大橋未歩の城石憲之との離婚原因や再婚相手の夫の評判や子供の有無

今回は、元テレビ東京の大橋未歩(おおはしみほ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

大橋未歩アナは、テレビ東京のバラエティ・スポーツ担当のエースとして長年活躍。2017年12月を以って、惜しまれつつも同局を退職しています。

 

そんな、大橋未歩アナについて、学生時代からの経歴や元夫の城石憲之との離婚原因や再婚相手の夫の評判や自宅や子供の有無などについてまとめています。

 

大橋未歩プロフィール
愛称ミホやん
出身地兵庫県神戸市
生年月日1978年8月15日(40歳)
身長162㎝
血液型B型
最終学歴上智大学法学部法律学科卒業
所属事務所プントリネア
職歴テレビ東京アナウンサー(2002年4月~2017年12月)
フリーアナウンサー(2018年2月~)
活動期間2002年~
配偶者あり(テレビ東京局員)
推定年収1000万円
推定カップGカップ
趣味

ゴルフ、スキューバダイビング

特技

大胸筋をゆらす、人の長所を見つける

好きな食べ物

焼肉(チャンジャ、レバ刺し、塩タン)、パクチー、匂いのあるチーズ、生ハム

苦手なもの

湿気の多い日、細かい作業

資格

FP技能検定2級

同期

倉野麻里

現在の出演番組(過去含む)

・『有田哲平の夢なら醒めないで』(2018年5月1日~)

・『よじごじDays』(2017年4月3日~)

・『モーニングチャージ!』(2016年度)

・『チャージ730!』(2015年度)

大橋未歩アナウンサーの経歴。

2016-10-24_035016

 

大橋美歩アナウンサーの経歴は、兵庫県神戸市須磨区出身、中高一貫校である神戸女学院中学部・高等学部を経て、上智大学法学部法律学科を卒業後、2002年4月にテレビ東京にアナウンサーとして入社しています。

 

父親は婦人靴メーカーの社長。兄妹はアメフトをしていた弟が1人。高等部ではチアガール部に所属。阪神・淡路大震災で被災し、3ヶ月間の避難所生活を余儀なくされ、大学受験に失敗し、1年間の浪人生活を経験しています。大学時代の1999年には、上智大学のミスコングランプリの称号である『ミスソフィア』に輝いています。

 

在学中に大学では新聞部に所属。また、アナウンサー養成学校である『テレビ朝日アスク』に通いながらアナウンサーを目指します。同期には『チャージ730!』の裏番組で、テレビ朝日『グットモーニング!』MCを努める松尾由美子アナがいました。

 

就職活動では、第一志望がテレビ朝日、第二志望がTBS、日本テレビ。いずれも不採用だった事を明かしています。大学受験で一浪している為、何かとライバル扱いされ比較対象とされてきた一年先輩である大江麻理子アナは、同じ年齢です。

 

スポンサーリンク

テレビ東京に入社。スポーツ、バラエティ番組で人気に!

 

テレビ東京入社後は、主にバラエティとスポーツを担当し、そのルックスと性格の良さで人気も上がり世間からの注目度も増していきます。2005年には、バラエティ番組『やりすぎコージー』の企画で、在京キー局の女性アナウンサーとしては、前代未聞のセクシーグラビアに挑戦したり、『所さんの学校では教えてくれない』では、メイドコスプレをしたりと、常に世間に話題を提供してきました。

 

深夜バラエティ番組『極嬢ヂカラ』では、「アソコの大きすぎる男はナシ」、「学生時代にワンナイトラブの経験がある」などと、女子アナらしからぬ発言をした事でも話題となりました。

 

2015-09-13_141204

 

2006年5月26日には、初の著書である『大橋未歩のミホちゃんねる! 』(集英社)が出版されています。また、テレビ朝日『ロンドンハーツ』の番組企画『芸人が選んだ、付き合いたい女子アナランキング』では、第1位に選ばれています。当時は、まだまだ地味な印象の強かったテレビ東京で、初めて登場したアイドル系女性アナウンサーでしたので、テレビ東京=大橋未歩とイメージできるくらいの人気ぶりでした。2009年には、今までの功績が認められ、テレビ東京アナウンス部主任に昇格しています。

 

2015-09-13_140641

 

2012年3月17日には、2冊目の著書『逃げない力〈PHPビジネス新書〉』(PHP研究所)出版されています。アナウンサー以外の活動では、2012年4月から早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程1年制コースに進学。同大学で講演会なども行っています。

