豊崎由里絵アナの夫(旦那)や子供は?高校や身長情報は?【元MBS】

スポンサーリンク

 

今回は、アミューズに所属する豊崎由里絵(とよさきゆりえ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

豊崎アナは、元大阪のMBS毎日放送アナウンサー。人気番組『明石家電視台』、『ちちんぷいぷい』のほか、全国放送のバラエティー番組『プレバト!!』のアシスタントなどを担当しています。

 

その品のある清楚なルックスで、同局きっての人気女子アナでしたが、2019年10月末に自身の結婚・出産を機に同局を退社。2020年2月からフリーアナウンサーとして活動することを報告しています。

 

豊崎由里絵プロフィール
愛称ゆみみ
出身地兵庫県明石市
生年月日 1988年5月9日(32歳)
身長 160㎝
血液型 AB型
最終学歴青山学院大学社会情報学部卒業
職歴毎日放送(MBS)→フリー
活動期間2013年~
ジャンル情報・バラエティー番組
推定年収 
推定カップ Bカップ
好きな食べ物

すなべ(水炊き)、グアバジュース、アボカド

趣味

旅行、ベランダでの栽培、ゴルフ、マラソン

特技

クラリネットの演奏、手を使わずに耳をたたむ、声が遅れて聞こえるように口を動かす(いっこく堂による腹話術の真似)、タコの雄雌を見極める

出演番組(過去含む)

・『ミント』

・『明石家電視台』

・『ちちんぷいぷい』

・『プレバト!』(木)全国ネット

豊崎由里絵アナの夫(旦那)や子供は?高校や身長情報は?【元MBS】

豊崎由里絵アナウンサーの経歴。

 

豊崎由里絵アナウンサーの経歴は、兵庫県明石市出身、八王子高等学校を経て、青山学院大学社会情報学部を卒業後、2013年4月に大阪のTBS系列局であるMBS毎日放送にアナウンサーとして入社しています。

 

小学生の頃から元・NHKの久保純子(フリー)に憧れてアナウンサーを志し、大学時代にはTBSアナウンススクールでアナウンス技術を学んでいます。

 

 

また、中学時代には、吹奏楽部に所属しクラリネットを担当。卒業後には、クラリネット奏者を目指し、実家を離れ単身上京。吹奏楽の強豪校である八王子高校に進学し、寮生活を送っています。大学在学中には、アメリカのボストンへ8ヶ月間の語学留学、その際にはアラスカでオーロラを見た経験が有ります。

 

毎日放送(MBS)入社後。

 

豊崎アナは、大学時代に留学などを経験した事により同期より年齢は2歳上です。毎日放送のアナウンサーの新卒採用は、2011年入社の福島暢啓アナ以来2年振りで、2008年入社の斎藤裕美アナ(ABC斉藤真美アナの実姉、現在はフリー)以来5年振りで採用された女性アナウンサーでした。

 

入社後は、2013年7月18日にMBSラジオ『上泉雄一のええなぁ!』、11時台のラジオ『MBSニュース』にてアナウンサーとしてデビューしています。

 

 

同年8月2日には、夕方の帯番組『ちちんぷいぷい』でテレビ番組への初出演を果たしています。2013年8月5日 から8月9日にかけて『ちちんぷいぷい』で放送された「夏休み未来にご縁スペッシャル!!!」では、 毎日放送本社(大阪市北区茶屋町)前から生放送のオープニングコーナー「みんなで食べよう! 真夏のスイカ開き!」を担当し来場者から毎日先着100名に、浴衣姿でスイカを配布しています。

 

 

2年目の2014年4月9日からは、『ちちんぷいぷい』の水曜日・金曜日、5月5日から人気番組『痛快!明石家電視台』を担当します。

 

 

3年目となる2015年4月からは、産休中の松本麻衣子から「血液型ぷいぷい占い」のナレーターを引き継いだほか、全国放送のバラエティー番組『プレバト!!』のアシスタントを務めています。

 

豊崎由里絵アナの結婚相手の夫(旦那)とは?

 

2017年7月3日(当時29歳)、豊崎アナが、同局を通じてスポーツ局所属の同僚男性社員(当時31歳)と結婚した事を発表しています。

 

豊崎アナは、夫について「同じMBSで勤務している先輩社員です。お休みの日には早起きをし、ドラゴンボール(他局ですが…)を見て草野球をしに行く、男子中学生のような人です。休日にお昼まで寝ている私とは対照的ですが、一緒にいると毎日とっても楽しいです」と紹介しています。今後については「これからは今までとは違う視点で物事を捉えられるように、そしてそれを仕事にいかすことができるように、精進したいと思います。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします」と仕事は続ける予定です。

 

また、さんまに結婚報告した際のエピソードも披露。「いつも明石家電視台の収録ではさんまさんに『WOWOW見てサッカー勉強しろ』と怒られてばかりの私ですが、結婚をさんまさんに報告したときにも『WOWOWも見んと、こそこそ付き合っとったんか』と、やっぱり、怒られました。笑 でも、今回ばかりはさんまさんの表情がとても優しく笑顔で『おめでとう』ともいってくださいました」と祝福された事を綴っています。

 

5日放送の『ちちんぷいぷい』でも結婚したことを生報告。夫との馴れ初めは「会社の先輩の結婚式のビデオにアナウンサーとしてナレーションをしてほしい、と言われたのがきっかけです」と明かしています。共演者からプロポーズを問われると「寝て起きたら、指輪がはまっていて…。起きたら『結婚してください』と…」というエピソードを告白しています。

 

豊崎由里絵アナの子供は?

