女性アナファッション対決(中村仁美,神田愛花,鷲見玲奈,滝菜月)

スポンサーリンク

 

2020年12月10日放送の日本テレビ系『ヒルナンデス!』では、「絶対に負けられない女性アナファッション対決」を放送。

 

今回は、元フジテレビの中村仁美アナ、元NHKの神田愛花アナ、元テレビ東京の鷲見玲奈アナに加え、ヒルナンデスMCの滝菜月アナがファッションコーデでガチンコ対決をした。

 



女性アナファッションセンスランキング(中村仁美,神田愛花,鷲見玲奈,滝菜月)

 

今回のテーマは、「クリスマスデートコーデ2020」。

 

 

コーデポイントは人混みをさけた2人きりのデート、コーデで自分らしさをアピール。

 

 

dボタンで視聴者も誰が一位になるかを予想。

 

 

今回の対決場所は「AZUL BY MOUSSY」や「RODEO CROWNS」など多くのブランドを展開するバロックジャパンリミテッドのプレスルーム。

 

 

MCはサバンナの高橋茂雄。制限時間は1時間。予算の上限はなし。優勝者は、自分の好きなヒルナンデス!のコーナーに出演できる。

 

 

今回、最年長で元フジテレビの中村仁美アナは、夫がお笑いコンビ・さまぁ~ずの大竹一樹で3人の男の子の母親。

 

 

中村アナが考える人混みを避けた2人きりのクリスマスデートは、夫と2人でシャンパンを飲むイメージ。

 

 

普段は子ども優先で選ぶ服も厳選されるそうで、まず選択できるか、白は選ばないと話した。

 

 

子供は、ひょうひょうとしているところが夫に似ていると話した。

 

 

また、中村アナは1位になったら出たいコーナーは「最近、コロナで外に出ていないので旅系、ロケ系に行きたい」と話した。

 

 

これまで数々の番組を経験してきた中村アナは滝アナの心の迷いに気づいたようで、

 

 

「滝さんには個性をだそう、本気の個性を出してくれとずっと言ってるんですよ、そしたらきっと1位の座が空くだろうなって。局アナの子は個性をだしたほうがいい。」と話した。

 

 

今回は選んだ商品に私物アイテムを必ず1つ組み合わせるというルール。滝アナのテーマとかけ離れたバイク用の革ジャンをわざと褒めていた。

 

 

中村アナが持ってきた私物はほとんどが大竹が買ってくれたもの。

 

 

また、大竹と付き合ったきっかけは、新人のとき初めてついた番組のレギュラーで、番組が半年で終わり打ち上げの時に電話番号でみんなで交換して終わった後もカラオケ行って遊んだりしたと明かしていた。

 

 

レザーのスカートと私物の大竹に買ってもらったバッグと黒のパンプスを合わせて残りのアイテムを選びコーデ決定。

 

 

続いて、今年4月からフリーで活動する鷲見玲奈アナウンサー。

 

 

新人時代は、何を着ていいかわからずにスタイリストさんから服を買い取ったりしていたと振り返った。

 

 

「特に白だと男性受けがいいし、レフ効果もある」と語り、袖がパフスリーブの白のニットワンピースを手に取り、今年のトレンドだと話す。

 

 

また、トレンドは雑誌等で知るといい、フリーになった際には全女性誌を買い、勉強したという。

 

 

今回勝利してヒルナンデスの色んなコーナーに出たいと意気込んだ。

 

 

元カレとのクリスマスプレゼントに、ネクタイをネットで調べて買ったら「なんでネットで買ってるの?手抜いてるんだろう!」と怒られて大喧嘩になったという。

 

 

その元カレからはアクセサリーボックスをもらい「物に罪はない」と気に入っていて現在も使っていると話した。

 

 

さらに別の元カレから貰ったというピンキーリングも披露した。

 

 

また、日テレの後藤晴菜アナとは就活時代からの友人で、今回の企画のためにバッグを貸りて来たという。

 

 

続いては、元NHKの神田愛花アナウンサー。夫はお笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀。

 

 

普段のファッションは「38歳くらいの時に『大人の服装にしないと』と思って変えたけど、ふと『あと人生半分しかないんだから好きなものを着よう』と思ってまたカラフルな感じに戻った」という。

 

 

神田アナはクリスマスには並々ならぬ思い出があるそうで、「夫がプロポーズしてくれたのがクリスマスだったんです。『結婚してください』とかじゃなくて、『僕のこと大切にしてください』だった」と明かした。

 

 

また、服装がおとなしくなった時には、日村から「最近、愛花っぽくない」と言われたそうで、自分が好きなものを着ているときには「いいんじゃない?」と褒めてくれると話した。

 

 

目指すのは「愛花らしいコーデ」。

 

 

神田アナは「せっかくクリスマスですから、多少派手でも2人きりだし、好きな色を着てそこからこみ上げてくる笑顔が出た方が男性も喜んでくれるはず」と話した。

 

 

そんな神田アナの今回のライバルは滝アナだという。

 

 

理由は「レギュラーの皆さんによくいじられるじゃないですか。いじられるっていうことは個性が光っているということだと思う。個性で言ったら(私も)個性強めの服を着がちなので”2大巨頭”なんじゃないかなって」と話した。

 

 

そんな神田アナは、最近アナウンサーの仕事をしていないので1位を取ったら「スタジオでのアナウンサーの役」をやりたいと話した。

 

 

神田アナの私物アイテムは「チュールのスカート」や「カップケーキ型のカバン」など。

 

 

ここで芸人の奥様として先輩の中村さんが神田さんを惑わす。

 

 

神田アナは、ヒョウ柄のコートと、それに合わせるのは私物で持ってきた金色のパンプスと、シンプルな白のトップス。残りのアイテムも選びコーデが決まった。一体どんなコーデになったのか?

 

 

続いては、日本テレビの滝菜月アナウンサー。

 

 

前回・前々回ともに2位だったため、「今度こそ南原さんにいいところを見せたい」と意気込んだ。

 

 

今回滝アナは南原から「ボーイッシュの中に女性らしさも取り入れる」というアドバイスを取り入れることにした。

 

 

滝アナはGジャンが好きで何着も持っているという。

 

 

滝アナが描くクリスマスデートコーデは、「トナカイじゃなくてバイクに乗ってきたよ」というサンタが後ろに乘るスタイルがテーマだという。

 

 

コーデそっちのけで個性あふれるバイクネタに時間を割いてしまった滝アナ。あれだけ戦力にならない私物を披露していたのに、ラスト5分で本当に使える私物を入れ込んでいないことに気づいた。

 

 

上手にプライベートや個性を見せる先輩たちに終始焦っていた滝アナもコーデの仕上げに取り掛かる。トップスは今回持ってきた私物の中で唯一使えるセーター。ボトムスはバイクにも乗れる白いパンツ、お決まりの帽子と残りのアイテムも選んでコーデ決定。一体どんなコーデになったのか。

 

 

ここでタイムアップ。完成したコーディネートは女性ファッション誌No.1の売り上げを誇る「GLOW」の編集長・井下さんが判定する。