(画像)有働由美子アナ、マツコから私服をダメだし(事務所私服NG)

スポンサーリンク

 

2021年1月16日放送の日本テレビ系『1億3000万人のSHOWチャンネル開局2時間SP!』に、同局系『news zero』でキャスターを務める有働由美子アナウンサーが出演。

 

いつも私服をダメ出しされているというタレントのマツコ・デラックスを納得させる私服選びに挑戦した。

 



(画像)有働由美子アナ、マツコから私服をダメだし(事務所私服NG)

 

有働アナは、『news zero』ではいつも綺麗な衣装を用意されているが、本番終わりに同じ事務所のマツコ・デラックスの控室に挨拶に行くと、入るなり私服を一刀両断されるという。

 

 

有働アナの私服その1。

 

 

有働アナの私服姿2。まるで忍者のような恰好で共演者たちからは「くノ一みたい」とツッコまれていた。

 

 

有名ブランンドのヨウジヤマモトの服だという。

 

 

この姿でマツコに会った時には「ヨウジヤマモトはアーティストやエッジが立った人が着る服。周りを気にしてるような奴が着る服じゃない」と言われたという。

 

 

 

有働アナの私服選びに密着。中目黒でスタッフと待ち合わせ。おしゃれなスーツにロングコート姿で登場した。

 

 

ルールは、有働アナの行きつけのお店でだれにも頼らずに私服を買ってもらう。

 

 

スタッフからこれも衣装かと聞かれると、「完全に用意してもらいました。私、私服NGなんですもん、オンエア」と事務所NGであること告白していた。

 

 

私服選びの基準については「NHK時代は1億3000万人がクライアント。その方々を不快にさせないってなかなかない。嫌われちゃいけない」と語り、黒か紺か黄土色などの地味な服を選んでいるという。

 

 

また、以前アート系の仕事している男性とのデートに向かった際、「行った瞬間に『上着替えてきて』って言われて。『黒と紺を合わせるとか意味わかんない』って。初デートですよ。『申し訳ないけど、コンビニかどっかに、上変えてきて』って言われて…」と告白。

 

 

その時から黒と紺の組み合わせはやっていないといい、「部屋の電気が暗くて、黒と黒だと思ってたら、『黒と紺だった!』って毎回トラウマ…」と明かし、「(好きな人には)染まりたいタイプでしたね。だって、ずっとデニムとTシャツの時があった。恥ずかしい」と思わず吹き出し赤面していた。

 

 

有働アナは様々な服を試着し、最終的に黒地に花柄のワンピースをチョイス。