.

彼氏の携帯を「メロンソーダに沈めました」久保田直子の告白。

この記事は約 3 分で読むことができます。

2017年12月26日

 

2017年5月3日、テレビ朝日系『マツコ&有吉かりそめ天国』において、進行役を務める久保田直子アナ(35)が、以前交際していた彼氏の携帯を黙って見てその場でメロンソーダに沈めた事があると明かした。

 

同番組では「他人の通帳が置いてあったら見るか見ないか?」のテーマで議論。共演者のマツコ・デラックスから「あんたは見るでしょ?」と言われた久保田アナは「見たいけど見ないです」と否定したものの、昔交際していた男性の携帯を黙って見た事があると明かし、怪しい内容があった為か、その場で「メロンソーダに沈めました」と告白。

 

 

 

スポンサーリンク

『マツコ&有吉かりそめ天国』では「カラコン論争」が勃発

 

2017年4月19日放送回では、久保田アナが、黒目を大きく見せる為にカラーコンタクトレンズを着用している事にマツコが気づき「もう歳なんだからやめた方がいいよ」と批判した。

 

それに対し、久保田アナは「黒目が小さくてこれを取ると別人になるんです」「裸は見せられても、コンタクトを取った姿は見せられない」「1ミリでも盛りたいじゃないですか」と必死に訴えた。しかし、マツコと有吉弘行から「ババアが盛ってどうすんの?」「あなたに目のクリクリさは誰も求めてない」「30歳を超えてカラコン入れてるオバサンのアナウンサーっている?」「カラコンババア」などと総攻撃を食らい、番組でいつかカラコンを外す「Xデー」を提案された。

 

番組を見た視聴者の間では「35でカラコンは普通に引く」「化粧と同じじゃねえか」「余計なお世話。人の勝手だろ」などと「35歳でカラコンはありかなしか?」というテーマの議論になり話題に。

 

ヤフーニュースを見た小島慶子(元TBS)が4月24日に自身のツイッターで「え?!誰がカラコン入れようと勝手じゃない?年齢がどうとか、ただの嫌がらせじゃない?ドン引き…」とツイート。

続けて「わー驚いた。その人がなに着ようとどんな化粧しようと、それはその人自身の選択なんだからいいじゃないの。趣味が違うなら、黙っとけばいいだけじゃないの。なんで年齢を理由に人前で批判するの。それ、普通にやったらいじめだよ。テレビだとなんでもありなのか?」と批判。この議論は「カラコン論争」と呼ばれ、ネットニュースでも取り挙げられるなど話題となった。

 

また、同放送回では、有吉が最近視力が落ちてきて「カンペもよく見えない」などの理由から「コンタクトにしてみてもいいかな」「この番組でやろうよ」と話していた。それを受け、5月3日放送回ではスタジオに専門の眼科医と視力検査の機械を用意。実際にマツコと有吉がカラーコンタクト装着に初挑戦した。

 

マツコと有吉が初カラコン

コンタクトを装着すると視力が片目0.5から両目1.2にアップした。

 

マツコはその日の衣装に合わせ度なしの緑色のカラコンを装着。

 

有吉は黒目が大きくなる度入りのカラコンを装着。周囲から「かわいいんじゃない」と褒められ「よく見える」と気にいっていた様子。

 

3人共カラコン。

 

久保田アナは、この「カラコン論争」を受け、「“Xデー”が来るかもしれないと思って」と、既に「カラーなしの度入りコンタクト」を購入している事を告白。「アンタなんか真面目すぎ・・・」とマツコに突っ込まれた。

 

関連記事
久保田直子アナは可愛いのに結婚できないのは何故?【テレビ朝日】
今回は、テレビ朝日(EX)に所属する久保田直子(くぼた なおこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。   久保田アナは、テレビ朝日系で放送されている情報・報道番組『ワイド!スクランブル』などの番組に出演しています。   久保田直子プロフィール 出身地 東京都町田市 生年月日 1981年9月28日(歳) 身長 158㎝ 血液型 A型 最終学歴 立教大学社会学部卒業 勤務局 テレビ朝日 活動期間 2005年 ~ 推定年収 1000万円 推定カップ Bカップ 資格、免許 フランス語検定2級 趣味 ゴルフ、ボウリング、マラソン、読書、一人でブラブラ歩き スポーツ フルマラソン、よさこい 同期 ・矢島悠子 ・中村昭治 担当番組(過去含む) ・『マツコ&有吉 かりそめ天国』(2017年4月5日~) ・『ワイド!スクランブル』 久保田直子アナの経歴   久保田直子アナウンサーの経歴は、東京都町田市出身、私立鴎友学園女子高等学校を経て、立教大学社会学部を卒業後、2005年4月1日にテレビ朝日にアナウンサーとして入社しています。大学を23歳で卒業しているので同期の矢島悠子、中村昭治より年齢は1つ上です。   中学、高校時代には陸上部に所属し、大学4年生の頃にはホノルルマラソンに参加して完走しています。テレビ朝日入社後の2007年にも、「東京マラソン」に一般で応募して参加するほど、マラソンが大好きなようです。   また、高校時代には、ロータリークラブ交換留学生としてフランスへ1年間語学留学していた経験があります。   大学時代は、ゴルフ部で汗を流したとのことで、今でも趣味がゴルフ・ボーリング・マラソンと、体が動かすことが好きなようです。ショートカットが似合うパワフルで元気な笑顔は、そういったところから来ているのでしょうか。   そして、在学中には、『2002年度ミス立教コンテスト』にて準ミス立教に輝いています。 本田朋子と久保田直子 pic.twitter.com/8mTU517Dsj — カ○パン【相互フォロー】 (@watasibakayoneh) 2015, 3月 17
小島慶子アナは夫が専業主夫で過去に母親との間に確執があった
今回は、オスカープロモーション所属の小島慶子(こじま けいこ)アナウンサーについての情報をリサーチして行きます。   小島アナは、2010年までTBSアナウンサー、現在はフリーで活動しておりタレント、エッセイストなど、幅広く活躍しています。   小島慶子プロフィール 出身地 オーストラリア 国籍 日本 生年月日 1972年7月27日(歳) 身長 172cm 血液型 B(Rh+) 最終学歴 学習院大学法学部政治学科 所属事務所 オスカープロモーション 職歴 TBSアナウンサー(1995年4月~2010年6月) キャスト・プラス(2010年7月~2013年7月) 活動期間 1995年~ ジャンル 報道・情報 配偶者 あり 推定年収 ? 推定カップ C 趣味 着物、乗馬、ピラティス 同期 ・小川知子 ・堀井美香 小島慶子アナの経歴 小島慶子の学生時代 pic.twitter.com/HSxTFg2AEe — カ○パン【相互フォロー】 (@watasibakayoneh) 2015, 4月 13 小島慶子アナウンサーの経歴は、オーストラリア・パース出身、出生後は、商社勤務の父親の仕事の都合で、7歳のころはシンガポールに、8歳から9歳のころは中国返還前の香港で過ごしていました。   家族構成は両親と年齢の離れた姉との4人家族です。帰国後は、日野市立三沢台小学校、学習院女子中等科・高等科を経て、学習院大学法学部政治学科を卒業後、1995年4月にTBSにアナウンサーとして入社しています。   中学・高校時代は、21時以降はテレビ厳禁にされていたためラジオ番組『三宅裕司のヤングパラダイス』、オールナイトニッポン一部・二部を録音して通学中に聴いていたほどのヘビーリスナーだったといいます。   TBS時代、ラジオパーソナリティとして人気を築く   1995年の新人時代には、写真週刊誌『FLASH』(光文社刊、10月10日号)のインタビューで「若いうちはバラエティーに、将来は報道を担当したい」と述べています。   1997年11月には、番組宣伝がきっかけで『世界ふしぎ発見
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す