.

佐々木彩アナの夫(旦那)は?可愛いくて身長が高めの空手有段者!【NHK】

この記事は約 6 分で読むことができます。

2018年2月7日

今回は、NHKに所属する佐々木彩(ささきあや)アナウンサーについてリサーチしていきます。

 

「NHKの次期看板女性アナ」として呼び声も高い、佐々木彩アナのこれまでの経歴や結婚相手の夫(旦那)についてなどの情報をまとめています。

 

 

佐々木彩プロフィール
出身地 静岡県駿東郡小山町
生年月日 1986年10月1日(31歳)
身長 167cm
血液型 ?型
最終学歴 お茶の水女子大学卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 徳島→東京アナウンス室
活動期間 2009年~
推定年収 ?
推定カップ Bカップ
趣味、特技

空手初段、剣道初段、料理(つまみ・お菓子)

好きな食べ物

梅干し

わたしの心身リフレッシュ術

酒・掃除・植物の世話

わたしのモットー

後悔先に立たず

もしアナウンサーになっていなかったら…

ビール会社かホテルに勤めていました

同期

池田伸子(熊本→名古屋→東京アナウンス室) – 佐々木アナと同じお茶の水女子大学の出身。

牛田茉友(山口→京都→東京アナウンス室)

合原明子(福島→仙台→東京アナウンス室)

小正裕佳子(新潟→退職)

現在の担当番組(過去含む)

・NHK総合『あさイチ』リポーター

・NHKEテレ『新世代が解く!ニッポンのジレンマ』MC

佐々木彩アナウンサーの経歴。

 

佐々木彩アナウンサーの経歴は、静岡県駿東郡小山町出身、静岡県立沼津東高等学校を経て、東京のお茶の水女子大学を卒業後、2009年4月にNHKにアナウンサーとして入局しています。

 

佐々木彩アナは、NHKのアナウンサー新人研修中に空手の昇段試験を受けて合格し、黒帯を取得したというユニークなエピソードがあります。

 

近年恒例となっている『土曜スタジオパーク』におけるお披露目の席ではその黒帯を持参してアピールしており、「空手女子アナ」として話題になりました。

 

初任地は、NHK徳島放送局で、地上デジタル推進大使に任命され、他局の大使たちと同様にアナログ放送終了までデジタル化のPR活動を行っています。

 

入局5年目の2013年度より東京アナウンス室勤務となり、『ニュースウオッチ9』のフィールドリポーターを務め、2015年度からは同番組のスポーツキャスターを務めています。

 

2017年度からは、朝の情報番組『『あさイチ』のリポーター、NHKEテレ討論番組『新世代が解く!ニッポンのジレンマ』の司会などを担当しています。

 

佐々木彩アナウンサーは次期NHK看板女性アナウンサーと呼ばれている。

 

20代の頃は修行のために地方局で経験を積むのが、一般的なNHKのアナウンサーの教育方針ですが、27歳という若さで東京アナウンス室に呼び戻されたのは異例中の異例と言われています。

 

その為、彼女は「次期NHKの看板女性アナウンサー」とも呼ばれるくらい出世街道を歩んでいるとも言われています。

 

この若さで東京に配属された理由は、昨今、東京アナウンス室の女性アナの平均年齢が高く、体力勝負の面もあるリポーターが人材不足な状況で、空手の有段者でもある佐々木彩アナが適していたからだと言われています。

 

また、彼女の空手とリポーターとして全国に飛び回って鍛えられた美脚にも注目が集まっています。   

 

佐々木彩アナウンサーはどのような人物?

 

NHK公式サイトのプロフィール欄の「リフレッシュ術」の項目で、「お酒」と書かずに「酒」と呼び捨てなところに女子大卒とはとても思えないほどの男前ぶりです。

 

さらに、「もしアナウンサーになっていなっかたら?」の問いに対して、

「ビール会社に勤める」とのことですから余程お酒が好きなのでしょう。

 

酒好きの空手有段者ということで、可憐な女性アナウンサーとは今のところ、かけ離れているようですが、今後どのように成長していくのかが楽しみです。

 

佐々木彩アナウンサーの結婚相手の夫は映像編集者。

 

2015年3月19日放送の『ニュースウオッチ9』において、リポーターを務める佐々木彩アナの左手薬指に指輪を嵌めている姿が確認されています。

 

当時ネット上では「既に結婚したのか?」「婚約指輪かな?」などと話題になりました。

 

その後、2015年4月21日発売の週刊誌『FLASH』にて、佐々木彩アナが、徳島放送局時代に同僚だったNHK職員の男性と昨春に結婚していた事が報じられています。

 

夫は、現在は福岡放送局に勤務するニュース映像編集者の「I氏」で眼鏡が似合うイケメン。人当たりもよく周囲からの信頼も厚い「いじられキャラ」だといいます。また、既に都内で挙式も行っていたようですが、勤務地が、それぞれ東京と福岡で離れているため「遠距離婚状態」だといいます。

4月上旬の金曜日の夜。NHK近くの中華料理店では番組の“歓迎会”が。深夜2時に終了後、佐々木アナはほろ酔いでタクシーで帰宅。翌週の金曜日の深夜。再びほろ酔いで帰宅した佐々木アナを直撃した。

 

――スポーツキャスターへの抜擢は、ご主人も喜んでいるのでは。

「ごめんなさ〜い。広報を通していただかないと上に怒られてしまうので……」

 

――遠距離婚生活は大変ですか。

「せっかく来ていただいたのでお話しできたらいいんですけど……すみません」

 

――突然失礼しました。

「完全に油断してました(笑)。これ、載るんですか?」

彼女は苦笑いしながらも記者を見送ってくれた。

 

引用:NHK『ニュースウオッチ9』佐々木彩アナ 実は隠れ人妻

ちなみにNHK広報は「プライベートなのでお答えできません」と答えているようです。

 

佐々木彩アナウンサーまとめ。

 

・空手や剣道の有段者(空手4段、剣道初段)

・異例の若さで東京アナウンス室へ異動

・次期看板アナと呼ばれている

・2014年春にNHK職員(映像編集者)と社内婚。

今後も佐々木彩アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。   

 

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む)(情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子 元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子 エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学文学部卒業(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子 チーフアナウンサー(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪)   1982年入局 ・渡邊あゆみ エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学教養学部卒業(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀 エグゼクティブアナウンサー(局次長級)。(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)アナウンス担当副部長   1988年入局
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。   平成30年度(2018)春に異動となった女性アナウンサー ・副島萌生(大分→名古屋→東京アナウンス室)    平成29年度(2017)夏に異動となった女性アナウンサー ・上田早苗 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室) ・阿部陽子(広島→東京→名古屋→東京→長野→東京→甲府→東京→日本語センター→ラジオセンター→大阪) ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台) ・中川緑 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室→京都) ・伊東敏恵 (岡山→広島→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→甲府) ・北郷三穂子(青森→仙台→東京アナウンス室→神戸→大阪) ・小林千恵(福井→名古屋→東京アナウンス室→大阪→京都) ・柘植恵水(福井→東京→名古屋→東京→名古屋→東京→日本語センター出向) ・田代杏子(高知→大阪→東京アナウンス室→大阪→国際放送局記者)   平成29年度(2017)春に異動となった女性アナウンサー ・秋野由美子(富山→名古屋→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→熊本→大阪→東京アナウンス室) ・井上あさひ(鳥取→広島→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室) ・赤木野々花(徳島→大阪→東京アナウンス室) ・上原光紀(新潟→広島→東京アナウンス室) ・千葉美乃梨(山形→仙台→東京アナウンス室) ・保里小百合(高松→福岡→東京アナウンス室) ・高橋美鈴(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室) ・三輪秀香(長崎→福岡→東京アナウンス室→名古屋) ・副島萌生(大分→名古屋局) ・石橋亜紗(熊本→大阪) ・井田香菜子(長野→大阪) ・星麻琴 (岡山→札幌) ・森花子 (東京アナウンス室→水戸) ・礒野佑子 (東京アナウンス室→宇都宮) 番組担当変更 2017年2月16日発表 出典:http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20170216.pdf
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください