.

杉浦圭子アナの結婚相手の夫(旦那)や子供や身長は?【NHK】

この記事は約 6 分で読むことができます。

2018年4月13日

2015-08-07_140937

今回は、NHKに所属する杉浦圭子(すぎうらけいこ)アナウンサーについての情報をリサーチして行きます。

 

杉浦圭子アナウンサーは、1981年入局のベテランアナウンサー。現在は、管理職であるエグゼクティブアナウンサーとして活動。

 

品のある佇まいと美しさは歴代のNHKの女性アナウンサーの中でもトップクラスと評され、近年では『連続テレビ小説あさが来た』の語りでも視聴者から高評価を得ています。

 

杉浦圭子プロフィール
旧姓 清水圭子
出身地 広島県広島市安佐南区八木
生年月日 1958年11月20日(59歳)
身長 170cm
血液型 ?型
最終学歴 早稲田大学第一文学部国文学科卒業
勤務局 NHK大阪放送局
部署 編成部アナウンスルーム
職歴 東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→
広島→東京アナウンス室→広島→大阪→広島
活動期間 1981年~
ジャンル 報道・情報・教育番組など
推定年収 ?
推定カップ Cカップ
好きなこと

広島東洋カープの大ファン

趣味、特技

宝塚観劇、歩くこと、「一人ベルばら」、さ迷い歩き

座右の銘

「まっすぐまっすぐ 愚直」被爆語り部・沼田鈴子さんに頂いた言葉

モットー

核兵器廃絶。一人一人が大切にされる社会になるよう発信し続けること。

自慢なこと

50歳を過ぎても、お腹が出ていないこと

同期

中村幸子(旧姓:岩本)(退職)

担当番組(過去含む)

・『ひるまえ直送便』

・『すてきにハンドメイド』

・『きょうの料理』ナレーション・朗読など

杉浦圭子アナウンサーの経歴。

杉浦圭子アナウンサーの経歴は、広島県広島市安佐南区八木出身、広島女学院中学校、高等学校を経て、早稲田大学第一文学部国文学科を卒業後、1981年にNHKにアナウンサーとして入局しています。

 

小学校から大学まで放送部に所属。大学時代の放送研究会の同期には、元フジテレビの山中秀樹がおり、後に杉浦圭子アナが『7時のニュース』を担当した際には、他局の山中から厳しいアドバイスを度々もらっていたといいます。

2015-08-07_141807
出典:http://axia47.blogspot.jp/

大学時代には、『週刊朝日』(1980年11月14日号)の表紙に、巫女姿で掲載されたことがあります。また、『週刊読売』ではカラーグラビアで掲載されたことがあります。

 

NHK入局後は、様々なジャンルの番組を幅広く担当。1986年9月から1988年3月までの期間には『NHKニュース』 (午後7時)のメインキャスターを松平定知と務めています。並行して1987年からは、週刊誌『サンデー毎日』(毎日新聞)誌面上にて、コラム『杉浦圭子のステーション・ブレイク』を3年間連載しています。

 

報道番組から歌謡番組路線へ。

 

『NHKニュース』卒業後の1988年4月からは、歌番組などを担当しています。『歌謡パレード’88』、後継番組『歌謡パレード』の司会を延べ3年間務めています。中でも、1988年大晦日に行われた『第39回NHK紅白歌合戦』では、女性アナウンサーとして初の総合司会を務めています。

 

『NHK紅白歌合戦』で総合司会を務めた女性アナウンサー
第39回 1988 杉浦圭子
第44回 1993 森田美由紀
第46回、第47回 1995 – 1996 草野満代
第54回 2003 武内陶子
第57回 2006 黒崎めぐみ
第58回 2007 住吉美紀
第59回 2008 小野文恵
第63回、第63回、第63回 2012 – 2014 有働由美子

 

1991年夏より、地元である広島放送局に異動し、『広島630ニュース』のキャスター、『ニュースポートひろしま』のキャスターを歴任。

 

1995年夏からは、東京アナウンス室に復帰し、8月から夕方に放送されていたローカルニュース番組『イブニングネットワーク首都圏』、後継番組である『首都圏ネットワーク』のメインキャスターを約3年間務めています。

 

その後は、『教育トゥデイ』、『少年少女プロジェクト特集』などの教育番組を担当。1998年10月からは平日朝の生活情報番組『生活ほっとモーニング』の司会を2005年3月まで約7年間担当しています。また、2005年には放送人グランプリ特別賞を受賞しています。