 

その後、2018年に第1子を懐妊したため、同年12月1日から産休に入り、2019年1月28日に第1子となる長男を出産しています。

 

そして、出産3カ月足らずの3月25日に職場復帰を果たし、同月27日のラジオ版「MBSニュース」でアナウンサーとしての活動を再開しています。

 

そして、4月4日から新番組『ミント!』の木曜日・金曜日のサブキャスターを担当しています。

 

豊崎由里絵アナのMBS退社理由は?

 

2019年9月7日、日刊スポーツが豊崎アナが同年10月31日付で、毎日放送を退社することを報じています。

 

その記事によると退社理由については、同局関係者によると、豊崎アナは妊娠、出産を経て価値観が変わり、家族のあり方、仕事との向き合い方を再考し、決断したといいます。

 

また、今後については「伝える仕事を続けていく意思はありますが、今後については何も決まっておりません」といい、子育てを優先しながらフリーアナとしても活動する意向もあるといいます。

 

豊崎由里絵アナがフリーアナウンサーに転身。

 

2020年2月18日には、自身のインスタグラムで同年2月からアミューズに所属するフリーナウンサーとして活動することを報告しています。

 

既に同月25日放送の日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』の収録に参加したといい、「昨年までお世話になった毎日放送での出会いやこれまで応援してくださった皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、また今まで通り大阪で子育てをしながら頑張っていきたいと思っています。優しく、そして時には厳しく、これからも見守っていただけるとうれしいです。今後ともどうぞよろしくお願い致します」と挨拶をしています。

 

人物・エピソードなど。

 

・高校時代は、所属していた吹奏楽部が非常に厳しく、恋愛禁止で他の女子部員の交際が発覚した時には、連帯責任で先生に謝ったことがあるほどだったといいます。ただ、以前出演したラジオ番組で大学時代に留学していた期間に交際していた男性がいたことを明かしていましたが、あまり長くは続かなかったようです。

 

・入社当初には、マスコミの取材でライバル局の朝日放送(ABC)でデビューした大野聡美アナへのコメントを求められた際、「私は関西で1番を目指しているわけでなく、全国を考えてますので、ABCの同期と張り合ってる場合じゃない!」と強気のコメントをしています。

 

・特技のひとつでもある声が遅れて聞こえるように口を動かす(いっこく堂による腹話術の真似)事を番組で披露したことがあります。

 

・マラソンが趣味であり、2009年には、ヨロンマラソンで6時間30分、嬬恋高原キャベツマラソン(ハーフマラソンの部)で2時間45分のタイムで、それぞれ完走しています。また、2012年にもホノルルマラソンで6時間30分で完走しています。入社1年目の2013年10月27日開催の『第3回大阪マラソン2013』に大学生時代のマラソン経験を買われ、先輩アナウンサーである山中真と共に出場し、4時間50分45秒で完走しています。

 

・2015年1月2日放送のMBSテレビ制作『明石家電視台お正月SP』では、明石家さんまに番組冒頭で公開説教されています。理由は、同番組は2014年末に収録した回でしたが、さんまは見学者の女性達に「放送日が1月2日なので、できれば着物を」とお願いをし、当日スタジオに来た見学者のほとんどは着物姿になりました。しかし、アシスタントである豊崎アナはノースリーブのワンピース姿で出演した為、さんまから「ホンマに着物やぞ!今日の客席を見たら!」「『できれば』と言ったのに(お客さんは)これだけ着てくれて。俺がお前やったら客席見渡して、『ディレクターさん、すいません!着物お願いします』と。素人がこんだけやる気になってねんから、『着物やっ』て着なあかんねん!」などとかなり強い口調で説教され、「すみません」と謝罪しています。

 

・その後、2018年11月5日放送回で、豊崎アナが同番組を卒業する際に、最後の挨拶で、さんまに「だれよりも気配りしてくださる方というのがよく分かってるんですけど…」とした上で「5年間担当する中で…4年半くらいはずっとさんまさんが怖くて怖くて…」と涙の告白をしています。共演者の次長課長の河本らは「怖くて泣いてる」「ほとんど怖かったんや」と騒ぎ立て、さんまは「何が怖くて怖くてやねん。こんな優しくしてるやないか、殴ったわけでもなけりゃ。なんやねん、お前。4年半怖くてって、ほんの半年やないか」と驚いています。

 

 

・その後、フリー転身後に『踊る!さんま御殿!!』でさんまと再会した際には、さんまが豊崎アナとのこれまでのエピソードを他の出演者に紹介し、「(俺の)どういうところが怖いって?」と尋ねると、豊崎アナは「も~、その目が怖いです」と答えています。

 

豊崎由里絵アナウンサーまとめ。


出典:yurietoyosaki

・中学卒業後、クラリネット奏者を目指し単身で上京している。

・アメリカのボストンへ8ヶ月間の語学留学。

・2017年7月にスポーツ局の先輩社員と結婚。

・2019年1月に長男を出産。同年10月に毎日放送を退社。

今後も豊崎由里絵アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

毎日放送(MBS)の女性アナウンサー

女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】

  1. スポーツ紙の芸能面で子育て優先のため今月いっぱいに退社することが今朝発表となりました。

  2. 10月末10に退社し、フリー転向も濃厚です。

  3. 2月1日付けでアミューズに移籍しました。
    フリーアナデビュー番組は日本テレビ系の「さんま御殿!」にて25日放送でゲスト出演いたします。