女子アナ学(初耳学)女子アナ学院合格者7名のプロフィールまとめ

スポンサーリンク

 

2019年2月17日放送のTBS系『林先生が驚く初耳学!』では、民放キー局のアナウンサー試験で不採用になったことがある「崖っぷちの女子アナ志願者」たちを集い、元TBSアナウンサーの吉川美代子氏を講師に迎え、合格を目指すという挑戦企画「絶対キー局!吉川美代子先生の女子アナ学」を放送。「女子アナ学院」を設立。

 

第1回となる今回は、応募者のなかから吉川先生が書類選考で選んだ22人に対してオーディションを行い、キー局に合格できる可能性のある志願者7名が選出されています。

 

女子アナ学(初耳学)女子アナ学院合格者7名のプロフィールまとめ

合格者1人目:石黒菖(いしくろあやめ)

 

 

1人目の合格者となったのは、静岡大学人文社会科学部経済学科3年の石黒菖さん。富山県出身で1994年10月29日生まれの24歳。同大学のサークル「静岡大学テレビ」に所属。きっかけは高校生の頃チューリップテレビの西アナの講演を聞いて「声で人の心を動かすのはすごい」と感じたことから。動物看護師の資格を取得。趣味はペットと遊ぶことで特技はよく寝ること。憧れの女子アナはフジテレビの生野陽子

 

アナウンサー採用試験では、3社に応募し、書類通過が2社で、その中の1社では2次面接まで進んでいます。

 

 

現在24歳の彼女は、専門学校卒業後、アパレルの企業に就職していますが、女子アナになることを目指し、21歳で大学に入学。

 

吉川先生は「凄い根性してますね。人生懸けている感じがしますね。」と感心。課題の原稿読みでは、声のキーが高すぎたものの彼女は自分の欠点を理解していたことから、吉川先生は「自分の欠点を分かっているということは、欠点を直すことが出来るので展望は明るい」と評価。合格に至っています。

 

 

また、ネットで検索したところ彼女は『ミス静岡大学コンテスト2017』でグランプリ、さらに大学日本一を決めるミスコン『Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST2018』で審査員特別賞を受賞しています。

 

合格者2人目:西川梨緖奈(にしかわりおな)

   

2人目の合格者となったのは、西川梨緒奈さん。23歳。これまでに3社書類落ち。憧れのアナはフジテレビの三田友梨佳。彼女は医療系の大学に通っており、放送研究会などの部活やサークルはないものの、奈良県内のケーブルテレビでリポーターとして活動しています。

 

 

面接では、吉川先生から「現在リポーターをしていますが、これはもっとこうした方がよかったという反省点はありますか?」と言う質問をされると「リアクションをする時に大きくしているつもりが、画面を通してみると小さいので今はリアクションを大きくすることを頑張っています」と回答。しかし吉川先生は「わざとらしいリアクションは聞かれている方が『え?何?』と思う場合があるんですね。だからやっぱり、素直なリアクションが1番大切です。というのはね。西川さんは今私の話を聞きながらすごく自然なんですよ。わざとらしい笑顔とか一切ないのね。それがやっぱり相手の心に素直にスポーンと入ってくるんですね。そっちを心がけたほうがいいと思いますよ」とアドバイスを受けています。

 

また、彼女を合格した理由については「エントリーシートよりも本物のほうが魅力がありましたね。『局アナに向いている人はどんな人ですか?』とよく聞かれますけど喋ってる言葉に品格があるか、(彼女に)知的な部分と品の良さがあった」と説明しています。

 

そんな彼女は、聖心学園を経て、奈良県立医科大学看護学科に通い、2017年には女子アナの登竜門的存在である大阪・今宮戎福娘(65代)を務めていたようです。

合格者3人目:中谷萌(なかたにもえ)

 

※2019年6月9日放送回で、中谷さんは来年4月から福岡の放送局で勤務することが発表され同学院を卒業しています。

 

3人目の合格者は京都女子大学3年の中谷萌さん。憧れの女子アナはTBSの笹川友里。アナウンサー採用試験では、3社に応募し、2社書類落ち。1社は2次面接まで進んでいます。

 

2017年(2回生時)には、『ミス・インターナショナル2018日本大会』のファイナリストまで進んでいます。

 

 

吉川先生は、彼女を合格した理由について「声の響きが良かった。スポーツの現場に行って原稿を読んでも、何をしても聞きやすいと思いました」とその声と抜群の存在感を大きく評価した模様。

 

 

そんな彼女は、1998年1月22日生まれの21歳。大阪府八尾市出身。高校3年間は芸能事務所に所属し関西テレビ『はぴくる』などの番組に出演。大学ではラグビー部のマネージャーをしています。彼女もまた、2017年に大阪・今宮戎福娘(65代)を務めています。

 

合格者4人目:今井利奈(いまいりな)

  

 

4人目の合格者は今井利奈さん。

 

※2019年8月25日放送回を以って、今井さんは一般企業から内定を得たことが発表され同学院を卒業しています。

 

今井梨奈さんは、慶應義塾大学3年生。東京都出身、生年月日は1997年11月10日生まれの21歳。身長161cm。子供の頃から芸能活動をしており、事務所はアイビィーカンパニーに所属。2007年から2008年ごろには、『ポピッ☆チュ!』というダンスユニットのメンバーとして活動していました。

 

また、劇団四季ドリーミング(2009年)、劇団四季サウンド・オブ・ミュージック(2010年:ルイーザ役)などに出演歴があります。

 

 

高校は、國學院高等学校出身。『ミス慶應SFCコンテスト2018』でファイナリストに選出されています。

 

合格者5人目:田所七海(たどころななみ)

 

5人目の合格者は田所七海さん。21歳。中京大学3年生。憧れの女子アナは日本テレビの水卜麻美。

 

アニメ声が特徴的。ミュージカルスクールで歌やダンスや演技を学び、8年間舞台に立ち続けたといいます。

 

SNSはしていないようで現時点では情報は少ないです。

 

合格者6人目:荒川栞(あらかわしおり)

 

 

 

6人目の合格者は荒川栞さん。

 

有名女子大学4年生。憧れの女子アナはフジテレビの生野陽子。第3回目放送の中継テストでは最高点を獲得しています。

 

SNSはしていないようで現時点では情報は少ないようです。

 

合格者7人目:豊成春子(とよなりはるこ)

 

7人目の合格者は豊成春子さん。徳島県出身。1997年5月6日生まれの21歳。身長172cmのスレンダー美女。神戸大学発達科学部人間環境学科3回生 。

 

可愛い女の子が好きで自らもミスコンに出場。これまでに『フレッシュキャンパスコンテスト2016-2017』でファイナリスト。『ミスキャンパス神戸2017』でファイナリスト。『2018ミス・ユニバース兵庫大会』で特別賞の実績を持ちます。

 

モデルとしても活動しているそうです。

 

合格者8人目:柴原優美香(しばはらゆみか)

 

2019年6月9日放送回で中谷さんが卒業後、7月14日放送回から女子アナ学院に新たに加入した柴原優美香さん。年齢は21歳。奈良県出身。奈良市立一条高等学校出身。現在京都の同志社大学スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科4回生です。

 

 

少林寺拳法世界4位の実績を持ち、同志社大学大学少林寺拳法部では副将を務めています。

 

 

女子アナとしてスポーツに関わりたいといい、面接をした吉川先生によると「やる気がビンビン伝わる」と語り、自己紹介の場では「ここで一番になって絶対アナウンサーになりたい」と堂々と皆にライバル宣言をしています。

 

この7人からキー局の女子アナにたどり着ける者は現れるのでしょうか?

 

今後の女子アナ学院にも注目です。

 

第2回放送回記事はこちらから

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TBSテレビ(TBS)

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日

TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他フリー

その他ローカル局

TOKYO MX

お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者

出身大学偏差値

身長ランキング

アンケート集

タレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍
女性アナウンサー大図鑑

  1. 絶対キー局吉川美代子先生の女子アナ学の2019年9月15日の放送回と同年11月24日の放送回の掲載をお願いします!

  2. 他にどの項目でも映んない他に状態です。