 

2015年4月1日から、自身初となる朝の情報帯番組『チャージ730!』のメインキャスターを務め、6月16日にはテレビ東京アナウンス部主事に昇格しています。

 

2016年4月1日からは『チャージ730!』がリニューアルされ、『モーニングチャージ!』→『MORNING CHARGE』のMCを歴任。2017年4月3日からは夕方の情報番組『よじごじDays』の進行役を務めています。

 

2017年12月4日を以って15年間勤務したテレビ東京を退職。2018年2月13日、自身のツイッターで芸能事務所・プントリネアに所属する事を報告。フリーアナウンサー、タレントとして活動しています。

 

2018年5月1日からTBS系深夜バラエティ番組『有田哲平の夢なら醒めないで』のアシスタントを務めます。フリー転身後、初レギュラーとなります。

 

大橋未歩アナウンサーと元夫である城石憲之氏との馴れ初め。

大橋未歩アナは、新人時代からプロ野球の取材で球場に出入りする機会が多く、ある日、ヤクルトスワローズの選手だった城石憲之氏から、投手コーチを介して交際のアプローチを受けたといいます。

 

その当時は「知らない選手」との理由で断ったそうですが、翌2003年に城石氏の同僚だった元フジテレビの中井美穂の夫・古田敦也氏に強く勧められ、交際がスタートしたといいます。そして、4年間の交際期間を経て、2007年の1月1日に結婚しています。

 

2009年10月12日には、夫である城石氏の引退試合で、大橋アナが引退セレモニーで花束を贈ったというエピソードがあります。

 

大橋未歩アナウンサーに子供はいるのか?

 

結婚してからしばらく経つのですが、2人の間に子供はできませんでした。2015年には、城石氏は、日本ハムへ1軍打撃コーチとして入団しています。日ハムといば本拠地は北海道・札幌なので、恐らく単身赴任になるのではないか?と予想され、これでは、出産からますます遠ざかってしまうなどと推測されています。

 

大橋アナもすでに年齢は30代後半に差し掛かり、高齢出産のリスクがあると言われ、今後どうなるのかが心配なところです。

 

大橋未歩アナウンサーの脳梗塞について。

 

2013年1月18日、自宅で体調の異変を感じた大橋アナは、病院で診察を受けた際、「軽度の脳梗塞」と診断されました。テレビ東京公式サイトでは「まさか自分が・・・」と驚いた様子を綴り、同時に、後遺症はなかったと報告しています。

 

テレビ東京もこれまで看板アナとしてフル稼働してきた大橋未歩アナには、十分に休養した上で万全な状態での復帰を望んでおり、約8ヶ月間の休養期間を経て、同年9月3日から職場復帰しています。

 

大橋未歩アナウンサーといばタンクトップ。

 

大橋未歩アナといば、視聴者の目を意識しているのかスポーツ関連の取材を薄着で行い、スタジオでは、真冬でも半そで、もしくはタンクトップの衣装を多用している事でも有名です。どのような理由かは、わからないのですが、セクシーアピールか、もしくはサービス精神が豊富なのか上司に本当は着たくないのに強要されたとか、いろいろ考えられますが詳細は不明です。

 

しかも、明るくフレンドリーな性格のためか、取材対象の選手に対し、過度なボディタッチも多いといいます。これには、試合前にモチベーションを上げなければならない状態で、薄着でこられると嫌な気はしないが集中力が下がると苦笑いしていた選手もいたようです。また、現役時代の清原和博からも球場で注意されたと、大橋アナ本人が明かしています。

 

大橋未歩アナが離婚、10歳年下の同局社員と再婚していた。

 

2016年1月5日、大橋未歩アナが、昨年春に離婚、同局の10歳年下で当時26歳のディレクターと再婚していた事が、各メディアに報じられています。記事の内容では、城石氏との離婚の原因は、お互いに多忙で、長年のすれ違いの生活が続いたことが原因のようです。また、親しい関係者や友人らには離婚と再婚を同時に報告しているといいます。

 

報道後、同日の『チャージ730!』にて、大橋アナが離婚、再婚したことを視聴者に生報告しています。番組の最後に、今年の目標をフリップに「夫婦円満」と書き、「ということで、家庭も仕事もますます精進して参りたいと思いますので、どうぞ皆さん、『チャージ』をこれからもよろしくお願いいたします。許してください、これぐらいで。すみませ~ん。私事で申し訳ございません」と報告しています。

