.

熊谷麻衣子アナの夫は伊達みきお!子供や馴れ初めについて

この記事は約 6 分で読むことができます。


今回は、圭三プロダクションに所属する熊谷麻衣子(くまがいまいこ)アナウンサーについての情報をリサーチして行きます。

 

熊谷麻衣子アナウンサーは、元岩手めんこいテレビアナウンサー。夫がお笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおということでも有名です。

 

熊谷麻衣子プロフィール
本名 伊達麻衣子
出身地 宮城県仙台市
生年月日 1970年8月10日(47歳)
身長 162㎝
血液型 A型
最終学歴 国立音楽大学教育音楽学部声楽科卒業
所属事務所 圭三プロダクション
活動期間 1993年~
ジャンル 情報
推定カップ Dカップ
趣味

旅行、スノーボード、写経、美術鑑賞、海釣り、クッキーなどの菓子作り、山菜採り、舞台鑑賞

特技

ピアノ演奏

資格

中学校・高等学校教諭免許状、書道7段、小型船舶操縦士2級、スキューバーダイビング免許Novice1、普通自動車運転免許、野菜ソムリエ ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター(初級)

出演番組(過去含む)

・フジテレビ系『情報プレゼンターとくダネ!』

熊谷麻衣子アナウンサーの経歴。

 

熊谷麻衣子アナウンサーの経歴は、宮城県出身、出身高校は不明、東京にある国立音楽大学教育音楽学部声楽科を卒業後、1993年4月に盛岡市に所在するフジテレビ系列の岩手めんこいテレビ(mit)にアナウンサーとして入社しています。

 

入社後は、『土曜は見っと!』の司会、『ピンクのしっぽ』のメイン司会、『mitザ・ヒューマン』→『mitスーパーニュース』でキャスターを務めています。その一方では、フジテレビ系『めざましテレビ』では、岩手県の中継レポーターを担当しています。

 

 

1995年4月21日には、同僚だった横山義則と、同局の青森県出身スタッフの男性と3人で、当時人気だったヒップホップグループ『EAST END×YURI』を真似た仙台版企画ユニット『NORTH EAST×MAI』として『DA・CHA・NE』(だっちゃね:『DA・YO・NE』の仙台弁バージョン。)をリリースしています。結成時には、上司から国立音楽大学出身という理由でボーカルとして選ばれたましたが、本人は拒否し続けたが結局渋々引き受けたといいます。

 

また、同局在籍時には『FNSアナウンス大賞奨励賞』を受賞した事もあります。

 

2003年3月末を以ってに岩手めんこいテレビを退社。東京に拠点を移し、翌4月から圭三プロダクションに所属。フジテレビ系『情報プレゼンターとくダネ!』の番組内コーナー「とくダネ!特捜部」のレポーターの1人としてとして活動。歌手・岡本知高のコンサートの司会なども務めています。

 

サンドウィッチマン・伊達みきおと交際発覚、結婚発表、長女出産。

2009年3月10日には、4歳年下のお笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおと写真誌『フラッシュ』にスクープされ、真剣交際中であることが発覚。同年5月11日に双方の所属事務所を通じて結婚することを発表。(当時38歳)

 

同年7月に入籍、同月11日には2人の地元仙台市で挙式を執り行っています。 

 

その後、2012年1月12日に第1子となる長女を出産しています。(現在6歳) また、長女を出産する以前には1度流産してた事を明かしています。

 

夫のサンドウィッチマン・伊達みきおについて。

 

伊達みきおの経歴は、生年月日は、1974年9月5日生まれの43歳。宮城県仙台市泉区(当時泉市)出身、仙台商業高等学校(現・仙台市立仙台商業高等学校)を卒業後、警察官を志し2回試験を受けるも不合格。断念し福祉系専門学校へ入学するも3ヶ月で退学。その後、父親のコネで介護関係会社に就職し、介護用品の営業マンをしていました。

 

その後、高校のラグビー部で出会った同級生の富沢たけしに誘われたのがきっかけで、お笑い芸人を目指すことに。会社を辞め、1998年に富沢と2人で上京。24歳の時に浜田ツトム(後に脱退)を入れたトリオで『サンドウィッチマン』を結成。2005年5月28日に日本テレビ系『エンタの神様』でテレビ初出演。2007年12月23日にはお笑いコンビNo.1を決める『第7回M-1グランプリ』で優勝。一気に知名度を上げ、人気芸人の仲間入りを果たしています。所属事務所はグレープカンパニー

 

伊達みきおの実家は、伊達政宗の本家筋「分家である大篠家」の末裔とういうエリート家系で父親は銀行員。さらに伊達政宗と同じ誕生日。また、熊谷アナと結婚する前は、馬場典子(元日本テレビ)の大ファンで、過去に出演していた『キューピー3分クッキング』を録画して観るほど好きだったといいます。

 

熊谷麻衣子アナウンサーと伊達みきおとの馴れ初めは?

 

2人の初対面は、2007年にサンドウィッチマンが『M-1ぐらんぷり』になった直後の『とくダネ!』での1日密着取材。そこで、伊達が熊谷アナに一目惚れし「ああ、おれこの人と結婚するかも」と直感したといいます。伊達はマネジャーを通じて渡されていた名刺のアドレスに連絡し、食事に誘いましたが、お互い多忙で半年間くらいは、メールをやり取りする日々が続いたといいます。

 

すると伊達は、「彼女がどこに住んでいるかっていう住所だけはなんとなく聞いていたんで、ストーカーみたいに、それらしい地域のところへ行って、電柱とかに書いてある住所を写メで撮って、『今こういうところにいるんだけど、近いの?』って」と熊谷アナの家を探し当て、会いに行ったといいます。(当時は熊谷アナには彼氏がいたそうで、略奪愛だったという)

 

この行動力が功を奏し、初デートに連れ出すことができた伊達は、思いを募らせていたこともあり、「『付き合ってください』のタイミングで、『結婚してください』って言った」と、プロポーズしたといい、2008年の秋ごろから交際が始まったといいます。

 

人物。

・音大出身で、当時はなんとなくレコード会社に就職しようかと思っていた。

 

・2001年9月11日に起きた「アメリカ同時多発テロ事件」を知り、フリーアナウンサーを志すようになる。

 

・好きな番組はJ-WAVE「PLATOn」であり、ラジオパーソナリティーになる事に憧れを抱いている。

 

・地方物産展、スコッチ・ウイスキー「シングル・モルト」にこだわりを持つ。

 

熊谷麻衣子アナウンサーまとめ。

・元岩手めんこいテレビアナウンサー

・夫はお笑いコンビ『サンドウィッチマン』の伊達みきお。

・2012年1月に長女を出産。

今後も熊谷麻衣子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
  フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。   セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。   今後も随時更新していきます。(リポーターやお天気キャスターとして出演していた者も記述)   女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】 セント・フォース、フォニックス所属の女性アナウンサーはこちらから https://joseiana.com/cent-force https://joseiana.com/phonics 事務所移籍など情報が古い場合もあります。   NHK契約キャスター(過去も含む) ・国谷裕子(元クローズアップ現代司会) ・遠藤育美(シブ5時) ・駒村多恵「あさイチ」(三桂) ・久田直子「きょうの健康」 ・岩渕梢「くらし☆解説」(ライムライト) ・小林恵子(ライムライト) ・村上文香(NHK大津、元NMB48メンバー)   『ひるまえほっと』首都圏放送(2017年4月7日現在) ・安部香央里 ・高橋温美 ・勝田真季 ・小村弥生 ・島 紗理 ・清水明花 ・竹澤知位子 ・西村美月 ・本庄美奈子 ・松尾衣里子 ・宮澤結花 ・八木菜月 卒業 ・菊池真帆 ・高松祥子 ・中嶋 梓 ・角宮英里 ・田中里香 ・藤田悦子 ・井上朋子 ・菅野真美恵   NHKBS1『BSニュース』 ・長谷川静香(2017年4月1日~) ・竹村優香(2017年2月1日~) ・山住悠(2016年3月29日~) ・高嶋未希(2016年3月30日~) ・杉本麻紀(2014年4月1日~) ・上代真希(2012年4月3日~) ・實石あづさ (2013年4月~2016年8月23日、2017年復帰) 卒業 ・白石理央(2016年8月24日~2017年3月) ・工藤紋子(2013年4月1日~2017年3月31日) ・井上真帆 (2014年1月13日~2017年1月29日) ・滝本沙奈(2014年4月2日 ~2016年3月18日) ・堤真由美(2011年5月~2016年3月29日)   NHK大阪 ・塩見泰子 芸能プロダクション所属 オールウェーブ・アソシエツ
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す