.

小栗泉の経歴や結婚相手や家族について【日本テレビ】

この記事は約 5 分で読むことができます。

2017年12月26日

今回は、日本テレビ所属の小栗泉(おぐり いずみ)キャスターの情報をリサーチして行きます。

 

小栗キャスターは、日本テレビ報道局解説委員・政治部担当副部長を務め、現在は日本テレビ系『news every.』でニュースの解説をしています。

 

小栗泉プロフィール
出身地 東京都
生年月日 1964年8月27日(53歳)
身長 ?cm
血液型 ?型
最終学歴 青山学院大学文学部英米文学科卒業
部署 報道局政治部
活動期間 1988年~
ジャンル 政治記者
推定年収 2100万円
推定カップ Cカップ
趣味

観劇

同期

関谷亜矢子(退職)

永井美奈子(退職)

・福澤朗(退職)

・村山喜彦(アナウンス部長)

出演番組(過去含む)

・『news every.』(2013年4月~)

小栗泉キャスターの経歴


(大学時代)

 

小栗泉キャスターの経歴は、東京都出身、立教女学院小・中・高を経て、青山学院大学文学部英米文学科を卒業後、1988年に日本テレビに入社しています。

 

大学のクラブ活動で英語ディベートをした経験から、社会にはいろんなことがあると思い、記者を目指すきっかけになったといいます。

 

入社後には、報道記者として活躍。

 

 

入社2年目の25歳にして『今日の出来事』のMC・櫻井よしこの代打に大抜擢されています。社会部では、脳死移植問題や皇太子の結婚を伝え、政治部では、自由民主党、自民党を担当し、細川連立政権、羽田政権などを取材したほか選挙報道も担当しています。

 

 

1996年から様々な番組でニュースキャスターを歴任。同年4月より『NNNニュースジパング』、『ルックルックこんにちは』両番組のニュースキャスターを1999年12月まで務めています。2000年4月から2002年9月までには『NNNニュースダッシュ』、翌10月からは 『真相報道 バンキシャ!』のニュースコーナーを2003年10月まで務め、同月より『NNNきょうの出来事』のキャスターを2006年9月まで務めています。

 

2007年8月、40歳以降のキャリアを考え日本テレビを退社。その後、アメリカにフルブライト奨学生として留学。ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院ライシャワー東アジア研究所客員研究員・上級研究員を務めます。その後、帰国前に日本テレビの再雇用制度が出来たため、第一号として復職。2011年より政治部デスクに異動しています。

 

2013年4月より『news every.』で解説委員としてニュースの解説を務め、優しい語り口と分かり易い解説が好評です。

 

 

日本記者クラブ企画委員として『党首討論会』など様々な記者会見で司会進行役を務めています。

 

結婚相手の夫や家族について

 

夫は東京新聞政治部記者の小栗康之氏。元政治部キャップ。2人の出会いは、同業他社の記者仲間の関係でしたが、一緒に映画を見に行くことになり、映画館を出て銀座を歩いているときに、「ねえねえ、結婚しようよ」とプロポーズされたといいます。小栗氏は、渡辺真理(元TBS)の夫・高井一郎氏(フジテレビプロデューサー)とは大学の同期で親友。どちらの家庭も子供は授からず、愛犬を通じて交友関係が続いているといいます。

 


出典:http://www.zakzak.co.jp

父親の小林恭治氏は、声優、ナレーター。代表作には『おそ松くん』の「イヤミ」の声、『巨人の星』のナレーター、実況アナウンサー役などがある。(1931年9月3日-2007年3月8日:享年75歳)

 


出典:小林 恵介facebook

兄の小林恵介氏は、広告写真家。株式会社ピクチャーズ代表/フォトグラファー・プロデューサー。

 

小栗泉の菩薩エピソードなど

 

・2017年5月17日放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』「トリオTHE日テレの報道を支える女」に出演。番組では日本テレビ報道局内には小栗さんに触れるだけで子宝に恵まれるという逸話も有り、拝みに来る人も絶えない報道局の菩薩様と紹介された。

 

・通っていた幼稚園が茶道を教えていたおり『3時のあなた』が取材に来てスタジオにいって御手前を披露した。

 

・その幼稚園にはいつも女の子を泣かせるいじめっ子的な男子がいた。そのこと遊んだりペアを組むのを女子が嫌がった。困った先生が小栗さんにその男の子とペアになってくれないかと頼まれたという。その男子がかわいそうだと思った小栗さんは「わかえいました。私がペアになりましょう」と聞き入れたという。

 

・中学2年の時には生徒会に立候補。卒業式には送辞を任される。

 

・習字は5歳から習っていたというが、中学2年生が1人ではとても書いたとは思えない見事な送辞をスタジオで披露した。

 

・自分の恋愛を放送番組のように「郷ひろみと私」と題した解説を披露した。

 

小栗泉まとめ

 

・父親は声優の小林恭治

・留学のため日本テレビを退社し復職している

・『news every.』でニュースを解説

今後も小栗泉キャスターの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

参考

『news every.』小栗泉

http://sirisiri.jp『渡辺真理との対談企画』

関連記事
【日本テレビ】女性アナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
  日本テレビ放送網株式会社(にっぽんテレビほうそうもう、英称:Nippon Television Network Corporation)は、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送を行う特定地上基幹放送事業者です。一般的には日本テレビ(にほんテレビ)または日テレ(にっテレ、Nittele)と呼ばれる。他に「NTV」(エヌティーヴィー)、「AX」(エーエックス、アックス)という略称もある。   ネットワークでは1966年にNNN(Nippon News Network)を、また1972年にNNS(Nippon television Network System)を形成し、各系列局とネットワークを結んでいます。   同局の番組に出演しているフリーアナウンサー、タレントなども記述しています。   日本テレビ公式サイト ⇒アナウンスルーム   日本テレビ女性アナウンサー名鑑【一覧】(退職者も含む) 1974年入社 ・楠田 枝里子(タレント・1981年秋に退社)   1980年入社 ・井田由美:生年月日:1957年9月:出身地:福岡生まれ、東京&大阪育ち:最終学歴:慶應義塾大学法学部:身長157cm:血液型O型   1983年入社 ・木村優子   1985年入社 ・鷹西美佳(日本テレビコンプライアンス推進室番組審議会事務局長)   1987年入社 ・大杉君枝(満43歳没)   1988年入社 ・小栗泉(報道局解説委員) ・関谷亜矢子(2000年2月に退社、現・ニチエンプロダクション協力) ・永井美奈子(1996年9月に退社、個人事務所サンオブサンに所属)   1989年入社 ・米森麻美(満34歳没)   1990年入社 ・豊田順子:生年月日:1966年4月:出身地:埼玉県岩槻市:最終学歴:立教大学文学部(英米文学科専攻):身長162cm:血液型A型   1991年入社 ・笛吹雅子(報道局社会部専門副部長) ・薮本雅子(2001年退社)   1992年入社 ・岸田雪子(報道局) ・大神いずみ(退社、夫・元木大介、ケイダッシュ) ・松本志のぶ(2009年3月31日退職、ニチエンプロダクション所属)   1993年入社
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す