.

森富美アナは美人で性格も良く夫(旦那)とは社内婚だった【日本テレビ】

この記事は約 6 分で読むことができます。

2018年6月18日

今回は、日本テレビ所属のベテラン女性アナである森富美(もりふみ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

森富美アナは、局からも信頼が厚い女性アナウンサーで、担当番組も多く、テレビ番組出演本数アナウンサー・キャスター女性部門で毎回1位となっています。

 

そんな、森富美アナの経歴や結婚相手の夫についてなどの情報をまとめています。

 

森富美プロフィール
本名 林富美
出身地 大阪府和泉市
生年月日 1973年11月21日(44歳)
身長 168cm
血液型 AB型
最終学歴 大阪大学文学部国文学専攻卒業
勤務局 日本テレビ放送網
部署 編成局アナウンスセンターアナウンス部
活動期間 1996年~
ジャンル 報道・情報・バラエティ
配偶者 有り
家族 夫、長男
推定年収 1110万円
推定カップ Bカップ
趣味

水泳、水仕事、海・川・温泉、茶道

特技

長風呂(月刊小説誌がお風呂の友)

資格

保育士

同期

・古市幸子

・寺島淳司

・舟津宜史

現在の担当番組(過去含む)

・『スッキリ』

・『NNNストレイトニュース』平日キャスター

・『ヒルナンデス!』ニュースコーナー

・『踊る!さんま御殿!!』ナレーション

・『東京エトワール音楽院』ナレーション

・『音のソノリティ』ナレーション

森富美アナウンサーの経歴。

 

森富美アナウンサーの経歴は、大阪府和泉市出身、和泉市立光明台中学校、大阪府立三国丘高等学校を経て、大阪大学文学部(国文学専攻)を卒業後、1996年4月に日本テレビにアナウンサーとして入社しています。

 

大学時代には、1994年度のミス日本(グランプリではなく、現コンテストの準ミス日本相当)に輝いています。

2015-06-26_212007
出典:http://imgf-a.dena.ne.jp

右は日本テレビで先輩の町亞聖アナウンサー。(現・フリー)

 

大阪大学在学中の1995年には、大阪・朝日放送の『歴史街道』に出演した経歴があります。美しい日本語を話せるようになりたいと思いアナウンサーを志したといいます。

 

日本テレビに入社後、4年目の1999年4月から、勝恵子(セント・フォース)の後任として、昼の情報帯番組である『ザ・ワイド』の司会に就任。2007年9月の最終回までのおよそ8年間に渡り、草野仁とコンビを組み日本テレビの「お昼の顔」として活躍しています。

 

森富美アナウンサーの結婚相手の夫(旦那)や子供について。

 

森富美アナは、2002年3月に、当時司会を務めていた『ザ・ワイド』担当の読売テレビのディレクター(当時)と1年間の交際期間を経て結婚しています。2人の馴れ初めは、元々仕事仲間で、男性として意識する相手ではなかったようですが、林氏がスタジオで歩いている姿を見た時に、「結婚するならこういう人だ」と、ふと閃き、交際に発展したといいます。

 

当時、森富美アナはストーカーの被害に遭っていて、彼にその相談をしたところ「近くに住んだほうがいい」と、同棲がスタート。その際には、双方の親にも結婚の意志があることを説明したそうです。

 

その後、結婚6年目の2008年5月に第1子を妊娠したことが発覚。当時、妊娠発覚直前に森富美アナが登場する番組の「番組オープニングCG」を高額で作成してしまい、産休に入る為、作り直さなければいけなくなり、芸人・おぎやはぎの矢作に「(妊娠は)一応計画的にお願いしたいんです」と、からかわれたエピソードがあります。

 

同年10月1日より産休に入り、10月27日に第1子となる長男を出産しています。主産後、森富美アナは日本テレビを通じFAXで、

「子供が10カ月かけて教えてくれた最も大切なことは、“感謝”です。この気持ちを忘れず、今度は誰かに感謝のお返しをできるように生きていきたいと思います」

と、関係者やマスコミにコメントを発表しています。育児休暇中には、保育士資格を取得しています。

 

森富美アナウンサーの離婚の噂はデマ。

 

2010年4月3日には、『news every.サタデー』で職場に復帰しています。現在は、『NNNストレイトニュース』『PON!』『ヒルナンデス!』といった平日の午前からお昼過ぎの時間帯を主に出演。2017年12月に発表された『テレビ番組出演本数アナウンサー・キャスター女性部門』(オリコン発表)では、第1位となっています。

 

2018年6月からは、新たに『スッキリ』月・火・水曜日のニュースコーナーを担当しています。(木金は後藤晴菜)

 

クールで知的なイメージが強い森アナなのですが、大阪出身の為プライベートでは関西弁を話すようです。現在は共通語を仕事上の言葉、大阪弁をプライベートでの言葉とする「二重生活」をしていると言います。

 

子育てにおいての悩みは、アナウンサーらしい共通語を使うか、心の言葉大阪弁を使うか、悩んでしまうそうです。

 

また、森富美アナのことをネットの検索エンジンで検索すると「離婚」というキーワードが出てきますが、それは元日本テレビアナウンサーの森麻季(巨人・沢村拓一投手と2013年に離婚)の事で、森富美アナは離婚していません。

 

森富美アナウンサーまとめ。

・1994年度のミス日本(現・準ミス日本に相当)。

・2002年3月に結婚。2008年10月に長男を出産。

・アナウンサーとしての実力が高くナレーションの仕事も多い。

森富美アナは『踊る!さんま御殿!!』でのあの美しい声が、とても印象的です。

 

森富美アナは、「聞く人の心にすっと入り込むような、自然で力みのない心地よい声を身につけたい」と述べており、とてもプロ意識が高い女性アナウンサーなのでしょう。

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
日テレ女子アナで1番のオシャレは誰?ファッションランキングアナウンサーSP
  2018年3月8日放送の日本テレビ系情報番組『ヒルナンデス!』では、「芸能人ファッションランキングアナウンサーSP」を放送。   日本テレビの女子アナの中でもファッションセンスに自信アリの5名(森富美、徳島えりか、尾崎理紗、滝菜月、菅谷大介)が、ガチンコでコーディネートを競い合った。   日本テレビで一番オシャレな女子アナは? 今回は、日本テレビを代表する人気アナウンサー5名がファッションセンスでガチ勝負!   ルールは簡単。テーマに沿って自分のセンスのみで全身コーディネートを作り、そのファッションセンスをランキングで発表する。   参加メンバーには、最下位を予想する事前アンケートをとった。すると、なんと全員一致で滝菜月を最下位に予想した。   滝アナは「たしかに会社にはお洒落してきてはいないです。」と認めたものの「裏を返せば私はまだ本気を出していないだけ」と反論した。   ランキングを決めるのは女性ファッション誌『with』の人気スタイリストの小山田早織さん(おやまださおり・30歳)。   今回のテーマは、春を先取り「中目黒でお花見お散歩デート」コーデ。   今回のプレイヤー達を年次順にチェック。   まずは、年次が一番上で1996年入社の森富美アナウンサー(もりふみ・44歳)。現在『ヒルナンデス!』、『NNNストレイトニュース』などを担当しているベテランアナ。ニュース担当ということで真面目で大人な印象が強くこのような企画に出演するのも非常に珍しい。   森富美アナの普段の私服姿。彼女らしいシックで落ち着いたコーデ。   スタッフが、普段どこで私服を買うのかを聞いてみると「お台場(今回のロケ地)とかあまり来たことがないです。お台場(フジテレビ)とか、六本木(テレビ朝日)とか、赤坂(TBS)とか、渋谷(NHK)とか違うテレビ局があるところは、なんかよそさまの家にお邪魔している感じがして(笑)」と答え、独特な感性を持っていた。   続いては、1997年入社の菅谷大介アナウンサー(すがやだいすけ・46歳)。『ニュースエブリーサンデー』、オリンピックの実況中継などを担当している。  
【日本テレビ】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】
  日本テレビ放送網株式会社(にっぽんテレビほうそうもう、英称:Nippon Television Network Corporation)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者です。一般的には日本テレビ(にほんテレビ)または日テレ(にっテレ、Nittele)と呼ばれる。他に「NTV」(エヌティーヴィー)、「AX」(エーエックス、アックス)という略称もある。   ネットワークでは1966年にNNN(Nippon News Network)を、また1972年にNNS(Nippon television Network System)を形成し、各系列局とネットワークを結んでいます。   同局の番組に出演しているフリーアナウンサー、タレントなども記述しています。   日本テレビ公式サイト ⇒アナウンスルーム   日本テレビ女性アナウンサー名鑑【一覧】(退職者も含む) 1970年入社 ・石川牧子   1974年入社 ・小池裕美子 ・楠田 枝里子(タレント・1981年秋に退社)   1980年入社 ・井田由美:生年月日:1957年9月:出身地:福岡生まれ、東京&大阪育ち:最終学歴:慶應義塾大学法学部:身長157cm:血液型O型   1983年入社 ・木村優子   1985年入社 ・鷹西美佳(日本テレビコンプライアンス推進室番組審議会事務局長)   1987年入社 ・大杉君枝(満43歳没)   1988年入社 ・小栗泉(報道局解説委員) ・関谷亜矢子(2000年2月に退社、現・ニチエンプロダクション協力) ・永井美奈子(1996年9月に退社、個人事務所サンオブサンに所属)   1989年入社 ・米森麻美(満34歳没)   1990年入社 ・豊田順子:生年月日:1966年4月:出身地:埼玉県岩槻市:最終学歴:立教大学文学部(英米文学科専攻):身長162cm:血液型A型   1991年入社 ・笛吹雅子(報道局社会部専門副部長) ・薮本雅子(2001年退社)   1992年入社 ・岸田雪子(報道局) ・大神いずみ(退社、夫・元木大介、ケイダッシュ)
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

1件のコメント

  • 松田珠未

    森富美アナについて出てきましたが「ミス・インターナショナル」と「ミス・ワールド」の日本代表選出大会本選にも出場されました。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください