.

【NHK】柴田祐規子アナウンサーの結婚相手の夫は?NHK静岡放送局

この記事は約 4 分で読むことができます。

2017年12月26日

2015-10-01_152752

今回は、NHK静岡放送局に在籍する柴田祐規子(しばた ゆきこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

柴田祐規子アナは、NHKのシニアアナウンサーで、ニュース、中継、ナレーションなど幅広く活躍されています。

 

 

 

スポンサーリンク

柴田祐規子プロフィール
旧名 貫名祐規子(ぬきな ゆきこ)
出身地 東京都
生年月日 1967年2月22日(50歳)
身長 ?cm
血液型 ?型
最終学歴 上智大学卒
勤務局 NHK静岡放送局
部署 放送部
職歴 岡山→東京アナウンス室→横浜→ラジオセンター→静岡
活動期間 1989年~
推定年収 ?
推定カップ Bカップ
好きな食べ物

ベトナム・タイ・韓国・中国・インドなどのアジアの料理

趣味、特技

日帰り温泉探索、歩くこと、散歩、料理

リフレッシュ術

風呂・ストレッチ・歩く・おいしいものを食べる

モットー

自分のことは自分には見えないもの一晩寝たらたいていのことは楽になる

同期

中川緑(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室)

草野満代(1997年に退職、現在セント・フォース)

出演番組

・ニュース、中継、ナレーションなど

柴田祐規子アナの経歴

 

柴田祐規子アナウンサーの経歴は、東京都出身、中高一貫校である筑波大学附属中学校、筑波大学附属高等学校を経て、上智大学卒業後の1989年にNHKに入局しています。

 

入社当初はPD(プログラム・ディレクター)の研修も受けていたといいます。初任地は、岡山放送局で主に夕方の情報番組を担当していました。後に東京アナウンス室の異動後は、2000年から2001年までの期間はNHK総合で放送されていたドキュメンタリー番組『地球に乾杯』のナレーションを務めています。

 

2001年には、ドキュメンタリー番組であるNHKスペシャル『宇宙 未知への大紀行』のナレーションを務め、2003年から2004年までの期間には、NHK-BS2で放送されていた『シネマ・ナビゲーション』の司会を務めていました。2005年3月28日からは、連続テレビ小説『ファイト』で上半期のナレーションを務めています。翌4月から2006年7月までの1年間は経済に関する情報番組『経済羅針盤』の司会を務めていました。

 

2006年6月から2年間は横浜放送局に勤務し、ニュースや中継リポートを担当していました。2008年7月からはラジオセンター出向し、NHKのラジオ第一放送、FMラジオ放送にて深夜に放送されている『ラジオ深夜便』の第2・第4土曜日の放送のアンカーを6年間担当していました。

 

また、41歳で『ラジオ深夜便』のアンカーに就任したのは、歴代アンカーの中で柴田アナが最年少だったといいます。そして、2014年6月からは、静岡放送局に着任しニュース、中継、ナレーションなどを担当しています。

 

柴田祐規子アナの結婚相手の夫について

 

柴田アナは、旧姓は「貫名(ぬきな)」という名字であることからわかるとおり既婚者なのですが、結婚相手である夫の職業、子供の有無といった詳細な情報は公にはされてはいません。同期の中川緑アナは、既婚者でも姓を変えていないので、NHKの規定(結婚後は夫の姓を名乗る)が変わる前に結婚していることになります。

 

確かな情報ではありませんが匿名掲示板『2ちゃんねる』では、このような書き込みがあります。

327 :名無しさんといっしょ:2014/06/21(土) 06:32:42.25 ID:MVd1Fenj.net えっと、もし貫名祐規子ちゃんの事だったら、もうだいぶ前に結婚して柴田に姓が変わったよ。
子供も二人いるって聞いたような気がするけどな。高校性くらいになるんじゃないかね。
引用:NHK静岡放送局スレッド -8-

柴田祐規子アナまとめ

・『ラジオ深夜便』のアンカーに歴代最年少で就任

・ナレーション技術が高く『ラジオ深夜便』はリスナーからも高評価

・2017年現在は静岡放送局に勤務

今後も柴田祐規子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式サイト

『アナウンスルーム:柴田祐規子』

『NHK静岡放送局:柴田祐規子』

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む)(情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子 元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子 エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学文学部卒業(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子 チーフアナウンサー(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪)   1982年入局 ・渡邊あゆみ エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学教養学部卒業(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀 エグゼクティブアナウンサー(局次長級)。(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)アナウンス担当副部長   1988年入局
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。   平成29年度(2017)夏に異動となった女性アナウンサー ・上田早苗 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室) ・阿部陽子(広島→東京→名古屋→東京→長野→東京→甲府→東京→日本語センター→ラジオセンター→大阪) ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台) ・中川緑 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室→京都) ・伊東敏恵 (岡山→広島→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→甲府) ・柘植恵水(福井→東京→名古屋→東京→名古屋→東京→日本語センター出向)   平成29年度(2017)春に異動となった女性アナウンサー ・秋野由美子(富山→名古屋→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→熊本→大阪→東京アナウンス室) ・井上あさひ(鳥取→広島→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室) ・赤木野々花(徳島→大阪→東京アナウンス室) ・上原光紀(新潟→広島→東京アナウンス室) ・千葉美乃梨(山形→仙台→東京アナウンス室) ・保里小百合(高松→福岡→東京アナウンス室) ・高橋美鈴(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室) ・三輪秀香(長崎→福岡→東京アナウンス室→名古屋) ・副島萌生(大分→名古屋局) ・石橋亜紗(熊本→大阪) ・井田香菜子(長野→大阪) ・星麻琴 (岡山→札幌) ・森花子 (東京アナウンス室→水戸) ・礒野佑子 (東京アナウンス室→宇都宮) 番組担当変更 2017年2月16日発表 出典:http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20170216.pdf こちらの公式PDFによりますと、担当番組の出演者が変更になった番組は以下の通り。 担当変更のみ【★は新番組】 NHKニュースおはよう日本(平日) (平日)4:30~08:00 「MC」中村慶子(産休)→赤木野々花、近江友里恵(隔週交代)、「スポーツ」森花子→上原光紀、「まちかど情報室」近江友里恵→千葉美乃梨
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す