日テレ女子アナファッションセンスランキング9!畑下由佳アナが優勝

スポンサーリンク

 

2021年7月8日放送の日本テレビ系情報番組『ヒルナンデス!』では、「日テレ女性アナ私服コーデ~夏の陣~」を放送。 今回は、杉上佐智枝アナ、畑下由佳アナ、佐藤真知子アナ、滝菜月アナの4名がコーデバトルに挑んだ。

 



日テレ女子アナファッションセンスランキング9!畑下由佳アナが優勝

 

今回のテーマは夫の親と行く初めてのプチ夏旅行コーデ。参加者を紹介。まず1人目は入社21年目の杉上佐智枝アナウンサー。

 

 

絵本専門士の資格を持つ2児の母。現在は『キユーピー3分クッキング』などを担当。

 

 

どのような先輩かを聞かれると後輩たちは「みんなの憧れ」と答えた。

 

 

杉上アナは、私服は汗染みなどを気にしなくてもいいという水着素材の生地を使った服で息子も愛用していると話した。

 

 

杉上アナは今回3回目の出場。

 

 

初出場で初優勝し、息子の小学校の校長先生に祝福されるなど反響が大きかったが、2回目では最下位だった。

 

 

さらに、その時には滝アナが優勝したという。

 

 

今回もご意見番として大ベテランの豊田順子アナが登場。

 

 

今回は私物アイテムを足してもOKということで再生プラスチックでできた靴を用意。

 

 

杉上アナが持参した靴は片足約117gと超軽量で履き替えシューズとして使うのもオススメと話した。

 

 

また、それぞれのアナウンス技術を見せるためプチ旅行のプランを30秒でプレゼン。

 

 

杉上アナは大磯での「夫の親と行くプチ夏旅行プラン」をプレゼンしたが4秒オーバーしてしまった。

 

 

豊田アナは杉上アナについて「最後の最後で慌てちゃう。コーデでも「この一点だけが残念」みたいになるんじゃないかと危惧している」などと話した。

 

 

notch.の「リネンライクパンツ」「シャイニーワイドパンツ」「Vネックオーバートップス」を見て回り、トレンドのカットワークレースが施されたトップスに私物のスカーフをチョイスして残りのアイテムも選んでコーデを完成した。

 

 

2人目は入社8年目の畑下由佳アナウンサー。今回が初参戦。

 

 

「ファッションがもともと好きなので自信がある」などと話した。

 

 

畑下アナは、身長171センチで入社当時には「スーパーモデルが入ってくるぞ」と噂になったという。

 

 

そんな、畑下アナの私服はモノトーンやカッコイイ系が多いという。

 

 

豊田アナも絶賛していた。

 

 

夏らしいトップスにエッジを効かせる私物のサンダルを合わせる計画。

 

 

3人目は入社6年目の佐藤真知子アナウンサー。佐藤アナも今回が初参戦。

 

 

担当番組『所さんの目がテン!』ではコスプレで番組を盛り上げている。

 

 

佐藤アナは滝アナと梅澤アナの同期。

 

 

滝ちゃんだけには負けたくないと意気込みを語った。

 

 

佐藤アナは身長が156センチで低いのがコンプレックス。

 

 

そのため、足元は盛ることとパンツはハイウエストでトップスはインするのがポイントと話した。

 

 

お馴染みの即興ミュージカルを披露。

 

 

ティアードワンピースに足元が盛れる私物のサンダルに残りのアイテムを選びコーデが完成。

 

 

最後は、入社6年目の滝菜月アナウンサー。同番組のMCを担当。

 

 

今回は本当に背水の陣と語り、ファッション誌を読んでまとめたメモを持参。

 

 

華やかで甘さを消したグリーンやブルーで攻めたいという。

 

 

前回優勝した後藤晴菜アナからは「素材選びは大切」「アクセントになる色を使う時は他をシンプルに」などとアドバイスを受けたという。

 

 

ここでタイムアップ。

 

 

スタジオで結果を生発表。

 

 

第3位には、佐藤アナが選ばれた。

 

 

オレンジ色のワンピースと露出を抑えたカーディガン。ビジューのサンダルで華やかな印象も添えている。

 

 

審査員は「全体はいいけど好き嫌いがでる」などと評した。

 

 

続いて第2位は、杉上アナが選ばれた。

 

 

清潔感のある白のレーストップスに、カーキのパンツ。

 

 

スカーフをバッグに巻いてエレガントさを演出。

 

 

審査員は「上手に品のあるスタイルになっている」「スカーフが悪目立ちしている」と評した。

 

 

また、杉上アナにあわせた男性コーデをサバンナ・高橋が紹介した。

 

 

そして、いよいよ1位と最下位を同時に発表。

 

 

優勝は畑下アナだった。

 

 

最下位の滝アナのコーデから発表。

 

 

滝アナは、ノーカラーのシャツできちんと感を出し、ウエストマークでスタイルアップをしているとし、寒色系のスカートで落ち着いた印象を演出したなどと説明。