安藤桂子アナウンサーの出身大学や経歴は?(KFB福島放送)

スポンサーリンク

今回は、福島放送(KFB)に所属する安藤桂子(あんどうけいこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

安藤桂子アナウンサーは、元群馬テレビアナウンサー。2011年には『ANNアナウンサー賞』大賞を受賞した実力派です。

 

安藤桂子プロフィール
出身地福井県鯖江市
生年月日1984年11月6日(36歳)
身長?cm
血液型A型
最終学歴早稲田大学第一文学部卒業
職歴群馬テレビ(2007年~2009年)
福島放送(2009年4月~)
活動期間2007年~
推定年収?万円
推定カップCカップ
趣味

1人旅、映画鑑賞、友達とワインを飲むこと

特技

晴れ女

資格

英語 TOEIC 905点、スピーキング:CEFRのC1レベル(ケンブリッジ英検)、小型船舶操縦士1級、世界遺産検定2級

好きな言葉

人生、苦しいときが上り坂

同期(群馬テレビ)

福田友理子

担当番組(過去含む)

・『ふくしまスーパーJチャンネル』など

安藤桂子アナウンサーの出身大学や経歴は?(KFB福島放送)

安藤桂子アナウンサーの経歴。

 

安藤桂子アナウンサーの経歴は、福井県鯖江市出身、?高等学校を経て、早稲田大学第一文学部を卒業後、2007年4月に群馬テレビ(GTV)にアナウンサーとして入社しています。

 

大学時代には、アナウンサーを目指し「KEE’Sアナウンススクール」(第一期生)を受講。生アートイベント『BLACK BURST』の司会や、インターネットチャンネル『全国お祭りチャンネル』のリポーターなどを務めています。

 

群馬テレビでは、『あさいち・朝生・情報通』、『ひる生情報Ⅱ』、『ニューカラオケ大賞』などの番組に出演。

 

 

2009年2月には、2年間勤務した群馬テレビ退社し、同年4月よりテレビ朝日系列局である福島放送に契約アナウンサーとして入社しています。同局では、情報番組『ウィークエンドケア』、『ふくしまスーパーJチャンネル』、『朝だ!生です旅サラダ中継コーナー』などの番組を担当しています。

 

 

2012年11月30日には、『第11回ANNアナウンサー賞』において大賞を受賞しています。(ふくしまスーパーJチャンネルSP『故郷に戻り始めた人々』)

 

2013年1月放送の『パネルクイズ アタック25新春女性アナウンサー大会』では、福島放送チームとして千原礼子と出演しています。

 

2018年7月5日放送の『ナニコレ珍百景 日本全国!テレ朝系列局投稿祭3時間スペシャル2018夏』に出演しています。

 

同年10月のブログで海外(アイルランド)に留学することを報告。2019年5月に復帰しています。

 

また、安藤桂子アナには、これまでに結婚しているという情報はなく独身だと思われます。

 


人物・エピソードなど。


出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/

・テレビ東京の須黒清華とは、大学の同級生。4年間同じサークルで過ごした仲。

 

・子供のころは医師になりたかった。

 

・社会人になってから1人で訪れた国は、約20か国。

 

・アナウンサーになったきっかけは、小学生の時に運動会の開会式中に、涼しいテントの中にいたい一心で、放送委員になったことから。

 

・『ふくしまスーパーJチャンネル』番組内コーナー「ふくしまらーめん道」では、毎回2杯は完食しており、調子の良いときには3杯食べるときもあるという。

 

・好きな有名人は体操選手の冨田洋之

 

・2020年8月21日には、福島レッドホープスの試合で行われた「第2回女子アナスピードガンコンテスト」に参加して56㎞で第2位だった。

 

 

・2021年4月には、「3カ月で球速100㎞の球が投げられるか」という企画に挑戦したが達成ならず。達成出来なかった代わりに、甲子園に出場する球児のために1人で千羽鶴を折った。

 

安藤桂子アナウンサーまとめ。

・元群馬テレビアナウンサー。

・2011年の『第11回ANNアナウンサー賞』で大賞を受賞。

今後も安藤桂子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

KFB公式

『安藤桂子のアンドゥトロワ』

関連記事
地方局(ローカル)に勤務する女性アナウンサー・キャスター名鑑【一覧】
地方の放送局に勤務する女性アナウンサー名鑑【一覧】です。(NHK以外) 民放キー局以外にも魅力的な女性アナウンサー達がたくさんいます。 随時更新していきますが、移籍情報が古い場合もありますのでご了承下さい。

テキストのコピーはできません。