.

佐々木恭子アナの結婚や離婚や再婚について【フジテレビ】

この記事は約 7 分で読むことができます。

2018年1月10日

2015-02-25_172611

今回は、フジテレビ所属のベテランアナウンサーである佐々木恭子(ささききょうこ)アナウンサーについての結婚や離婚や再婚についてなどの情報をリサーチしていきます。

 

佐々木恭子アナは、東京大学出身の才女で長年フジテレビの”看板アナ”として活躍してきました。

 

佐々木恭子プロフィール
愛称 ササキョン
出身地 兵庫県西宮市
生年月日 1972年12月17日(45歳)
身長  162cm
血液型 O型
最終学歴 東京大学教養学部フランス科
勤務局 フジテレビジョン
部署 アナウンス室主任
活動期間 1996年~
ジャンル 報道・情報系
配偶者 あり
家族 1男・1女
推定年収  1420万円 
推定カップ  Cカップ
趣味

DVD鑑賞

好きなもの

・映画やライヴDVDを家で家族と観る時間。

・料理をたくさん作ってストックする瞬間

好きな食べ物

アボカド、納豆、ヤマイモ、オクラなどネバリ系

苦手なもの

写真の整理、デジタル機器

同期

藤村さおり

小島奈津子(退社・現フォニックス)

富永美樹(退社)

担当番組(過去含む)

・『FNNスーパーニュースWEEKEND』(土・日)

・『ワイドナB面』(日)

佐々木恭子アナウンサーの経歴

 

佐々木恭子アナウンサーの経歴は、兵庫県西宮市出身、神戸大学教育学部附属住吉小学校(現:神戸大学附属小学校)、神戸大学教育学部附属住吉中学校(現:神戸大学附属中等教育学校)、兵庫県立鳴尾高等学校を卒業後、1年間の浪人生活を経て、東京大学文科三類に合格。東京大学教養学部フランス科を卒業しています。

 

兵庫県西宮市市長の今村岳司氏とは、小学校の同級生だったといいます。東京大学在学中には、同じゼミに”ホリエモン”こと堀江貴文氏がいて当時から知り合いだったといいます。

 

大学3年時の1995年1月17日には、阪神・淡路大震災が発生した為に、実家が全壊してしまったといいますが、家族は全員無事だったといいます。

 

元々は、大学院進学や学者を漠然と目指していましたが、震災のテレビ報道を見てからアナウンサーに興味を抱くようになりフジテレビの採用試験を受け合格。大学卒業後の1996年4月に、アナウンサーとしてフジテレビに入社します。

 

フジテレビに入社後。

 

入社2年目の1997年4月から1998年3月までの間、『報道2001』の第5代女性司会者を担当しています。

 

また、同僚で同期の小島奈津子、富永美樹、藤村さおり、当時ニッポン放送アナウンサーの村上まゆこ、田代優美、川野良子らとユニット『BIG MOUTH』を結成。1997年7月18日には、東京都渋谷区に所在するタワーレコードにて1000枚限定でCDを発売しています。

 

1999年4月1日からは、自身が最も長くレギュラー出演していた『情報プレゼンター とくダネ!』がスタートしています。(2009年3月27日まで10年間レギュラーを務めた)その後、同番組を離れた後も、後任の長野翼アナのサポートおよびレクチャー役またはVTR等で出演しています。

 

2003年4月14日には、ドラマ『東京ラブ・シネマ』で女優デビューしています(本人役、「ミッドナイト・アート・シアター」ナビゲーター)。2004年4月26日からは、深夜バラエティ番組『お台場明石城』にて芸人・明石家さんまと2年間共演していました。(2回目までは武田祐子アナ、3回目の放送から出演)

 

2006年8月には、映画『UDON』で本人役(『情報プレゼンター とくダネ!』の出演者)で銀幕デビューしています。

 

2007年8月25日には、土曜プレミアム『ミヨリの森』で、森野小学校の岡子先生役で声優デビューしています。同年8月に開始された環境保全アナウンサー集団エコアナの一員に選出され、エコアナ就任と同時に訪れたパプアニューギニアのHIV感染した子供の取材で、『第24回FNSアナウンス大賞』を受賞しています。

 

元テレビ朝日・丸川珠代との関係

元テレビ朝日アナウンサーで参議院議員の丸川珠代とは、小学校、中学校、大学が同じで、佐々木アナの2期先輩(大学は3期先輩)にあたるそうです。佐々木アナの兄、佐々木将氏(フジテレビ音組プロデューサー)は、丸川と小学校、中学校の同級生でした。この縁からか、2007年の『第21回参議院議員通常選挙』の際には、丸川の密着取材を(『FNNスーパー選挙王』で)佐々木アナが担当しています。

 

佐々木恭子アナウンサーの結婚や離婚に関して

2004年11月25日、同じ東大フランス科の先輩にあたる、TBSの報道記者・池田裕行氏と、東京都内に8000万円超の高級新築マンションを共同で購入したことが写真週刊誌『FLASH』にて明らかになります。そして、2005年5月15日に池田氏と結婚しています。(池田氏は再婚)

 

結婚報告では、佐々木アナは「こんなに理解しあえたり、支えあえたりできる人はいないと思い、2人で新たな一歩を踏み出すことに致しました」と、コメントを発表しましたが、結婚生活は長くは続かずに9ヵ月後に離婚しています。なお、離婚の原因は、生活のすれ違いや、佐々木アナが、外資系の会社員と不倫関係にあった為だと一部マスコミでは報じています。

 

佐々木恭子アナウンサーの再婚について

2008年10月23日には、当時出演していた『とくダネ!』の番組内で、1歳年下で元ライブドア証券の社員だった金融業の男性と再婚することと、妊娠3ヶ月であることを報告しています。同年11月11日に入籍。2009年1月17日に挙式をしています。

 

その後、同年3月27日、産休入りするため『とくダネ!』を降板。同年5月12日に第一子となる男児を出産。2010年3月29日に職場に復帰しています。

 

2012年6月2日には、第二子出産準備の為、再び産休に入り、同年7月30日に第二子となる2508gの女児を出産。2013年4月1日から職場に復帰。現在に至ります。

 

佐々木恭子アナウンサーまとめ

・東大出身の才女。

・TBS報道記者の池田裕行と離婚。

・現在は、金融業の男性と再婚して2人の子供がいる。

佐々木恭子アナウンサーは、入社以来、報道、情報、バラエティとオールジャンルで活躍してきた、とても実力の高いアナウンサーです。

 

現在は、子供もいる為に以前よりもテレビ出演機会も減っていますが、今後の活躍にも期待しましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『佐々木恭子の行き当たりばったり』

関連記事
【フジテレビ】女性アナウンサー名鑑【一覧】
  株式会社フジテレビジョン(Fuji Television Network, Inc.)は、関東広域圏を放送対象地域とするテレビジョン放送の特定地上基幹放送事業者です。略称はCX。   通称はフジテレビ、フジ。FNNフジニュースネットワーク、FNSフジネットワーク(フジテレビ系列)のキー局にあたります。   フジテレビ公式サイト ⇒女性アナウンサープロフィール フジテレビ女性アナウンサー名鑑【一覧】(退職者も含む) 1977年入社 ・益田由美(2015年2月28日で定年退職):誕生日:2月11日:出身地:東京都:出身大学:早稲田大学:血液型:B型 ・城ヶ崎祐子(1997年退社) ・桜井郁子(2014年5月退社)   1983年入社 ・松尾紀子(2015年7月31日退職):誕生日:9月5日:出身地:東京都:出身大学:慶應義塾大学:血液型O型 ・筒井櫻子(?) ・牛尾奈緒美(明治大学情報コミュニケーション学部教授)   1985年入社 ・寺田理恵子(1989年に退社)   1985年入社 ・長野智子(1990年退社、古舘プロジェクト)   1986年入社 ・阿部知代:誕生日:7月23日:出身地:群馬県桐生市:出身大学:上智大学:血液型O型 ・岩瀬惠子(現:フリー)   1987年入社 ・中井美穂(現・フリー) ・青木美枝(1987年 – 1996年、経理局財務部謝金担当)   1988年入社 ・有賀さつき(現:フリー) ・河野景子(現:フリー) ・八木亜希子(フォニックス)   1989年入社 ・佐藤里佳:誕生日:1月14日:出身地:神奈川県:出身大学:フェリス女学院大学:血液型:A型 ・木幡美子(現:CSR推進室) ・田代尚子(フジテレビ国際開発局国際部所属の社員)   1991年入社 ・近藤サト(ベルベットオフィス所属) ・中村江里子   1992年入社 ・西山喜久恵:誕生日:6月22日:出身地:広島県尾道市:出身大学:上智大学:血液型AB型 ・小島奈津子(フォニックス所属)   1993年ニッポン放送入社2006年にフジテレビに転職 ・川野良子:誕生日:6月14日:出身地:神奈川県:出身大学:法政大学:血液型O型  
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す