岡部楓子アナ(TSK)がかわいい!年齢や出身大学は?(元ヤンキー)

スポンサーリンク

 

今回は、山陰中央テレビに所属する岡部楓子(おかべふうこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

岡部楓子アナウンサーは、大学時代には、ミス慶應SFCコンテスト2015でファイナリストに選ばれた美女であり、そのキュートなルックスが、ネットでかわいいと話題になっています。

 

その一方では、2020年4月18日放送の『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020』に出演した際に、元ヤン時代の衝撃写真や元カレが蛇や亀を食べていたという驚愕エピソードを連発し、見事最もヤバイアナウンサー(ヤバウンサー)に選ばれています。

 

岡部楓子プロフィール
出身地神奈川県横浜市
生年月日1995年3月22日(25歳)
身長156㎝
血液型A型
最終学歴慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科卒業
職歴山陰中央テレビアナウンサー(2017年4月~)
推定カップCカップ
趣味・特技

ピアノ、テニス、旅行

座右の銘

「今を生きる!」

出演番組(過去含む)

・『ヤッホー!』

・『TSK Live News it!』

・『Live News days』

・『なるほど!吉田くんのしまねゼミ』

岡部楓子アナ(TSK)がかわいい!年齢や出身大学は?(元ヤンキー)

岡部楓子アナウンサーの経歴。

 

岡部楓子アナウンサーの経歴は、神奈川県横浜市北区出身、森村学園(幼〜高)を経て、慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科(SFC)を卒業後、2017年4月に島根県松江市に所在するフジテレビ系列である山陰中央テレビジョン放送(TSK)にアナウンサーとして入社しています。

 

大学時代のサークルは、TeamSWEAR(テニス)、アナウンス局に所属しています。また、共同通信社でアルバイトをしていたそうです。

 

3年時には、『ミス慶應SFCコンテスト2015』でファイナリストに選ばれています。(準グランプリは同級生で現在静岡朝日テレビアナウンサーの宮﨑玲衣)

 

山陰中央テレビ入社後。

 

山陰中央テレビ入社後には、土曜日の情報番組『ヤッホー!』などの番組を担当しています。

 

2019年8月5日からは平日夕方のニュース番組『TSK Live News it!』のキャスターを務めています。

 

 

2019年11月3日には、フジテレビ系『27時間テレビにほんのスポーツは強いっ!』「FNS系列局対抗 もう二度と見られない!?全国スポーツ秘蔵映像は強いっ!GP」にスタジオ出演して、島根県出身のテニス・錦織圭選手の貴重映像を紹介しています。

 

さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検で「ヤバウンサー2020」に選ばれる。

 

2020年4月18日には、フジテレビ系『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020』にスタジオ出演をしています。

 

 

そこで、現在と違う昔の写真を紹介するコーナーで、18歳の時の写真を公開。女子アナとしては前代未聞のヤンキー姿を披露しています。

 

 

この放送不可の中指を立てるポーズを決めた写真に、ゲストでギャルモデルのゆきぽよは「ちょっと前のゆきぽよですよ」と驚き、続けて「よくアナウンサーになれましたね?すごいですよ」と聞かれると、岡部アナは「ギャルこそ正義だと思って、ギャルを目指した結果、なぜかヤンキーになってしまった。あれがかわいいと思っていた」と、その理由を明かしています。

 

 

一方、さんまは「怖いな、女って~」と驚き、「お前、仲間のニュースは呼んだことないの?涙の実況!」とふざけていました。

 

 

続いて、「アナウンサーのヤバすぎる恋愛事情」では、「元カレがそこらへんにいるヘビやカメを食べる人」だったという、驚愕のエピソードを告白しています。

 

 

この衝撃的すぎるパワーワードにさんまもうなだれています。

 

 

岡部アナは、「元カレがすごい田舎の出身の人で、ヘビとかカメとか食べているのを見て…彼から『田舎はみんなこうだよ』と言われ、馴染もうと思って一生懸命一緒に食べていました」と説明しています。スタジオ全員がドン引きする中、さんまから「ヘビとカエルは分かるけど、カメはどうすんねん?」と聞かれると、岡部アナは「こう、甲羅をパカッと開けて」と回答。さらに悲鳴が起きています。

 

次に、さんまから「お前、それホンマ?それ、焼くの?」と聞かれると、「鍋に入れて『カメ鍋だよ』って、私ホントにわからなくて…」と答えると、ハライチ・澤部から「それ、東京でウケると思って言ってんの?そんな街じゃないから!」と、この話を疑われています。

 

 

また、調理方法は家の風呂で「泥抜き」をするといい、「私が家に帰ってお風呂に入ろうとしたら、浴槽にヘビが泳いでいた」というエピソードを追加しています。彼が全部調理していたといい、さんまから「おじいちゃんと付き合ってたのかお前?」と聞かれると、「ピチピチのまだ20代なんですけど」と答え、カメの味については「タンパクです。すごく。あんまり味はないですね」と明かしています。

 

 

続いて、「ヤバいハプニング集」では、ニュース番組で大蛇を「おおへび」と呼んだり、

 

 

虐待を「じぎゃたい」、

 

 

逆さまを「ぎゃくさま」と間違えて読むVTRが紹介されています。

 

 

そんな、漢字に弱い岡部アナは慶應大学出身。ゲストの釈由美子から「岡部アナはギャルだったから漢字が読めないんですか?」と聞かれると、「私、高校2年生まで偏差値33しかなくて、大学受験のために1年間だけ勉強して入ったので、正直基礎知識が正直なくて」と『ビリギャル』ばりのエピソードを明かしています。

 

 

また、大蛇を「おおへび」と間違えた際には、カンペが出されていましたが「だいじょうぶじゃ」と思って「尺が大丈夫なのかなと思った」と振り返っています。

 

 

そして、番組最後には、最もヤバいアナウンサーである「ヤバウンサー2020」に選ばれています。

 

人物・ほかのエピソードなど。

 

・母親はピアノ教師、妹がいる。妹も美人でミス慶應SFCコンテスト2017に出場している。

 

・2019年8月公開のアニメ映画『ONE PIECE STAMPEDE』にアテレコで出演している。

 

・小さい頃からピアノや作曲、書道、バレエ、水泳、テニスなど様々な習い事をしていた。

 

・好きな食べ物は、たこ焼き、しそ。

 

・自動車を冬用タイヤに交換した際、 夏用タイヤは捨てる物だと思って捨ててしまったという。

 

岡部楓子アナウンサーまとめ。


出典:fuk8kabe(公式インスタグラム)

・ミス慶應SFCコンテスト2015ファイナリスト。

・山陰中央テレビアナウンサー。

・元ヤンで高校2年まで偏差値33だった。

・ネットでかわいいと話題に。

今後も岡部楓子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
地方局(ローカル)に勤務する女性アナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
地方の放送局に勤務する女性アナウンサー名鑑【一覧】です。(NHK以外) 民放キー局以外にも魅力的な女性アナウンサー達がたくさんいます。 随時更新していきますが、移籍情報が古い場合もありますのでご了承下さい。