薄井しお里アナが週刊ポストで水着グラビアデビュー (元東北放送)

スポンサーリンク

今回は、芸能プロダクションリップに所属する薄井しお里(うすいしおり)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

薄井しお里アナウンサーは、元東北放送(TBC)アナウンサー。2018ミス・ユニバース・ジャパン茨城大会でグランプリを獲得している美女。2018年からはグラビア界に挑戦し、9月10日発売の『週刊ポスト』でグラビアデビューをしています。

 

薄井しお里プロフィール
愛称うすしお、うっさん
出身地茨城県日立市
生年月日1990年5月28日(28歳)
身長163cm
血液型A型
最終学歴法政大学キャリアデザイン学部卒業
職歴東北放送(2013年4月~?)
フリーアナウンサー(2016年~)
グラビアアイドル(2018年~)
活動期間2013年~
推定年収?万円
推定カップCカップ
趣味

激辛料理を食べること、洋裁(服を作ること) 、料理(和食が得意)

特技

ピアノ、野球のスコアを書くこと

同期

袴田彩会

担当番組(過去含む)

・『夕焼け小焼けafter4!』など

薄井しお里アナウンサーの経歴。

 

薄井しお里アナウンサーの経歴は、茨城県日立市出身、茨城県立日立第二高等学校を経て、法政大学キャリアデザイン学部を卒業後、2013年4月に宮城県仙台市にあるTBS系列局である東北放送(TBC)にアナウンサーとして入社しています。

 

入社後は、主に夕方の報道番組『Nスタみやぎ』を担当。しかし、2年目の2014年4月あたりから突如番組に出演しなくなり、ネットで話題になります。

 

その後、2015年6月22日以降、東北放送公式サイトのアナウンサーページからプロフィールが削除され、退職したことが判明しています。

 

東北放送退職後は、主に地元茨城県でフリーアナウンサーとして活動し、2016年4月頃?から日立市にあるケーブルテレビJWAY(ジェイウェイ)でリポーター、FMひたちの番組でパーソナリティーなどをしています。

 

その一方では、ミスコンにも挑戦し『2017ミス・ユニバース・ジャパン茨城大会』で準グランプリを獲得。2018にも同大会に再び出場し、2017年12月10日に行われた茨城大会決勝グランプリを獲得。茨城県代表として全国大会に出場しています。

 

2018年からはグラビア界に挑戦。大型新人を発掘する『サンスポ55クイーンオーディション』に一般エントリーで出場し、本戦に進出しています。(審査期間は、9月22日~10月28日)

 

2018年9月10日発売の『週刊ポスト』(9/21・28号)で初ビキニ姿でグラビアデビューしています。

 

人物、エピソードなど。

 

・5歳からピアノを18歳まで続け耳コピが出来る。高校3年間は、声楽も学んでおり、イタリアやドイツの歌曲を歌っていた。

 

・小学生の頃からグラビアアイドルに憧れていたが、胸が小さかったので諦めていた。しかし、大学生になって急に大きくなったという。

 

・高校生時代は放送部に所属。2年生の時に『全国高等学校総合文化祭』朗読部門で優勝。2008年7月の『第55回NHK杯全国高校放送コンテスト』朗読部門で準優勝。高校を卒業したばかりの2009年3月21日に行われた『第81回選抜高等学校野球大会』の開会式の入場行進の司会を担当。(開会式式典と閉会式の司会は1学年下の副島萌生(NHK)が務めている)茨城に帰ってからは同校の外部コーチを務めている。

 

・大学時代には、軟式野球チームのマネジャー、横浜FCのスタジアムの場内アナウンサー、TOKYO MX『U・LA・LA@7』、FMひたちの朝の番組などに出演。大学4年の2012年には、日立市の観光大使である「平成27年度さくらメイツ」を務めています。

 

・餃子を焼く事も特技の一つで、アルバイト先の社内資格の餃子の焼き士を取得した。

 

・東北放送時代には、わざと胸を押さえて小さく見せていた。

 

薄井しお里アナウンサーまとめ。

・学生時代から様々な活躍。

・元東北放送アナウンサー。

・『2018ミス・ユニバース・ジャパン茨城大会』でグランプリを獲得。

・2018年からグラビア界に進出。

今後も薄井しお里アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。 セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。...

コメント