.

内田恭子の旦那の木本公敏氏との馴れ初めや子供や自宅について

この記事は約 7 分で読むことができます。

2017年12月26日

2014-12-06_011516

フジテレビの看板アナウンサーとして活躍していた内田恭子(うちだ きょうこ)アナウンサー。

 

現在は、フリーアナウンサーとして2児の子供を育てながら仕事にも精を出しています。

 

内田アナの結婚相手の夫である木本公敏氏についての情報や最近の不人気、大河ドラマ『軍事勘兵衛』に出演した件などについてまとめました。

 

内田恭子プロフィール
本名 木本恭子
愛称 ウッチー
出身地 ドイツ・デュッセルドルフで生まれ、
神奈川県横浜市で育つ
生年月日 1976年6月9日(42歳)
身長 163cm
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学商学部卒業
職歴 元フジテレビアナウンサー(1999年~2006年)
所属事務所 HADES
活動期間 1999年~
推定年収
推定カップ Dカップ
趣味

本屋めぐり・ピアノ・愛犬と遊ぶこと・読書

好きな食べ物

チョコレート・お漬物

好きな本

風と共に去りぬ・ジェーン・エア

同期

・大橋マキ(フリー)

・長谷川豊(フリー)

出演番組(過去を含む)

・テレビ東京系『未来世紀ジパング』MC

・BSフジ『内田恭子のBeautiful Life~美女の流儀~』

内田恭子アナウンサーの経歴


(高校時代)

 

内田恭子アナウンサーの経歴は、父親が当時仕事の都合で在住していた旧西ドイツ・デュッセルドルフ生まれ。2歳の時に帰国。その後、小学5年生から高校2年生までの期間には、アメリカ・シカゴで生活。ワルデン小学校(Walden Elementary School)を卒業。イリノイ州デアーフィールド高等学校から神奈川県立外語短期大学付属高等学校を経て、慶應義塾大学商学部を卒業後、1999年にフジテレビにアナウンサーとして入社しています。

 

兄弟は兄がいます。名前は、生まれた当初「杏子」にする予定でしたが、「杏」が当時人名用漢字の中に入っていなかったため「恭子」となったといいます。

 

出生はドイツですが、2歳の時に帰国したためにドイツ語はまったく話せないそうです。

 

シカゴ双葉会日本語学校(補習校)の同期生には、TBSの豊田綾乃、元日本テレビの小野寺麻衣がいます。

 

就職活動時に知り合った、元TBSの海保知里、テレビ東京の水原恵理とは、仲がよく今でも交友があるようです。

 

内田恭子アナウンサーのフジテレビ時代

 

フジテレビ入社後は、『FNNスーパーニュース』のフィールドキャスター、『笑っていいとも!』のテレフォンアナウンサーなどを担当しています。

 

2001年4月からはスポーツ情報番組『すぽると!』、スポーツバラエティ番組『ジャンクSPORTS』にMCとしてレギュラー出演。その癒し系のルックスから「ウッチー」の愛称で親しまれ、フジテレビの看板アナウンサーとして活躍しています。

 

2002年には、『第18回FNSアナウンス大賞新人部門部門賞』を受賞しています。

 

内田恭子アナの結婚相手の夫・木本公敏氏との馴れ初めについて

内田アナは、2003年春から交際していた吉本興業に勤務する3歳年上の木本公敏(きもと きみとし)氏と2006年1月10日に婚約。同年3月31日にはフジテレビを退社。同年7月に結婚しています。以降、フジテレビを退職しフリーアナウンサーに転身しています。

 

夫の木本公敏氏の経歴は、関西学院大学商学部出身、吉本興業に入社。入社後には、ダウンタウン・浜田雅功のマネージャーを担当していことがあり、学生時代には、アメフトの選手として活躍した身長180cm、体重75kgのがっちりしたスポーツマンタイプの男性です。

 

2人が出会ったのは、2000年頃、『ジャンクSPORT』で、浜田と共演していた頃で、内田アナの方が本木氏に一目惚れ。1年位は特に何も進展はありませんでしたが、その後、内田アナと同期の飲み会の席に木本氏が現れ、隣同士の席に座ったことで急接近、本格的に交際がスタートしたのは2003年の春でした。その後も交際は順調に続き、2006年1月頃に木本氏からプロポーズをされ承諾しています。

