(画像)今夜くらべてみましたセントフォース軍団緊急会議2021.7.7

スポンサーリンク

 

2021年7月7日放送の日本テレビ系バラエティー番組『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』では、セント・フォース所属の中田有紀神田愛花川田裕美鷲見玲奈中川絵美里谷尻萌のほか、別室でヤングセント・フォースとして後藤楽々、今井美桜、山本瑠香、高木由梨奈、刈川くるみ、三好百花、山本里咲、吉澤真彩が出演した。

 



(画像)今夜くらべてみましたセントフォース軍団緊急会議2021.7.7

 

今回は、「冬の時代を乗り越えろ!フリーアナ戦略 2021」と題して、厳しい環境だからこそ戦略を共有しフリーアナウンサーの未来を明るくしようという企画。

 

 

元NHKの神田愛花アナはラジオ力が振り切っており、紅白歌合戦のラジオを担当していた頃のエピソードを明かした。紅白歌合戦のラジオ実況はテレビ中継の裏でテレビの音声を生かしながら歌手の動き、表情、衣装を端的に伝える。衣装は曲間で紹介するので本当に大変だと話した。

 

 

神田アナは小林幸子で表現力UP。3日間寝ずに全歌手の分の実況を考えたという。

 

 

また、NHK時代のクイズ番組では、問題の間違いは最終的に発言した自分の責任になるので正解は自分で調べていたと明かした。

 

 

この普段見せない真面目な神田アナの姿に中田アナは「ちゃんとしてるんですね」とツッコみ。

 

 

神田アナは大照れだった。

 

 

ヤングセント・フォースの面々に神田アナのスゴいところを聞くと今井アナは神田アナが楽屋の水を大量に持ち帰ると答えた。

 

 

神田アナは鷲見アナと一緒にイベントのMCをした時に男性スタッフが控室にエナジードリンクを持ってきてくれたが鷲見アナのだけ大きかったことを話した。

 

 

鷲見アナはアスリートの取材について選手に近付きすぎないようにし、行ける時は出社前に空港へ行くなどし取材来てますアピールをしていると話した。

 

 

また、連絡先を聞かれたことはないが、マリナーズ4番の外国人選手から電話番号を書いたボールを渡されたことがあると話した。

 

 

中川アナは球場に入ってきた鷲見アナのあまりの美しさに取材エリアがざわつくと明かした。

 

 

『Oha!4』で13年間メインキャスターを務めた中田アナは「番組の中で笑っていいのは1回だけ」という驚きのルールを明かした。

 

 

当時の「Oha!4」の反省会に触れ、「一番最初に言われるのが『今日2回以上笑ったよね』って。ニュースの内容どうこうよりも、笑った笑わないを最初に言われる」と苦笑した。

 

 

また、自宅でも「芸人さんがたくさん出る番組を見て『これはもう全然面白くない』と思って笑わないようにしていた」と独特すぎる“自主トレ”についても告白し、今はもうお笑い番組で一切笑えなくなってしまったという。

 

 

中田アナが「お腹がよじれるほど笑ったのは学生の時くらいかな」と話すと、番組MC・フットボールアワーの後藤輝基は「大事なものを失ったんやな…」とツッコんだ。

 

 

また、過去に引っ越し先で心霊体験をした際には「ここの家賃は私が払っているんだから勝手に入ってくるんじゃない!」と理詰めで説得を試みたと話した。

 

 

川田アナは、なぜか体を張る企画が多くて一番怖かったのはベアフット水上スキーに挑戦したことと明かした。

 

 

また、ヤングセント・フォースとして後藤楽々今井美桜山本瑠香高木由梨奈刈川くるみ三好百花山本里咲吉澤真彩が中継で出演。

 

 

また、川田アナは、実は知る人ぞ知るナレーションの達人。実際にドキュメンタリーで披露したナレーションを公開。

 

 

神田アナもそのナレーション技術を絶賛。

 

 

川田アナは、コツについて「出来るだけ自分をなくして、削って…みたいな感じのことをやってました」と話した。

 

 

 

番組の最後には、「笑うことを忘れた」中田アナを「笑わせることができるか?」という主旨の特別企画を放送。中田アナがOha!4を担当した2010年前後に活躍していた芸人であるジョイマンやクールポコ。らがネタを披露した。