.

久保純子アナは現在もかわいい!夫や子供や家族についてなど

この記事は約 10 分で読むことができます。

2018年2月24日

2015-03-29_070955

今回は、元NHKの久保純子(くぼじゅんこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

久保純子アナウンサーは、NHK時代から「クボジュン」の愛称で視聴者から親しまれ、退局後もフリーアナウンサーとして活動しています。

 

 

久保純子プロフィール
本名 清重 純子
愛称 クボジュン
出身地 日本
生年月日 1972年1月24日(46歳)
身長 158cm 
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学文学部英米文学科卒業
職歴 元NHKアナウンサー
活動期間 1994年~
ジャンル バラエティなど
家族 夫、長女、次女
推定年収
推定カップ
趣味

旅行、映画鑑賞

資格

モンテッソーリ教育国際免許(保育士)

所属事務所

「ケーセブン」(2007年時)

同期

鹿島綾乃

高橋美鈴

・品田絵美(鹿児島→広島→退職)

・石井麻由子(新潟→東京アナウンス室→名古屋→東京アナウンス室→退職(シンガポール在住))

出演番組(過去含む)

・文化放送『久保純子My Sweet Home』

久保純子アナウンサーの経歴、家族について。

久保純子アナウンサーの両親は、父親、母親ともに日本テレビにアナウンサーとして勤務していました。

 

父親の久保晴生氏は、元日本テレビアナウンサー(元アナウンス部長)、『日本テレビアナウンスカレッジ』の初代学長で、後に『日テレ学院』のスーパーバイザーを務めています。

 

2016-04-30_074710

 

母親も元日本テレビアナウンサーの久保淑子氏(旧姓:加藤)。退職後は自宅で英語教室を経営しています。

 

家族構成は両親と4歳年上の兄がいる4人家族です。

 

久保純子アナウンサーの小・中・高校生時代。

 

 

久保純子アナは、小学校4年間はイギリス、高校時代はアメリカで生活をしていた帰国子女です。小学生時代には、イギリスで人種差別的ないじめを受けており、帰国後の日本の公立中学校でもいじめを受けていた事を2006年11月26日の『朝日新聞』の朝刊で告白しています。(中学時代は男子からモテモテで女子生徒たちに嫉妬される存在だった)

 

中学生の頃に同じ学習塾で、席が隣になったのがきっかけで、木佐彩子(元フジテレビアナウンサー)と親友になったといいます。

 

三鷹市立第三中学校を経て、東京都立調布北高等学校に進学。高校時代には、アメリカ・ウィスコンシンの高校に留学しています。留学先では、ベビーシッターの家にホームスティをしていましたが、毎日何人もの子供たちの世話をさせられ大変だったといいます。3年生の時、ウィスコンシンからニューヨーク州・バッファローのニューヨークパイオニア・セントラル高校に転校しています。

 

久保純子アナウンサーの大学時代。

 

アメリカから帰国後は、上智大学比較文化学部比較文化学科を経て、慶應義塾大学文学部英米文学科を卒業しています。

 

大学時代の18歳当時には、父がアナウンス部長を務めていた日本テレビで、イベントコンパニオンのアルバイトをしていた経歴をもち、当時『午後はおもいッきりテレビ』の司会をしていたみのもんたと一緒に仕事をしていた事があります。

 

また、東京ドームでプロ野球・読売ジャイアンツのマスコットガールのアルバイトをしていて、ホームランを打った選手にジャビットのぬいぐるみを渡す場面が何度か、後にレギュラー出演した『ウチくる!?』(フジテレビ系)で放送されています。

 

ちなみに、このアルバイトは選手がホームランを打たないと仕事が無いので、待機中の時は裏で勉強をしていたようです。その時に、当時巨人投手の桑田真澄が、勉強の内容に興味を持って見に来たそうで「勉強に興味を持っていた選手は桑田さんだけだった」と語っています。

 

また、1991年の『世界陸上東京大会』では、英語が堪能なために、通訳の仕事をしていた経験もあります。

 

就職活動では、NHK入局試験の時の面接官が加賀美幸子アナウンサーで、「全身が言葉という雰囲気が体から溢れてる」と高評価を得て採用試験に合格したといいます。

 

後に「加賀美さんがいなかったら、今の久保純子はなかった」と感謝していて、自身の結婚の際には仲人を加賀美アナに務めてもらう程、親交は深いといいます。

 

久保純子アナウンサーのNHK時代。

 

1994年にNHKに入局して、初任地はNHK大阪放送局。阪神淡路大震災などのリポートや取材を担当していました。そして、2年後の1996年に東京アナウンス室へ異動しています。

 

入局当初からその可愛らしいルックスで当時のNHKでは珍しく「アイドルアナウンサー」と称され、受信料制度周知キャンペーンなどに起用され人気を博します。

 

東京アナウンス時代には、『NHKニュース おはよう日本』のスポーツコーナーや『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』などの人気番組を担当しています。

 

そして、1998年~2000年まで、3年連続で『NHK紅白歌合戦』の紅組司会に抜擢されています。1998年に初司会を務めた際には、大ファンの郷ひろみの曲紹介を例外的に久保アナが行っています。

 

久保純子アナウンサーと夫の清重和弘氏との馴れ初めや出産などについて。

 

プライベートでは、2000年1月24日に慶應義塾大学法学部政治学科の同期生で当時から交際していた大手広告代理店・電通に勤務する清重和弘氏(当時29歳)と入籍しています。

 

そして同年4月に東京・三鷹市のルーテル学院大のチャペルで挙式を執り行っています。結婚式の司会は、NHK、慶應義塾大学の先輩で、当時NHK内で唯一結婚を相談していた宮本隆治アナにしてもらっています。

 

2人の馴れ初めは、元々は慶應時代からの同期生でしたが、知人を介して再会を果たし、それから1週間後に初デート、1ヶ月後には結納をして3ヶ月後に結婚というスピード婚でした。夫の清重氏の顔写真などはネットに流出していませんが、関係者によると身長が高くスポーツマンタイプのイケメンだといいます。

 

翌2001年の8月22日には、妊娠が発覚し、出産準備に入るため『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』などレギュラーを務める番組を10月放送分から降板して産休に入る事を発表しています。

 

その後、翌2002年に1月7日に第1子となる長女・七菜(なな)を出産。同年6月にNHKを退職してNHK契約職員(専属契約。事実上嘱託)になります。

 

この当時には、母親が日テレ退社後に経営していた英語塾の手伝いをしていて、週の2日をアナウンサーに、2日を塾に、3日間は完全に母親という生活を送っています。

 

2003年4月6日に育児休暇後1年半ぶりに『クイズ見ればナットク!』でレギュラー復帰を果たしています。

 

その後、2004年3月31日のNHKとの契約満了を以って、フリーアナウンサーとして活動を開始します。

 

久保純子アナウンサーのフリーアナウンサー時代。

 

2004年には、初の著書 『なな転び八起き』(グラフ社刊)を出版しています。

 


久保純子CM:森永のおいしい牛乳 (200404)

 

同年7月には、日本武道館で、服飾デザイナーで演出家・山本寛斎がプロデュースしたミュージカル『アボルダージュ~接舷攻撃~』に出演。女優業に初めて挑戦しています。

 

フリー転向後、民放テレビ番組初出演は、TBS系『アテネ五輪2004』の中継キャスターでSMAPの中居正広と共演しています。

 

久保純子アナは、子供番組を作りたくてテレビ関係の仕事を志望したほどの子供好きで、NHK時代には子供番組の企画書を書いて提出したこともありましたが叶いませんでしたが、同年10月3日からTBS系『クボジュンのえいごっこ』で司会を務める事になり、昔からの夢が叶います。また、翌2005年に同名の著書書籍をリリースしています。

 

その一方では、2004年10月9日~2008年9月20日まで、TBS系『ブロードキャスター』にメインキャスターとして出演しています。

 


久保純子CM:森永のおいしい牛乳 (200504)

 

2005年には、日本テレビ系『ザ!情報ツウ』の「と〜く!ツウコーナー」にゲスト出演。父・晴生氏撮影によるプライベート映像や、本人撮影による母親が開いている英語教室の様子などが紹介されています。同年11月には著書『久保純子のニューヨーク街歩き』を出版。

 

2006年1月~2011年7月23日までは、文化放送のラジオ番組『久保純子のライオンミュージックサタデー』のパーソナリティを務めています。

 

2007年4月15日からフジテレビ系『ウチくる!?』に中山秀征のパートナーとしてレギュラー出演。2007年10月には著書『いっしょにつくろう―わたしのうちの、あったかごはん』を出版しています。

 

2008年3月11日放送の『ウチくる!?』の番組ロケ中に、現在第2子を妊娠中であることを報告しています。本人は「予定日近くまでは仕事をしたい」と望んでおり出産ギリギリまで仕事をしています。出産予定日は8月中旬との事でしたが、予定が早まり7月24日に次女を出産しています。

 

翌月の8月23日にはTBS系『ブロードキャスター』で早くも仕事復帰を果たしています。2009年12月30日には、円満退職から6年ぶりにNHKの番組『紅白歌合戦AtoZ』、2010年1月3日には『ワンダー×ワンダー』に出演しています。

 

夫の米国転勤に家族で同伴。

 

2011年7月16日放送の『久保純子のライオンミュージックサタデー』の番組中、夫の米国転勤(任期は1年半)に家族で同伴することを報告。

 

翌8月21日放送回を以って『ウチくる!?』を卒業。他のレギュラー番組をすべて降板して渡米しています。教育に高い関心を持ちアメリカ滞在中には、モンテッソーリ教育国際免許(保育士)を取得しています。

その後、帰国後の2013年10月6日放送の『ウチくる!?』に元NHKアナウンサー住吉美紀宮本隆治と一緒に出演し、再び日本で活動しています。

 

2014年4月からは、NHKEテレ『ハートネットTV』のWEB連動企画「チエノバ」にレギュラー出演しています。(~2017年3月9日)

 

また、TOKYOMX『東京クラッソ!』のMC、文化放送『久保純子My Sweet Home』、10月2日から文化放送のラジオ番組『くにまるジャパン』の水曜日を担当しています。

 

2016年4月からは日本テレビ系『スッキリ』のコメンテーターを務めています。

 

2018年2月現在は、再び夫の転勤に伴いアメリカに在住しているといい、将来の目標としてはモンテッソーリの幼稚園を作りたいと思っているといいます。

 

久保純子アナウンサーまとめ。

・アイドルアナウンサーとして人気を博した。

・3年連続『NHK紅白歌合戦』の紅組司会

・2000年に電通社員の清重和弘氏と結婚。2人の娘がいる

今後も久保純子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

なし

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む)(情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子 元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子 エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学文学部卒業(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子 チーフアナウンサー(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪)   1982年入局 ・渡邊あゆみ エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学教養学部卒業(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀 エグゼクティブアナウンサー(局次長級)。(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)アナウンス担当副部長   1988年入局
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
  フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。   セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。   今後も随時更新していきます。(リポーターやお天気キャスターとして出演していた者も記述)   女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】 セント・フォース、フォニックス所属の女性アナウンサーはこちらから https://joseiana.com/cent-force https://joseiana.com/phonics 事務所移籍など情報が古い場合もあります。   ⇒名前がわからない場合(顔写真あり)   NHK契約キャスター(過去も含む) ・国谷裕子(元クローズアップ現代司会) ・遠藤育美(シブ5時) ・駒村多恵「あさイチ」(三桂) ・久田直子「きょうの健康」 ・岩渕梢「くらし☆解説」(ライムライト) ・小林恵子(ライムライト) ・村上文香(NHK大津、元NMB48メンバー)   『ひるまえほっと』首都圏放送(2017年4月7日現在) ・安部香央里 ・高橋温美 ・勝田真季 ・小村弥生 ・島 紗理 ・清水明花 ・竹澤知位子 ・西村美月 ・本庄美奈子 ・松尾衣里子 ・宮澤結花 ・八木菜月 卒業 ・菊池真帆 ・高松祥子 ・中嶋 梓 ・角宮英里 ・田中里香 ・藤田悦子 ・井上朋子 ・菅野真美恵   NHKBS1『BSニュース』 ・長谷川静香(2017年4月1日~) ・竹村優香(2017年2月1日~) ・山住悠(2016年3月29日~) ・高嶋未希(2016年3月30日~) ・杉本麻紀(2014年4月1日~) ・上代真希(2012年4月3日~) ・實石あづさ (2013年4月~2016年8月23日、2017年復帰) 卒業 ・白石理央(2016年8月24日~2017年3月) ・工藤紋子(2013年4月1日~2017年3月31日) ・井上真帆 (2014年1月13日~2017年1月29日) ・滝本沙奈(2014年4月2日 ~2016年3月18日) ・堤真由美(2011年5月~2016年3月29日)   NHK大阪 ・塩見泰子
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

1件のコメント

  • 名無し

    毎日抱ける
    嫌がっても大丈夫

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください