.

杉浦友紀アナの夫(旦那)や二股疑惑や大学時代の汚部屋動画【NHK】

この記事は約 10 分で読むことができます。

2018年2月11日

今回は、NHK総合『サタデースポーツ』、『サンデースポーツ』で、男性ファンの心を鷲掴みにしている杉浦友紀(すぎうらゆき)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

杉浦友紀アナウンサーは、2015年2月9日にNHK美術部の同期局員と結婚することを発表。同年5月5日に都内のホテルで挙式・披露宴を行っています。

 

杉浦友紀プロフィール
愛称 ゆきちゃん、ゆっきー、スギちゃん
出身地 愛知県岡崎市
生年月日 1983年5月14日(35歳)
身長 158㎝
スリーサイズ B88-W57-H90(大学時代)
血液型 A型
最終学歴 上智大学文学部新聞学科卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 福井→名古屋→東京アナウンス室
活動期間 2006年~
ジャンル スポーツ
推定年収 1000万円
推定カップ Gカップ
好きな食べ物

母手製のアップルパイ、赤だしのお味噌汁、ビールに合うならなんでも

趣味、特技

音楽&ライブ(野外フェス大好き!)、映画、ボタン集め

同期

出田奈々(山口→札幌→東京アナウンス室)

高橋さとみ(長野→仙台→東京アナウンス室)

渡邊佐和子(熊本→福岡→東京アナウンス室)

担当番組(過去含む)

・NHK総合『サタデースポーツ・サンデースポーツ』

・NHK総合『クローズアップ現代+』

杉浦有紀アナウンサーの経歴。

 

杉浦有紀アナウンサーの経歴は、愛知県名古屋市生まれの岡崎市育ちですが、父親の仕事の都合でアメリカ・サンフランシスコオーストラリア・メルボルンなど計8年間海外で過ごした帰国子女です。

 

帰国後、愛知県豊田市に所在する帰国子女や外国籍の生徒に限定されているカトリック系の私立中高一貫校である南山国際中学、高等学校を経て、上智大学文学部新聞学科を卒業。当時からマスコミ関係の仕事につきたかったようです。

 

 

大学在学中の2003年には、『ミス上智大学コンテスト』でグランプリ(ミスソフィア)に輝き、 さらに大学一を決める『Miss of Miss Campus Queen Contest2003』にて準グランプリに輝いています。(この年のグランプリは小正裕佳子(元NHKアナ))

 

杉浦友紀アナウンサーの大学時代の汚部屋動画。

https://youtu.be/BheQiX7Ts3o

YouTubeに飛びます

杉浦有紀アナウンサーは、大学時代からその美貌が話題となり、2005年4月6日放送のTBS系のバラエティ番組『ドラゴン&ボールアワー』に”部屋が片づけられない女子大生”として出演しています。

 

フットボールアワーの2人が大学時代の杉浦有紀アナの部屋を訪問したところ、脱ぎ捨てられた洋服や化粧品などが散乱し、クローゼットも閉まらない状態で、まさに足の踏み場もないほど散らかっていました。その為、結婚するにあたり彼女の「女子力のなさ」に心配する声も挙がっているようです。

 

しかし、この上智時代の杉浦有紀アナの動画、2003年にミスソフィア、 さらに『Miss of Miss Campus Queen Contest』準グランプリに輝いただけあって無茶苦茶可愛いです。

 

大学卒業後の2006年4月にNHKにアナウンサーとして入局しています。

 

NHK入局後。

 

NHK入局後は、東京で2ヶ月間の研修を受けた後、初任地である福井放送局に赴任。入局当初から注目され、ネットでは「北陸のスイカップ」などと言われていました。

 

4ヶ月目の8月からは東京のスタジオでバラエティ番組『夢見るタマゴ!熱血浜田塾の特別講習』を担当することになり、地方局在籍の新人が異例の抜擢で全国区デビューする形となりました。

 

2009年度からは名古屋放送局勤務となり、2010年4月3日からは情報番組『めざせ!会社の星』の司会を担当。また、2011年まで同局の地上デジタル放送推進大使を務めています。

 

2012年度春から東京アナウンス室に異動となり、NHK総合『NHKおはよう日本』のスポーツコーナーを担当しています。

 

2013年度春からは、NHK総合『NHKサタデースポーツ・サンデースポーツ』でスポーツキャスターを担当するようになり、知名度も全国区となり、その美貌と抜群のスタイルで「週末の女神」の異名を付けられ人気を博します。

 

杉浦友紀アナウンサーの魅力。

 

昨今は、NHKの女子アナもタレント然とした美人が増えましたが、杉浦有紀アナもとても美人です。そして、彼女はその抜群のスタイルでも話題になる女子アナです。まぁはっきり言えば、胸が大きいというのが男性陣からの支持を集めているらしく本人からすると「…」かもしれませんが。胸の大きい方はそれだけでも注目されやすく実は結構コンプレックスを抱いているケースがあります。

「スタジオでは女性らしい服装をしていますが、私服はズボンにダボダボのシャツというラクな組み合わせが多い。どこか男っぽいんですよ。本人は“巨乳アナ”と呼ばれるのが本気でイヤらしく、なるべくそれを隠そうする狙いもあるみたいですが…」

引用:【ライブドアニュース】

きっと本人も悩んだ時期があったのかもしれません。『NHKサタデースポーツ・サンデースポーツ』前任の山岸舞彩(セントフォース)の後任として同番組を担当することになったので、NHK的にもスタイルとか山岸アナが持っていた視聴者層とかを気にしたのかもしれません。妥当な人選で、実際に杉浦アナが出演しているからこの時間帯は、NHKという方も大勢いる事でしょう。  

 

杉浦友紀アナウンサーがフライデーされた相手や夫(旦那)。

杉浦有紀アナは、2013年5月に彼氏と思われる男性とのツーショット写真が写真誌『フライデー』に掲載されています。この男性は、日テレ系のバラエティ番組担当のディレクターだといわれており「半同棲状態」と報じられています。  

 

しかし、2015年2月9日には、NHKの同期局員と結婚することが各メディアに報じられています。

関係者によると、杉浦アナとAさんは先月、両家の両親にあいさつを済ませ、婚約。現在、ウエディングドレスを選ぶなど、幸せオーラ全開で挙式・披露宴の準備を進めているという。Aさんは局内でも有名な、かなりのイケメンだ。

 

杉浦アナは一昨年5月に写真週刊誌で日本テレビの30代ディレクターとの熱愛を報じられたが、実はそれ以前から本命であるAさんとひそかに愛を育み、少なくとも交際2年以上になるという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

この結婚報道がなされるやいなや、彼女のファンの悲痛な叫びがネット中に溢れていました。しかし、それと同時に杉浦有紀アナに2股疑惑が浮上してしまいます。

 

杉浦友紀アナウンサーに2股疑惑が浮上。

 

結婚相手の男性は『フライデー』された日テレ系のディレクター職の男性ではなく、NHKの同期で美術系の業務担当する30代のイケメン職員だと報じられています。しかも交際期間は2年以上と言われ、上記の記事の内容では、”ひそかに愛を育み”と書いている事から「日テレディレクター」と二股交際をしていたと言っているようなものです。

 

案の定、ネット上では2股疑惑が浮上。早くも「サンデースポーツ降板か?」なとと言った噂まで囁かれています。個人的には、不倫していたわけではないですし、今回の結婚を理由に担当番組を降板することはないと思いますが、前回の熱愛報道を知っている人間からは、イメージダウンに繋がるかもしれません。

 

恋愛については当人同士にしかわからない事がほとんどでしょうし、実際に2股かどうだったのかも真相はわかりません。特に、結婚となれば”好きなだけでは結婚はできない”というフレーズを女性の口からはよく耳にします。元・TBS枡田絵理奈と広島カープの堂林選手の結婚の際にも2股疑惑が浮上したように、恋愛と違いそう簡単にはいかないものなのでしょう。

 

杉浦友紀アナウンサーの挙式・披露宴の場所は?

 

2015年5月5日、杉浦友紀アナウンサーが都内の一流ホテルで挙式・披露宴を執り行った事を各メディアで報じられています。

 NHK「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」のメーンキャスターを務める杉浦友紀件アナウンサー(31)が5日、東京・神田駿河台の山の上ホテルで挙式・披露宴を行った。

 

 お相手は、NHKに同期入社の美術担当30代イケメン職員。2人はガラス張りの三角屋根のチャペルで木漏れ日が差し込む中、永遠の愛を誓うキス。親族や同僚ら数十人から一斉に拍手と歓声が沸いたが、ホテル従業員数人が報道陣からガードする厳戒態勢の中で執り行われた。

 

 出席した同僚は3月まで両番組で共演していた松尾剛アナ(47)をはじめ、鈴木奈穂子(33)、廣瀬智美(33)の各アナら。出席者によると、披露宴は3時間ほど開かれ、終始和気あいあいとした雰囲気だったという。幸せ一杯の杉浦アナは今後も仕事を続ける。

引用:NHK杉浦友紀アナ、厳戒挙式!ホテル従業員が報道陣からガード

夫との馴れ初めは、入社以来しばらくは友人関係でしたが、2012年頃から本格的に交際がスタート。昨年まで地方局勤務だった彼が今年東京に異動したことにより結婚話が進んだといいます。

 

また、今のところ妊娠したという発表はなく子供はまだいません。

 

趣味やエピソードなど。

 

・趣味は映画と音楽。好きな音楽は父親の影響で、ボブ・ディランやローリングストーンズなど。野外フェスにも行く。

 

・英語が得意で学生時代に、スティーブン・スピルバーグとトム・クルーズと英語でしゃべったことがある。

 

・海外に住んでいた時には、NHKの番組しかやっておらず『英語でしゃべらナイト』が大好きで、将来は教育番組や語学番組のディレクターになりたいと思っていた。

 

・就職活動でNHKをディレクター志望で受けたが、アナウンサーに向いていると思われたのか面接官に勧められ、最終的にアナウンサー試験を受けることにした。アナウンススクールにも通っていなかったという。

 

・大学時代の2004年6月に出演した中部日本放送の『ノブナガ』では「卒業後はアナウンサーになりたい」と話していが、翌2005年4月6日のTBSテレビ『ドラゴン&ボールアワー』では、「将来は映画関係の仕事に就きたい」と語っていた。

 

・学生時代にインタビューで好きなタイプは「少年ぽい人」、嫌いなタイプは「未練たらしい人」と答えていた。

 

・本人は極度の運動音痴で何も出来ないが今ではNHKを代表するスポーツキャスターとなった。

 

杉浦友紀アナウンサーまとめ。

 

・帰国子女で英語も堪能。

・スタイルが良くて美人で男性人気が高い。

・2003年度のミスソフィア。『Miss of Miss Campus Queen Contest』準グランプリ。

・2013年5月には日テレ系のバラエティ番組担当のディレクターとフライデーされている。

・2015年春に同期職員と結婚。

杉浦友紀アナウンサーの今後の活躍に注目です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

NHK公式サイト

『アナウンスルーム:杉浦友紀』

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む)(情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子 元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子 エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学文学部卒業(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子 チーフアナウンサー(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪)   1982年入局 ・渡邊あゆみ エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学教養学部卒業(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀 エグゼクティブアナウンサー(局次長級)。(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)アナウンス担当副部長   1988年入局
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。   平成30年度(2018)春に異動となった女性アナウンサー ・副島萌生(大分→名古屋→東京アナウンス室)    平成29年度(2017)夏に異動となった女性アナウンサー ・上田早苗 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室) ・阿部陽子(広島→東京→名古屋→東京→長野→東京→甲府→東京→日本語センター→ラジオセンター→大阪) ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台) ・中川緑 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室→京都) ・伊東敏恵 (岡山→広島→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→甲府) ・北郷三穂子(青森→仙台→東京アナウンス室→神戸→大阪) ・小林千恵(福井→名古屋→東京アナウンス室→大阪→京都) ・柘植恵水(福井→東京→名古屋→東京→名古屋→東京→日本語センター出向) ・田代杏子(高知→大阪→東京アナウンス室→大阪→国際放送局記者)   平成29年度(2017)春に異動となった女性アナウンサー ・秋野由美子(富山→名古屋→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→熊本→大阪→東京アナウンス室) ・井上あさひ(鳥取→広島→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室) ・赤木野々花(徳島→大阪→東京アナウンス室) ・上原光紀(新潟→広島→東京アナウンス室) ・千葉美乃梨(山形→仙台→東京アナウンス室) ・保里小百合(高松→福岡→東京アナウンス室) ・高橋美鈴(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室) ・三輪秀香(長崎→福岡→東京アナウンス室→名古屋) ・副島萌生(大分→名古屋局) ・石橋亜紗(熊本→大阪) ・井田香菜子(長野→大阪) ・星麻琴 (岡山→札幌) ・森花子 (東京アナウンス室→水戸) ・礒野佑子 (東京アナウンス室→宇都宮) 番組担当変更 2017年2月16日発表 出典:http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20170216.pdf
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.