小池裕美子アナの夫(旦那)や子供は?大正大学特命教授【元日本テレビ】

スポンサーリンク

 

今回は、元日本テレビの小池裕美子‏(こいけゆみこ)元アナウンサーについての情報をリサーチして行きます。

 

小池裕美子は、日テレ時代には、主にニュース番組を担当。2010年に日本テレビを定年退職しています。

 

2017年7月14日放送のTBS系バラエティ番組『爆報!THEフライデー~あの人は今…驚きの人生激変SP~』では、現在の彼女の姿を紹介しています。

 

小池裕美子プロフィール
出身地和歌山県
生年月日1950年9月2日(68歳)
身長?㎝
血液型AB型
最終学歴大阪樟蔭女子大学学芸学部国文科卒業
活動期間2017年~
ジャンル情報
推定カップBカップ
同期

・楠田枝里子

・松永二三男

小池裕美子元アナウンサーの経歴。

 

 

小池裕美子の経歴は、和歌山県出身、?高等学校を経て、大阪樟蔭女子大学学芸学部国文科を卒業後、1974年4月に日本テレビに同期の楠田枝里子らと共に入社しています。別名義、小池柚実子。

 

 

日本テレビ入社後は、『にっぽんレポート』、『宗教の時間』のリポーターを担当。2年目の1975年12月から夕方のニュース番組『NNNジャストニュース』で日本テレビ初の女性キャスターに抜擢され8年間務めています。他には『NNNおはよう!ニュースワイド』(3年間)、『NNNニューススポット』 、『NNNニュース』、 『爆笑!!マイスタ』などの番組に出演。

 

 

プライベートでは、1978年(当時28歳)に、先輩テレビディレクターと結婚し、32歳の時に一人娘を出産しています。

 

 

1989年に放送された『昭和天皇大葬の礼』を初め、『即位の大礼』(1990年)、『礼宮殿下結婚の礼』(1990)、『皇太子殿下・雅子様のご成婚』(1993年(当時42歳))などの皇室番組の生中継で活躍しています。

 

その後も引き続きアナウンサーとして活動していましたが、1994年にアナウンス部から異動。その後は、編成局、ネットワーク局、営業局等の管理職業務などを歴任しています。

 

短歌をしており、2008年に『弦短歌界』同人。2009年には、万葉短歌大会において「万葉賞」を受賞しています。2010年には、日本テレビを定年退職しています。

 

 

2012年1月には、「小池柚実子」名義で書籍『歌集 時の沙』(角川学芸出版)を出版しています。

 

小池裕美子は現在、大正大学の教授に転身していた。

 

2012年からは、大正大学表現学部表現文化学科の放送・映像表現コースで特命教授となり、マスコミ志望の学生たちの育成に携わっています。

 

 

2017年7月14日放送のTBS系バラエティ番組『爆報!THEフライデー』では、彼女の大学教授への華麗なる転身ぶりを放送しています。

 

 

大学教授に転身し、順風満帆に見える彼女ですが、実は5年前から92歳になる母親の介護をしており、仕事と介護の両立に追われているといいます。

 

 

そんな彼女の楽しみは、元日本テレビの後輩アナ達との女子アナ会。この日は永井美奈子、菅家ゆかりと合流しています。

 

退職してからも日本テレビアナウンス部の上下関係は健在。後輩達からのヨイショトークにまんざらでもない様子でした。

 

小池裕美子‏まとめ。

 

・元日本テレビアナウンサー。

・定年退職後、大正大学の特命教授に転身している。

今後も小池裕美子の活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
【日本テレビ】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】
日本テレビ放送網株式会社(にっぽんテレビほうそうもう、英称:Nippon Television Network Corporation)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者です。一般的には日...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日本テレビ(NTV)

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日

TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他フリー

その他ローカル局

TOKYO MX

お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者

出身大学偏差値

身長ランキング

アンケート集

タレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍
女性アナウンサー大図鑑

コメント