 

2007年夏からは、2度目の広島放送局勤務。2012年4月からは『おはようちゅうごく』のキャスターを1年間務めています。2013年春より、2度目の大阪放送局勤務となり『すてきにハンドメイド』、『きょうの料理』や『連続テレビ小説あさが来た』のナレーションなどを担当しています。

 

2018年春から3度目の広島放送局勤務となり、4月から『ひるまえ直送便』に出演します。

 

一方では、広島出身で自身も被爆2世であることから、平和への思いは強く、被爆者、平和活動のグループなどに積極的に取材活動をしています。

 

杉浦圭子アナウンサーの結婚相手の夫(旦那)や子供について。

 

杉浦圭子アナには、1998年にNHKの報道ディレクターである高木徹氏と結婚したとの情報があります。しかし、視聴者からは杉浦アナは旧姓が「清水」という苗字なので、つじつまが合わない為、「この情報は間違いではないのか?」といった声もあります。(年齢は杉浦圭子アナが7つ上)

 

高木徹氏は、1965年7月1日生まれの52歳。東京大学文学部第三類(現言語文化学科現代文芸論専修課程)を経て、1990年にNHKに入局しています。2002年には『ドキュメント戦争広告代理店――情報操作とボスニア紛争』(講談社)などの著書も発表しています。

 

高木徹氏インタビュー:UT-Life(外部リンク)

 

当時の『フライデー』か『フラッシュ』では、披露宴の写真が掲載され、夫は「こんな綺麗な人がボクの嫁に来てくれるなんて」とはしゃいでいたといい、数年後のインタビューでは「あの方が居るから頑張れる」などとコメントをしています。また、2016年3月時点で21歳になる娘がいます。

 

杉浦圭子アナウンサーまとめ 。

 

・紅白歌合戦では女性アナでは初の総合司会を務めた。

・NHKディレクターの高木徹氏と結婚。

今後も杉浦圭子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式

『NHKアナウンスルーム:杉浦圭子』

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む)(情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子 元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子 エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学文学部卒業(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子チーフアナウンサー(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪→広島)   1982年入局 ・渡邊あゆみ エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学教養学部卒業(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀 エグゼクティブアナウンサー(局次長級)。(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)アナウンス担当副部長   1988年入局
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。随時更新していきます。   平成30年度(2018)春に異動となった女性アナウンサー ・林田理沙(長崎→福岡→東京アナウンス室) ・副島萌生(大分→名古屋→東京アナウンス室)  ・柴田祐規子(岡山→東京アナウンス室→横浜→ラジオセンター→静岡→東京アナウンス室) ・安部みちこ(徳島→東京アナウンス室→松山→東京アナウンス室) ・庭木櫻子(徳島→福岡) ・佐々木彩(東京アナウンス室→名古屋) ・村上由利子(山口→盛岡→東京アナウンス室→盛岡→ラジオセンター→名古屋) ・杉浦圭子(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪→広島) ・森下絵理香(福井→仙台) ・佐藤あゆみ(沖縄→静岡)   番組担当変更 2018年2月21日発表 出典:http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2018/02/003_2.pdf   こちらの公式PDFによりますと、担当番組の出演者が変更になった番組は以下の通り。   担当変更のみ【★は新番組】 『NHKニュースおはよう日本』(平日) (平日)5:00~08:00 (5・6時台)近江友里恵→林田理沙、赤木野々花→保里小百合、(スポーツ)上原光紀→酒匂飛翔、(気象)酒井千佳→山神明理 『あさイチ』 (平日)8:15~9:55 有働由美子→近江友里恵 『ごごナマ』 (平日)13:05~16:00 池田伸子→安部みちこ 『ニュースウォッチ9』 (平日)21:00~22:00 (リポーター)保里小百合→上原光紀 ★『NET BUZZ』 (木)後11:55~翌0:55 杉浦友紀 ★『チコちゃんに叱られる!』 (金)19:57~20:42 塚原愛 『ブラタモリ』 (土)19:30~20:15 近江友里恵→林田理沙 『所さん!大変ですよ』 (木)20:15~20:43 久保田祐佳(復帰) ★『週刊まるわかりニュース』 (土)9:00~9:30 えがわさゆり(契約)、渡辺蘭(気象予報士) 『サタデースポーツ、サンデースポーツ2020』 (土、日)21:50~ 杉浦友紀→副島萌生
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す