 

コメンテーターのオアシズ・光浦靖子からは「おめでとうございますですよね」、漫画家・江川達也からは「離婚&結婚も全然知られずに」と祝福のコメント。大橋アナは「皆さん、本当にいい方で、黙っていてくれていたんです。皆さん、どうもありがとうございます」と離婚、再婚していた事を笑顔で認めています。

 

 

大橋未歩アナの気になる再婚相手なのですが、どうやらあまり良くない噂があるようです。2016年1月13日の『週刊女性PRIME』が、夫について「局内では有名なチャラ男」だと報じています。結婚報道当初には、一部メディアでは「次代のテレ東を担うエース候補ディレクター」と報じられていましたが、関係者によると、どうやらこれは誤報のようで、「番組で知り合った女性を片っ端から飲みに誘っている」、「これまで噂になった女性との交際期間はどれも短い」などと証言しており、この結婚は長く続かないのではないかと危惧されているようです。

そんな評判のため、局内ではあまり長く持たないのでは・・・という声が大きいという。

 

「半年間しか交際期間がないということは、勢いでゴールインしてしまったため、大橋アナも旦那の評判を詳しく知らなかったのかもしれませんね。旦那がこれまで噂になった女性との交際期間はどれも短い。なので今回もそのチャラい素顔がバレて、すぐに捨てられるんじゃないかってもっぱらの評判ですよ」(バラエティー番組スタッフ)

引用:http://www.jprime.jp

大橋未歩アナは再婚相手の夫(旦那)上出遼平?からおばさんと呼ばれている。
2018年4月15日放送の日本テレビ系『行列のできる法律相談所VS怒る美男美女!不倫報道M登場で大波乱3時間SP』の回に、元テレビ東京アナウンサーの大橋未歩アナが初出演。 10歳年下の夫との謎の結婚生活を初告白している。 ...

再婚相手の夫とのエピソードはこちら

大橋未歩アナがテレビ東京を退社することを発表。

 

2017年8月17日、テレビ東京が大橋アナが12月上旬に退社することになったと発表。以下、大橋アナのコメント。

 この度、約15年間お世話になりましたテレビ東京を退社させていただくことになりました。大好きな会社を離れることや、毎日やりがいを感じながら取り組んできた「よじごじDays」を卒業することは残念でなりませんが、以前から、自分の身体とゆっくり向き合いたいという気持ちがあり、このような運びとなりました。

 

 あたたかい仲間と、個性が際立った番組にたくさん出会い、喜怒哀楽の全てを共にしてきました。恵まれた濃密な15年間だったと思います。

 

 テレビ東京には感謝の気持ちでいっぱいですし、なにより、応援してくださった視聴者の皆様にはこの場を借りて改めて御礼を申し上げます。

 

 今後については、少し身体を休めながらゆっくり考えたいと思います。

 

 今までどうも有難うございました。

また、退社理由については、報道によると「妊活」するのが一つの理由だと報じられています。また、本人によると退社してもツイッターは続けていく予定だと明かしています。

 

大橋未歩アナウンサーが自宅マンションを公開。

      

2018年3月27日放送のTBS系『明日は我がミーティング』にフリーアナウンサーとして初めてゲスト出演。現在住んでいる自宅マンションを初公開しています。

 

マンションなのにまるで古民家のようなおしゃれなリビングにスタジオは驚きの声。大橋アナによると築40年のマンションをリフォームした流行のヴィンテージマンションで格安で手に入れたといいます。大橋アナのこだわりのポイントは天井にフックを付け、ドライフラワーをぶら下げたり、洗濯物を室内干しに出来て便利だと説明しています。

 

大橋アナが最もこだわったのが、キッチン。「リビングダイニングから見えないように作りました。小料理屋の女将風といいますか、おばんざい屋みたいな感じで壁を高くして、そこに作った惣菜をちょっとずつ乗っけていけるように…」と、こだわりを説明しています。

 

しかし、格安物件の裏には「ガッカリ」の面もあるようで、「1階なので色んな虫が出ます。ハサミムシもよく家の中に出ますし、帰ったらドアの両サイドにゴキブリいて、門番みたいにゴキブリが(笑)」と、よく虫が出ることを告白しています。

 

さらにリフォーム費用を安くしようとしたため問題が発生したといいます。

 

普通なら上下開閉するはずの「雪見障子」の工費をケチった為、横にしか開閉せず、ベランダに出る際には、潜らなければならないと説明。いつも背中を擦ったり頭をぶつけたりすると明かしています。

 

他のエピソードなど。

 

2018年4月22日放送の日本テレビ系『誰だって波瀾爆笑』にゲストとして初出演。「39歳!元テレビ東京!超人気アナのど根性人生!」と題して 幼少時代から現在までの自身を振り返り、学生時代のエピソードなどを披露した。(以下、放送内容まとめ)

 

・父親(たかよし)と母親(佐知子)は共に東京都出身、神戸市在住だったが家では関西弁ではなく標準語。父親は教育に厳しく弟(まさよし)とともにスパルタ教育を受けた。プールで「溺れた時の感覚を味わう」ために投げ込まれ、箸の持ち方が悪いと食事中に箸で頭を叩かれたり、鼻をすするだけで怒られるなど父親は恐怖の存在だった。高校時代の3年間は、ポケットベルを割られた事などから反抗期となり、ほとんど父親と口を利かなかったという。弟は、父の教えでずっとアメフトをしており大学では日本一になった。

 

・VTRで出演した母親によると、大橋アナは子供の頃はとにかく活発でお喋りな子供だったという。「凄い頑張り屋で凄い負けん気が強くて結構激しい性格。男勝りな部分もあった。小学校の時も運動会の応援団長を買って出たりとか。幼稚園の時も自分で主役張りたいみたいなところもあった。周囲から「年少なのにあんなに喋れるもんなの?」と驚かれたこともあったほど」。

 

・幼稚園の頃から書道教室に通っていた。

・子供の頃は眉毛がつながっており、あだ名は「両津勘吉」や「カモメ」だった。本人によると眉毛が繋がっていると「パワーが宿ると信じていた。周りは誰も繋がっていなかったので『選ばれし者』と思っていた」と語っている。今は脱毛している。応援団長をしていたり、とにかく活発で「男女」と呼ばれていた。ランドセルも紺色だった。

 

・当時はディズニーランドのキャストになりたかったが、親の勧めで女医になるために関西でも指折りの進学校である神戸女学院中学部に進学。受験勉強ではハチマキをして8時間の猛勉強した末に合格。中学時代には同級生との会話の中で、家で標準語だった大橋アナは語尾に「~じゃん」を付けると、周囲から「何気取ってんねん」などとと批判され、関西弁が恐怖になった。中学3年生の時に人生で初めて彼氏ができた。文化祭で知り合った「しかたなく灘男子」だった。(勉強ばかりしてきた進学校のモテない同士だからという理由)

 

・高校時代に初めて眉毛をそった。当時の集合写真はミニスカロングブーツ姿で真ん中。安室奈美恵に憧れるアムラーだった。

 

大学時代。

 

・アナウンサーになるために一浪して上智大学に進学。当時はフジテレビの西山喜久恵に特に憧れていた。アナウンサーになろうと思ったきっかけは「オリンピックに行きたかった」から。中2の時、バルセロナオリンピックで金メダルを獲得した競泳の岩崎恭子(同じ年齢)の姿に感動して。そのためには、どうしても東京の局に入った方が有利だと考えた。アナウンサーになるために、なりふり構わず自らミスコンに応募。友達からの推薦コメント欄も自分で書いた。ミスコン本番では、苦手だった関西弁でニュースを読むというアピールをした。

 

テレビ東京のアナウンサー試験の局長面接の際には「アナタを採用したら何のメリットがありますか?」的な質問をされ、この想定外の質問に焦って「皆が12に合わせてくれます笑」と言ったら凄く引かれた。日本テレビを受けた際の面接官は藤井貴彦だった。NHKには受からないと思ったのでエントリーシートも出さなかった。

 

テレビ東京時代。

 

・入社半年で初めて担当したスポーツ番組のスタッフから煙たがられ「お前がいると空気が悪くなるんだよ!」と怒鳴られたことがある。原因は、前任のアナと比べられるという恐怖心からか背伸びして虚勢を張っており「教えてくださいが言えなかった」と振り返った。26歳の時に夢だったアテネオリンピックの現地キャスターを務めた。行く時に総合プロデューサーから「一応、お前も連れて行くけどお前と仕事したくないスタッフも大勢いることを覚えておけ」と忠告された。流石にショックを受けたが、言ってもらったことにより「根本的なことから見直さなければいけない」と考え、現地で凄く頑張った。帰国した時には評価が180度変わっておりスタッフからの信頼を得たという。

 

密着、その他。

 

・番組では、フリーに転身し初出演した同局系『ザ!世界の仰天ニュース』生放送の際の大橋アナに密着。すっぴんの時は伊達メガネで事故防止。大橋アナは超倹約家であり私服チェックによると、コートやワンピースは大好きなネットのフリマサイトで購入した中古品。着ていたレザージャケットは入社してからはじめてのボーナス、ロングブーツは入社3年目に買ったものをまだ使用している。バックは、とにかく荷物が多く丈夫で頑丈なもの好み、道具屋(谷中松野屋)のトートバックを使用。丸顔がコンプレックスで美顔ローラー(男性用)を使っている。髪の毛が多毛でヘアアロンを持ち歩いている。フリーになった際には高級手帳「MOLESKINE」4000円を購入。自分を鼓舞するために「私はアドリブが効く」と書いている。光り物のズボンを履いており『後輩からは関西人丸出し」と言われるという。

 

・テレビ東京時代には朝の情報番組を終えた後には近くの「すき家」に1人で訪れ「ねぎキムチ牛丼」を食べていた。肉食で焼き肉、焼き鳥、ハイボール好き。当時は週3でステーキ屋に通っていた。

 

・テレビ東京時代には、週刊誌の記者に待ち伏せされたり出待ちのファンがいたりしたが、30歳位からめっぽう居なくなったという。

 

・アナウンサー同期で局アナを辞めた時期が一緒の元フジテレビの中村仁美とは、よく互いの出演番組などの情報交換をしており、連絡を取り合う仲だという。

 

・今まで会った中で1番カッコイイと思った男性は、俳優の斎藤工。理由は、俳優なのに番組の台本を持ち込んでチェックしながら考えて発言するという真面目な姿勢に惹かれたから。

 

・コンプレックスは「頭がでかいこと」。友達からカチューシャを借りた時に折ったことがあるという。TBSのOB訪問したときに、ある人物から顔の幅が「キー局の距離じゃないね」と指摘された。スタイリストが持ってきてくれた衣装は頭が引っかるという。

 

・ポニーテールばかりしていたら剃り込みのような「ポニーテール禿げ」ができてしまった。

 

・放送終了後、今回の放送に対し、ネットでは元夫の城石憲之氏との結婚及び離婚について触れられなかった事に対し「なかったことになっている」と話題に。自身のブログのコメント欄でもファンから「最初の結婚とか、脳梗塞のこのと などご苦労のことも 伺いたかったですが、諸事情で、放送できなかつたのですね。応援してます。」という指摘があった。これに対し、大橋アナは翌23日にこのように返答している。「最初の結婚についてはお相手の方も新たな人生を歩んでいらっしゃるかもしれないのにご迷惑をおかけすると心苦しいのでこの先も触れることはありません。お互いに感謝して別々の道を歩くことを選択した事実を二人が分かっていれば十分かなと思っています。脳梗塞については、波瀾爆笑からは聞かれませんでしたね。それぞれの番組によってフィーチャーする部分が違うのも面白いところです」と答えている。

 

大橋未歩アナウンサーまとめ。

 

・1999年度のミスソフィア。

・セクシーグラビアやコスプレなどに挑戦し話題。

・軽度の脳梗塞から復帰。

・テレビ東京アナウンス部主事を務めた。

・城石憲之氏と離婚、10歳年下の同局社員とスピード再婚。

・子供はまだいない。

・2017年12月にテレビ東京を退社。

今後も大橋未歩アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『大橋未歩オフィシャルブログ』

関連記事
大橋未歩アナがモヤさま2で卓球ピチピチ過激衣装姿を披露!
2017年11月26日、テレビ東京系の人気バラエティ番組『モヤモヤさまぁ~ず2』にて、今年12月で同局を退職することを発表した大橋未歩アナウンサー(39)が特別出演。 「下北沢が爆笑した!退社直前の大橋アナ登場SP」と題し、最初で...
【テレビ東京】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】
株式会社テレビ東京(テレビとうきょう)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送をする特定地上基幹放送事業者です。 通称はテレ東(テレとう)。 コールサインのJOTX-DTVからTXと略称することや、旧局名・かつて使わ...