有働由美子アナの彼氏との結婚事情は?経歴や熱愛報道まとめ

スポンサーリンク

 

今回は、元NHK所属の有働由美子(うどうゆみこ)アナウンサーにすいての情報をリサーチしていきます。

 

有働由美子アナは、人気・実力・親しみやすいキャラクターで「NHKの顔」と呼ばれ看板女性アナウンサーとして活躍。

 

将来的には、NHKの出世コースを歩んでいると言われていましたが2018年3月31日を以って同局を退局。同年10月から日本テレビ系『news zero』のメインキャスターを務めています。

 

そんな、有働由美子アナのこれまでに報じられた彼氏との結婚事情、経歴なども交えてお伝えしていきます。

 

有働由美子プロフィール
愛称うどん
出身地大阪府(出生地:鹿児島県)
生年月日1969年3月22日(50歳)
慎重162cm
血液型O型
最終学歴神戸女学院大学文学部卒業
職歴NHKアナウンサー(1991年4月~2018年3月)
フリー(2018年5月~)
所属事務所ナチュラルエイト
勤務局大阪→東京アナウンス室→アメリカ総局→東京アナウンス室→日本テレビ
活動期間1991年~
推定年収1億円
推定カップDカップ
好きな食べ物

すし、しゃぶしゃぶ、すきやき、ふぐ、割烹料理、焼き魚、刺身、酒盗、ごはん、イタリア料理

趣味、特技

旅、温泉巡り、スポーツ観戦、ジョギング、水泳、ゴルフ、料理、読書、

リフレッシュ術

読書、長風呂、水泳、旅、人と話す、食べる

モットー

全力を尽くし、あとは運と天と人まかせ。

同期

兼清麻美 

武内陶子

黒崎めぐみ

山本志保

現在の担当番組(過去含む)

・日本テレビ系『news zero』メインキャスター

・NHK総合『あさイチ』(司会)

スポンサーリンク

有働由美子アナの彼氏との結婚事情は?経歴や熱愛報道まとめ

有働由美子アナウンサーの経歴。

 

有働由美子アナウンサーの経歴は大阪府出身、大阪府立北野高等学校を経て、神戸女学院大学文学部を卒業後、1991年にアナウンサーとしてNHKに入局しています。

 

中学・高校時代の部活は剣道部に所属していて2段の腕前。大学祭の時には、実行委員として、学園祭などのイベントの裏方の仕事をしていました。

 

 

NHK入局後、初任地は地元の大阪放送局で当時から主にスポーツ番組を担当しています。1994年度から東京アナウンス室勤務となり、4月から『NHKニュースおはよう日本』のメインキャスターに大抜擢され、1997年3月まで務めています。

 

 

1997年4月からは『サタデースポーツ、 サンデースポーツ』のメインキャスターを2002年3月まで務めています。翌4月からは『NHKニュース10』のスポーツコーナーを2004年3月まで務め、4月からはメインキャスターとスポーツを兼任。2006年3月まで務めています。

 

2006年4月からは情報番組『スタジオパークからこんにちは』の司会を担当。2007年6月1日まで務め、同月に兼ねてから希望していたアメリカ総局(ニューヨーク)に異動しています。アナウンサー職のまま、特派員になる事例は今までなく有働由美子アナが初めてでした。

 

アメリカ在住中の2008年4月からは『NHKニュースおはよう日本』の毎週金曜日の中継コーナー『ニューヨーク・スタイル』にレギュラーとして出演しています。同年6月16日付で管理職(チーフアナウンサー)に昇格。

 

 

2010年3月にアメリカ総局から東京アナウンス室に異動となり『あさイチ』のMCを担当しています。

 

2018年2月7日、8年間担当した『あさイチ』のMCを3月末を以って卒業することを発表。

 

2018年4月3日、NHKを通じマスコミ各社あてにファックスで「平成30年3月31日付でNHKを退職させていただきました。」と、退職したことを報告。理由については「27年間勤めさせていただいたNHKにはたいへん愛着があり、定年までしっかり働き続けようと思っておりましたが、以前から抱いていた、海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をいたしました。」と明かしている。今後については「今後、有働由美子というジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります。」と報告。また、退職報告が遅れた理由については「新年度から新たなスタートを切る『あさイチ』の門出を邪魔したくなく、ご報告が遅れましたことをお許しください」と綴っています。

 

スポンサーリンク

有働由美子アナがフリーアナウンサーに転身。

 

同年4月26日には、タレントのくりぃむしちゅーマツコ・デラックスが所属する芸能事務所『ナチュラルエイト』に所属することを発表。同年5月30日放送のテレビ東京『マツコ、昨日死んだってよ。』でナレーションを担当しています。

 

 

2018年6月2日放送の日本テレビ開局65年記念番組日本テレビ+ルーヴル美術館『その顔が見たい!』にフランスでリポートしています。同年10月より、日本テレビ系報道番組『news zero』のメインキャスターを務めています。

 

有働由美子アナウンサーの過去の熱愛報道について。

 

 

有働由美子アナは、現在も独身ですが、熱愛報道でも世間を賑わせてきました。初スキャンダルは2000年の秋頃で、当時横浜ベイスターズの石井琢朗選手(当時41)との交際が報じられています。

 

その内容は、有働アナが変装(巻き髪のカツラを被ってサングラスも着用)して、合鍵を手に石井選手の自宅に入る様子をカメラに撮られるという想像すると思わず笑ってしまうような内容でしたが、双方恋愛関係については否定し、借りた本を返しに行っただけと釈明しています。

 

当時、石井琢朗は元アイドルグループ『COCO』のメンバー・瀬野あずさと離婚したばかりで、瀬野の父親が、週刊誌のインタビューで「離婚した原因は有働アナのせい」だと発言したことにより、不倫疑惑に発展。

 

その後、間もなくして石井琢朗は、2001年に元フジテレビアナウンサーの荒瀬詩織と再婚しています。

 

この不倫騒動以降には、2003年には慶応大卒の電通社員、2005年には、和田アキ子の元付き人で東大卒の公認会計士などとの熱愛が報じられています。また、星野仙一、柔道の井上康生とも噂になっています。

 

有働由美子アナウンサーが5歳年下の彼氏と遠距離恋愛中。

 

2013年11月26日(当時44歳)には、週刊誌『女性自身』が、有働由美子アナの「お泊り愛」を報じています。その内容は11月下旬、有働アナは仕事を終え、自宅マンションに帰宅。

 

夕方頃、自宅から出てきた際、隣に40代とおぼしき「俳優の内野聖陽似」のスーツの似合うイケメン男性の姿があったといいます。その後、2人は駅前のスーパーや輸入食料品店で買い物をし、再び有働アナの自宅に戻り夜を明かしたと伝えています。

 

後日、有働アナは同誌の直撃取材に対し、「この年齢になると、“彼氏だから”という縛りはないんですよ。大人の男性と女性ですから普通に食事をしたり親しくすることもあるんじゃないでしょうか。ひとつ言えるのは、44歳のおばちゃんなんで、自由にさせてくださいってこと。結婚とか形にこだわるような年齢ではないので(笑)」と笑顔で答えたといいます。

 

翌週の12月3日には、同誌はこの男性についての素性を報じています。この男性は5歳年下で当時39歳。静岡県にある創業70年の老舗空調設備関係の会社の役員を務める男性で、その会社は父親が社長という御曹司。(ネットで目されているのが「つぼい工業株式会社」代表取締役社長の坪井啓隼氏(つぼいひろとし)。会社の創業は昭和21年で、『女性自身』が伝える創業70年に一致し、2013年には浜松青年会議所の理事長を務めている。確かに内野聖陽似のイケメンで、学歴は浜松日体高等学校を経て、芝浦工業大学卒業。)

 

2人は遠距離恋愛中であり、彼が週に2~3日ほど仕事で上京する際に、有働アナの自宅に泊まっているといいます。また、同誌は、彼にも直撃しましたが「本当に友達です」と交際については否定しています。泊まったのもその日が初めてだったといい、有働アナとは同年に友達の食事会で知り合い、それから複数人で食事に行ったりして連絡を取り合うようになり、親しくなったのはごく最近だと明かしています。

 

記事が出た後には、有働アナから「ご迷惑をかけるかもしれません」と連絡があったといい、彼は「不倫とか変な関係ではないので全然大丈夫ですよ!」と答えましたが、紅白総合司会という大役を控える彼女のことを考え「連絡を控えます」と告げたといいます。

 

また、記者の「有働さんのことが好きですよね?」と言う質問に対しては「嫌いだったら一緒に食事に行ったりしないですよ。好意を持っていないと言ったらウソになります。有働さんは裏表がなくて頭の回転も速くて……本当に聡明でステキな女性です。会えなくなるのは寂しいけど彼女には幸せになってもらいたいし、私は一般人で有働さんは有名人ですから。とりあえず一歩引いて、気を使っていきたいと思っています」と答えたといいます。

 

交際男性(彼氏)は、結婚経験有りのバツイチで子供有りだった。

 

翌2014年1月24日の『NEWSポストセブン』では、実は、年下彼氏は離婚経験ありのバツイチだと報じ、さらに前妻とは2年ほど前に離婚したばかりで3人の娘がいると伝えています。

 

子供は前妻が引き取っているようですが、長女もまだ小学校低学年という幼い子供達であり、養育費などはすべて彼が工面しているといいます。また、彼の知人によると「自分が有働アナと結婚したら子供たちが複雑な思いを抱いてしまうのではないか?」との理由から、なかなか結婚に踏み切れないといいます。

 

また、彼の母親にも尋ねたところ「全然知らなかった」と週刊誌の記事でこの件を初めて知ったといい、有働アナとの再婚については「一度、離婚してるからね…。子供もいることですし…」とだけ答えたといいます。

 

有働アナも年齢的に、本当は今すぐにでも結婚したいはずですが、相手の男性の立場を気遣いし、結婚に対しては消極的だと伝えています。

 

有働由美子アナが交際中の男性と破局。結婚を断念。

 

2016年5月19日の『日刊サイゾー』では、有働アナが彼と破局したと報じています。また、今後はアナウンス部長に昇進し、さらにはNHK初の女性理事(役員)になるのも既定路線になったと伝えています。

「どうやら、破局したようですよ。彼はバツイチで前妻との間に子どもが3人いたため、彼のほうが結婚に踏み切れないでいた。一方の有働アナとしても、結婚となればNHKを退社して東海地方に移住し、彼の仕事を支えていかなければならず、そのことをずっと悩んでいた。結局は、仕事のすれ違いもあり、結婚はあきらめてNHKに残ることを決めたといいます」(NHK関係者)

出典:有働由美子アナが破局か!? NHK残留で「女性初の理事」が濃厚

 

その後、2017年4月3日のネットニュースサイト『まいじつ』によると、有働アナが一部メディアに対し、事実上の「結婚断念宣言」をしたと報じています。やはりここでも「彼とは破談」となったと伝えています。

「周囲には『生涯独身だから、未婚の人と遊んだって不倫にならないし、文句を言われないよね?』と同意を求めているようです。実際に、後輩の女子アナやプロ野球関係者らの飲み会に積極的に顔を出すようになっています」(同・関係者)

出典:有働由美子アナが「結婚断念」なお合コン積極参加の模様

また、同月7日放送の『あさイチ』では、この日のゲストの浅丘ルリ子と恋愛の話題になり、浅丘からの「いなくはないわね?今」という質問に「いいなと思っている男性はいます」と答えています。続けて浅岡が「年上か年下か教えて」と質問されると「上ですね。でも、しゃべれてないです。いいなと思っているだけで、個人的な関係はないです」と答えています。

 

実は年下彼氏との交際は継続していた。

 

2018年2月には、長年務めた『あさイチ』の司会を卒業することが正式に発表。今後について注目されている有働アナですが、22日の『女性自身』では、破局したと報じられた年下彼氏とは、現在も交際が継続しており、彼の在住する静岡では、「有働アナの誕生日の3月22日に入籍する」という噂が浮上しているといい、同誌は静岡まで訪れ、本人を直撃しています。

――有働さんとの交際は続いていますか?

 

「わざわざ東京から来ていただいてすいません。ただ、いまから会議なので……」

 

――報じられたとおり破局されたのでしょうか?

 

「いやいや、会議なんで……」

 

柔和な笑顔ではぐらかすAさんだが、表情には余裕が感じられた。

 

――3月22日の有働さんの誕生日に入籍されるという話を聞きました。

 

「……(苦笑)」

 

だが記者がそう聞くと、Aさんは無言のまま手を大きく横に振り、否定するしぐさを見せた。そのまま頭を下げると会社の中に消えていった。

このように彼は、口には出していませんが「結婚」については身振り手振りで否定していたようです。

 

また、彼の仕事仲間は、このように証言していると報じています。

「有働さんはAさんとよく話し合い、『結婚はしない。でも一緒にいる』という未来を決めたんだと思います。Aさんが社長を務める会社は、地元企業でも5本の指に入るぐらいの優良会社。地域の青年会議所の理事も担ったほど信頼の厚い人ですから、東京に住む有働さんとの“結婚”は簡単なことではありません」

出典:有働由美子アナに浮上する3月入籍説 恋人社長に真相を直撃

所属事務所は彼との交際を「男女の関係ではない」と否定。

 

NHK退局後、2018年6月13日には『FLASH』がウェブサイト上で、年下彼氏とのツーショット写真を掲載。有働アナは、品川駅から東海道新幹線こだま号に乗車。彼と三島駅で落ち合い、愛車に乗り込むと、車は新東名高速道に乗り、東京方面へ走り去っていったと伝えています。また、同誌の取材に対し所属事務所は、彼との関係について「彼とは男女の関係ではありません。性別を超えた、本当に気の合うお友達ですよ」と答えていると伝えています。

「有働がこれから出張でしばらく家を空けてしまうため、この日は仲のいい友人である男性に、犬を預けに行っただけなんです。預けた後は、一人で大阪の実家に帰り、翌日には東京に戻っています。彼とは男女の関係ではありません。性別を超えた、本当に気の合うお友達ですよ」とコメントした。

出典:有働由美子「内野聖陽似の社長」と三島で癒やし旅

有働由美子アナウンサーは常に注目の的。

 

有働由美子アナと言えば、スキャンダルもそうですが、常にマスコミや視聴者に話題を提供して注目を集めるのが上手です。番組本番中に多量の脇汗を大量にかき、視聴者から、「脇汗を平気で見せて信じられない。同じ女性として見ていられない」という苦情のFAXが届いて話題になった事があります。

 

反響が大きかったことを受け、『あさイチ』で脇汗特集を組み、ブログでは、「一応まだ自分では嫁入り前のつもりでおりますので、今後出会うであろう、いや絶対出会うはずの”王子様”が、ワキアセ嫌いな人だったらどうしよう、、と心病んでおります。(もう遅いか)」と綴ったりと、完全にピンチを逆手にとって注目を集め続けています。

 

さらに2013年5月2日付の同ブログでは、「要望が多ければ自分の『ヌード』をブログに掲載する」と綴ったりと、常に世間を賑わしています。他にも、髪型をショートカットにしたり、「紅白のドレスの費用が1000万円」といったファッション関連でも度々話題に挙がります。

 

有働由美子アナウンサーはNHKでは浮いた存在だった?

 

きっと有働由美子アナなら何か面白いことを言ってくれるだろうとファンもマスコミも期待しているはずです。堅実なイメージのNHKの職員の中で、まるでタレントや芸能人のようにアグレッシブルに活躍してファンを獲得してきました。また、芸能関係やスポーツ関係など交友関係も広く、性格も華やかすぎる有働由美子アナは、地味なイメージのNHKでは、”浮いている存在”だと言われていました。

 

そんな有働由美子アナに対して、一部の若手女性アナの中では、「あの人はタレントだから」と、”冷ややかな目”で見られていると言われています。しかし、有働由美子アナの出演番組は、高視聴率をキープし続けているので、誰も面と向かっては、何も言えないでしょう。

 

人物・他のエピソードなど。


有働由美子アナのすっぴん

 

 

・2018年12月7日に発表されたオリコンの『第15回好きな女性アナウンサーランキング』で第1位に選出された。

 

・2018年12月29日には、テレビ東京『マツコ&亨のビューティー言いたい放題』では、テレビ東京で裏番組のキャスターを務める大江麻理子と初共演。そのトークの中でプライベートでも仲が良いというマツコデラックスからいろんなことを暴露された。

 

 

・NHK退職理由については、もう何年も前から『あさイチ』を降板することが決まっており、その後は管理職になる予定だったが「どうしても現場をやりたい」という拘わりと後輩の成長のために席を譲らなければいけないと言う気持ちから悩んでおり、マツコに相談したところ基本的には「辞めないほうが良い」と止められたが、マツコの事務所社長に相談をしたところフリーに転身することを決めたという。

 

 

・週刊文春で書かれた『news zero』のギャラが3億円は大嘘だという。「そんなに儲からないですね」と本音を吐いた。

 

 

・NHKはリハーサルを入念に行い、本番よりも長い時間もあるという。『あさイチ』の場合も本番終了後、翌日のリハをするという(ゲストは代役)。それに比べ民放はあまりにも打ち合わせやリハーサルが少なくて不安になると話した。

 

 

・恋愛トークになり、池谷亨から「有働さんは料理を作ってもてなしたい相手はいないんですか?」と聞かれたところ「今はいないですね。そんな心の余裕が本当にないです。本当に恋愛しばらくしてないです。嘘じゃなくて。全然そんな余裕ないです」と答えていた。

 

 

また、結婚観については「(結婚願望は)物凄いあって、子供も3人ぐらいほしいとずっと言っていたんですけど45歳ぐらい過ぎてから全然なくなりました。誰かと一緒の空間にいるのが実は苦手だと思って、すごい好きな人ができてもずっと一緒にいるのは嫌」と述べ、「今まで付き合った人全員私の方が(お金)払っています」とぶっちゃけていた。

 

・恋愛の失敗のエピソードとしては「(自分は)言われたことを全部信じるので、完全にその気になっていて、ある日(好きになっていた人から)、普段全然電話してこない彼から突然電話がかかってきて「ごめん、今彼女がパソコンを見ていて、『なぜ、NHKの有働さんとやり取りしているの!?』って怒っていて『週刊誌に売るって言ってる』」と告げられたという。

 

 

ヤバイと思い、隣りにいるという彼女に電話を代わってもらい「A君のことがすごい好きで、私がメールを送り続けたんですけど『僕にはすごい好きな人がいるから』って断られていたのに私がメールを送り続けていただけで、それがアナタだったんですね、すいませんでした…」みたいな感じで謝り、彼には「多分大丈夫だと思うけど、なんか動きがあったら教えてね」と伝え、電話を切ったという。

 

その20分後くらいに彼からまた電話があり、彼の話によると彼女は「有働さん凄い良い人、お友達として大事にしてあげて」と言われたといい、なんとか事なきを得たという。

 

 

その話を聞いたマツコは「最上級のブスエピソード」と評していた。

 

・『news zero』月曜日の生放送後には、『月曜から夜ふかし』に出演するマツコと時間が合うため、マツコの控室で深夜2時くらいまで喋っているという。

 

・マツコによると「ほんと、この人びっくりする。皆さんがNHK時代に抱いている強くて聡明な有働由美子は…テレビの中だけよ。この人…めっちゃ乙女!」といい、

 

 

「どんだけ屈強な精神を持った女かと思ってたら、実際会ったらちょっと小綺麗に生まれた田嶋陽子みたいな感じ」と暴露していた。

 

・親の影響もあり子供の頃から地元のプロ野球チーム・阪神タイガースのファン。小学生の頃から新聞記者に憧れていて、人の知らないことを誰かに伝える仕事に就きたいと思っていた。

 

・高校時代にはチェッカーズの追っかけをしており、部屋にポスターを貼っていた。

 

・テレビ朝日系『ニュースステーション』のMC・久米宏のファンだった。

 

・大学受験の際には第1志望は、大阪大学だったが残念ながら不合格になってしまい、第2志望である神戸女学院大学文学部に進学。

 

・アナウンサーを志したきっかけは、当時、湾岸戦争が始まり戦火の中、世界中のテレビ局の特派員が戦況を伝えている姿を見て、テレビの世界のジャーナリズムに憧れを抱くようになったから。

 

・新人時代はアナウンサーとしての発音やアクセントが下手で、先輩はもとより視聴者にも怒られた。有働由美子アナは、当時を振り返り「やっぱり私なんてテレビに出るアナウンサーになんかなっちゃいけなかったんだ」と、真剣に悩んで別の仕事も考えたこともあったが、先輩や取材先の人達から励まされアナウンサーを続けることができたという。

 

・大阪時代の『おはよう日本』の登場挨拶では、前日に阪神が勝利した時には、「おはようございます、(一呼吸おいて)阪神勝ちました!」と笑顔で挨拶することが定番だった。

 

・年末の『NHK紅白歌合戦』では、2001年から2003年までには紅組司会、2012年から2015年までには総合司会を担当している。

 

・1998年~2000年までの『紅白歌合戦』の紅組司会は3年後輩である久保純子だった為、一部では自分より先に起用された事に不満を持っており、当時久保アナとは確執があったと言われている。

 

・2011年には、後輩で何かとライバル扱いされてきた青山祐子の結婚式のスピーチで「40歳を過ぎて独身?」という自虐ネタを披露し、会場を沸かせたという。

 

・2013年2月1日には『TV60 日テレ×NHK 60番勝負』の番組宣伝のため日本テレビ系『PON!』に出演し、史上初のNHKの現役女性アナウンサーが、民放在京キー局制作の情報番組に出演。共演した大学の同級生である笛吹雅子(日本テレビ)が「朝のジョギングで両手で胸を押さえて走っている」と、暴露した。

 

有働由美子アナウンサーまとめ。

・人気があり注目度も高く話題性に事欠かない。

・NHKで浮いた存在でよく思っていない同僚もいるのかもしれない。

・過去に恋愛報道が何度かある。

・2018年3月末を以ってNHKを退職。

 

今後も有働由美子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式

『ナチュラルエイト:有働由美子』

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(...
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。随時更新していきます。