.

和久田麻由子アナの彼氏や結婚の情報は?可愛いと大評判!【NHK】

この記事は約 7 分で読むことができます。

2018年4月28日

皆さんは『NHKニュースおはよう日本』の平日キャスターを務める和久田麻由子(わくだまゆこ)アナウンサーをご存じでしょうか?

 

和久田麻由子アナは、東大卒の才女である上に「女子アナ史上ナンバー1」と称されるほどの美貌とアナウンス力を誇り、多くの視聴者から絶賛されています。

 

番組の進行もノリが良いと大評判で、ファンの数も増加し、知名度も急上昇中です。そんな可愛いと大評判の和久田麻由子アナについて気になる経歴や彼氏や結婚情報などをリサーチしていきます。

 

和久田麻由子プロフィール
愛称 わくちゃん、わくまゆ
出身地 神奈川県横浜市・川崎市育ち
生年月日 1988年11月25日(29歳)
身長 163㎝
血液型 O型
最終学歴 東京大学経済学部経済学科卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 岡山(2011年6月~2014年3月)→
東京アナウンス室(2014年4月~)
活動期間 2011年~
推定年収 ?
推定カップ Cカップ
好きな食べ物

スイカ、ぶどう、トマトクリームパスタ、あん肝

趣味、特技

観劇(主にミュージカル)、ごはん、スイーツ問わずおいしいものを食べること、洋裁

同期

雨宮萌果

担当番組(過去含む)

・『NHK おはよう日本』平日キャスター

・『ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜』語り

和久田麻由子アナウンサーの経歴

和久田麻由子アナウンサーの経歴は、神奈川県横浜市生まれ、神奈川県川崎市育ち。2歳から5歳までにはテキサス州のヒューストンで過ごしています。(祖父がフランス人のクウォーター。一説によると父親は公務員系だと言われており、上級職の地位にあると噂されている)

 

帰国後、女子学院中学校、高等学校を経て、東京大学経済学部経済学科を卒業後、2011年4月にNHKにアナウンサーとして入局しています。

 

高校時代には、ミュージカル俳優に憧れ、演劇クラブに所属。2年生時には、文化祭で1000人以上の観客の前で、ブロードウェイミュージカル『Guys&Dolls』の男役を演じています。当時から大勢の人前でも物怖じないほど度胸もよくプレッシャーに強かったといいます。

 

大学時代には、男子ラクロス部のマネージャー兼トレーナーとして活動。就職活動当初は、アナウンサー志望ではなかったため、アナウンススクールが存在することは知らなかったといいます。近年の女子アナの経歴を辿ってみると大多数はミスコン参加者やタレント経験者が多く、いわゆる「セミプロ」なのですが、和久田麻由子アナの場合は、これといったメディアに露出しておらず、彼女のようなケースは非常に珍しいといえます。

 

和久田麻由子アナのNHK入局後の活動。

NHK入局後、初任地は岡山放送局。5月21日には、毎年恒例だったNHK総合『土曜スタジオパーク』での新人アナウンサー紹介で、初お披露目されています。

 

岡山放送局では、ニュースの他に音楽番組『全国学校音楽コンクール』や『LIVE BOX』などを担当。その後、2014年4月から東京の放送センター勤務となり、『NHKおはよう日本』土日祝版のキャスターに抜擢されています。彼女はその軽いフットワークを生かし、時には全国各地に取材に出掛け、日本の今を伝えていました。

 

1年後の2015年3月30日からは『NHKおはよう日本』平日版のキャスターを務めています。多くの先輩アナを飛び越して、NHK平日の「朝の顔」となり、この若さでは「異例の大抜擢」です。この早すぎる出世に対し、1部では先輩アナからの妬っかみもあると囁かれているようです。しかし、和久田麻由子アナには変な噂に惑わされずに、これからもマイペースに頑張ってほしいものです。

 

和久田麻由子アナウンサーはアナウンス力も高い。

視聴者からは「まるで女優のような美しさ」などと称されている和久田麻由子アナですが、 他の民放局のアイドルアナウンサーと圧倒的に違うのがアナウンサーとしての実力の高さです。「原稿読みのレベルが高く間違いも殆どなくて声も聞き取りやすい」と、厳しいNHK視聴者からも支持を得ています。 また、 決してアナウンス力だけではなく、共演者との掛け合いでも頭の良さを感じます。

 

逆に、ここまでしっかり者だと、軽々しく近寄ることもできないような冷たい印象を受けてしまいそうですが、和久田麻由子アナの場合は、嫌味がなく程よい愛嬌もあり、親しみやすい雰囲気を持ち合わせています。ただの「愛嬌があるかわいい女子アナ」ではない彼女は、まさにNHKの女性アナウンサーに相応しい逸材だと言えます。 

 

 

東京勤務1年目の2014年8月には、テレビ番組情報アプリ『ハミテレ』のPRイベントにNHK代表として参加。他局の小熊美香(日本テレビ)、加藤綾子(フジテレビ)、宇賀なつみ(テレビ朝日)、枡田絵理奈(TBS)、狩野恵里(テレビ東京)らと共演し、この中で一番年下の和久田麻由子アナが最初に挨拶しています。その堂々とした姿に他のアナ達からは「凄い、しっかりされてますね」、「この後、どうしましょ」と感心する声が挙がっています。

 

和久田麻由子アナはクボジュンの再来とも言われている。

 

NHKで最も人気を博した女性アイドルアナといえば・・・真っ先に思い浮かんでくるのが「クボジュンこと久保純子アナ」と答える方も多いのではないかと思います。和久田麻由子アナは、まさに「クボジュンの再来」とも言われているアナウンサーです。

 

性格も物おじすることも無く、朝からハイテンションでダジャレをポンポン飛ばしたりしています。以前、番組のリポートで鯛飯を食べるシーンでは、まだ口の中にご飯が入っているのに「フワーッて鼻に抜けるような・・・」と言った後に「あ、食べながらしゃべっちゃいました!」と、少々ドジな部分を時折見せてくれます。そんな彼女の決して気取らない自然体な雰囲気に人々は親近感を抱き夢中になってしまうようです。

 

和久田麻由子アナウンサーの身長は何㎝か推察。

 

視聴者の間では、「和久田麻由子アナはかなりの美脚の持ち主である」という噂が囁かれいますが、実際に彼女の脚は、スラリと長く足首はきゅっと引き締まっており、とても美しい脚をしています。ちなみに、和久田アナの身長は、公式には発表されていませんが、視聴者からは推定で163㎝位だと言う声が多いようです。

 

2014-10-25_050142

画像を見ても分かるように、身体のバランスがとても良く、かなりスタイルも良いです。このように美人で可愛くスタイル抜群の和久田麻由子アナなのですが、ファンが気になるのは当然、「現在、交際している男性は存在するのか?」「熱愛の噂があって結婚の予定はあるのか?」などの彼女の恋愛事情です。

 

和久田麻由子アナに熱愛彼氏や結婚の情報は?

 

そこで、インターネット上をくまなくリサーチしましたが、和久田麻由子アナには、これまでに彼氏や結婚などの恋愛関係に関する報道は、一度もありません。これだけの美女で、なおかつ東大卒の才女であり、普通の男性では、彼女のハートを射止めるのは中々難しいと思います。

 

実際に、東大のラクロス部のマネージャーを務めていた頃も、マドンナ的な存在であった為か、周囲の男性達にも恋愛対象に見られない存在だったと言われています。また、一部週刊誌によると、NHKに入局してから同僚に「まだ、一度も男性とお付き合いしたことがない」と、漏らしていたとも伝えられています。

 

そして、平日朝の『NHKニュースおはよう日本』のキャスターを務め、昼夜逆転の日々を送っているため当分の間は恋愛をする暇もなく、しばらくは「恋より仕事優先」の日々を送るのではないかと思われます。   

 

和久田麻由子アナウンサーまとめ。

  

・東大卒の才女でファンからは「女子アナ史上ナンバーワン」と評価されている。

・しかもアナウンス力が高く、ほとんど間違えない。

・久保純子の再来と言われている。

・熱愛情報はなく現在独身。

視聴者の間では、早くも和久田麻由子アナに「大晦日の紅白歌合戦の司会を任せられるのでは?」などといった憶測も飛び交っています。人気・実力・美貌と三拍子揃った和久田麻由子アナは、その素質は十分にあると言えるのではないでしょうか。和久田麻由子アナが朝の顔だけではなく、「年末の顔」として私たちの前に登場する日もそう遠くないのかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式サイト

『アナウンスルーム:和久田麻由子』

関連記事
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。随時更新していきます。   平成30年度(2018)春に異動となった女性アナウンサー ・林田理沙(長崎→福岡→東京アナウンス室) ・副島萌生(大分→名古屋→東京アナウンス室)  ・柴田祐規子(岡山→東京アナウンス室→横浜→ラジオセンター→静岡→東京アナウンス室) ・安部みちこ(徳島→東京アナウンス室→松山→東京アナウンス室) ・佐々木彩(東京アナウンス室→名古屋) ・橋詰彩季(山形→名古屋) ・村上由利子(山口→盛岡→東京アナウンス室→盛岡→ラジオセンター→名古屋) ・庭木櫻子(徳島→福岡) ・渡邊佐和子(熊本→福岡→東京アナウンス室→大阪) ・杉浦圭子(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪→広島) ・森下絵理香(福井→仙台) ・佐藤あゆみ(沖縄→静岡) ・首藤奈知子(松山→東京アナウンス室→日本語センター→東京アナウンス室→松山) ・山本志保(長野→東京アナウンス室→名古屋→さいたま(赴任当初は浦和局、さいたま市発足により改称)→東京アナウンス室→ラジオセンター→名古屋→ラジオセンター)   番組担当変更(東京) 2018年2月21日発表 出典:http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2018/02/003_2.pdf   こちらの公式PDFによりますと、担当番組の出演者が変更になった番組は以下の通り。   担当変更のみ【★は新番組】 『NHKニュースおはよう日本』(平日) (平日)5:00~08:00 (5・6時台)近江友里恵→林田理沙、赤木野々花→保里小百合、(スポーツ)上原光紀→酒匂飛翔、(気象)酒井千佳→山神明理 『あさイチ』 (平日)8:15~9:55 有働由美子→近江友里恵 『ごごナマ』 (平日)13:05~16:00 池田伸子→安部みちこ 『NHKニュースおはよう日本』(土日祝) 19:00~19:30 (気象)渡辺蘭→國本未華 『ニュースウォッチ9』 (平日)21:00~22:00 (リポーター)保里小百合→上原光紀 ★『NET BUZZ』 (木)後11:55~翌0:55
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む。情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪→広島)   1982年入局 ・渡邊あゆみ(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)   1988年入局 ・大沼ひろみ(秋田→仙台→東京アナウンス室→さいたま→ラジオセンター→東京アナウンス室→日本語センター出向→福井→東京アナウンス室) ・阿部陽子(広島→東京→名古屋→東京→長野→東京→甲府→東京→日本語センター→ラジオセンター→大阪) ・田中淳子記者、俳優・田中邦衛の長女(静岡局→シドニー支局→ワシントン支局(結婚後、一時横浜局にもいた)  
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

1件のコメント

  • 慶応高校時に、これは将来、東大の動物学科へ進む手が。と言って、工学部へ進みました。

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.