.

森麻季アナの再婚相手の夫(旦那)や元彼氏は?澤村拓一と離婚!

この記事は約 11 分で読むことができます。

2018年5月14日

今回は、テンカラットに所属する森麻季(もりまき)アナウンサーについての情報をリサーチして行きます。

 

森麻季アナウンサーは、元日本テレビナウンサー。

 

日テレ時代の2011年に巨人の澤村拓一投手と結婚しましたが、スピード離婚。2017年2月には会社経営者の男性と再婚しています。

 

森麻季プロフィール
本名 森麻季
愛称 モリマキ、マッキー、麻季ちゃん
出身地 埼玉県川口市
身長 160cm
生年月日 1981年2月19日(37歳)
血液型 A型
最終学歴 青山学院大学経済学部卒
所属事務所 テンカラット
活動期間 2003年~2011年(日本テレビ)
2013年~(テンカラット)
ジャンル 報道・情報系
推定年収 ?
推定カップ Dカップ
趣味

旅行、スポーツ観戦、ヨガ、家事全般、ジョギング

特技

前屈、餃子の皮を包むこと、一度通った道を覚えること

性格

プラス思考、涙もろい

自己の特徴

しっかり者に見られない長女、よく笑う

資格

雑穀アドバイザー、ファインテンビューティーアドバイザー

同期

鈴江奈々

・上重聡

・右松健太

出演番組(過去含む)

・日本テレビ系『女神のマルシェ』

・日本テレビ系『ウェークアップ!ぷらす 』(読売テレビ制作)

森麻季アナウンサーの経歴。


子供の頃:本人ブログより

 

森麻季アナウンサーの経歴は、埼玉県川口市出身、頌栄女子学院中学校・高等学校を経て、青山学院大学経済学部を卒業後、2003年4月に日本テレビ(NTV)にアナウンサーとして入社しています。

 

大学在学中の2000年には『ミス青山学院コンテスト』においてグランプリに輝いています。

 

また、TBS系『サンデーモーニング』のリポーターや川合俊一吉田恵(セント・フォース)が司会を務めるBSフジ『週刊スポーツTV』で「BSギャルズ」の一員としてリポーターを務めています。

 

日本テレビ入社後は、11月から『ズームイン!!SUPER』にて自身の冠コーナー「東京旅物語・流行mori/マキ☆トレ・ズームイン!!チェック」を担当。(~2005年4月1日)

 

以降、ジャンルを問わず様々な番組に出演。主なレギュラー番組としては、2007年4月から『NNN Newsリアルタイム』サブキャスターを3年間務め、2010年4月から『Going!Sports&News』の初代女性アシスタント、『キユーピー3分クッキング』のアシスタントを務めています。

 

2011年12月末には巨人・澤村拓一投手(当時27歳)との結婚を機に日本テレビを退職(後述)。その後、専業主婦をしていましたが2013年3月末に離婚しています。

 

8月からは、芸能プロダクションであるテンカラットに所属し、フリーアナウンサーとして活動開始しています。

 

 

2014年4月から日本テレビ系列読売テレビ制作の全国ネット番組『ウェークアップ!ぷらす』のメインキャスターとしてレギュラー出演。他には日本テレビ系『女神のマルシェ』などの番組に出演しています。

 


本人インスタグラムより

 

2017年2月に8歳年上の会社経営者の男性と結婚(後述)。同年12月8日には、自身のブログで第1子を妊娠したことを発表しています。また、偶然にも『ウェークアップ!ぷらす』で共演している坂木萌子アナも同時期に妊娠したことを報告しており、ダブルでオメデタとなりました。

 

2018年2月24日放送の『ウェークアップ!ぷらす』番組内で、4年間出演した同番組を卒業することを発表。2018年5月14日に自身のブログにて第1子となる男児を出産した事を報告しています。

 

森麻季アナウンサーの元カレは同期の上重聡アナウンサー。

 

2003年の入社早々には、同期入社の上重聡アナとの社内恋愛が発覚しましたが、2010年頃には、破局したと言われています。

 

森麻季アナウンサーとジャイアンツ・澤村拓一選手の結婚や離婚について。

 

