.

日テレ女子アナで1番のオシャレは誰?ファッションランキングアナウンサーSP

この記事は約 6 分で読むことができます。

2018年6月7日

 

2018年3月8日放送の日本テレビ系情報番組『ヒルナンデス!』では、「芸能人ファッションランキングアナウンサーSP」を放送。

 

日本テレビの女子アナの中でもファッションセンスに自信アリの5名(森富美、徳島えりか、尾崎理紗、滝菜月、菅谷大介)が、ガチンコでコーディネートを競い合った。

 

 

 

スポンサーリンク

日本テレビで一番オシャレな女子アナは?

今回は、日本テレビを代表する人気アナウンサー5名がファッションセンスでガチ勝負!

 

ルールは簡単。テーマに沿って自分のセンスのみで全身コーディネートを作り、そのファッションセンスをランキングで発表する。

 

参加メンバーには、最下位を予想する事前アンケートをとった。すると、なんと全員一致で滝菜月を最下位に予想した。

 

滝アナは「たしかに会社にはお洒落してきてはいないです。」と認めたものの「裏を返せば私はまだ本気を出していないだけ」と反論した。

 

ランキングを決めるのは女性ファッション誌『with』の人気スタイリストの小山田早織さん(おやまださおり・30歳)。

 

今回のテーマは、春を先取り「中目黒でお花見お散歩デート」コーデ。

 

今回のプレイヤー達を年次順にチェック。

 

まずは、年次が一番上で1996年入社の森富美アナウンサー(もりふみ・44歳)。現在『ヒルナンデス!』、『NNNストレイトニュース』などを担当しているベテランアナ。ニュース担当ということで真面目で大人な印象が強くこのような企画に出演するのも非常に珍しい。

 

森富美アナの普段の私服姿。彼女らしいシックで落ち着いたコーデ。

 

スタッフが、普段どこで私服を買うのかを聞いてみると「お台場(今回のロケ地)とかあまり来たことがないです。お台場(フジテレビ)とか、六本木(テレビ朝日)とか、赤坂(TBS)とか、渋谷(NHK)とか違うテレビ局があるところは、なんかよそさまの家にお邪魔している感じがして(笑)」と答え、独特な感性を持っていた。

 

続いては、1997年入社の菅谷大介アナウンサー(すがやだいすけ・46歳)。『ニュースエブリーサンデー』、オリンピックの実況中継などを担当している。

 

男性で唯一参加の菅谷アナは「正直、勝つことが義務だと思っています」とアスリートさながらのストイックなコメントをした。

 

続いては、2011年入社の徳島えりかアナウンサー(とくしまえりか・29歳)。朝の『ZIP!』、『行列のできる法律相談所』などを担当している。

 

徳島アナは、普段から今回審査する小山田さんの本やインスタグラムを見ているので、どういう風に寄せていけばいいいのか分かっていると豪語した。

 

小山田信者の徳島アナは「今日予習済みです」と自信満々に語った。

 

続いては、2015年入社の尾崎里紗アナウンサー(おざきりさ・25歳)。朝の『ZIP!』やバラエティ番組『超門クイズ!真実か?ウソか?』などを担当している。

 

尾崎アナは、日本テレビに入社してから7~8㎏太ってしまったと言い、「気づいたら太っていて自分でもビックリしました」と語り、腹回りに優しいウェストにゴムが入っているパンツを愛用しているという。

 

そんな尾崎アナは、似たような体形の先輩アナの水卜麻美から服装のアドバイスを受けており、白やピンクなどの膨張服はさけ、ネイビーや黒などの「締め色」を勧められていると明かした。

 

最後は、2017年10月から『ヒルナンデス!』でアシスタントを務めている滝菜月アナウンサー(たきなつき・24歳)。

 

滝アナの私服。普段は「ズボン」にシャツというシンプルな服装。

 

そんな滝アナだが、普段、情報番組『ヒルナンデス!』を担当しているということで、視聴者目線で最新ファッションに関する知識だけは豊富。

 

それぞれコーデを作り、審査を終えた小山田さんの総評は「3位以上は素敵ですが4位以下はモヤッとすると」と評価。まずは第3位のコーデから発表。

 

第3位には、滝菜月アナのコーデが選ばれた。皆から最下位に予想されていたので、予想していた4人は騒然。しかし、自身があったのか滝アナは「3位かぁ…」と悔しがる表情を浮かべた。

 

滝アナは、このコーデのポイントについて「トレンドアイテム(ベイカーパンツ)をしっかり取り入れて、尚且つ散歩を意識したコーディネートになってます」と解説した。

 

小山田さんはNGポイントとして「デートコーデにしてはちょっとボーイッシュすぎだかな」と感想を述べた。

 

第2位には、森富美アナのコーデが選ばれた。先輩の意地で2位を獲得。コーデポイントは「桜が主役ですから、それを邪魔しないように色使いは控えめにした」と説明。

 

 

小山田さんは「着た時のバランスが計算されていると思いました」と高評価。

 

NGポイントとしては「襟付きアウターに襟付きトップスをあわせるとモタつくので襟なしの方が良い」と解説した。

 

第4位には、徳島えりかアナのコーデが選ばれた。コーデポイントは「夕方くらいから夜桜を見ながら歩くというイメージ」と語った。

 

小山田さんは「アイテムの組み合わせがありえない」と酷価。

 

さらに決定的にマズかったのが、ギンガムチェックのスカートにメッシュのバックを合わせたこと。互いに打ち消し合い印象がぼやけてしまったのが大失敗。

 

第5位には菅谷大介アナのコーデが選ばれた。本人によるとコーデポイントは「桜より私を見て!アピールコーデ」。

 

