蜂谷由梨奈アナがかわいい!出身高校や結婚は?【ミヤギテレビ】

スポンサーリンク

今回は、宮城テレビ放送(MMT)に所属する蜂谷由梨奈(はちやゆりな)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

蜂谷由梨奈アナウンサーは、慶應大学時代には『ミス慶應コンテスト2011』でファイナリストに選出された才色兼備。ネット上でも「かわいい」と話題になっています。

 

蜂谷由梨奈プロフィール
愛称はっちー
出身地群馬県前橋市
生年月日1992年11月14日(26歳)
身長/靴のサイズ162cm
血液型A型
最終学歴慶應義塾大学総合政策学部卒業
職歴宮城テレビ放送(2015年4月~)
活動期間2015年~
推定年収?万円
推定カップCカップ
趣味

お散歩、ミュージカル鑑賞

特技

書道、どこでも眠れること

座右の銘

「ベストを尽くす」、「高くとびたかったら、低く構えろ」

資格

自動車普通免許

担当番組(過去含む)

・『NNNミヤギテレビニュース』

・『ミヤギnews every.』

蜂谷由梨奈アナウンサーの経歴。

 

蜂谷由梨奈アナウンサーの経歴は、群馬県前橋市出身、私立共愛学園高校を経て、慶應義塾大学総合政策学部(SFC)を卒業後、2015年4月より宮城テレビ放送(MMT)にアナウンサーとして入社しています。

 

高校時代には、弁論部に新聞委員会に所属。弁論では全国大会で2度優勝しています。大学時代には、生協学生委員会、フットサルサークル『足猿』に所属。1年時には『ミス慶應コンテスト2011』でファイナリストに選出されています。

 

アナウンサーを目指し、テレビ朝日のアナウンススクールである『テレビ朝日アスク』でアナウンス技術を学んでいます。

 

ミヤギテレビ入社後は、10月7日から情報ワイド番組『OH!バンデス』内のコーナー「はっちーのうみの杜にっき」を担当。2017年1月4日より産休に入った武田玲子の後任として『OH!バンデス』の第4部『ミヤギnews every.』のキャスターを務めています。

 

2018年6月1日放送の全国ネット番組『金曜ロードSHOW!全国好きな嫌いなアナウンサー大賞』に出演しています。

 

また、蜂谷由梨奈アナに彼氏や結婚などの恋愛に関する明確な情報はないようです。

 

スポンサーリンク

蜂谷由梨奈アナの人物、他のエピソードなど。

・きょうだいには、妹がいる。

 

・高校時代には、『第54回文部科学大臣杯全国青年弁論大会』において、中高生の部で優良賞、公益財団法人日本国際連合協会『第57回国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール』で文部科学大臣賞を受賞している。

 

・大学時代の2014年頃には、ラジオNIKKEI『Oh!わんだ~FXナイト!』に津田麻莉奈岸田あさみと出演していた。

 

・性格はポジティブで、見た目の印象とは異なり、考えるより行動が先立つタイプだという。

 

・好きな食べ物は、プリン、カスタード、豆乳、枝豆。

 

・『ミヤギnews every.』でコンビを組む柳瀬洋平アナの公式ブログによると、おっさん女子でカツ丼ガッツリ食う、アルコール大好きでビール、日本酒が好きで冷蔵庫に“一升瓶”が入っているという。

 

・好きな場所は、実家、水族館、沖縄、公園など。

 

・苦手なものは、セミ、鳩。

 

・好きな芸能人は、綾瀬はるか。

 

・尊敬する人物は両親。高校時代に新聞委員会で取材したJICA(国際協力機構)副理事長の大島賢三。(ミスコン時)

 

蜂谷由梨奈アナウンサーまとめ。

 

・『ミス慶應コンテスト2011』ファイナリスト。

・高校時代には弁論大会で活躍。

今後も蜂谷由梨奈アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『アナウンサー日誌』

関連記事
地方局(ローカル)に勤務する女性アナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
地方の放送局に勤務する女性アナウンサー名鑑【一覧】です。(NHK以外) 民放キー局以外にも魅力的な女性アナウンサー達がたくさんいます。 随時更新していきますが、移籍情報が古い場合もありますのでご了承下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
地方局(ローカル)

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日

TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他フリー

その他ローカル局

TOKYO MX

お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者

出身大学偏差値

身長ランキング

アンケート集

タレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍
女性アナウンサー大図鑑

コメント