日テレ系女子アナファッションセンス対決で財津ひろみアナが優勝

スポンサーリンク

 

2020年6月18日放送の日本テレビ系『ヒルナンデス!』では、「日テレ系女子アナガチンコファッション対決!」を放送。

 

札幌テレビの大家彩香アナ、秋田放送の佐藤有希アナ、日本テレビの滝菜月アナ、福岡放送の財津ひろみアナが全身私服コーデでガチンコ勝負をした。

 



日テレ系女子アナファッションセンス対決で財津ひろみアナが優勝

 

今回は、日テレ系列女子アナ達がリモートで初参戦。ランキングを決めるのは女性ファッション誌『with』などで活躍する人気スタイリストのひるいちかさん。MCはサバンナの高橋茂雄

 

 

まず1人目は、札幌テレビ放送入社9年目の大家彩香(おおいえあやか)アナウンサー。

 

 

情報番組のMCやバラエティー番組で活躍。

 

 

また、涙もろい一面があるという。

 

 

続いて、2人目は、福岡放送入社15年目の財津ひろみ(ざいつひろみ)アナウンサー。今回の中では最年長となる。

 

 

財津アナは、絵を描くことが得意。この日は南原の似顔絵を披露した。南原は「アイコンに使いたいくらい」と喜んだ。

 

 

3人目は、秋田放送入社7年目の佐藤有希(さとうゆき)アナウンサー。

 

 

佐藤アナは報道番組でキャスターをしているが、飲み会の席では盛り上げ役で芸達者。

 

 

 

そして、最後は日本テレビ入社5年目で『ヒルナンデス』のMCを担当している滝菜月(たきなつき)アナウンサー。

 

 

滝アナの特技はラップで、この日はファッションのテーマのラップをノリノリで披露。

 

 

最後はドヤ顔で決めた。

 

 

今回のテーマは、「夏のお散歩デートコーデ」でポイントは「女性らしさと歩きやすさ」。

 

 

財津アナは服にあまり興味はないが、私服でのロケが多いため、仕事のためにしょうがなく服を買っているという。

 

 

テレビ映えするから原色が多いという。

 

 

また、ベテランアナとしてのこだわりは、ラーメンロケの時には「湯気がよく見えるから」という理由で黒のトップスを着ているという。

 

 

今回の作戦は「夏を象徴させるような素材感で行きたい」と語った。

 

 

続いては、佐藤アナ。

 

 

他の参加者達は、東京、福岡、札幌の大都市なので、「地方の秋田を背負ってるので何としてもてっぺんをとりたい」と意気込みを語った。

 

 

そんな佐藤アナの秋田でのお散歩デートの思い出は、田沢湖の周辺を歩いたことだと話した。

 

 

また、テレビ出演は全て私服だといい、「テレビにも出られるようなブラウスとかワンピースが多い」と話した。

 

 

そのため服選びが大変。そこで考えたのが『スッキリ』の水卜アナの衣装を丸パクリ。8時になると水卜アナの衣装をチェックして通販で購入しているという。

 

 

大家アナに夏のお散歩デートのイメージを聞くと「テレビ塔で待ち合わせをして、1週間あったできごとを話しながら植物を見て公園内を歩くちょっとつかれたら噴水の周りに腰掛けてソフトクリームを食べながら楽しいことを話す」と笑顔で答えた。

 

 

 

そんな大家アナは、服を選ぶ際には迷ったら母親に聞くといい、母親からのGOサインがないと買わないという。

 

 

続いて滝アナの私服を紹介。

 

 

「アナウンス部を背負って1位をとたなければならない」と意気込みを語った。

 

 

私服について滝アナは「シンプルなものばかり」と話す。

 

 

夏のお散歩デートのイメージを聞かれると「吉祥寺の井の頭公園にすごく憧れてます。ボートを漕いでいるイメージでコーディネートを考えたいと思います」と語った。

 

 

滝アナは『ヒルナンデス!』の各曜日のファッションコーナーに出演しており、知識だけは誰よりも豊富か?

 

 

さらに強力なファッションアドバイザーがいる。それは南原だといい「シルバーの靴を持っていると便利だよ」と言われたので購入したと明かした。

 

 

それぞれコーデを終え、いよいよランキングを発表。

 

 

ランキングを決めたひるいさんは「1位と2位はデートらしさ、夏らしさをうまく取り入れている。ちょっと離れて3位、結構離れて4位って感じ」と感想。

 

 

まずは、ちょっとダサいと判定される3位から発表される。

 

 

第3位は大家アナが選ばれた。

 

 

コーデのポイントは「ゆるデニム、ウエッジソールで歩きやすさ重視」。

 

 

「フリル、リボンで女性らしさをアップ」。

 

 

ひるいさんは「普段甘い服を着る人が陥りがちな失敗コーデが入っている。それはフリルブラウス、リボン、大きめのロールアップ。全体的に甘ディテール。少女っぽすぎる」と感想。

 

 

ワンポイントアドバイスとしては「女性らしいフリルのブラウスは生かしてデニムをシンプルな細身のものに変えた方が、スタイルアップして、男性ウケがよくなる」と述べた。

 

 

続いて、ちょっとおしゃれな第2位を発表。

 

 

第2位には、滝アナが選ばれた。自信満々だったが惜しくも2位。

 

 

コーデのポイントは、お散歩なので日差しを気にしてキャップを被り、デート意識でスポーティーだけどかわいらしいキャップを選択。

 

 

ポイントは、愛車のバイクと同じシリーズのTシャツだといい、「話題に困ったときにさりげなく誘導できる」と語った。

 

 

ひるいさんは「デートは目を見て話すので上半身のコーデが大切。スポーティーなキャップ、ハードなロゴTシャツはボーイッシュに見えてしまう」と感想。

 

 

「スカートが女性らしくてデザインがかわいいので、トップスをスカートの色味と合わせたベージュのシンプルな無地Tシャツに変えたら良かったかなと思います」とアドバイス。

 

 

残るは1位と最下位。

 

 

第1位は財津アナが選ばれた。

 

 

一方、最下位に選ばれた佐藤アナは「ダサウンサー」に認定。

 

 

ひるいさんは「Tシャツさえブラウスに変えれば仕事にいけちゃうような。アイテム選びに工夫がなさ過ぎたので、そこが残念なポイントですね」と感想。