.

雨宮萌果アナは苦情が多い?結婚や父親や妹の情報は?【NHK】

この記事は約 6 分で読むことができます。

2018年3月8日

今回は、NHKに所属する雨宮萌果(あめみやもえか)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます

 

雨宮萌果アナは、福岡放送局から2016年3月より東京アナウンス室勤務となり、NHK総合朝の情報番組『あさイチ』にリポーターとして出演しています。

 

若手時代には、視聴者から「声が聞きづらい」などの批判的な意見が多かった彼女ですが、東京勤務となった現在は『あさイチ』MCの有働由美子アナの後任に押されるほど明るく親しみやすいキャラを確立しているようです。

 

雨宮萌果プロフィール
出身地 兵庫県生まれ東京都育ち
生年月日 1987年6月30日(31歳)
身長 推定160㎝
血液型 A型
最終学歴 法政大学人間環境学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 アナウンス室
職歴 沖縄→福岡→東京
活動期間 2011年~
家族 雨宮あさひ
(妹:ワハハ本舗所属)
天川彩
(母:作家・脚本家・プロデューサー)
推定年収 ?
推定カップ Dカップ
好きな食べ物

チョコレート

趣味・特技

落語(大学時代落語研究会に所属)カラオケ、即興ダンス 

同期

和久田麻由子

担当番組(過去含む)

・NHK総合『あさイチ』リポーター(2016年3月17日~)

・ラジオ第1『サンドウィッチマンの天使のつくり笑い』アシスタント(2016年度~千葉美乃梨と隔週交代)

雨宮萌果アナウンサーの経歴。

 

雨宮萌果アナウンサーの経歴は、兵庫県生まれの東京都育ち。中高一貫性の東京都立小石川高等学校を経て、法政大学人間環境学部人間環境学科を卒業後、2011年4月にNHKにアナウンサーとして入局しています。

 

子供の頃からクラシックバレエ、高校時代にはダンス部に所属。大学時代には、法政大学自主マスコミ講座(第22期生)の放送コースを受講しています。同期には、大平真理子(テレビ新潟)がおり、一緒に広報誌の表紙を飾っています。

 

また、落語が好きで、法政大学落語研究会に所属し、福井県で開催された『第1回全国女性落語大会』で優秀賞を獲得しています。その為、番組内で謎掛けを披露することがあります。

 

大学卒業後の、 初任地は沖縄放送局で、2011年5月21日放送のNHK総合『土曜スタジオパーク』にて、他の新人アナウンサー達と一緒に初お披露目をしています。

 

NHK入局後。

 

新人時代の2012年3月4日、 3月25日には、東京に出張しNHK総合『着信御礼!ケータイ大喜利』に出演しています。

 

2012年4月20日放送の『ガレッジセールのスゴ旅』では、ゴリの相棒として北中城村の凄い人や物などを一緒に調査し、県内で行われた本番収録にも参加しました。

 

2013年4月からは、福岡局に異動となり地域情報番組『きん☆すた』のMCを努めています。

 

2016年の春の人事で東京アナウンス室勤務となり、3月17日よりNHK総合『あさイチ』のリポーター、ラジオ第1『サンドウィッチマンの天使のつくり笑い』のアシスタントなどを担当しています。

 

2017年4月24日からはラジオ第一『アナウンサーのディープな夜』(月1最終月曜日)の司会を努めています。

 

また、雨宮萌果アナには、これまでに彼氏や結婚などの恋愛に関する情報はないようです。

 

雨宮萌果アナウンサーの家族について

 

雨宮萌果アナの父親の職業は不明ですが、母親の天川彩氏は、作家・脚本家・プロデューサーとして幅広く活躍している業界人です。

天川 彩 Aya Tenkawa 
<作家・脚本家・プロデューサー>
北海道札幌市出身。大手音楽プロモーション会社勤務、某新聞社系情報紙記者及び 企画部チーフを経て、1996年ラジオ連続ドラマシリーズ(朝日放送・NTTDocomo 提供番組)で 脚本家デビュー。1998年 時代のニーズとスピリット、そしてエンターテインメントを融合した 企画会社『オフィスTEN』を設立。現在、自然の叡智と命の尊厳をテーマに、ナチュラル志向の 現代にあったプロデュースを手がけながら、作家、コラムニスト、童話詩人などとしても活躍。

引用元: http://www.office-ten.net/ 

母親が業界人の為か、ネット上の一部の噂では、彼女に対し「コネ入社」などと囁かれています。

 

 

また、2人姉妹の妹の雨宮あさひは芸人として活動しており、久本雅美などが所属している劇団「ワハハ本舗」に所属しています。

2008年よりワハハ本舗のお手伝いを始め、2011年の全国ツアーを自腹で全公演帯同し、その情熱が認められ、2011年夏よりワハハ本舗に 新人劇団員として所属。

http://wahahahompo.co.jp

雨宮萌果アナウンサーは苦情が多い?視聴者からの評価。

 

