.

【NHK】鈴木奈穂子アナの結婚相手や妊娠は?学生時代からやはり可愛い!

この記事は約 7 分で読むことができます。

2018年1月4日

2015-10-30_201545

今回は、NHKに所属する鈴木奈穂子(すずきなおこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

鈴木奈穂子アナは、『NHKおはよう日本』、『ニュースウオッチ9』などのNHKの看板番組のメインキャスターを歴任。2017年4月より『NHKニュース7』平日のメインキャスターを務めています。

 

また、『好きな女子アナランキング』にも毎回ランクインされるなど安定した人気を誇っており、視聴者からの評判もすこぶる良いようです。

 

鈴木奈穂子プロフィール
愛称 すずちゃん、なおちゃん、なおこちゃん、ぬぽこ
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1982年1月29日(36歳)
身長 158~161cm
血液型 B型
スリーサイズ B83-W58-H82(大学時代)
学歴 法政大学社会学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 高松→松山→東京アナウンス室
活動期間 2004年~
推定年収
推定カップ Cカップ
趣味、特技

バトン、舞台鑑賞(バレエ・ミュージカル・お笑い・現代劇など)、スポーツ観戦(サッカー中心)

好きな食べ物

アイスクリーム、鍋物、餃子

同期

井上あさひ(鳥取→広島→東京アナウンス室→京都)

荒木美和(さいたま(当時契約:現在は正職員)→新潟→東京アナウンス室→大阪→奈良)

廣瀬智美(鹿児島→大阪→東京アナウンス室)

松村正代(盛岡→札幌→東京アナウンス室)

守本奈実(大分→福岡→東京アナウンス室)

担当番組(過去含む)

・『NHKニュース7』(月~金 19:00~19:30)(2017年4月~)

・『ニュースウオッチ9』(2015年~2017年3月)

・『NHKおはよう日本』(2010年~2015年)

雑誌のランキング企画

・週刊文春『好きな女子アナランキング2016年』15位 

・週刊文春『好きな女子アナランキング2015年』11位

・週刊ポスト『好きな女子アナ』(2015年2月6日号)7位

・週刊文春『好きな女子アナランキング2014年』春10位、秋11位 

・週刊文春『好きな女子アナランキング2013年』6位

・週刊ポスト『本当に好きな女子アナ2013』6位など

鈴木奈穂子アナウンサーの経歴

2016-11-01_061502
(高校時代)

 

鈴木菜穂子アナウンサーの経歴は、神奈川県横浜市出身、法政大学女子高等学校を経て、法政大学社会学部を卒業後、2004年4月にNHKにアナウンサーとして入局しています。

 

中学時代の部活動では、吹奏楽部に所属し、トランペットを担当。高校時代には、バトンフラワー部に所属しています。

2016-11-01_061524
(高校時代)

 

当時の鈴木アナは、安室奈美恵の影響で社会現象となった「アムラー」を意識したガングロにルーズソックスと言う、いわゆる「コギャル」と呼ばれたファッションです。今の清楚な雰囲気とは全く違いますが、かなり可愛い事だけは間違いありません。当時から可愛くて地元では、有名な存在だったのかな?なんて勝手に想像してしまいます。  

 

そして、法政大学社会学部に進学し、アナウンサーを目指す為、法政大学の自主マスコミ講座を受講。さらに、日本テレビが主催するアナウンサースクール『日テレ学院』やテレビ朝日の『テレビ朝日アスク』なども受講し、アナウンス技術を学んでいます。

 

2016-11-01_061539
(大学時代、竹野内豊が好き)

2016-11-01_061554

 

この当時、日本テレビの東京箱根間往復大学駅伝競走中継の中で、『テレビ朝日アスク』で同期だったテレビ朝日の久保田直子アナと駅伝グッズ紹介コーナーのモデルとして共演したことがあります。  

 

また、アナウンサー試験では、TBSの入社試験も受けていたことを元TBSの竹内香苗との対談の際に明かしています。  

 

NHKに入局してから

 

NHKに入局後は、初任地は、香川県のNHK高松放送局時代で、『おはようかがわ』、『情報ワイド いきいき香川』などの番組を担当。2年間勤務した後、愛媛県のNHK松山放送局に異動。情報番組『いよかんワイド』のメインキャスターを務めています。また、両局で地上デジタル放送推進大使を務めていました。

 

その後、2008年度より、東京アナウンス室勤務となり、夕方のローカルワイド番組『首都圏ネットワーク』のメインキャスターを2年間務めています。

 

2010年度からは、平日朝の情報・報道番組『NHKニュースおはよう日本』のメインキャスターに就任。5年間、NHKの「朝の顔」として、清楚で親しみやすい爽やかなキャラで人気を博します。その好感度の高さからか、年末年始に放送されている『ゆく年くる年』にも2010年から2012年まで3年連続で出演しています。

 

2015年度からは、夜の報道番組である『ニュースウオッチ9』に異動。NHKの「朝の顔」から「夜の顔」に変わり、報道キャスターとしての決意からか、今まで長かった髪をバッサリ切り、朝の爽やかな雰囲気から印象がだいぶ変わりました。

 

2017年度からは、平日19時から放送の報道番組『NHKニュース7』のメインキャスターを務めています。年末の12月31日には、出勤途中に渋谷センター街で火災現場に居合わせた為、自らスマホで撮影。そのリポート動画が『NHKニュース7』で放送されています。

 

鈴木奈穂子アナは、2012年11月にTBS社員の男性と結婚

 

鈴木奈穂子アナウンサーは、2012年11月22日「いい夫婦の日」に、TBS社員でバラエティ番組などを担当している同じ年齢のディレクター職の男性と入籍しています。

 

2人の馴れ初めは、鈴木アナが、大学を卒業した頃から本格的に交際を初め、8年間の交際期間を実らせ結婚に至ったといいます。また、鈴木アナの好きな男性のタイプは、俳優の竹野内豊妻夫木聡などのイケメンでしたが、夫の容姿は、お笑い芸人のケンドーコバヤシに似ていて、少し、いかつめの風貌で、面白いタイプの男性だと言われています。

 

女性アナウンサーは、何かと著名人とスクープの対象になる事も多く、世間を賑わすこともありますが、鈴木奈穂子アナのように長年の恋を実らせて結婚に至ったというエピソードは、やはりイメージがいいものです。ファンとしても致し方ないかなと納得できるはずです。また、2人の間には、まだ子供はいません。ネットでは、鈴木アナが結婚して暫く経つという事もあり、何かと妊娠や出産について弄られる書き込みも多いようです。

 

鈴木奈穂子アナウンサーの性格について

2016-11-01_061624

 

鈴木奈穂子アナウンサーは、アナウンス力にも定評があり、原稿の読間違えもほとんどありません。きっと性格もイメージ通り真面目で、プロ意識も高い女性なのでしょう。それでいて、気取らない自然体な感じが、とても好感度が高い理由だと思われます。

 

ネット上でも鈴木奈穂子アナに対する中傷的な書き込みを殆ど見たことがないので、とても良いイメージが強いです。芸人の明石家さんまは、毎年恒例のフジテレビ系『2○時間テレビ』で、勝手にさんまが好きな女性をランキングする『さんまのラブメイト』という企画で、2006年には5位、2011年には6位に選んでいます。さんまは、鈴木アナの知名度が全国区になる前の入局3年目の松山局時代から目を付けていたようで「(鈴木アナとなら)お付き合いしたい。できれば再婚したい」と太鼓判を押しています。

 

鈴木奈穂子アナウンサーまとめ

2016-11-01_061643

・2012年11月22日に、TBS社員で同じ年のディレクターと結婚。

・子供はまだいない。

・高校生の頃はガングロ、ルーズソックスのギャル風だった。

・アナウンス力が高く間違いがほとんどない。

今後も鈴木奈穂子アナウンサーの活躍に期待です。  

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式サイト

『NHKアナウンスルーム:鈴木奈穂子』

関連記事
鈴木奈穂子アナが「ニュースウオッチ9」へ!井上アナはどうなるの?
現在「NHKおはよう日本」に出演している鈴木奈穂子アナ(33)が、平日夜放送の「ニュースウオッチ9」へ異動する事になると発表がありました。   この異動に対しネット上では様々な意見が飛び交っています。   鈴木奈穂子アナ「ニュースウオッチ9」へ 「NHK」夜9時の顔”河野憲治氏!“イケメンでジェントルマン”と紹 “相棒”は鈴木奈穂子アナ http://t.co/IcMxLTs7og イランのテヘラン支局長を歴任した国際派らしいのでタイミングがいいね~ pic.twitter.com/Pj8enNBhWK — 悩みなんて飛んでけー♪♪ (@hi7takada) 2015, 2月 4 NHK朝の顔、鈴木奈穂子アナ「ニュースウオッチ9」に(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース http://t.co/7qs5rU8AaE 井上あさひはどうなるの、でえ、男性は誰になるの、いろいろと想像させるやん なあ、おい♪ — Hideo Yao (@bonhide) 2015, 1月 31 NHK朝の顔、鈴木奈穂子アナ「ニュースウオッチ9」に   日刊スポーツ 1月31日(土)5時8分配信   NHK朝の顔、鈴木奈穂子アナ「ニュースウオッチ9」に   「NHKニュース おはよう日本」(月~金曜、午前4時30分、土曜同6時、日曜同7時)の平日担当キャスターを務める鈴木奈穂子アナウンサー(33)が、新年度からNHKの「夜の顔」になることが30日、分かった。   関係者によると、3月末に井上あさひキャスター(33)が「ニュースウオッチ9」(月~金曜午後9時)を卒業し、鈴木アナが後任として起用されるという。   鈴木アナは爽やかな笑顔と明るい性格、清潔感あふれるルックスで、幅広い世代に人気を得ており、NHKの朝の顔として活躍している。   引用元:http://headlines.yahoo.co.jp 鈴木アナは2012年にTBS社員の男性と結婚している既婚者ですが出産はまだです。3月一杯での異動とのことですが、理由はやはり朝早い鈴木アナの身体を労わりNHKも考慮したのでは?と、思ってしまいますね。  
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。   平成29年度(2017)夏に異動となった女性アナウンサー ・上田早苗 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室) ・阿部陽子(広島→東京→名古屋→東京→長野→東京→甲府→東京→日本語センター→ラジオセンター→大阪) ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台) ・中川緑 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室→京都) ・伊東敏恵 (岡山→広島→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→甲府) ・柘植恵水(福井→東京→名古屋→東京→名古屋→東京→日本語センター出向)   平成29年度(2017)春に異動となった女性アナウンサー ・秋野由美子(富山→名古屋→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→熊本→大阪→東京アナウンス室) ・井上あさひ(鳥取→広島→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室) ・赤木野々花(徳島→大阪→東京アナウンス室) ・上原光紀(新潟→広島→東京アナウンス室) ・千葉美乃梨(山形→仙台→東京アナウンス室) ・保里小百合(高松→福岡→東京アナウンス室) ・高橋美鈴(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室) ・三輪秀香(長崎→福岡→東京アナウンス室→名古屋) ・副島萌生(大分→名古屋局) ・石橋亜紗(熊本→大阪) ・井田香菜子(長野→大阪) ・星麻琴 (岡山→札幌) ・森花子 (東京アナウンス室→水戸) ・礒野佑子 (東京アナウンス室→宇都宮) 番組担当変更 2017年2月16日発表 出典:http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20170216.pdf こちらの公式PDFによりますと、担当番組の出演者が変更になった番組は以下の通り。 担当変更のみ【★は新番組】 NHKニュースおはよう日本(平日) (平日)4:30~08:00 「MC」中村慶子(産休)→赤木野々花、近江友里恵(隔週交代)、「スポーツ」森花子→上原光紀、「まちかど情報室」近江友里恵→千葉美乃梨
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む)(情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子 元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子 エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学文学部卒業(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子 チーフアナウンサー(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪)   1982年入局 ・渡邊あゆみ エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学教養学部卒業(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀 エグゼクティブアナウンサー(局次長級)。(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)アナウンス担当副部長   1988年入局
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

2件のコメント

  • 鈴木 清二

    反日「TBS」社員と結婚とは・・・残念です。
    8年もの長い時間は何を物語るのだろうか?

    人の人生だから関係は無いけれども、公共放送局の報道を仕事とする限り、おかしな思想を持っては困る事だけは自覚してほしいものです。

  • 小平選手に似てますね、一緒に、法政大学と高校(1年~2年)のグライダーの合宿をしましたよ。江川投手とは1歳違い、ノーヒットノーランはLiveで聴いてました。

コメントを残す