕事がしたいとお茶をしていたところ、そこに偶然生島ヒロシが通りがかったのがきっかけだといいます。夫の國光氏は下の名前のみの「あきら」名義で活動していくといいます。

 

小林麻耶アナウンサーの他のエピソードなど。

 

・2019年6月2日には、Abema TV『7.2 新しい別の窓』でプチ挙式をした。

 

・父親については2008年の、妹・真央のブログでは、「建築士をしいていた」と書かれていたが、2010年にテレビ朝日『徹子の部屋』に出演した際に「父親は銀行員だった」と明かしている。これには、たくさんの憶測があり、建築士から銀行員へ転職したという説や、銀行グループ会社の不動産部門に所属していて建築士の資格を持っているのではという説もあり、一体、どれが真実なのかが分からない状態。

 

・1番モテたのが、中学3年生の頃で1年間に60人位の男子生徒から告白された。初彼氏は高校の卒業式が終わってからで、中学時代から熱烈なアピールをされていた男性だという。

 

・高校時代には、ソフトテニス部に所属。

 

・本人は「ブリっ子ではない」「男性に媚びてない」と強く主張している。

 

・TBS時代には「結婚したい女子アナランキング」の上位常連アナで、男性ウケが抜群だった。20代の頃には3人以上の男性からプロポーズをされたことがあると話している。しかし、歌舞伎役者の市川海老蔵と結婚した妹・真央に先を越されてしまい彼女は未だに独身。

 

・TBS時代には、帰宅時にファン(40代くらいの男性)からストーカーされ、まこうと頑張ったが最寄り駅まで着いてこられ、流石にまずいと思い、その男性を直接注意。しばらくなだめ最終的には写真を撮って帰ってもらった。

 

・2011年の年末に、プロ野球・日ハムの斎藤佑樹選手と、「伊勢神宮で初詣に訪れていた」と写真週刊誌『週刊文春』に報じられた。記事の内容は、斎藤選手の両親も連れての参拝で、家族ぐるみの付き合いと言うこともあり、「結婚秒読み」とも伝えられた。この件に対し「若いルーキーに手を出すなんて!」と、世間では小林アナに避難の声が挙がったが交際については両者ともはっきりと否定している。2人は、斎藤選手が「ハンカチ王子」と呼ばれる以前からの知り合いで、通っている治療院が一緒で顔見知りになったと話しており、今ではその治療院の先生、患者、その家族や仲間などとも仲が良く、もう何年も昔からの友人関係だという。その後も、得に音沙汰がないので、男女の関係ではなかったと思われる。

 

・フジテレビ系『バイキング』では、一般家庭を訪問して家事を手伝いながら花嫁修業をするというコーナーがあり、ダメ女ぶりが話題になった。まず、手元が不器用なうえに無知で料理の腕は皆無、野菜もろくに切れないダメ女っぷりと、さらにKY発言連発で痛いキャラ全開。終いには、30代から60代の女性300人に行った、女性セブン主催アンケート「嫌いな女子アナランキング」で1位に選ばれた。

 

・以前、テレビ出演した際、「友達が少ないことがコンプレックス」と、自ら話しており、他の番組の企画でも占い師に、「友達が少ない、モテるように見えるけど好かれない」と診断されていた。一部週刊誌ではTBS時代の同僚に小林アナが新人研修に、ド派手なスカートで来るなど、昔からKYなところがあったと暴露されている。

 

 

・2015年9月13日には、完全受注生産にて小林アナの3Dプリント・フィギュアが発売された。

 

 

・2016年1月27日にシングル『ブリカマぶるーす』で歌手デビューした。彼女のブリっ子キャラを全面に押している内容の曲で「ブリはブリでも天然で、気まま我が道すすみます」「カマトトじゃなく素なだけよ。むしろ苦手よ かまってちゃん」などの詞。本人は「歌詞は面白い単語が並んでいますが、内容は私的にはとてもシュール。パッと聴くと明るく聴こえる曲ですが、“ぶりっ子”と言われてきた私なりのブルース…ブルーな気持ちの意味合いが強いです」と説明した。

 

・「彼氏が欲しいなら彼氏がいるような生活をした方がいい」というアドバシスを受け、ダブルベットを購入した。

 

・義弟の十一代目市川海老蔵によると「ブリっ子作ってない。天然ブリです。いいんじゃないですか特別指定記念物みたいな」、結婚相手については「ぶっ飛んでるんで、それを越えるぶっ飛び具合の人」「結婚したいって言ってるんですけど、私から見たらする気がない」といい「(麻耶は)理想が高い」と語っている。

 

・2018年6月27日放送の日本テレビ系『今夜くらべてみました』にゲスト出演。妹の死去(2017年6月22日)後、初のトークバラエティ番組出演だったが休養前と変わらぬぶりっ子キャラでMC・後藤から「ぶりっ子死んでないね」と言われるなど周囲を安心させた。「最初の一年は体調が悪くてエレベーターやバスに乗ったり出来ないぐらいすっと家にいた」と話した。

 

 

番組では、6歳の頃の写真を公開。無意識にぶりっ子ポーズをしている写真で後藤から「かわいいと言われていたでしょ?」と聞かれると「かわいいとは言われなかったけど、愛嬌が凄くあったみたいで、周りの大人達は凄く優しくて、他の友達に比べると飴が一個増えたりとか、キャラメルが2個増えたりとかして『なんでこんなにいっぱい貰えるんだろう』と思ってました」と明かした。

 

 

また、休養中には占いにハマり、生年月日で占うという「数秘術」の資格を取得。テレビを見て気になる芸能人を占っていたという。番組ではバレないように変装して一般人相手の路上占いロケの様子を紹介。現在歌手をしている女子大生に「クリエイティブな仕事が向いている」と的確なアドバイス。しかし、キャラそのままでバレてしまい「バレちゃった」と喜んでいた。

 

 

また、最近は「月光浴」をよくしていると明かし、「きっかけは、疲れて体調が悪くなった時に、ある方から『生命力をアップさせるためには朝日を浴びるといいよ』と言われたんですよ。でもなかなか外に行くぐらい元気がなかったので家の中で朝日を浴びるようになって、なんか(服が)邪魔だと思って裸になって朝日を浴びるようになったら気持ちが良くて、どんどん元気になっていて『夜も行っちゃう?』ってなって、月も裸で浴びる」と告白。家では全裸生活だと明かした。

 

 

また、体が元気になってきたら「踊りたくなってきた」といい、社交ダンスを始めたいと話した。番組では初めての社交ダンスに密着。

 

 

しかし、相変わらずの妙なテンションで先生を困らしてしまい、最後まで全く息が合うことはなかった。

 

 

 

画面がスタジオに戻ると小林アナは「今後も本格的に習っていきたい」と意気込んだ。しかし「なかなか次の予約が取れなくて」と明かすと、後藤から「(先生から)嫌がられてるんじゃない?」と笑われていた。

 

小林麻耶アナウンサーまとめ。

2015-09-04_215030

・学生時代から『恋のから騒ぎ』第8期生として出演。

・元TBSアナウンサー。

・妹はフリーアナウンサーの小林麻央。

・過去にプロ野球・斎藤佑樹選手とスクープされている。

・『嫌いな女子アナランキング』で1位に選出された。

・2018年7月に4歳年下の國光氏との結婚を発表。

 

今後も小林麻耶アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

小林麻耶オフィシャルブログ「まや 日記」

関連記事
小林麻央アナの亡くなる前の最期のテレビ出演【動画】
セント・フォースに所属する小林麻央(こばやし まお)アナウンサーが、2017年1月9日に放送された日本テレビ系『市川海老蔵に、ござりまする。』番組内にて、2016年6月のがん公表後、テレビに初出演した。 収録は今月4日に小林アナが...
小林麻央アナの経歴まとめ!進行性乳がんとの闘病
今回は、セント・フォース所属の小林麻央(こばやしまお)アナウンサーについての情報をリサーチして行きます。 小林麻央アナは、大学在学中よりタレント活動をしており、姉はフリーアナウンサーの小林麻耶アナ、夫は歌舞伎俳優の市川海老蔵氏()...