.

上田まりえの結婚相手の夫(旦那)やマツコとのエピソード!【元日本テレビ】

この記事は約 13 分で読むことができます。

2018年3月15日

今回は、松竹芸能に所属する上田まりえ(うえだまりえ)の情報をリサーチしていきます。

 

上田まりえは、2016年1月末に日本テレビを退社。タレントに転身し、その活躍ぶりが注目されています。

 

レギュラーを務めるTOKYO MX『5時に夢中』では、男の影が見えない「不幸キャラ」を装っていましたが、2017年2月に竹内大助投手(トヨタ自動車)と結婚。夫は愛知県で勤務している為、仕事のない週末だけ自宅に帰るという「週末婚」を続けています。

 

上田まりえプロフィール
本名 竹内まりえ
出身地 鳥取県境港市
生年月日 1986年9月29日(31歳)
身長 161㎝
血液型 A型
最終学歴 専修大学文学部卒業
所属事務所 松竹芸能
活動期間 日本テレビアナウンサー(2009年~2016年)
フリー(2016年2月~)
推定年収 ?万円
推定カップ Dカップ
趣味

ミニ四駆、料理、手芸、カラオケ、バッティング、スーパー銭湯&スパ巡り

特技

・野球のスコアづけ

・誰とでもすぐに仲良くなれる

・ご近所付き合い

・ビールをサーバーから注ぐこと

資格

漢検2級、剣道初段

信条・モットー

人と過去は変えられないが、自分と未来は変えることができる。

出演番組(過去含む)

・NHK BS1『ワールドスポーツMLB』土、日キャスター

・TOKYO MX『5時に夢中!』(2016年4月4日~)

・TBSラジオ『伊集院光とらじおと』火曜アシスタント(2016年4月~)

上田まりえの経歴。

上田まりえの経歴は、鳥取県境港市出身、境港市立第三中学校、鳥取県立米子東高等学校を経て、専修大学文学部日本語日本文学科を卒業後、2009年4月に日本テレビにアナウンサーとして入社しています。

 

10月からは、深夜バラエティ『突撃型エンタメバラエティー CAPTAIN!TV』を担当。2010年3月29日から早朝の報道番組『Oha!4 NEWS LIVE』月曜、火曜のメインキャスターを2011年9月27日まで務め、2012年から『ボウリング革命 P★League』の実況、リポーターを2016年まで務めています。2013年6月2日からは『真相報道 バンキシャ!』に2015年12月27日まで出演。2014年10月2日からは朝の情報番組『PON!』の水曜日~金曜日のアシスタントを1年間担当しています。

 

2016年1月末で同局を退社。翌2月より松竹芸能に所属するタレントに転身。2016年4月からTOKYO MX『5時に夢中!』の月〜木曜日アシスタント、TBSラジオ『伊集院光とらじおと』火曜アシスタントに就任。

 

2017年2月1日、愛知県のトヨタ自動車所属の社会人野球選手である竹内大助投手と結婚しています。(後記事参照)

 

2017年4月8日からNHK BS1『ワールドスポーツMLB』土、日キャスターを務めています。

 

結婚相手の夫(旦那)の竹内大助投手との馴れ初めは?

 

2016年12月22日、サンケイスポーツにて「上田まりえ、来年2月にも結婚!社会人野球選手と一度破局も復縁」と題し、松竹芸能所属のタレント、上田まりえがトヨタ自動車の竹内大助投手と来年2月に結婚すると報じました。

 

記事によると、2人の馴れ初めは、2010年春頃。上田まりえが日本テレビ入社2年目、竹内大助投手が慶大2年の時(19歳)に友人を介して知り合い、互いに野球好きなこともありすぐに意気投合して交際に発展。3年間交際が続きましたが、竹内大助投手が慶大卒業後、愛知県のトヨタ自動車に入社した為、遠距離恋愛となり、徐々に心も離れ一度は破局に至ったといいます。

その後も友人関係は続いていたが、竹内が破局後3年半、誰とも交際せずに上田のことを思ってくれていたことを上田が知り、「彼しかいない」と今年10月に復縁。上田が9月に30歳を迎えたこともあり、結婚前提の交際が始まった。
引用:http://www.sanspo.com

既に上田まりえは、母親に竹内大助投手を紹介済みで、母親も竹内大助投手の人柄を気に入っているといいます。2人は両家への結婚のあいさつを済ませた後、早ければ2月にも婚姻届を提出する予定。挙式・披露宴はまだ未定だといいます。

 


出典:http://gazoo.com

 

竹内大助投手は、上田の4歳年下で1990年6月3日生まれの28歳。愛知県半田市出身、成岩中学校中京大中京高校を経、て慶応義塾大学卒業後、2013年4月に愛知県にあるトヨタ自動車に入社。

 

小学3年生で野球を始め、高校1年の2006年の秋にベンチ入り。3年時(2008年)には、センバツ大会に出場、初戦となる2回戦の明徳義塾戦に先発したが、延長10回でサヨナラで敗れた。大学時代には、1年生の秋からリーグ戦に登板し、2年生の春に東大戦でノーヒットノーランを達成しています。

 

2016年度の社会人都市対抗野球では、トヨタ自動車の優勝に大きく貢献しています。身長176㎝。体重78㎏、左投げ左打ち。

 

『5時に夢中』で結婚や夫について説明。

 

結婚報道同日の『5時に夢中』では、番組冒頭から今回の上田の結婚報道を取り挙げています。番組から祝福の花束を渡された上田まりえは「本当にすみません。突然のご報告となってしまって…」と恐縮。共演者達から彼について聞かれると「私との付き合いの中ではキャッチャーのような人で、凄い広い心をもって私がどんな玉を投げても受け止めてくれるような人」と好きな野球で例えて夫について説明しています。

 

すると木曜コメンテーターで作家の岩下志麻子が「違うでしょ?彼の夜のバットをまりえたんの夜のキャッチャーミットが受け止めたんでしょ?」と、手で股間を連想させるジェスチャーでシモネタ発言。すかさずMCのふかわりょうが「手だけはやめてください。せめて言葉だけにして下さい」と注意した。

 

また、竹内大助投手は、上田まりえのことを何故か「まりこ」と呼び、彼のことは「大ちゃん」と呼んでいるといいます。結婚については「2月ぐらいを一応目標にしていろいろ話を進めている」と説明。今後の出演に関しては「皆さんが許してくださるなら1日でも長く…」「仕事もガシガシ頑張って行きたいと思います」と続投を涙目で懇願しています。

 

「プロポーズは?」という質問に対しては、「厳密には(きちんとした)プロポーズはまだされておらず「それなりに幸せにすると言う風」な言葉はもらった」と言い、結婚指輪や婚約指輪についても「大丈夫です」と伝えてあると説明しています。

 

この何だかハッキリとしない説明に、木曜コメンテーターの中瀬ゆかり(新潮社出版部部長)から「まだプロポーズもされていないのに…じゃ、これ一人芝居をして(上田が結婚するように)彼を追い込んでいるんじゃないの?」などと、上田まりえの方が彼を追い詰めているのではないのかと弄られています。今後については、平日は東京で仕事に専念し、週末に彼が住んでいる愛知県豊田市で一緒に過ごす「週末婚」になると明かしています。

 

結婚報道前の2016年11月27日放送のフジテレビ系『ボクらの時代(同期の田中みな実松村未央と3人でトーク)』に出演した際には、「日本テレビを退社時(2016年1月末)に元彼氏と破局し、仕事の先が全く見えないどん底な状態であった」と明かしていました。『5時に夢中』では、男の影が見えない「不幸キャラ」を装っていましたが、上記の同期アナ2人より先に結婚報道される事となりました。

 

2017年1月19日放送の『5時に夢中』では、お風呂タイムの話題になると、「週末は一緒に入る人がいるので」とラブラブな夫婦生活を告白しています。

 

2017年2月1日、公約通り結婚。


出典:http://ameblo.jp/uedamarie-official

 

2017年2月1日、上田まりえが自身のブログにて、公約通り竹内大助投手と愛知県豊田市役所に婚姻届を提出した事を報告。晴れて夫となった竹内投手と2人揃って結婚指輪を嵌めている画像を公開しています。日本テレビ退社時には、無謀なフリー転身などと散々叩かれていましたが、プライベートも仕事も順風満帆な様子です。

 

上田まりえの人物、マツコとのエピソードなど。

・実家は、元イカ釣り漁船の網元という海に囲まれた場所で生まれ育つ。境港市交流事業で、中華人民共和国吉林省を経て、河南省地元大学生と折り紙での文化交流後、北京を訪問したことがある。

 

・3人姉弟の長女。7歳年下の岡山の大学に通う弟がいる。

 

・3歳からピアノを習っており絶対音感の持ち主。中学2年の頃には、コンクールで優勝し、オーケストラと競演した経験もあり、将来は音楽関係の仕事も考えていた。

 

・小学生時代は、陸上をやっており、短距離と長距離と走り幅跳びをやっていてマラソン大会はいつも学年で1位か2位の成績だった。また、小学3年からアナウンサーを志し、放送委員会に入り、インタビュアーやアナウンス役はもちろん、台本原稿を作ったり編集したりと、自分で番組を作っていた。

 

・中学時代は、ソフトテニス部に所属。高校時代には、剣道部・放送部に所属。

 

・地元の鳥取県立八頭高等学校のプレーを観たことがきっかけで、野球にハマり野球グッズのみならず関連書籍を400冊も持っているほどの野球好き。また、中学時代好きな男の子が野球部で、その男子のことを知りたいと思って野球を勉強したらハマったとも話している。2004年の高校野球鳥取大会、秋季中国大会(いずれも米子市民球場)で、ウグイス嬢を務めた。野球漫画の「ドカベン」の大ファン。

・大学時代には、週3回もバッティングセンターに通い、110キロのボールを打つこともできる。専修大学生田キャンパスから1時間半かけて早稲田大学東伏見キャンパスに通い週2回は野球部の練習を見に行っていた。日本テレビ入社後も野球好きが集う居酒屋に足を運び、今後伸びる選手などについて事細かく収集していて野球談義をしている。大学の卒業論文は「ハンカチ王子 斎藤佑樹はなぜアイドルになったのか?」だった。「枕元にマイグローブを置いて寝ている」「野球まりえという名前になりたい」と話している。

 

・アナウンサーを目指し、専修大学アナウンス専門職養成講座「アナウンサーへの道」や日テレ学院のアナウンススクールなどにも通っていた。

 

・日本テレビのイベントコンパニオンをしていた。(スポーツの試合での賞品授与の補佐やイベントアシスタントなどの役割の他、『しゃべくり007』などのバラエティ番組でパネルや物品を運んだりする女性がそれに当たる。過去には、元フジテレビの木佐彩子中野美奈子、TBSの江藤愛なども在籍しており、女子アナになる為の登竜門的存在の1つと言われている。)

 

・就職活動では日本テレビ以外の他局は全滅だった。

・日テレ入社後は、あまりパッとしなかったが、女子アナ嫌いで有名なマツコデラックスと共演する度に「漁師みたいな女子アナ」「小奇麗になったけど、やっぱり脚は太い」などと弄られるようになった事がきっかけで徐々に注目された。

 

・2011年には、嵐メンバーの大野智との交際の噂があった。怪しいと思われたのは映画『怪物くん』の番宣インタビューの際、肩を組んだりしていたり異様に2人が仲が良かった事から。その後も2人が腕を組んでデートをしているのを街中で見かけたなどの目撃情報があったという。

 

・2015年4月12日放送の行列のできる法律相談所SP企画「マツコvs.日テレ”ウンサー軍団”」では、マツコの「どういう人と付き合っているの?」の質問に対し、あっさり「芸能事務所のマネージャー」と答え周囲を驚かせた。

 

・2015年12月21日、マツコが出演している『月曜から夜ふかし』にてVTR出演し、「1月末で日本テレビを退社することになりました。長らくのご声援ありがとうございました」「マツコ、村上、私のこと忘れないでください」と同局を退社することを報告。これに対しマツコは「何をするつもりなのかしらね。女優?主演映画でも決まってるのかしら」「ポロリがあるのかしら」などとエールを贈った。ネット上では「上田まりえフリーになって本当何するのwwwwwwwww」「路頭に迷ったら、某先輩みたくグラビアで・・・」「フリーになって成功した人なんていないのに。でも戦力外なら仕方ないね。」などと心配する声が挙がった。

 

・日本テレビ退社理由は、30歳を目前にして、仕事が限定される局アナではなく、「いろいろなことに挑戦したい」とフリーになることを決意した。一方、週刊誌などでは「戦力外通告をされていた」といった内容の記事も掲載された。

「局として30歳直前まで看板番組がないということは、実力も人気もない証明です。実は来年6月の異動でウンス部から出されるという事実上の戦力外通告を受けていたようです。異動が決まってからでは、価値が暴落しますからその前に先手をとったのでしょう」(日本テレビ関係者)
引用:2015/12/11 アサ芸プラス

・2016年3月2日に放送されたバラエティ番組『ナカイの窓』に出演した際には、「(芸能関係の仕事がないときは)アルバイトをして生活していこうかなと思っている」と話し、実際に中華料理店の面接を受けて合格したことを明かし、「ホールと皿洗いで、試用期間は時給1000円で雇っていただけることになりました。そういう覚悟がないと芸能界はやっていけない」と熱い想いを語った。

 

・フリーになった際には、肩書きは「アナウンサー」ではなく「タレント」と強調していた。

 

・「エロい身体」を目指し、日々トレーニングしている様子をSNSにアップしている。料理も上手い。

 

・日本テレビのアナウンススクール『日テレ学院』の講師を務めている。

 

・2018年3月9日には、結婚指輪を紛失。「私が悪い奥さんだからかな…自分の好きなことばっかりやっているから、神様が怒ったのかな…めちゃくちゃ自分を責めました。」と、落ち込んでいる様子をブログに綴ったが、同月13日に見つかったと報告している。