雨宮萌果アナについての視聴者の声をリサーチしてみると、地声は大きいが、声のトーンが低いようで、酒やけしているようなしゃがれた声質が気になるなどの意見が多いようです。

 

その為、インターネット上では、「声が聞きづらくて下手」「ニュース読みが酷い」などと批判の対象になっています。

 

その一方では、雨宮萌果アナのファンも多く存在しているのは確かで、賛否両論の意見が飛び交っている状況です。

このように厳しい意見が多く挙がっていました。

 

雨宮萌果アナウンサーまとめ。

・母親と妹は、業界人として活躍。

・地声が大きい。

・批判的な意見も多かったが、現在は「かわいい」と言っているファンも多い。

今後も雨宮萌果アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む)(情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子 元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子 エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学文学部卒業(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子 チーフアナウンサー(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪)   1982年入局 ・渡邊あゆみ エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学教養学部卒業(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀 エグゼクティブアナウンサー(局次長級)。(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)アナウンス担当副部長   1988年入局
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。随時更新していきます。   平成30年度(2018)春に異動となった女性アナウンサー ・林田理沙(長崎→福岡→東京アナウンス室) ・副島萌生(大分→名古屋→東京アナウンス室)  ・柴田祐規子(岡山→東京アナウンス室→横浜→ラジオセンター→静岡→東京アナウンス室) ・安部みちこ(徳島→東京アナウンス室→松山→東京アナウンス室) ・庭木櫻子(徳島→福岡) ・佐々木彩(東京アナウンス室→名古屋)   ・森下絵理香(福井→仙台) ・佐藤あゆみ(沖縄→静岡)   番組担当変更 2018年2月21日発表 出典:http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2018/02/003_2.pdf   こちらの公式PDFによりますと、担当番組の出演者が変更になった番組は以下の通り。   担当変更のみ【★は新番組】 『NHKニュースおはよう日本』(平日) (平日)5:00~08:00 (5・6時台)近江友里恵→林田理沙、赤木野々花→保里小百合、(スポーツ)上原光紀→酒匂飛翔、(気象)酒井千佳→山神明理 『あさイチ』 (平日)8:15~9:55 有働由美子→近江友里恵 『ごごナマ』 (平日)13:05~16:00 池田伸子→安部みちこ 『ニュースウォッチ9』 (平日)21:00~22:00 (リポーター)保里小百合→上原光紀 ★『NET BUZZ』 (木)後11:55~翌0:55 杉浦友紀 ★『チコちゃんに叱られる!』 (金)19:57~20:42 塚原愛 『ブラタモリ』 (土)19:30~20:15 近江友里恵→林田理沙 『所さん!大変ですよ』 (木)20:15~20:43 久保田祐佳(復帰) ★『週刊まるわかりニュース』 (土)9:00~9:30 えがわさゆり(契約)、渡辺蘭(気象予報士) 『サタデースポーツ、サンデースポーツ2020』 (土、日)21:50~ 杉浦友紀→副島萌生 Eテレ 『チョイス@病気になったとき』 (土)20:00~20:45 牛田茉友→出田奈々(復帰) BS1 『国際報道2018』
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

5件のコメント

  • 名無し

    ラジオでもよく聞くので気になっていた
    聞きづらいというよりは喉に何かがつっかえるようなシーンが多すぎてとても聞き苦しい
    有名税?雑音みたいに言わないで頂きたい
    民放とは意味が違うNHKアナなのだから

  • しっぽ

    そのとおり。クセが強すぎてとてもききづらい。ニュースや天気予報は聞きたいけどこの人の声が聞こえたらラジオを消します。個人的に何の恨みもないけど、生理的に嫌です。

  • ヤッチャン

    車の運転中、ラジオで声が聞こえると気分が悪くなります。
    ラジオで声を聞かなくなって良かったと思ったらなんと今度は
    テレビに出演されていてびっくり! 悪いとは思いながら
    チャンネルを変えてしまいました。
    アナウンサーに向いておられないのかな?
    最近は見たり聞いたりしなくなりましたが?

  • ゆうた

    同意見の方がおられるのを知り、私だけではないんだと分かりました。大事な情報・緊急情報を伝える場合もあるニュースを読まれると聞き取れなくてストレスでした。低温で濁声(だみごえ)で公共放送にも関わらずその本来の役目を果たせないアナです。NHK採用担当部署のミスです。採用時に声質を科学的に検証するのが常識なのではないでしょうか? だとしたらコネ採用だからだと思っています。福岡から東京あさイチに転属ですが彼女が出る日にはあさイチは見たくないので見ません、イラつくので。NHKは受信料で成り立っているのですから、アナとしての必要能力を先ず考慮すべきと要望したいものです。

  • 風呂水吐かせ

    最近は、かなり改善され女らしい声になっていると思います。めげずに頑張ってきたから今日があるのでしょう。色気がつけばアナ上位になれるかも。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください