.

松田朋恵アナの元夫(旦那)や子供達は?『テニプリ』のガチオタでブログが怖い。

この記事は約 8 分で読むことができます。

2018年3月31日

今回は、W.moonに所属する松田朋恵(まつだともえ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

松田朋恵アナは、元フジテレビアナウンサー。現在はフリーアナウンサー、アナウンス講師、講演活動など幅広く活躍しています。

 

松田朋恵プロフィール
本名 松田朋恵
出身地 東京都
生年月日 1963年3月12日(55歳)
身長 ?cm
血液型 O型
最終学歴 青山学院大学英米文学科卒業
所属事務所 W.moon(代表)
職歴 フジテレビアナウンサー(1985年4月~1987年)
ジャンル 情報
推定年収 ?
推定カップ Bカップ
趣味

料理、映画鑑賞、読書、スポーツ(エアロビクス、筋トレ)、アニメオタク・声優オタク

特技

英会話

資格

臨床心理カウンセラー、フラワーサイコセラピスト

同期

長野智子

・永麻理

・小田多恵子

・軽部真一

・三宅正治

担当番組

 

松田朋恵アナウンサーの経歴。

 

松田朋恵アナウンサーの経歴は、東京都出身、?高等学校を経て、青山学院大学英米文学科を卒業後、1985年4月にフジテレビにアナウンサーとして入社します。

 

 

フジテレビ入社後、10月よりバラエティ番組『TVプレイバック』で萩本欽一とダブルMCに大抜擢。その他には『3時のあなた』のアシスタント、『スーパータイム』のレポーター、『スポーツワイド・プロ野球ニュース』の司会やレポーターなどを担当しています。

 

1987年には、同僚アナウンサーの野崎昌一(のざきまさかず)との結婚を機に寿退社しています。その後はフジテレビの子会社である共同テレビジョンに所属。フジテレビ系『テレビ寺子屋』(テレビ静岡制作)の3代目司会として14年間レギュラー出演しています。(~2011年6月)

 

2016年7月には、自らが代表を務める芸能事務所『W.moon(ダブルムーン)』を設立し、フリーアナウンサーとして活動しています。

 

 

現在はイベント司会や番組出演の他、イベントのキャスティングやフジテレビのアナウンススクール『アナトレ!』の特別講師、従業員研修・社員研修の講師等も務めています。

 

また、日本カウンセリング協会認定臨床心理カウンセラーの資格を活かして、コミュニケーションやメンタルヘルスケアをテーマにした講演活動を行っています。

 

松田朋恵アナの元夫の野崎昌一の経歴。

 

元夫である野崎昌一の経歴は、1955年7月11日生まれの62歳。慶應義塾大学卒業後、1979年フジテレビに入社。

 

 

1987年から放送が開始された『F1グランプリ』の初代実況中継を担当、1988年からは佐々木信也の後任として『プロ野球ニュース』の平日総合キャスターを4年間担当しています。

 

 

1991年10月31日放送の『とんねるず木梨憲武の盲腸緊急追悼特番』の際に進行役を務めています。

 

2001年にアナウンス室から広報局広告宣伝部長に異動。2005年経営管理局関係会社調整室業務部長、2006年グループ事業推進局関係会社調整室業務部長を歴任後、フジ・メディア・ホールディングス経営管理局投資管理部長に異動。投資戦略部長を経て、2012年6月8日付で、フジ・メディア・ホールディングス製作子会社である『NEXTEP』の執行役員を務めています。

 

松田朋恵アナウンサーの子供達。

   
本人ブログより

 

野崎昌一と結婚した年の1987年7月31日に第1子長女を出産、その2年後の1989年12月13日に第2子長男「圭希(よしき)」を出産しています。その後、結婚18年目となる2005年に野崎と協議離婚が成立。42歳で2人の子供を育てるシングルマザーになります。(離婚理由についてなどの詳細は不明)

 


本人ブログより

 

また、息子が高校生のころに突如不登校になり、これではいけないと思いカウンセリングの学校に入学。2010年に「臨床心理カウンセラー」の資格を取得。その後、フラワーサイコセラピーの資格を取得しています。現在は、子供たちは2人共成人しており、息子の方は会社員として働いているようです。

 

また、子供達とは仲が良く、松田朋恵アナのSNSにも度々登場しています。そのSNSでは、子供達と趣味のアニメを通じ、共通の友人達も交えてフェスやイベントなどに参加して楽しんでいる様子が投稿されています。

 

松田朋恵アナウンサーが『有吉反省会』に登場。

 

2018年2月24日放送の日本テレビ系『有吉反省会』に登場。彼女のSNSの内容が来る日も来る日も全く同じ内容で怖いと紹介されています。

 

 

そこには、両手いっぱいにペンライトを持つオタク感モロ出しでミュージカルを鑑賞している様子が投稿されています。

 

 

『テニスの王子様』(通称テニプリ)のミュージカルには、3公演連続で参戦しているといいます。

 

 

来る日も来る日も同じ投稿で、実は内容が全く同じミュージカルに100回以上通い続けているといいます。

 

 

これには、さすがに担当マネージャーも困っており、「司会の仕事が入っている日に激レアのチケットが手に入れたということで、元々決まっていた仕事をお断りしました。非常に困っています」と明かし、かなりご立腹の様子です。

 

 

スタジオに登場するとMCの有吉弘行から「相当お好きなんですね~」と振られると、松田アナは「ガチオタですよ」と豪語しています。続けて「氷帝学園という中学校があるんですけど、その200人の部員を束ねる部長の跡部景吾様に一目惚れで」と、好きなキャラについて説明し始めます。

 

 

跡部景吾様の写真が写るとテンションが上り「だってカッコイイでしょ?こんな人がいるんだ(と思った)♡」と話し、彼の魅力については「クールに見えて後輩想いで優しいの。ギャップがね」と嬉しそうに語っています。

 

 

有吉は「フジテレビで言うと笠井さんみたいな感じかな?」と、笠井信輔を引き合いに出すと「ちょっと違う」と否定しています。

 

続けて「跡部財閥の御曹司なんですよ」と説明すると、有吉は「そっか、そっか。軽部財閥ではない?」と、またもフジテレビの軽部真一(小学校2年生時に同級生だった)を引き合いに出したところ、松田アナは「全く違います。ごめんなさい。比べないでください。」と怒り出しています。

 

 

その様子を見ていた共演者の大久保佳代子は、理解できないといい「だって、会ったり触ったり出来ないじゃないですか」と尋ねると、松田アナは「もう会ってる。オタクは妄想が得意なんですよ。私はもう跡部様のクラスメート」と語っています。しかし、大久保は「50過ぎくらいでしょ?」と現実を突きつけています。

 

 

続けて、跡部様の決めポーズを真似し「俺様の美技に酔いな」と決めセリフを吐いています。

 

 

しかし、スタジオは「しーん」と静まり、その反応に松田アナは「え?」と驚いた様子。盛り上がると思っていた松田アナは「オタ仲間でやると「うわ~♡」となるんですよ」と説明していました。

 

松田朋恵の人物、エピソードなど。

 

・学生時代は陸上競技の選手として活動。現在でもスポーツクラブでエアロビクス、筋トレなどを続けている。

 

・わずか2年のアナウンサー生活だったため、退社する際には当時の鹿内春雄会長からは「フリーになってもいいから番組は出続けてくれ」と言われた。

 

・長所は、明朗快活。短所は、他人に厳しいところ。

 

・好きなタイプは、さっぱり系。嫌いなタイプは、優柔不断系。

 

・好きな色は、青、白。好きな食べ物は、ビール、ワイン、日本酒。嫌いな食べ物は、特になし。

 

・好きな芸能人は、桑田佳祐、天海祐希。好きな言葉は、「一生懸命」。

 

・好きなマンガは、ワンピース、スラムダンク、るろうに剣心、バナナフィッシュ、戦国BASARAなど。好きなゲームは、ドラゴンクエスト。

 

松田朋恵アナウンサーまとめ。

・元フジテレビアナウンサー。

・同僚アナウンサーの野崎昌一と結婚し2人の子供を出産。

・同じミュージカルに何回も参戦するほどのガチオタ。

今後も松田朋恵アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

トモエスタ セニョリータ!

関連記事
【フジテレビ】女性アナウンサー・キャスター・リポーター名鑑【一覧】
  株式会社フジテレビジョン(Fuji Television Network, Inc.)は、関東広域圏を放送対象地域とするテレビジョン放送の特定地上基幹放送事業者です。略称はCX。   通称はフジテレビ、フジ。FNNフジニュースネットワーク、FNSフジネットワーク(フジテレビ系列)のキー局にあたります。   フジテレビ公式サイト ⇒女性アナウンサープロフィール フジテレビ女性アナウンサー名鑑【一覧】(退職者も含む) 1977年入社 ・益田由美(2015年2月28日で定年退職):誕生日:2月11日:出身地:東京都:出身大学:早稲田大学:血液型:B型 ・城ヶ崎祐子(1997年退社) ・桜井郁子(2014年5月退社)   1983年入社 ・松尾紀子(2015年7月31日退職):誕生日:9月5日:出身地:東京都:出身大学:慶應義塾大学:血液型O型 ・筒井櫻子(?) ・牛尾奈緒美(明治大学情報コミュニケーション学部教授)   1984年入社 ・寺田理恵子(1989年に退社)   1985年入社 ・長野智子(1990年退社、古舘プロジェクト) ・松田朋恵(1987年退社、フリー) ・永麻理 ・小田多恵子   1986年入社 ・阿部知代:誕生日:7月23日:出身地:群馬県桐生市:出身大学:上智大学:血液型O型 ・岩瀬惠子(現:フリー)   1987年入社 ・中井美穂(現・フリー) ・青木美枝(1987年 – 1996年、経理局財務部謝金担当)   1988年入社 ・有賀さつき(2018年1月末死去。) ・河野景子(現:フリー) ・八木亜希子(フォニックス)   1989年入社 ・佐藤里佳:誕生日:1月14日:出身地:神奈川県:出身大学:フェリス女学院大学:血液型:A型 ・木幡美子(現:CSR推進室) ・田代尚子(フジテレビ国際開発局国際部所属の社員)   1991年入社 ・近藤サト(ベルベットオフィス所属) ・中村江里子   1992年入社 ・西山喜久恵:誕生日:6月22日:出身地:広島県尾道市:出身大学:上智大学:血液型AB型 ・小島奈津子(フォニックス所属)   1993年ニッポン放送入社2006年にフジテレビに転職
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
  フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。   セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。   今後も随時更新していきます。(リポーターやお天気キャスターとして出演していた者も記述)   女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】 セント・フォース、フォニックス所属の女性アナウンサーはこちらから https://joseiana.com/cent-force https://joseiana.com/phonics 事務所移籍など情報が古い場合もあります。   ⇒名前がわからない場合(顔写真あり)   NHK契約キャスター(過去も含む) ・国谷裕子(元クローズアップ現代司会) ・遠藤育美(シブ5時) ・駒村多恵「あさイチ」(三桂) ・久田直子「きょうの健康」 ・岩渕梢「くらし☆解説」(ライムライト) ・小林恵子(ライムライト) ・村上文香(NHK大津、元NMB48メンバー)   『ひるまえほっと』首都圏放送(2017年4月7日現在) ・安部香央里 ・高橋温美 ・勝田真季 ・小村弥生 ・島 紗理 ・清水明花 ・竹澤知位子 ・西村美月 ・本庄美奈子 ・松尾衣里子 ・宮澤結花 ・八木菜月 卒業 ・菊池真帆 ・高松祥子 ・中嶋 梓 ・角宮英里 ・田中里香 ・藤田悦子 ・井上朋子 ・菅野真美恵   NHKBS1『BSニュース』 ・長谷川静香(2017年4月1日~) ・竹村優香(2017年2月1日~) ・山住悠(2016年3月29日~) ・高嶋未希(2016年3月30日~) ・杉本麻紀(2014年4月1日~) ・上代真希(2012年4月3日~) ・實石あづさ (2013年4月~2016年8月23日、2017年復帰) 卒業 ・白石理央(2016年8月24日~2017年3月) ・工藤紋子(2013年4月1日~2017年3月31日) ・井上真帆 (2014年1月13日~2017年1月29日) ・滝本沙奈(2014年4月2日 ~2016年3月18日) ・堤真由美(2011年5月~2016年3月29日)   NHK大阪 ・塩見泰子
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す