桑子真帆アナがかわいい!谷岡慎一との結婚から離婚経緯【NHK】

スポンサーリンク

 

今回は、NHKに所属する桑子真帆(くわこまほ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

桑子真帆アナは、2015年に担当した人気番組『ブラタモリ』にアシスタントとして出演したのを機に、その素朴な癒し系のルックスと明るいキャラが視聴者に受け「桑子真帆アナがかわいい!」と人気が急上昇。各媒体の好きな女子アナランキングでも常連の人気アナウンサーになります。

 

そして、2017年春には、NHKの看板番組のひとつである『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに大抜擢。同年末の紅白歌合戦や翌年2月の冬季オリンピック開会式中継を担当するなどNHK女子アナのエース的存在になりました。

 

そんな、桑子真帆アナの経歴やフジテレビの谷岡慎一アナとの結婚から離婚までの経緯などについてまとめています。

 

桑子真帆プロフィール 
愛称クワマホ 桑子ちゃん
出身地神奈川県川崎市
生年月日1987年5月30日(32歳)
身長158.3cm
血液型A型
最終学歴東京外国語大学ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)卒業
勤務局NHK放送センター
部署放送総局アナウンス室
職歴長野→広島→東京アナウンス室
推定年収?
推定カップCカップ
趣味、特技

お買い物、楽器演奏

好きな食べ物

なんでも!特に、アメリカンドック

リフレッシュ術

おいしいものを食べる。お買い物をした後、喫茶店でのんびりする。

モットー

素直でいること。感謝の気持ちを忘れないこと。

資格

普通自動車第一種免許(アウディA3を所有)

同期

田中泉(富山→大阪→東京アナウンス室→2019年退局)

大成安代(京都→山口→仙台→東京アナウンス室→2018年退局)

担当番組(過去含む)

・『ニュースウオッチ9』(2017年4月~)

・『ニュースチェック11』(2016年4月~2017年3月)

・『NHKニュース7』(2015年3月30日~2016年3月25日)

・『首都圏ニュース845』(2015年3月30日~2016年3月25日)松村正代と隔週交替

・『ブラタモリ』(2015年4月11日~2016年4月2日)

スポンサーリンク

桑子真帆アナがかわいい!谷岡慎一との結婚から離婚経緯【NHK】

桑子真帆アナウンサーの経歴。

 

桑子真帆アナウンサーの経歴は、神奈川県川崎市出身、鴎友学園女子高等学校を経て、東京外国語大学ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)を卒業後、2010年4月にNHKにアナウンサーとして入局しています。

 

18歳時

新人の頃

 

初任地は長野放送局。全国放送では2012年4月4日に『ゆうどきネットワーク』、2010年10月9日、2012年6月10日、2012年11月4日に『着信御礼!ケータイ大喜利』に出演しています。

 

3年間勤務した後、2013年4月からは広島放送局に異動し『おはようひろしま』のキャスターを2年間務めています。

 

その一方では、2013年10月6日からNHK-BSプレミアムで放送されている『夜のワラッチャオ!』のお姉さん役を務め、月に1回東京に出張して収録を行っています。

 

 

最初のうちは派手な衣装で踊ったりするのも恥ずかしかったようですが、明るく親しみやすいキャラクターで番組を盛り上げていました。

 

スポンサーリンク

桑子真帆アナウンサーが『ブラタモリ』に抜擢。

 

2015年2月3日、NHKの「新キャスター記者会見」において人気バラエティー番組『ブラタモリ』の復活と、その新パートナーに桑子アナが起用されることが発表されています。『ブラタモリ』とは、街歩きの達人・タモリが“ブラブラ”と歩きながら、知られざる街の歴史や人々の暮らしの謎に迫る紀行・バラエティ番組であり、レギュラー第3シリーズまでタモリとコンビを組んできた久保田祐佳から引き継いでいます。(2人の間にスペシャルで一回だけ首藤奈知子がアシスタントを務めたこともあった)

 

同年2月19日の番組記者会見で、桑子アナは、「タモリさんの独特の着眼点、ゆるさが好きで、よく見ていた。その番組を自分が担当すると思うと、光栄であると同時に緊張もしている。今回は全国各地を回るので、タモリさんのそこに着目するの?ってところを私自身も楽しみながらやっていければ」と、番組に対する意気込みを語っています。

 

番組開始当初は、さすがの大御所を前に緊張した様子が見られましたが、時折タモリにタメ口をきく場面もあるほど、とても番組に馴染んでいました。その自然体で愛嬌のある彼女の姿にネットでは「かわいい」と言った声が続出するなど視聴者の心を掴んでいました。

 

 

その一方では、『NHKニュース7』の平日サブキャスター、『首都圏ニュース845』の平日キャスターも務め(松村正代と隔週交替)、オリコンの『好きな女性アナウンサーランキング2015』において、初登場で第5位に選ばれるなど人気アナウンサーの仲間入りを果たしています。

 

『ブラタモリ』を卒業。『ニュースチェック11』のメインキャスターに抜擢。

 

その後、2016年4月2日放送の『ブラタモリ』卒業の回には、番組の最後に「今日で、わたくし『ブラタモリ』を卒業することになりまして。1年間、本当にお世話になりました」「楽しかったんですよ。何も考えていなかったら、スーッと歩いてしまうところなんですけど、そこには絶対、歴史があって、そこに向けて頑張っている人がいて。というのを考えると、全然、違った風に見えてくるんですよね」と、感慨深げに振り返り、番組を卒業することを報告。タモリも別れを惜しみ「楽しかったですよ。性格も良くね。お高くもとまっていないし、本当にいい子でした」と桑子アナを絶賛しています。

 

そして、2016年度からは、それまでの担当番組を全て降板し、4月4日から平日夜の新報道番組『ニュースチェック11』のメインキャスターを1年間担当しています。

 

2016-04-13_004107

2016-04-13_013712
笑顔がかわいい

 

『ニュースチェック11』は、従来のNHKの報道番組とは大きくかけ離れ、桑子アナは会見の席でも「ニュース番組ですが、コンセプトは脱力」と公言するなど、かなり「ユルい」スタイルのニュース番組でした。

 

『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに就任!

 

そして、2017年2月16日のNHKの新年度のキャスター発表記者会見では、桑子アナが新年度から、NHKの看板番組『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに就任することが発表されています。

 

その挨拶の席では、同番組でもコンビを組む有馬嘉男キャスター(報道局副部長)が、緊張でセリフが飛ぶというハプニングがありました。

 

固まって動かない有馬キャスターに桑子アナは「次の切り返しは『僕たち2人ですからね』ですよ」「有馬さん、緊張し過ぎじゃないですか?ここは有馬さんが切り返すところですよ」などと大先輩にツッコミを入れて周囲を笑わせています。

 

そして、桑子アナは「この番組は『ザ・NHK』というカッチリしたイメージがありますが、一方的に伝えるのではなく、皆さんも一緒に考えられるように伝えて行きたいです。『わかったふりをしない』、この言葉に尽きると思っています」とコメントをしています。

 

桑子真帆アナと谷岡慎一アナの交際報道から結婚や離婚について。

 

プライベートでは、2016年1月1日にサンケイスポーツで、フジテレビ所属の谷岡慎一(たにおかしんいち)アナと真剣交際中であると報じられています。桑子アナにとっては、今回の熱愛報道が初ロマンスでした。

 

谷岡慎一プロフィール 
出身地高知県
生年月日1987年2月16日(32歳)
身長173cm
血液型A型
最終学歴法政大学経営学部卒業
勤務局フジテレビジョン
部署編成局アナウンス部
活動期間2010年~
ジャンルスポーツ実況、報道、情報番組
趣味、特技

ピアノ(3歳から)、野球(阪神タイガースファン)、ダイエット、車の運転

資格

普通自動車免許、漢字検定2級、話しことば検定2級

同期

・木下康太郎

山崎夕貴

細貝沙羅

谷岡慎一アナウンサーの経歴。

 

谷岡慎一アナウンサーの経歴は、高知県出身。親の仕事の関係で大阪、香川、大阪、千葉と引越しを繰り返し、学歴は、船橋市立小室中学校卒業後、野球留学のため高知県にある土佐高等学校に進学。同校卒業後は1年間浪人生活を送り、最終学歴は法政大学経営学部経営学科を卒業しています。

 

高校時代には、寮生活をしながら野球部に所属していましたが、1年生の冬に腰の怪我の為、野球を断念。その後は高知県にある祖父の家で過ごしています。(高校の同級生には、坂木萌子アナがいる)

 

大学時代には、法政大学自主マスコミ講座(21期生)を受講し、同期には、白石小百合(元テレビ東京)がおり、2010年3月24日に日本武道館で行われた「第128回 法政大学学位授与式」では、2人で司会を務めています。就職活動では、甲子園の実況がやりたかったためNHKも受けましたが、一番最初に内定が出たフジテレビに2010年4月に入社しています。

 

過去には、先輩で2歳年上の椿原慶子との交際が囁かれた事がありますが、その後、椿原アナは、2013年に別の男性と週刊誌にデート現場をスクープされている為、その頃には既に破局していたと思われます。

 

2人の馴れ初めは?

 

熱愛を報じたサンケイスポーツの記事によると、2人の馴れ初めは、元々2010年入社組の同期の間柄であり、学生時代にアナウンサースクールに通っていた頃からの知り合いで、本格的な交際に発展したのは、桑子アナが東京アナウンス室に異動になってからだということです。

 

2人共音楽が好きで、桑子アナは楽器演奏、谷岡アナはピアノ演奏という共通の趣味で気が合ったといい、既にごく身近な番組スタッフや共演者には2人とも「実は、お付き合いしています」などと報告してるようです。また2人とも明るくフランクな性格とあって交際を隠すことなく周囲も温かく見守っていると伝えています。

 

ツーショット写真を撮られる。

2016-04-11_210843

 

その後、2016年4月10日には『週刊ポスト』が、2人のデート現場をキャッチしています。記事によると4月1日の深夜午前4時過ぎに、東京・世田谷区の路上を仲睦まじく手をつないで歩いていたところを写真に収めたといいます。2人ともかなり酒を飲んでいたのか、千鳥足でタクシーに乗り込み、桑子アナの自宅マンションに行ったと伝えています。

 

同誌では谷岡アナの実家にも取材をしており、彼の妹のコメントが掲載されています。

「去年の秋、お兄ちゃんから“桑子さんと付き合っているんだ”と嬉しそうにノロケて報告されました。まだ彼女とは会わせてもらっていませんが、綺麗で聡明な方だし、結婚という話になったら私も両親も応援しますよ」

引用:http://news.livedoor.com/

と、谷岡アナの家族にも桑子アナは、好印象だと伝えています。

 

桑子真帆アナが谷岡慎一アナと結婚。

 

 

その後、2017年5月11日に各メディアで、2人の結婚が報じられています。

 

 

報道によると、2人は近く新居で同居生活をスタートさせ、桑子アナが30歳を迎える5月30日に東京都内の区役所に婚姻届を提出する予定だといい、2人は、それぞれの上司や親しい人間に「挙式・披露宴は来春できれば」と話しているといいます。また、他局のアナウンサー同士の結婚は、2012年11月に結婚したNHKの先輩アナである廣瀬智美増田和也(テレビ東京)以来2組目で、非常に珍しいケースであります。

 

 

同日には、谷岡アナが担当している『ノンストップ!』で、桑子アナと結婚する事を生報告しています。結婚を報じたスポーツ新聞が掲示されると「おめでとうございます!」と共演者から祝福されています。

 

そして、MCのバナナマン・設楽統から「間違いありませんね」と質問されると、谷岡アナは笑顔で「間違いありません!」と答え、共演者のハリー杉山によると2人と何度か食事をしたことがあるといい「イラッとするぐらいラブラブ」と話していました。

 

谷岡アナによると、桑子アナと出会ったのは2年前の2015年春で、桑子アナが広島から東京勤務になったタイミングで知り合い、交際に発展したと説明しています。設楽から桑子アナのどんなところが好きなのかを質問されると「自分の感情に素直なところに引かれました」「笑うタイミングと怒るタイミングが一緒だなと思ったので」と照れながら説明しています。

 

 

また、プロポーズの様子を設楽相手に再現しています。レストランで指輪を中に忍ばせた一輪の薔薇のオブジェを渡し、ストレートに「結婚してください」とプロポーズ。花びらの部分を開けると中に婚約指輪が入ってる仕掛けという粋な演出だったと明かしています。

 