 

結婚当時には、週刊誌に内田アナは年収1500万円、木本氏の方は700万円と推測されており、この2人の収入差に「格差婚」などと言われていました。

 

しかし、木本氏は、2012年6月20日の吉本興業の株主総会と取締役会で役員人事の発表で吉本興業の子会社である『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』の執行役員取締役に38歳という若さで抜擢。将来の社長候補とも噂され、年収も当時の3倍(約2000万円)になったとも言われています。

 

フリーでの活動や子供について

 

2006年にフジテレビ退職後も引き続き『ジャンクSPORTS』、『タモリのジャポニカロゴス』に出演。4月よりトークバラエティ番組『グータンヌーボ』(関西テレビ制作)に司会としてレギュラー出演しています。

 

 

著書も複数出版しており、2007年12月20日『内田恭子のやさしいおもてなし』(ワニブックス)、2008年6月27日『チョコレートと犬とベッド』(幻冬舎)、2009年12月4日『スッピンピンノココロ』(エフエム東京)などをリリースしています。

 

その後、2010年4月12日に第1子となる男児を出産。2013年1月10日には、第2子となる2830gの男児を出産しています。

 

現在は、東京都にある高級住宅地・広尾に3階建てで、土地代も合わせると、推定1億8千万円の豪邸を建て、子供たちも「幼稚園御三家」と呼ばれているうちの1つである若葉会幼稚園に通っていると言われています。

 

2014年には、ベストマザー賞を受賞しています。

 

 

2017年10月10日からは、BSフジで冠番組『内田恭子のBeautiful Life~美女の流儀~』が放送されています。同年12月18日よりテレビ東京系経済報道番組『未来世紀ジパング』にタレント・SHELLYの後任として新MCに就任しています。

 

内田恭子アナは最近人気が急落!?

 

そんな内田アナですが、以前は人気アナウンサーとして活躍していたものの、最近ではあまりテレビでその姿が見られなくなりました。

 

結婚し、出産を経て、家庭を優先にしているのでしょうが、業界の一部では、内田アナに対して実は「干された」という噂もあります。

 

内田アナは、ブランド志向が強く、身に着ける物もほとんどがブランド品で、子供をあやすガラガラにもクロムハーツの10万円近くする高級品を使用しているといいます。

 

テレビ番組で、自宅を公開したときにも自宅内は高級品に埋め尽くされ、視聴者から反感を買ってしまったようです。

 

さらに、子育てと仕事のスケジュールの兼ね合いもあり、代わる代わる新しいタレントがブレイクしていく芸能界の中では、生き残るのは並大抵のことではありません。

 

内田恭子が大河ドラマに出演

 

2014年7月14日には、内田アナが大河ドラマ『軍事勘兵衛』に、織田信長の妹である”お市の方”役で出演しています

 

戦国一の美貌を持ちながらも悲劇の運命にあった女性の役で、内田アナは「何でだろう。いいのかな、私で。えらいところに来てしまった。」と、少し不安な様子でした。

 

内田アナの出演に対し、ネットでは「何でこの人なの?」と、放送前からあまり好感触ではありませんでした。今回が、時代劇ドラマ初挑戦ということもあり、「初挑戦の人がNHKの大河ドラマ出るのはおかしい」という厳しい声もありました。

 

結局、内田アナが出演したのは、2014年8月3日放送の1話のみで、セリフもない役柄でしたが、それでも放送後には、厳しい視聴者から「女優に向かない」と酷評でした。

 

内田恭子アナウンサーまとめ


出典:kyoko.uchida.official

・海外生活が長い帰国子女。

・フジテレビ時代は看板アナウンサーとして活躍した。

・吉本興業役員の木本公敏氏と結婚。2児の母親

今後も内田恭子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『内田恭子オフィシャルブログ「Dear Diary,」』

関連記事
【フジテレビ】女性アナウンサー名鑑【一覧】
  株式会社フジテレビジョン(Fuji Television Network, Inc.)は、関東広域圏を放送対象地域とするテレビジョン放送の特定地上基幹放送事業者です。略称はCX。   通称はフジテレビ、フジ。FNNフジニュースネットワーク、FNSフジネットワーク(フジテレビ系列)のキー局にあたります。   フジテレビ公式サイト ⇒女性アナウンサープロフィール フジテレビ女性アナウンサー名鑑【一覧】(退職者も含む) 1977年入社 ・益田由美(2015年2月28日で定年退職):誕生日:2月11日:出身地:東京都:出身大学:早稲田大学:血液型:B型 ・城ヶ崎祐子(1997年退社) ・桜井郁子(2014年5月退社)   1983年入社 ・松尾紀子(2015年7月31日退職):誕生日:9月5日:出身地:東京都:出身大学:慶應義塾大学:血液型O型 ・筒井櫻子(?) ・牛尾奈緒美(明治大学情報コミュニケーション学部教授)   1985年入社 ・長野智子(1990年退社、古舘プロジェクト)   1986年入社 ・阿部知代:誕生日:7月23日:出身地:群馬県桐生市:出身大学:上智大学:血液型O型 ・岩瀬惠子(現:フリー)   1987年入社 ・中井美穂(現・フリー) ・青木美枝(1987年 – 1996年、経理局財務部謝金担当)   1988年入社 ・有賀さつき(現:フリー) ・河野景子(現:フリー) ・八木亜希子(フォニックス)   1989年入社 ・佐藤里佳:誕生日:1月14日:出身地:神奈川県:出身大学:フェリス女学院大学:血液型:A型 ・木幡美子(現:CSR推進室) ・田代尚子(フジテレビ国際開発局国際部所属の社員)   1991年入社 ・近藤サト(ベルベットオフィス所属) ・中村江里子   1992年入社 ・西山喜久恵:誕生日:6月22日:出身地:広島県尾道市:出身大学:上智大学:血液型AB型 ・小島奈津子(フォニックス所属)   1993年ニッポン放送入社2006年にフジテレビに転職 ・川野良子:誕生日:6月14日:出身地:神奈川県:出身大学:法政大学:血液型O型   1994年入社
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
  フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。   セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。   今後も随時更新していきます。(リポーターやお天気キャスターとして出演していた者も記述)   女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】 セント・フォース、フォニックス所属の女性アナウンサーはこちらから https://joseiana.com/cent-force https://joseiana.com/phonics 事務所移籍など情報が古い場合もあります。   NHK契約キャスター(過去も含む) ・国谷裕子(元クローズアップ現代司会) ・遠藤育美(シブ5時) ・駒村多恵「あさイチ」(三桂) ・久田直子「きょうの健康」 ・岩渕梢「くらし☆解説」(ライムライト) ・小林恵子(ライムライト) ・村上文香(NHK大津、元NMB48メンバー)   『ひるまえほっと』首都圏放送(2017年4月7日現在) ・安部香央里 ・高橋温美 ・勝田真季 ・小村弥生 ・島 紗理 ・清水明花 ・竹澤知位子 ・西村美月 ・本庄美奈子 ・松尾衣里子 ・宮澤結花 ・八木菜月 卒業 ・菊池真帆 ・高松祥子 ・中嶋 梓 ・角宮英里 ・田中里香 ・藤田悦子 ・井上朋子 ・菅野真美恵   NHKBS1『BSニュース』 ・長谷川静香(2017年4月1日~) ・竹村優香(2017年2月1日~) ・山住悠(2016年3月29日~) ・高嶋未希(2016年3月30日~) ・杉本麻紀(2014年4月1日~) ・上代真希(2012年4月3日~) ・實石あづさ (2013年4月~2016年8月23日、2017年復帰) 卒業 ・白石理央(2016年8月24日~2017年3月) ・工藤紋子(2013年4月1日~2017年3月31日) ・井上真帆 (2014年1月13日~2017年1月29日) ・滝本沙奈(2014年4月2日 ~2016年3月18日) ・堤真由美(2011年5月~2016年3月29日)   NHK大阪 ・塩見泰子 芸能プロダクション所属 オールウェーブ・アソシエツ
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください