小島慶子アナの夫(旦那)や経歴や女子アナ絶滅宣言(因縁)とは?

スポンサーリンク

 

今回は、オスカープロモーションに所属する小島慶子(こじまけいこ)アナウンサーについての情報をリサーチして行きます。

 

小島慶子アナは、元TBSアナウンサー。

 

現在はフリーで活動しておりタレント、エッセイストなど、幅広く活躍しています。

 

小島慶子プロフィール
出身地オーストラリア
国籍日本
生年月日1972年7月27日(46歳)
身長172cm
血液型B(Rh+)
最終学歴学習院大学法学部政治学科卒業
所属事務所オスカープロモーション
職歴TBSアナウンサー(1995年4月~2010年6月)
キャスト・プラス(2010年7月~2013年7月)
活動期間1995年~
ジャンル報道・情報
配偶者あり
推定年収?
推定カップC
趣味

着物、乗馬、ピラティス

同期

小川知子

堀井美香

小島慶子アナウンサーの経歴。

 

小島慶子アナウンサーの経歴は、オーストラリア・パース出身、出生後は、商社勤務の父親の仕事の都合で、7歳のころはシンガポールに、8歳から9歳のころは中国返還前の香港で過ごしています。

 

帰国後は、日野市立三沢台小学校、学習院女子中等科・高等科を経て、学習院大学法学部政治学科を卒業後、1995年4月にTBSにアナウンサーとして入社しています。

 

中学・高校時代は、21時以降はテレビ厳禁にされていたためラジオ番組『三宅裕司のヤングパラダイス』、オールナイトニッポン一部・二部を録音して通学中に聴いていたほどのヘビーリスナーだったといいます。

 

スポンサーリンク

TBS時代、ラジオパーソナリティとして人気を築く。

 

 

1995年の新人時代には、写真週刊誌『FLASH』(光文社刊、10月10日号)のインタビューで「若いうちはバラエティーに、将来は報道を担当したい」と述べています。

 

 

1997年11月には、番組宣伝がきっかけで『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターに抜擢されます。小島アナは、172cmの長身で、2年後輩の小倉弘子アナ(174cm)とともに「TBSのツインタワー」と称されていました。

 

 

1998年には、ラジオ番組『BATTLE TALK RADIO アクセス』の初代ナビゲーターに起用されパーソナリティとしてブレイクします。「TBSの夜の声」として活躍していました。1999年には、第36回ギャラクシー賞DJパーソナリティー部門賞を受賞しています。

 

夫は制作会社勤務のディレクターの男性。

 

28歳の時に制作会社に勤務するディレクターの男性と結婚しています。その後、30歳で長男を出産、33歳で次男を出産しています。

 

 

次男出産後、不安障害と診断されます。その原因の一つに長年の母親との複雑な関係があったといいます。(15歳の時に、実母との確執から過食嘔吐を繰り返し、摂食障害を経験)

 

育休明けには、『ニュースフロント』『時事放談』など主に報道番組を担当。

 

2009年3月には『小島慶子キラ☆キラ』のメインパーソナリティーに就任。独自の世界観を確立しています。また、月曜レギュラーのビビる大木がプロレスの事を語った際、同姓であるプロレスラー小島聡に興味を抱きファンになりました。

 

TBSを退社してフリーアナウンサーへ。

 

小島アナは、退社10年前からフリー転向を意識しており、幅広い分野で自らの可能性を追いたいと周囲に漏らしていたといいます。

 

その後、小島アナのTBS退社が報じられ、2010年4月28日の自身の番組内でこの報道を認め、6月30日をもってTBSを退社する事を発表。TBSの子会社であるキャスト・プラス所属となり、フリーアナウンサーとして活動開始しています。

 

 

フリー転向後の2010年10月には『週刊プレイボーイ』などで38歳で水着グラビアに挑戦。自身の水着姿披露については、子供と一緒にプールや海へ行く時に着ているので特に抵抗はなかったと述べています。

 

夫に退職を告げられる。

 

2013年の初めころに、夫から「じつは、会社を辞めようかと思う」と告げられ、自身がTBSを退職しフリーになった経験から、「やめてみたら」と夫を支持。後に退職しています。

 

2013年4月、『小島慶子のオールナイトニッポンGOLD』のパーソナリティに就任。自分がよく聴いていたオールナイトニッポンのパーソナリティの一人になれたことについて「自分がよく聴いていた時間帯でやれることはとても感慨深いし、うれしい。凄く光栄」と述べています。

 

2013年8月1日には、キャスト・プラスからオスカープロモーションに移籍しています。

 

オーストラリア・パースに家族で移住。

 

2014年2月には、夫が25年間務めた制作会社を退職したのを機に、自身の生まれ故郷であるオースラリアのパースに家族で移住しています。そして、小島アナが「一家の大黒柱」となり、仕事のために日本とオーストラリアを往復する生活が始まりました。

 

 

バラエティ番組などで活躍する傍ら、2015年3月には朝日新聞社の従軍慰安婦報道の一部記事取り消しなど一連の問題を受けた改革策として4月に新設するパブリックエディター(PE)に就任しています。

 

ほかのエピソードなど。

 

・家族構成は両親と年齢の離れた姉との4人家族。

 

・新人時代、先輩の吉川美代子に発声練習を指導されていた時に、講義そっちのけで暑中見舞いを書いており激怒されたことがある。後に「今ならやらない。当時は美代子の怖さを知らなかった」と語っている。

 

・2012年4月、TBS系トークバラエティ番組『ゴロウ・デラックス』にて、作家の伊集院静氏がゲストとして出演した際、「女は鮨屋に入るな」「グリーン車で騒ぐ子供を注意しないのはおかしい。叩いてやったよ」などと伊集院が持論を語っていたところ、小島アナが冗談めかして「もううるさいなぁ~」とコメント。しかし、伊集院は「女からうるさいなんて言われた事は一度もない」「うちのおやじが見てたらシメろって言う」と怒り出し、番組を途中で退席してしまった。

 

 

・2016年8月29日放送のTBS系『7時にあいましょう女のイザコザ解決2時間SP』にて、共演者の神田愛花から「断トツ、世間様から嫌われてます」と小島アナがネットで「ヒステリー」などと叩かれている事を伝えられた。エゴサーチをしない小島アナは、この時初めて知ったといい「今、すごいショック…」とかなり落ち込んだ。さらに神田は「渋谷(NHK)でも聞こえてきました。スタッフさんからもいろいろ言われてるみたいで…。番組の方向性とか意見を言われてて…」とNHK勤務だった神田の耳にも入ってきた事を伝えた。

 

・2017年4月23日、自身のツイッターにて、ヤフーニュースに掲載された2017年4月19日放送のテレビ朝日系『マツコ&有吉かりそめ天国』での久保田直子(テレビ朝日)のカラコン着用についてマツコ・デラックスが、批判した記事に対し「え?!誰がカラコン入れようと勝手じゃない?年齢がどうとか、ただの嫌がらせじゃない?ドン引き…」と批判ともとれるツイート。ネットニュースになるなど話題となった。

 

・「女子アナ絶滅宣言」を唱えている。2019年2月、日刊サイゾーがNHKの副島萌生アナを取り上げた記事を掲載したところ、自身のツイッターで「もういい加減、こういう記事はほんとにやめてほしい。副島アナが実力ではなく性的魅力で評価されているという書き方が失礼だし、女性の身体に対する敬意も感じられない。こういう記事は女性アナウンサーに対する偏見を助長するだけ。30年前に発明された「女子アナ」って呼称、もういい加減絶滅しろ。」と怒りのツイートをした。

 

このツイートは大きな反響を呼び2019年3月22日放送のTBS『今夜解禁!ザ・因縁』では、小島アナの「女子アナ絶滅宣言」に異論を唱える現役フリーアナウンサー達(小野木梨衣、田中めぐみ、薄井しお里)と「女子アナ」という言葉をめぐって激突した。

 

小島慶子アナウンサーまとめ。

2016-10-13_013639
出典:@account_kkojima

・小倉知子アナとTBSのツインタワーと呼ばれていた。

・エッセイスト、ラジオパーソナリティとして独自路線で活躍。

・作家の伊集院静を激怒させる。

 

今後も一家の大黒柱として活躍している小島慶子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『小島慶子オフィシャルブログ』

関連記事
【TBS】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】
株式会社TBSテレビ(ティービーエステレビ、英: Tokyo Broadcasting System Television, Inc.)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者です。 ネッ...
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。 セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。...