 

上田まりえまとめ。

・実家が元イカ釣り漁船の網元。

・ピアノが得意で絶対音感の持ち主。

・野球が大好きで関連書籍を400冊以上もっていてバッティングセンターにも通う。

・嵐メンバー・大野智と熱愛の噂。

・2016年1月に日本テレビを退職。松竹芸能所属のタレントに転向。

・2017年2月に竹内大助(トヨタ自動車)と結婚。子供はまだいない。

今後も上田まりえの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

上田まりえオフィシャルブログ『ど直球』

関連記事
【日本テレビ】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】
  日本テレビ放送網株式会社(にっぽんテレビほうそうもう、英称:Nippon Television Network Corporation)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者です。一般的には日本テレビ(にほんテレビ)または日テレ(にっテレ、Nittele)と呼ばれる。他に「NTV」(エヌティーヴィー)、「AX」(エーエックス、アックス)という略称もある。   ネットワークでは1966年にNNN(Nippon News Network)を、また1972年にNNS(Nippon television Network System)を形成し、各系列局とネットワークを結んでいます。   同局の番組に出演しているフリーアナウンサー、タレントなども記述しています。   日本テレビ公式サイト ⇒アナウンスルーム   日本テレビ女性アナウンサー名鑑【一覧】(退職者も含む) 1974年入社 ・小池裕美子 ・楠田 枝里子(タレント・1981年秋に退社)   1980年入社 ・井田由美:生年月日:1957年9月:出身地:福岡生まれ、東京&大阪育ち:最終学歴:慶應義塾大学法学部:身長157cm:血液型O型   1983年入社 ・木村優子   1985年入社 ・鷹西美佳(日本テレビコンプライアンス推進室番組審議会事務局長)   1987年入社 ・大杉君枝(満43歳没)   1988年入社 ・小栗泉(報道局解説委員) ・関谷亜矢子(2000年2月に退社、現・ニチエンプロダクション協力) ・永井美奈子(1996年9月に退社、個人事務所サンオブサンに所属)   1989年入社 ・米森麻美(満34歳没)   1990年入社 ・豊田順子:生年月日:1966年4月:出身地:埼玉県岩槻市:最終学歴:立教大学文学部(英米文学科専攻):身長162cm:血液型A型   1991年入社 ・笛吹雅子(報道局社会部専門副部長) ・薮本雅子(2001年退社)   1992年入社 ・岸田雪子(報道局) ・大神いずみ(退社、夫・元木大介、ケイダッシュ) ・松本志のぶ(2009年3月31日退職、ニチエンプロダクション所属)  
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
  フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。   セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。   今後も随時更新していきます。(リポーターやお天気キャスターとして出演していた者も記述)   女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】 セント・フォース、フォニックス所属の女性アナウンサーはこちらから https://joseiana.com/cent-force https://joseiana.com/phonics 事務所移籍など情報が古い場合もあります。   ⇒名前がわからない場合(顔写真あり)   NHK契約キャスター(過去も含む) ・国谷裕子(元クローズアップ現代司会) ・遠藤育美(シブ5時) ・駒村多恵「あさイチ」(三桂) ・久田直子「きょうの健康」 ・岩渕梢「くらし☆解説」(ライムライト) ・小林恵子(ライムライト) ・村上文香(NHK大津、元NMB48メンバー)   『ひるまえほっと』首都圏放送(2017年4月7日現在) ・安部香央里 ・高橋温美 ・勝田真季 ・小村弥生 ・島 紗理 ・清水明花 ・竹澤知位子 ・西村美月 ・本庄美奈子 ・松尾衣里子 ・宮澤結花 ・八木菜月 卒業 ・菊池真帆 ・高松祥子 ・中嶋 梓 ・角宮英里 ・田中里香 ・藤田悦子 ・井上朋子 ・菅野真美恵   NHKBS1『BSニュース』 ・長谷川静香(2017年4月1日~) ・竹村優香(2017年2月1日~) ・山住悠(2016年3月29日~) ・高嶋未希(2016年3月30日~) ・杉本麻紀(2014年4月1日~) ・上代真希(2012年4月3日~) ・實石あづさ (2013年4月~2016年8月23日、2017年復帰) 卒業 ・白石理央(2016年8月24日~2017年3月) ・工藤紋子(2013年4月1日~2017年3月31日) ・井上真帆 (2014年1月13日~2017年1月29日) ・滝本沙奈(2014年4月2日 ~2016年3月18日) ・堤真由美(2011年5月~2016年3月29日)   NHK大阪 ・塩見泰子
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.