設楽は「ちゃんとそういうのやるんだ!」と感心していましたが、独身の大久保佳代子は「今すべってますけどね!」と突っ込むとスタジオが笑いに包まれています。プロポーズを受けた桑子アナが「よろしくお願いします」と応じたと聞くと、大久保はさらに「スベってんぞ!」と強調していました。

 

また、谷岡アナはフジテレビを通じ「妻となる女性と協力して楽しい家庭を作っていきます。また、守るべき人ができましたので、これからより一層仕事に精進していきます。今後共どうぞよろしくお願いいたします」と、桑子アナが他局所属ということに配慮してか、あえて名前は伏せマスコミ各社に発表しています。

 

 

また、同日フジテレビでは『めざましテレビ』→『ノンストップ!』→『バイキング』→『直撃LIVEグッディ』と、続けてこの件を報じ「パパのアイドル桑子アナがフジ谷岡アナと結婚」などと、終始桑子アナの方が格上扱いで伝えていました。

 

また『直撃LIVEグッディ』では、谷岡の先輩アナの倉田大誠が、2人が初めて会った時のエピーソードを明かしています。倉田によると「谷岡君と食事をしているときに彼女を呼びますと、その場で電話するとすぐに来てくれまして、フットワークのいい子だなと」と、当時を振り返り、2人は初対面にも関わらず、すぐに打ち解けて会話していたといい、初デートは「みなとみらいに行ったそうです」と明かしています。

 

また、三田友梨佳が「谷岡アナウンサーは普段の私服がすごっくおしゃれなんです」と明かし、その洋服や帽子などは桑子アナからプレゼントされていたものだったと説明しています。

 

一方、桑子アナの方も同日の『ニュースウォッチ9』のエンディングで、有馬嘉男から「桑子さん、今日は祝福の言葉がたくさんあったんじゃないでしょうか?」と、突然振られると笑顔で「いや、あー今日なんか終わりが長いなと思っていました」と照れながら答えています。続けて有馬が「番組はね、僕たちがパートナーですけど、こっちも力を合わせて」と、呼びかけると「これからもよろしくお願いします!」と深々と頭を下げています。

 

桑子アナが『ニュースウォッチ9』のブログで結婚報告。


出典:http://www9.nhk.or.jp

 

そして、2017年5月30日に桑子アナが『ニュースウォッチ9』の番組ブログで、先の報道通り、谷岡アナと結婚したことを報告しています。この日が誕生日だった桑子アナは、番組スタッフ達からサプライズで祝福され「私事できょうから新たなパートナーを持つことになりましたが、これからも、“番組での”パートナー有馬さんともナイスコンビでいきますよ」と綴っています。

 

俳優・和田正人(妻は吉木りさ)とは家族ぐるみの仲。「なぜか」のオチ。

 

2018年2月9日の平昌冬季オリンピック開会式中継では、番組終了間際に「今日の閉会式を通じて…」と、開会式を閉会式と言い間違えたことがネットで話題になりました。(再放送ではカットされた)

 

また、その開会式から桑子アナが一度もテレビ中継に出演しなかった事に対し、不思議に思った視聴者達から「開会式以来、桑子アナを見かけない」「桑子真帆が消えた」などの心配する声が上がり、「(開会式で)いい間違えた件で謹慎処分になったのでは?」などの憶測が飛び交いました。さらに同月17日にはヤフーニュースでもこの件を取り上げるなど大きな話題に発展しています。

そんな中、なぜか俳優・和田正人が自身のツイッター上で「ここにいますよー」とだけ綴り、桑子アナとのツーショット写真をアップしました。

 

ちなみに和田正人は、2017年11月にタレントの吉木りさと結婚したばかりで互いに新婚同士でした。疑問しか浮かばないこの誤解を招くような投稿に、ネットでは、W不倫を案ずる声や「受信料で仕事してるNHKアナウンサーとしての自覚が足りない」などの批判的なコメントが寄せられ、ネット掲示板などで炎上しています。

翌々日の19日には、和田の妻の吉木りさのインスタグラムに、アナウンサー同期である瀧口友里奈(セント・フォース)と登場しています。(ちなみに桑子アナは2017年10月の吉木の自宅で行なわれた女子会の様子をアップしたブログにも登場している)

 

 

幸せ野郎と。おめでとさーん!! #谷岡慎一 #何気に同じ高知の人

和田正人さん(@daaaaaawaaaaaa)がシェアした投稿 –

元々は和田と谷岡は、同じ土佐県出身であり、2017年5月13日の和田のインスタグラムで結婚間近の谷岡が登場するなど以前から交友があり現在では家族ぐるみの仲のようです。

また、2017年10月15日の和田のツイッターでは、自身が出演していたTBS系ドラマ『陸王』を桑子アナと一緒に鑑賞している写真をアップしていました。(1枚目はフジテレビの酒主義久)

 

また、NHKの公式HPによると桑子アナは開会式のみの担当で仕事を終え帰国していたと発表しており、最初の和田のツイッターのツーショット写真は、実際には4人で同席しており、写真に写っていない吉木りさか夫の谷岡が撮影したというオチだと思われます。

 

結婚報告から1年後に谷岡との離婚が報じられる。

 

結婚報告からちょうど1年後である2018年5月31日に、サンケイスポーツが2人が近く離婚すると報じ、翌6月3日に離婚届を提出しています。

 

関係者によると離婚理由は多忙によるすれ違いからだといい「独身のときのようにゆっくり食事やドライブに行けなくなった。最初のうちは一緒に晩酌を楽しんだりしていましたが、一緒の時間をなかなか持てなくなり心が離れたようです」と伝えています。

 

また、多忙が続いたため、結局は結婚式も挙げず、新婚旅行にも行けなかったようです。

 

人物・他のエピソードなど。

 

・小学生の頃から『クローズアップ現代』に出演していた国谷裕子キャスターに憧れていたといいます。

 

大学時代

 

・大学時代は金髪で、サークル活動でブラジル音楽のバンドでサックス、打楽器を担当していました。

 

・NHKで番組制作などのバイトをしており、その繋がりから『夜のワラッチャオ!』のお姉さん役に起用されたということです。また、アナウンサー試験はNHK以外は受けなかったといいます。

 

・左利き。身長は長野時代に某番組内の企画で身長を計った際、158.3cmだったということです。

 

・学生時代から旅行が好きで、「青春18きっぷ」を利用して鉄道旅行をしていたといいます。

 

 

・青森放送(RAB)の桑子英里は、再従姉妹にあたります。

桑子英里アナの結婚相手は?NHK桑子麻帆アナの従姉妹!【青森放送】
今回は、青森放送(RAB)に所属する桑子英里(くわこえり)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。 桑子アナは、NHK所属で人気番組『ブラタモリ』のアシスタントを務め人気アナとなった桑子麻帆アナウンサーの従姉妹にあた...

 

・2015年末に発表されたオリコンの『好きな女性アナウンサーランキング』で初登場5位に選ばれています。

 

・2017年4月11日放送の『ニュースウオッチ9』において、米ユナイテッド航空がオーバーブッキングにより、乗客を強引に機内から引きずり下ろしたニュースを報じた際に、表情が半笑いだった為、ネットでは視聴者から「不適切だ」と批判の声が相次いだことがありました。

 

 

・2017年末、2018年末には、大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』の総合司会をウッチャンナンチャンの内村光良と務めています。

 

 

 

・2018年9月22日には、NHK総合と日本テレビのコラボデーが実地され、NHKを代表して武田真一と担当。日本テレビの『ズームイン!!サタデー』に生出演しています。同時間に生放送された特番『NHK×日テレ同時生放送! テレビ65年 スポーツのチカラ』(日テレ麹町スタジオにNHK用と日テレ用の2つのセットを建て、それぞれの演出で同時間生放送を行った)では、日本テレビ代表の水卜麻美、桝太一と共演しています。

 

桑子真帆アナウンサーまとめ。

 

・子供向け番組『夜のワラッチャオ!』のお姉さん役を務めていた。

・人気バラエティ番組『ブラタモリ』アシスタントに抜擢された。

・NHKの看板番組のひとつである『ニュースウオッチ9』メインキャスターに就任。

・2017年5月にフジテレビアナの谷岡慎一と結婚したが1年で離婚している。

 

今後も桑子真帆アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。随時更新していきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NHK

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日

TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他フリー

その他ローカル局

TOKYO MX

お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者

出身大学偏差値

身長ランキング

アンケート集

タレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍
女性アナウンサー大図鑑