滝川あずさの本名や経歴!アナウンサーを目指すプロレスラーの過去!

スポンサーリンク

今回は、東京女子プロレスに所属する滝川あずさ(たきがわあずさ)についての情報をリサーチしていきます。

 

滝川あずさは、アナウンサーになる為に女子プロレスラーとして活動しているという一風変わった存在で注目を集めています。

 

滝川あずさプロフィール
本名高澤梓(たかざわあずさ)
愛称あずにゃん
出身地東京都
生年月日1987年7月18日(31歳)
身長/体重161cm/47㎏
血液型O型
最終学歴白百合女子大学フランス語フランス文学科卒業
活動期間2005年~
推定年収?
推定カップBカップ
趣味

好きだったプロレスが職業になったので、これと言った趣味がないから、趣味を探すのが趣味。

特技

クラシックバレエ、Jazzダンス

モットー

・少しでも興味を持った事はすべて挑戦する

担当番組(過去含む)

・AbemaTV『DDTプロレス』

滝川あずさの経歴

 

滝川あずさの経歴は、東京都出身、幼少の頃からアナウンサーを目指していましたが就職活動で全敗。白百合女子大学フランス語フランス文学科卒業後は、ホットヨガのスタジオにインストラクターとして就職。その後、社会人としての、マナーや言葉遣いをしっかり勉強したいと思い、企業の受付に転職しています。

 

ごく普通のOLとして、普通に過ごしていましたが、ある日、夜中に放送していたバラエティ番組に、新日本プロレスの、オカダカズチカ、外道、矢野通が出演しているのをたまたま見たのがプロレスとの出会い。その番組ではプロレスのルールの説明などが放送されましたが、そこで「リングアナウンサー」という存在を知り、すぐさま「新日本プロレス」を検索。次の日に後楽園ホールで興行がある事を知り、夜中に友達に一緒に言ってくれるようにお願いをしてプロレス観戦デビューしたといいます。

 

プロレスと出会って半年もしないうちに「女子団体でリングアナウンサー、実況アナウンサーを募集している団体はないか?」と探したところ見つかったのが、現在所属している旗揚げ前のDDTのグループ団体・東京女子プロレス。

 

実況か、リングアナをやらせてもらおうと面接を受けに行ったところ「アナウンサーをやるならまずはプロレスをやってみないか?」と誘われ、「たしかに。まだルールも軽くしか知らないし、プロレスが出来るリングアナウンサー、実況アナウンサーって聞いた事ないな。競争率が高くて、激しい女の戦いの女子アナ業界で勝ち抜くには色んな意味で強くなくちゃな。その点で、プロレスが出来るってのは強みかも?よし。やるか。」と思い、同団体の練習生になります。

 

2015年9月22日に山下実優戦でデビュー。試合中にも拘らず勝手にマイクを握り、自分の試合の実況するという今までになかったパフォーマンスが得意。レスラーでありながら「東京女子プロレスNo.1アナウンサー」と自称しています。30歳を前に婚活を強さに結びつけようとする「婚勝軍」を結成。結婚情報誌『ゼクシィ』を凶器に使い相手選手を攻撃するパフォーマンスが話題となります。

 

デビュー後、約2年間、負け続けましたが2017年11月3日の新木場大会で初勝利を飾っています。現在も昼間はOLとして働きながらプロレス活動をしています。

 

フジテレビ系バラエティ番組『アウト×デラックス』に出演。

   

2016年1月28日には、フジテレビ系バラエティ番組『アウト×デラックス』に出演。「アナウンサーになるためにプロレスラーになりました」と自己紹介。しかし、出演者達からは「東京女子プロレスのアナウンサー?」という反応で、女子アナからかけ離れている立場の滝川に対し、MC・マツコ・デラックスは「多分、もう無理だと思う」とダメ出し。

しかし、滝川は「回り回って今ここにいるんですけど、ココにいる時点でだいぶ近いと思う。三田友梨佳さん(フジテレビ)とも楽屋2つくらいしか離れてなかったし。だいぶ近づいたな」と感じていると熱く語り「プロレスラーとしての活動はアナウンサーになるための就職活動の一環」だと豪語しています。

幼少の頃からアナウンサーになるのが夢で、その為には、大学も誰もが知っている有名な大学に進学しなきゃいけないと思い、白百合女子大学に進学。本格的にアナウンサーを目指し、女子アナになるには、多少は有名にならなければいけないと思い、同大学のミスコンに参加しグランプリを獲得。

数々のアナウンススクールにも通い努力を欠かさなかったと語っています。就活当時には「絶対女子アナに行けるだろう。フジテレビさん辺りだいぶ欲しいだろうと思ってた」と話しています。しかし、結果は残酷で「キー局全てに書類審査で落ちた」と明かしています。

 

同期でフジテレビに合格したのは山崎夕貴アナウンサー。彼女について「ジェラシーなんですけど、ちょっとムカつく」と発言。

マツコは滝川が落ちた要因について「ミスキャンパスの肩書もあって、白百合女子大学出てて、あの履歴書の中でさぁ、落とされる要因といったらもう写真しかないんだと思うんだよね。」と分析。続けて「それ何でだと思うあんた。凄いブスの山崎が受かって、ややブスのアンタがなんで落ちたんだろう?」 と、疑問を投げかけました。

それに対し、滝川は「(履歴書の写真を撮った)カメラマンさんですか?写真で落ちたってことは撮った人がダメだったので、多分山崎さんを撮ったカメラマンさんは上手だったのかな?」と自己分析。

さらにMC陣からの「(写真を)修正したの?」という質問に対し「修正していないですね。あっ!修正ですかね?」と、山崎が書類審査を通ったのは写真を修正していたからで、あくまでも自身の「素材」の非を認めませんでした。

 

続いて「フリーのアナウンサーは?『セント・フォース』とか?」という質問には、「受けました。学生時代に」と明かし、「今回、この放送を見て『セント・フォース』の偉い方とか、青木さん(MC・矢部浩之の妻の青木裕子)のいらっしゃる『レプロエンタテインメント』の偉い人とか、各社大手のフリーアナの事務所の方、お願いします」とカメラに向かい懇願し、勝手に就活をスタートしています。その姿を見て驚いた山里亮太は「野心が凄いわ」と感心していました。

 

その必死の姿に、マツコは「それが嫌だったんじゃない人事の人は。そんなに来られてもって言う・・・」と指摘。すると滝川は「ちょっと声が低いのも気にしてワンオクターブ高くして面接を受けた」事もあると話し「白百合女子大学から参りました。〇〇あずさです」と面接の様子を振り返りましたが、苗字のところに「ピー音」が入り、「滝川」あずさは芸名だということが発覚。本人によると「滝川」という名字は「滝川クリステルにあやかって」付けたと説明しています。

 

番組終了後当日、自身のツイッターでは「アナウンサーに相当近づいたな…」と呟いており相当手応えを感じていたようです。

 

滝川あずさの本名、タレント活動、エピソードなど

 

・本名は『高澤梓(たかざわあずさ) 』。

 

・幼い頃から人前に出る事、話す事が好きで、アナウンサーになりたいという夢を持っていた。

 

・小さい頃からクラシックバレエ、ダンスは大学生までずっと習っていた。

 

・学生時代から芸能事務所『クラウディア 』に所属しタレントとして活動。2010年から『ウエ・コーポレーション』所属となり「天野杏紀(あまのあき)」名義で活動。

 

・高校時代の2005年頃には、千葉ロッテマリーンズのチアパフォーマー『M☆splash!!』メンバーとして活動。

 

・2006、2007年には東京湾納涼船「ゆかたダンサーズ」を務めた。

 

・2006年には、AKB48チームBのオーディションに最終選考まで進むも、落選。その後、偶然街でAKBスタッフにスカウトされ、当時、AKB48劇場内にあったAKB48’sCafeでバイトしていた。

・それがきっかけで2007年3月に松田ちかことのユニット Aime(エイム)を結成 。同年8月にはインディーズCD『夏☆モード』をリリース。秋葉原を中心にライブ活動などをしていたが12月に活動休止。(2017年6月4日の東京女子プロレス新宿FACE大会にて一夜限りの復活。)

 

・2008年1月11日から日本テレビ系『Oha!4 NEWS LIVE』の大学生アシスタントを務めていた。日テレジェニック2008にエントリーしたが落選。同年には白百合女子大学ミスキャンパスグランプリに輝く。その他、金スマ赤の人、サスケ『卒業の日』PV、KDDIのCMなどにも出演した経歴を持つ。

 

・演技の勉強、グラビア(小声)なども経験した。舞台・東京ガールズシアター「Girls be ambitious!」 に出演。

 

・年齢層の若い、東京女子プロレスの中では皆から、おばさん、お母さん扱いされている。

 

・性格は繊細で細かいことは割と気にするが、すぐ忘れる。調子に乗りやすく、アツイ女だと自負している。

 

・声優の橘田いずみは、チア時代、大学の先輩にあたる。

 

・AbemaTVでDDTプロレスが月イチ・レギュラー放送されるので、「私が女子アナとして活躍する日秒読み。」と目論んでいる。

 

滝川あずさまとめ

・大学時代には、白百合女子大学ミスキャンパス。

・東京女子プロレスで選手として活動。

・キャッチフレーズは「東京女子プロレスNo.1アナウンサー」

今後も滝川あずさの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『滝川あずさオフィシャルブログ』(現在)

『天野杏紀のblog』(天野杏紀時代)

『あずblog』(高澤梓:~2010年4月)

関連記事
地方局(ローカル)に勤務する女性アナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
地方の放送局に勤務する女性アナウンサー名鑑【一覧】です。(NHK以外) 民放キー局以外にも魅力的な女性アナウンサー達がたくさんいます。 随時更新していきますが、移籍情報が古い場合もありますのでご了承下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日

TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他フリー

その他ローカル局

TOKYO MX

お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者

出身大学偏差値

身長ランキング

アンケート集

タレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍
女性アナウンサー大図鑑

コメント