揚原妃織アナがかわいい!高校大学や彼氏結婚は?(FBC福井放送新人)

スポンサーリンク

 

今回は、福井放送(FBC)に所属する揚原妃織(あげはらきおり)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

揚原妃織アナウンサーは、2022年入社の新人アナ。東京大学経済学部出身の才媛であり、その美形のルックスが、ネット上で「かわいい」と評判です。

 

揚原妃織プロフィール
出身地福井県福井市
生年月日1998年5月24日(24歳)
身長?cm
血液型O型
最終学歴東京大学経済学部経営学科卒業
勤務局福井放送 (FBC)
推定年収?
推定カップCカップ
趣味・特技

歌うこと、踊ること、観劇。

担当番組(過去含む)

テレビ

・『FBCニュース』月・木・金のお昼ごろ

ラジオ

・『午後はとことん よろず屋ラジオ』月・木・金のお昼ごろ

揚原妃織アナがかわいい!高校大学や彼氏結婚は?(FBC福井放送新人)

揚原妃織アナウンサーの経歴。

揚原妃織アナウンサーの経歴は、福井県福井市出身、福井県立藤島高等学校を経て、東京大学経済学部経営学科を卒業後、2022年4月に地元福井の日本テレビ系列とテレビ朝日系列のクロスネット局である福井放送(FBC)にアナウンサーとして入社しています。

 

入社後は、研修期間を経て6月6日のラジオ『午後はとことん よろず屋ラジオ』内のニュース・天気予報で初鳴き。同月10日の昼の『FBCニュース』でテレビニュースデビューを果たしています。

 

また、揚原妃織アナウンサーには、彼氏や結婚しているなどの明確な恋愛情報はなく、現在独身だと思われます。

 


人物・他のエピソードなど。

 

・大学受験で1年間浪人している。

 

・大学では、アイドルコピーダンスサークルや英語劇サークルに所属していた。また、「ベルカント研究ゼミナール」にも所属し副ゼミ長を務めていた。

 

・大学では7つのサークル を掛け持ちしていた。

 

・大学2年時の2019年12月8日には、TBS系バラエティ『林先生の初耳学』「1本5万円!マツタケ越え絶品キノコ★林先生vs現役東大生軍団」に現役東大生として出演。過去に林修の授業を受けた事があると明かした。また、2020年2月1日には『初対面トークショー!! 内村カレンの相席どうですか』の番組内コーナー「滝沢カレンの人生相談どうですか 東大生の悩みを解決!」にも悩みを抱える東大生として出演。将来やりたい事が見つからないという悩みを打ち明けた。

妃織さんは「小学生の頃は女優と歌手になりたくて、親に東大に入れたらなっていいと言われたので東大に入った。東大という肩書があれば何にでもなれると思っていたが、いざ入ると可愛い子、私より踊りや演技もできる子がたくさんいた。
何か1つ秀でているものもなく、その夢も違うかなと思ってしまった」と話した。
滝沢カレンは「行動しているということは踏み出せているということ。
演劇系・ダンス系・オペラ系の活動日を増やしてはどうか」と話し、夢を諦めず人前に出るお仕事をしてみてはとアドバイスした。

引用:https://datazoo.jp/

・座右の銘は、向き不向きより 前向き。

 

・長所は、いつも笑顔で何でも心から楽しむ。短所は、おっちょこちょいで怖がり。

 

・苦手なものはホラーでお化け屋敷にいけない。

 

・アナウンサーになろうと思ったきっかけは、コロナ禍で誰もが孤独に外出自粛をする中、報道番組でのアナウンサーの言葉が、テレビの前の人と人との架け橋になっていたことを実感したから。

 

・アナウンサーになっていなかったらエンターテイメントに関わる仕事に就きたかった。放送局以外にも、広告や舞台、テーマパークなどに興味がある。

 

揚原妃織アナウンサーまとめ。

・東京大学出身の才媛。

・福井放送(FBC)新人アナウンサー。

・ネットで「かわいい」と評判。

今後も揚原妃織アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

揚原妃織のアゲアゲワンシーン♪

関連記事
地方局(ローカル)に勤務する女性アナウンサー・キャスター名鑑【一覧】
地方の放送局に勤務する女性アナウンサー名鑑【一覧】です。(NHK以外) 民放キー局以外にも魅力的な女性アナウンサー達がたくさんいます。 随時更新していきますが、移籍情報が古い場合もありますのでご了承下さい。
2022年度新人女子アナウンサーまとめ(NHK,日本テレビ,テレビ朝日,TBS,テレビ東京,フジテレビほか)
NHK、在京キー局(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)、地方局の2022年度新人女子アナウンサーのまとめ記事になります。 随時追記修正。

テキストのコピーはできません。