「インナーの差し色とバックは桜のイメージ、緑のアウターは葉っぱをイメージ」したと説明。しかし、女子アナ全員から散々な言われようだった。

 

この独特の発想を盛り込んだコーデに小山田さんは「ヌケ感0の重たいコーデ」と酷価。NGポイントは「長めのスカートにルーズなニットはだらしなく見える」「オーバーコートを合わせることによりシルエットが寸胴になる」と今回の敗因を解説した。

 

第1位には、尾崎里紗アナのコーデが選ばれた。日テレ1のファッショニスタの称号を獲得した。

 

コーデポイントは「歩きやすさとスタイルアップを重視したお散歩スタイル」、水卜麻美のアドバイスで「トップスをインするとウェストが上に行き細く見える」と説明した。

 

また、「スカートの丈は中途半端だと足が太く見えてしまうので、長いなら長いままで履いてしまおうということで、思いっきり長くしました」と説明。

 

小山田さんは「全てのバランスが整っている」と高評価。さらに「ご自身の体形や身長をすごく理解されている」と満点評価だった。

 

1位に輝いた尾崎アナは「この結果は全て水卜さんのおかげです。いつかごちそうさせてください!ありがとうございます!」と水卜アナに感謝の言葉を述べた。

 

1位:尾崎理紗

2位:森富美

3位:滝菜月

4位:徳島えりか

5位:菅谷大介

 

関連記事
日テレ女子アナファッションセンスランキング!お洒落番長は郡司恭子アナ
2018年6月7日放送の日本テレビ系情報番組『ヒルナンデス!』では、「芸能人ファッションセンスランキングアナウンサーSP」の第2弾を放送。   日本テレビの女子アナの中でもファッションセンスに自信アリの5名(杉野真実、郡司恭子、後藤晴菜、尾崎里紗、滝菜月)が自らのファッションセンスで競い合った。   日テレ女子アナで一番オシャレなのは誰? ルールは簡単。前回同様テーマに沿って自分のセンスのみで全身コーディネートを作り、そのファッションセンスをランク付けするという企画。   番組冒頭、この中で一番年次が上の杉野アナによると「2013年入社ペアは大変オシャレなんですよ」と明かした。解説員の虻川美穂子は、そんな郡司アナに対し「今日のグイグイ郡司のカバンはカゴバックにでっかいリボン。自己主張の強さの塊。郡司入場!みたいな」と暴露し弄っていた。   ランキングを決めるのは、前回と同じ女性ファッション誌『with』人気スタイリストの小山田早織さん(おやまださおり)。今回のテーマは「表参道カフェで女子会『いいことあった?』と聞かれそうなハッピーコーデ」と発表。梅雨でも気分が上がるスタイリングが評価のポイントとなる。今回のプレイヤー達を年次順にチェック。   まずは、2012年入社の杉野真実アナウンサー(すぎのまみ・28歳)。現在『NEWS ZERO』、『Going!Sports&News』のニュース、『世界まる見え!テレビ特捜部』などの番組を担当。   杉野真実アナの普段の私服姿。一切色を使わないというモノトーンコーデ。『ゴーイング』で共演している後藤アナに杉野アナの私服の印象を聞いてみると「ピンクやブルーなどの鮮やかな衣装の時には具合が悪そう。心が黒を着ていないと落ち着かないんだと思います」と話した。カラフルなアイテムが鬼門となる。      続いては、2013年入社の郡司恭子アナウンサー(ぐんじきょうこ・27歳)。『Oha!4 NEWS LIVE』、『沸騰ワード10』などの番組を担当している。   後輩の滝アナは「(オシャレ)な郡司アナは穴の空いた服が多い。」と紹介すると、郡司アナは「確かに、アナウンス部に行くと『今日は穴あいてるの?』って挨拶代わりに聞かれる」と話した。
【日本テレビ】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】
  日本テレビ放送網株式会社(にっぽんテレビほうそうもう、英称:Nippon Television Network Corporation)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者です。一般的には日本テレビ(にほんテレビ)または日テレ(にっテレ、Nittele)と呼ばれる。他に「NTV」(エヌティーヴィー)、「AX」(エーエックス、アックス)という略称もある。   ネットワークでは1966年にNNN(Nippon News Network)を、また1972年にNNS(Nippon television Network System)を形成し、各系列局とネットワークを結んでいます。   同局の番組に出演しているフリーアナウンサー、タレントなども記述しています。   日本テレビ公式サイト ⇒アナウンスルーム   日本テレビ女性アナウンサー名鑑【一覧】(退職者も含む) 1970年入社 ・石川牧子   1974年入社 ・小池裕美子 ・楠田 枝里子(タレント・1981年秋に退社)   1980年入社 ・井田由美:生年月日:1957年9月:出身地:福岡生まれ、東京&大阪育ち:最終学歴:慶應義塾大学法学部:身長157cm:血液型O型   1983年入社 ・木村優子   1985年入社 ・鷹西美佳(日本テレビコンプライアンス推進室番組審議会事務局長)   1987年入社 ・大杉君枝(満43歳没)   1988年入社 ・小栗泉(報道局解説委員) ・関谷亜矢子(2000年2月に退社、現・ニチエンプロダクション協力) ・永井美奈子(1996年9月に退社、個人事務所サンオブサンに所属)   1989年入社 ・米森麻美(満34歳没)   1990年入社 ・豊田順子:生年月日:1966年4月:出身地:埼玉県岩槻市:最終学歴:立教大学文学部(英米文学科専攻):身長162cm:血液型A型   1991年入社 ・笛吹雅子(報道局社会部専門副部長) ・薮本雅子(2001年退社)   1992年入社 ・岸田雪子(報道局) ・大神いずみ(退社、夫・元木大介、ケイダッシュ)
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください