久代萌美アナに彼氏の存在は?可愛いくて太もも最高!【フジテレビ】

スポンサーリンク

今回は、フジテレビに所属する久代萌美(くしろもえみ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

久代萌美アナは、フジテレビの中では一際目立つ美人ではないですが、その素朴な可愛さと色気がクセになるようで1部の視聴者の心をガッチリと掴んでいます。

 

2018年5月6日より、人気情報番組『ワイドナショー』を担当することが決まっており、これまで以上に注目度が増しています。

 

久代萌美プロフィール
愛称もえみん、クッシー
出身地東京都
生年月日1989年10月6日(29歳)
身長160㎝
血液型A型
最終学歴首都大学東京都市教養学部卒業
勤務局フジテレビジョン
部署編成制作局アナウンス部
活動期間2012年~
推定年収830万円
推定カップCカップ
趣味

ドラム、買い物、料理、シール集め

好きなもの

ハムスター、理科、マヨネーズ

苦手なもの

ジェットコースター、ピーマン

特技・資格

日本語検定3級、言語能力検定2級、普通自動車運転免許

同期

宮澤智

担当番組(過去含む)

・『ワイドナショー』

・『さんまのお笑い向上委員会』

・『週刊フジテレビ批評』(土)

久代萌美アナウンサーの経歴。


出典:http://misscampus.jp

久代萌美アナウンサーの経歴は、東京都出身、吉祥女子中学校・高等学校を経て、首都大学東京都市教養学部を卒業後、2012年4月にフジテレビにアナウンサーとして入社しています。

 

中学ではダンス部、高校、大学では軽音部に所属。大学2年時には、同大学のミスコンである「ミス首都大学東京コンテスト2009」にエントリーしています。

 

当時から将来の夢はアナウンサーになる事で、目標通りにフジテレビの採用試験に合格。フジテレビ初の平成生まれのアナウンサーとなりました。

 

目標に掲げる先輩は、大島由香里と答えており、将来的には彼女のように「報道系」の仕事に携わっていきたいと話しています。

 

スポンサーリンク

フジテレビ入社後。

フジテレビ入社後は、10月から夕方の情報報道番組『スーパーニュース』フィールドキャスター、後番組の『みんなのニュース』の取材キャスターを担当。(~2015年9月25日)

 

その一方では、深夜音楽バラエティ番組『ミューサタ』のMC(2013年10月11日~2017年10月1日)、バラエティ番組『日本全国ご自慢列島ジマング』の進行役(2013年10月15日~2015年9月19日)や『週刊フジテレビ批評』の情報キャスター(2014年4月5日~)、BSフジ『プライムニュース』、『プロ野球ニュース』 等の番組に出演。

 

2015年4月18日からバラエティ番組『さんまのお笑い向上委員会』の進行役を務めています。2018年5月6日より、秋元優里の後任で人気情報番組『ワイドナショー』を担当します。

 

また、今までに久代萌美アナについての熱愛彼氏や結婚情報はありません。大学時代の好きな男性のタイプは「かっこいい人」「亭主関白な人」、好きな芸能人は赤西仁だといいます。 また、将来の夢は「ふたごのお母さん」と答えていますので結婚願望もあるようです。また、『さんまのお笑い向上委員会』で共演しているバットナイス常田を「かっこいい」と言っており、2人は恋仲に発展するのではないかという番組のネタの一つになっています。

 

久代萌美アナウンサーのコネ入社の噂。

 

フジテレビ入社当初は、ネットでは彼女の父親が、苗字が同じという理由で株式会社東京ドームの社長、久代信次氏だとの憶測が拡散され、コネ入社疑惑が浮上しています。しかし、同姓というだけで血縁関係などは全くないそうです。(本人が否定している)

 

人違いであり、非常に迷惑な話ですが、久代萌美アナは、首都大学東京出身、大学時代にミスコンに落選するなど、他の女子アナ達と比べると学歴や経歴などが劣る為に、コネ入社だと疑われやすいようです。  

 

また、報道番組でのレポートがあまり上手ではなかった事も重なり、彼女に対する批判的なコメントも多く、新人アナとしては出鼻をくじかれた形になってしまいました。しかし、彼女の家族はごく普通の一般人の方のようなので、コネ入社の事実はありませんので、実力とキャラで入社したものだと思われます。  

 

久代萌美アナウンサーの「黒スト太ももが最高!」

久代萌美アナと言えば、何と言っても太ももです。体格は細めなのに、太ももだけ肉付きが良く、ネット上では「黒ストッキングの太ももが最高!」と、度々話題になっています。きっとO脚なので太ももに肉が付きやすいのでしょう。久代萌美アナもネットの声を意識しているのか分かりませんが、ミニスカートやショートパンツ姿で番組に出演することが多いです。

 

久代萌美アナは、KARAのスンヨンに似ている。

2015-10-12_194148

ネット上では、久代萌美アナは、K-POPグループ『KARA』のメンバーの1人であるスンヨンに顔が似ていると言われています。確かに言われてみれば、少し似ているような気もします。

 

この件でもネットの1部では、彼女に対し、「在日朝鮮人や韓国人との繋がりがあるのではないのか?」と、勘違いされる事もあるようです。また、「大学時代、ミスコンに挑戦した時の写真が一重瞼だったのに、現在は整形して二重にした」という憶測もあるようです。その一方では、童顔で素朴なルックスに「ブサカワイイ」と言われているようです。

 

他のエピソード。

 

・アナウンサーになろうと思ったきっかけは、中学生の時に理科の授業で天気図について勉強した事が面白くて気象予報士になりたいと思い、その後、アナウンサーに憧れるようになった。

 

・特技はドラムであり、高校生の時は女子校なのでギャルバンド、大学時代には、男性の中に女性一人で交じり、パンクバンドを組んでいた。好きな音楽はメタルとミクスチャーっぽいのが好き。

 

・趣味は、買い物と料理ということで女性らしい一面もあり、フジテレビオンデマンドで『くっしーのお料理ラボ』というコーナーをしていた。

 

・大学の卒業論文は「芳香族化合物分解能を持つ紅色光合成細菌の多様性について」。

 

 

・2014年2月5日放送の『笑っていいとも』でミスコン時代の恥ずかしい写真を晒され困っていた。

 

・テレビ東京の鷲見玲奈とは、出身大学が同じであり彼女のブログに登場するなど仲が良い。

 

・カラオケの18番は、アニメ『マクロスF』のキャラクターであるランカ・リーが歌う「星間飛行」。

 

・2017年1月12日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』で初共演の石橋貴明から勝手に「今、フジテレビで『ブスパン』と言われてるんです」と勝手に命名され、「言われてないです! 初めて言われました!変なこと教えないでください!」と強く否定したものの、そこから共演する芸人達からイジラレるキャラになり、同年2月25日放送の『さんまのお笑い向上委員会』では、鬼塚トマホークから「フジテレビにしてはあまり可愛くねーんだよ」と言われ涙目になり、「最近ブスパンって呼ばれるんですよ」と嘆いた。さらに同年9月2日放送の『さんまのお笑い向上委員会』では、お見送り芸人しんいちが、久代アナに捧げるという妄想デートソングをギター演奏で披露したが、完全に弄った内容で、久代アナの下着を「ボロボロ」「ヨレヨレ」と表現した歌詞を乗せ「うちのおかんと同じ景色~」と歌った。

 

久代萌美アナウンサーまとめ。

・大学生の頃には、パンクバンドをしていた。

・太ももが最高。

・入社当初はコネ入社疑惑があった。

・KARAのスンヨンに似ているという声も。

久代萌美アナウンサーは、匿名掲示板の『2ちゃんねる』などでは、非常に人気が高く、既に1部のファンからは「フジテレビのエース」と呼ばれています。

 

彼女の経歴からか、あまり良くない疑惑を掛けられがちですが先輩である加藤綾子生野陽子の活躍を見れば、学歴など入社してしまえば関係ないと思いますので、ネットの批判に負けずに、これからも頑張って欲しいものです。

 

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『Happy Go Smiley (酒主義久・久代萌美・宮澤智)』

関連記事
久代萌美はバッドナイス常田が彼氏?デート詳細を明かす
2017年10月7日、フジテレビ所属の久代萌美アナウンサーが担当番組『さんまのお笑い向上委員会SP』に出演した際に、同番組で共演している芸人・バッドナイス常田と一緒に食事に行ったことを告白。 久代アナは兼ねてから常田のことを「...
【フジテレビ】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】
株式会社フジテレビジョン(Fuji Television Network, Inc.)は、関東広域圏を放送対象地域とするテレビジョン放送の特定地上基幹放送事業者です。略称はCX。 通称はフジテレビ、フジ。FNNフジニュースネッ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フジテレビ(CX)

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日

TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他フリー

その他ローカル局

TOKYO MX

お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者

出身大学偏差値

身長ランキング

アンケート集

タレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍
女性アナウンサー大図鑑

コメント