2011年12月には巨人・澤村拓一投手(当時27歳)と結婚しています。2人の出会いは、7歳年下の澤村投手が、中央大学4年生の2010年5月頃に、取材を通じて知り合い、その後、知人を介して食事の場で再会したことで意気投合し同年11月に交際をスタートしています。

 

澤村投手は「何に対してもいちずな性格」と自己分析するように、交際当初から結婚を意識しており「野球をやっている姿を子供に見せたい」と、結婚願望も強く、2011年4月シーズン開幕前には、お互いの両親に紹介しています。

 

 

その後、早々に澤村投手からプロポーズを受け、同年12月11日放送の『Going!Sports&News』の女性アシスタントを卒業。同月17日に挙式・披露宴を行い、年内に日本テレビを退社することが報じられ、12月31日をもって日本テレビを退社しています。

 

退社後は、同局の番組に単発、短期間レギュラーで出演しながらも、アナウンサー業を一時休止して専業主婦になります。澤村選手の登板日には、本拠地の東京ドームだけでなく、神宮球場でのヤクルト戦や、横浜でのDeNA戦、WBCの2次ラウンド・オランダ戦(東京D)で、森麻季アナが観戦に訪れる姿が目撃されています。

 

しかし、結婚生活は長くは続かずに、2013年3月末には、結婚してから15ヶ月での”スピード離婚”が報じられています。また、この結婚生活では子供は授からなかったようです。

 

離婚原因については、『週刊文春』では、元彼氏である上重聡アナとのW不倫疑惑を報じており、さらに澤村投手が知り合いに森アナのあとをつけさせたところ、上重アナ密かに会っていたとという情報もあるようです。

 

一方では、ライバル誌である『週刊新潮』では、年上の森アナが年下の澤村選手に社会人の心得をアドバイスしましたが、澤村選手は猛烈に反発し、「強烈な夫婦ゲンカ」に発展。「森アナの顔に青痣」があったなどと、澤村投手のDV疑惑を報じています。

 

NHK所属の青井実アナウンサーとの熱愛報道。

 

2015年4月には、4月9日発売の週刊誌『女性セブン』で、NHK所属の青井実アナとの熱愛交際が報じられています。青井アナは「NHKの向井理」とも言われるイケメンアナウンサーで女性からの人気もとても高いと言われ、現在は東京アナウンス室に勤務。NHK総合『ニュースチェック11』のキャスターを務めています。

最高気温23℃と、今年1番の暖かさを記録した、3月30日の東京都心。その日、都内屈指の高級住宅街では、深夜2時になっても、日中の陽気さながらにアツアツな様子のカップルの姿があった。180cmを超える長身のカレは、そっとカノジョの肩に手を回し、その距離を縮める。そして密着したままの状態で、ゆっくりと歩き続けるふたりは終始幸せそうな笑顔を浮かべていた。やがてカレが手を上げてタクシーを止めると、カノジョは車へと乗り込んだ。名残惜しそうに手を振るふたり。カレはタクシーが発進した後もその場を離れず、小さくなっていく車影をしばらく見つめていた。

※女性セブン2015年4月23日号 

引用元:元日テレ森麻季アナ 「丸井」の御曹司NHKアナと密着デート

出身地 東京都
生年月日 1981年1月2日(37歳)
最終学歴 慶應義塾大学経済学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 大阪→東京アナウンス室
活動期間 2003年~
ジャンル バラエティ
家族 祖父・青井忠治(実業家)

青井実アナは、大手百貨店『丸井』の創業者・青井忠治氏の孫という超御曹司で、「NHKの向井理」と称されているイケメンアナウンサーです。2010年5月には、夕刊紙「日刊ゲンダイ」でフジテレビの秋元優里との交際を報じられた事があります。

 

森アナと青木アナは局は違いましたが、年齢も同じで同期にあたり、就職活動の際にはキー局の面接でも何度か一緒になった事もあり当時から情報交換をしたりと、なにかと仲が良かったようです。

 

同期でお互いアナウンサーという事で気心が知れた仲でしょうし、このまま順調に結婚に向かっていると思われていましたが、2015年7月には、青井アナが元フジテレビの高橋真麻と西麻布の路上で2人仲良く歩いている姿をフライデーされています。

 

森麻季アナウンサーが8歳年上の会社経営者の男性と再婚。

 

2017年2月18日、『ウェークアップ!ぷらす』にて、8歳年上の会社経営者の男性(名字が“森”で、同じ姓)と再婚したことを生報告しています。夫については「こういう業界ではない、一般の40代の方。1年くらいのお付き合いになります」と明かし、MCの辛坊治郎に「お相手はどんな方ですか?」と問われると「優しくて穏やかな方」と答え、何と呼ばれているかの問いには「マキちゃんと呼ばれています」と照れながらのろけています。

 

また、所属事務所によると結婚相手の男性は、43歳の会社経営者の男性で初婚、関係者によるとプロゴルファーの石川遼似のイケメン。森アナの誕生日である2月19日に入籍予定で、挙式や披露宴は未定。現時点では妊娠はしておらず今後も仕事は続けていきます。

 

同日には自身のブログでも結婚する事を報告。「友人の紹介で出会った40代の一般の方です。彼の優しさや穏やかさに触れるうちに、私を育んでくれた環境に似た安心感や温かさを覚えるようになり、彼と共に歩みたいと思いました。」と結婚に至った理由を説明しています。

 

また、「私がここまで来られたのも 応援してくださる方々、力を貸してくださる方々がいたからです。その感謝の気持ちを忘れず、お互い思いやりを持って向き合いながらこれから先歩んでいきたいです。今後も温かく見守ってくださいますようよろしくお願い申し上げます。」と、感謝の言葉を述べています。

 

同月20日のブログでは、公約通り?「感謝」と題し、自身の誕生日である19日に、婚姻届を提出したことを報告しています。「昨日誕生日でした そして婚姻届を提出してきました」「史上最多の友人知人のラインやメールなどにも涙 実はまだ返しきれておらず、これぞ嬉しい悲鳴?!温かい気持ちで見守ってくださる人への感謝の気持ちを大切にこれからも歩んでいきたいです」と喜びを綴っています。その後、6月11日に披露宴を執り行っています。

 

森麻季アナウンサーの再婚相手は森健一氏。


出典:https://www.instagram.com/kennymori/

 

森麻季アナウンサーの再婚相手は、株式会社タトル・モリ エイジェンシー代表取締役社長である森健一氏。結婚当初は「一般の方」とだけ報告しており、森アナのインスタグラムでは夫の顔は修正していましたが、森健一氏の方のインスタグラムに森アナと一緒に写っている投稿があり、発覚しています。

 

森健一氏の経歴は、慶應義塾大学を卒業後、父の会社を継ぐ修行のためにアメリカ・スタンフォード大学大学院に進学。その後、ニューヨークのタレントマネジメント会社に就職。その後、あとを継ぎ、同会社は日本の翻訳出版界のマーケットシェア60%を占める、国内最大手の海外著作権エージェント会社に成長しています。

 

森麻季アナウンサーのエピソードなど。

 

・2008年2月17日、東京マラソンに同僚の宮崎宣子、鈴江奈々、葉山エレーヌ、夏目三久らと共に出場して、5時間38分51秒で完走している。

 

・猫アレルギーを持つ友人の影響で猫が苦手になってしまい、人生で一度も猫に触れたことがないという。そのため『専門チャンネル 専テレgo!go!』で猫の特集をした際には保護用眼鏡をかけて出演した。

 

・2017年1月29日、フジテレビ系『ボクらの時代』に元日本テレビの同僚アナである馬場典子、宮崎宣子と出演した際、離婚後について「私は離婚から半年間、どうやって毎日生きていたのか覚えてない」と離婚後の心境を告白。離婚直後の週刊誌報道に対し「こうやって身に覚えのないことも書かれるのかと、世間が怖くなった瞬間がありましたね」と明かした。また、「プロポーズを受けて「YES」と言った自分の意思が違ったという現実に、自分を信じられなくなっちゃって・・・これから先の自分のいろいろな選択を正しいと思えるのか?そういう不安の中で生きていたと思います」「(離婚経験により)人への優しさや感謝が広がった」などと明かしている。

 

森麻季アナウンサーのまとめ。


出典:maki.mori_m(公式インスタグラム)

・2000年度の「ミス青山学院」。

・新人時代に同期の上重聡アナとの社内恋愛が発覚。

・巨人・澤村投手と結婚するもスピード離婚。

・NHK青井実アナウンサーと交際報道。

・8歳年上の会社経営者の「森さん」と再婚。

今後も森麻季アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『森麻季オフィシャルブログ「スマイル」』

関連記事
【日本テレビ】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】
  日本テレビ放送網株式会社(にっぽんテレビほうそうもう、英称:Nippon Television Network Corporation)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者です。一般的には日本テレビ(にほんテレビ)または日テレ(にっテレ、Nittele)と呼ばれる。他に「NTV」(エヌティーヴィー)、「AX」(エーエックス、アックス)という略称もある。   ネットワークでは1966年にNNN(Nippon News Network)を、また1972年にNNS(Nippon television Network System)を形成し、各系列局とネットワークを結んでいます。   同局の番組に出演しているフリーアナウンサー、タレントなども記述しています。   日本テレビ公式サイト ⇒アナウンスルーム   日本テレビ女性アナウンサー名鑑【一覧】(退職者も含む) 1970年入社 ・石川牧子   1974年入社 ・小池裕美子 ・楠田 枝里子(タレント・1981年秋に退社)   1980年入社 ・井田由美:生年月日:1957年9月:出身地:福岡生まれ、東京&大阪育ち:最終学歴:慶應義塾大学法学部:身長157cm:血液型O型   1983年入社 ・木村優子   1985年入社 ・鷹西美佳(日本テレビコンプライアンス推進室番組審議会事務局長)   1987年入社 ・大杉君枝(満43歳没)   1988年入社 ・小栗泉(報道局解説委員) ・関谷亜矢子(2000年2月に退社、現・ニチエンプロダクション協力) ・永井美奈子(1996年9月に退社、個人事務所サンオブサンに所属)   1989年入社 ・米森麻美(満34歳没)   1990年入社 ・豊田順子:生年月日:1966年4月:出身地:埼玉県岩槻市:最終学歴:立教大学文学部(英米文学科専攻):身長162cm:血液型A型   1991年入社 ・笛吹雅子(報道局社会部専門副部長) ・薮本雅子(2001年退社)   1992年入社 ・岸田雪子(報道局) ・大神いずみ(退社、夫・元木大介、ケイダッシュ)
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
  フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。   セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。   今後も随時更新していきます。(リポーターやお天気キャスターとして出演していた者も記述)   女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】 セント・フォース、フォニックス所属の女性アナウンサーはこちらから https://joseiana.com/cent-force https://joseiana.com/phonics 事務所移籍など情報が古い場合もあります。   ⇒名前がわからない場合(顔写真あり)   NHK契約キャスター(過去も含む) ・国谷裕子(元クローズアップ現代司会) ・遠藤育美(シブ5時) ・駒村多恵「あさイチ」(三桂) ・久田直子「きょうの健康」 ・岩渕梢「くらし☆解説」(ライムライト) ・小林恵子(ライムライト) ・村上文香(NHK大津、元NMB48メンバー)   『ひるまえほっと』首都圏放送(2017年4月7日現在) ・安部香央里 ・高橋温美 ・勝田真季 ・小村弥生 ・島 紗理 ・清水明花 ・竹澤知位子 ・西村美月 ・本庄美奈子 ・松尾衣里子 ・宮澤結花 ・八木菜月 卒業 ・菊池真帆 ・高松祥子 ・中嶋 梓 ・角宮英里 ・田中里香 ・藤田悦子 ・井上朋子 ・菅野真美恵   NHKBS1『BSニュース』(2018年4月現在) ・河野千秋(2018年4月~) ・木下瑠音(2018年4月~) ・長谷川静香(2017年4月1日~) ・竹村優香(2017年2月1日~) ・山住悠(2016年3月29日~) ・高嶋未希(2016年3月30日~) ・實石あづさ (2013年4月~2016年8月23日、2017年復帰) 卒業 ・杉本麻紀(2014年4月1日~) ・上代真希(2012年4月3日~) ・白石理央(2016年8月24日~2017年3月) ・工藤紋子(2013年4月1日~2017年3月31日) ・井上真帆 (2014年1月13日~2017年1月29日) ・滝本沙奈(2014年4月2日 ~2016年3月18日)
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.