.

田中淳子記者の夫(旦那)や子供は?俳優・田中邦衛氏の長女【NHK】

この記事は約 4 分で読むことができます。

2018年2月9日

2016-02-18_145500

今回は、NHKに所属する田中淳子(たなかじゅんこ)記者についての情報をリサーチして行きます。

 

田中淳子記者は、俳優・田中邦衛氏の長女であり、米ワシントン支局長を務め、帰国後の2016年4月4日から1年間、NHK-BS1の『国際報道2016』のメインキャスターを務めていました。

 

田中淳子プロフィール
出身地 東京都
生年月日 1964年7月15日(53歳)
身長 ?㎝
血液型 ?型
最終学歴 上智大学国語学部英語学科卒業
勤務局 NHK
職歴 静岡局→シドニー支局→ワシントン支局 (結婚後、一時横浜局にもいた)
ジャンル 報道番組
推定カップ B
同期

大沼ひろみ(秋田→仙台→東京アナウンス室→さいたま→ラジオセンター→東京アナウンス室→日本語センター出向→福井→東京アナウンス室)

出演番組

・NHKBS1『国際報道2016』(2016年4月4日~2017年3月)

田中淳子記者の経歴。

 

田中淳子記者の経歴は、東京都出身、上智大学外国語学部英語学科を卒業後、1988年にNHKに記者として入局しています。

 

家族構成は父親が俳優の田中邦衛氏、妻の康子さん、妹の千恵子さんの4人家族です。

 

高校時代には、バスケットボール部に所属しており、選手として活躍していました。上智大学在学中には、アメリカ・ワシントンDCのジョージタウン大学国際関係学部に留学していた経験があります。

 

NHKに入局後。

 

初任地は、静岡放送局で2年間勤務した後、国際部に異動。26歳でNHK史上初の女性海外特派員に抜擢され、記者として国際報道を中心に活動。ワシントンDC特派員、国際部サブデスク、横浜放送局を経て再び国際部に配属されています。

 

2006年、42歳の時にNHK初の女性海外支局長としてシドニー支局の支局長に就任しています。その後、ワシントン支局に異動。2012年11月には、米大統領選の模様を米国・ワシントンから生中継で伝えた際、各メディアが田中淳子キャスターが田中邦衛氏の長女であることを報じています。

 

当時から難しい国際政治を柔らかな語り口でわかりやすく伝える、と視聴者の評判となっていました。その後、2013年2月15日付けでワシントン支局長に就任しています。

 

NHKBS1『国際報道2016』のメインキャスターに就任。

 

2016年4月4日から1年間、NHKBS1『国際報道2016』のメインキャスターを務めています。田中淳子記者は、解説の立場で報道番組に出演することもありますが、キャスターとして番組にレギュラー出演するのは初めてでした。

 

プライベートでは、大学時代から交際していた男性と結婚し、後に第1子男児を出産しています。

 

また、田中淳子記者は海外勤務が多い為、夫は結婚後、自身の仕事を辞め、妻の田中淳子記者のサポートに回ったといい専業主夫をしているようです。

 

田中淳子記者まとめ。

・俳優・田中邦衛の長女。

・記者として国際報道を中心に活動。

・NHKBS1『国際報道2016』キャスターとしてレギュラー出演。

今後も田中淳子記者の活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む)(情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子 元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子 エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学文学部卒業(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子 チーフアナウンサー(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪)   1982年入局 ・渡邊あゆみ エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学教養学部卒業(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀 エグゼクティブアナウンサー(局次長級)。(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)アナウンス担当副部長   1988年入局
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。   平成30年度(2018)春に異動となった女性アナウンサー ・副島萌生(大分→名古屋→東京アナウンス室)    平成29年度(2017)夏に異動となった女性アナウンサー ・上田早苗 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室) ・阿部陽子(広島→東京→名古屋→東京→長野→東京→甲府→東京→日本語センター→ラジオセンター→大阪) ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台) ・中川緑 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室→京都) ・伊東敏恵 (岡山→広島→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→甲府) ・北郷三穂子(青森→仙台→東京アナウンス室→神戸→大阪) ・小林千恵(福井→名古屋→東京アナウンス室→大阪→京都) ・柘植恵水(福井→東京→名古屋→東京→名古屋→東京→日本語センター出向) ・田代杏子(高知→大阪→東京アナウンス室→大阪→国際放送局記者)   平成29年度(2017)春に異動となった女性アナウンサー ・秋野由美子(富山→名古屋→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→熊本→大阪→東京アナウンス室) ・井上あさひ(鳥取→広島→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室) ・赤木野々花(徳島→大阪→東京アナウンス室) ・上原光紀(新潟→広島→東京アナウンス室) ・千葉美乃梨(山形→仙台→東京アナウンス室) ・保里小百合(高松→福岡→東京アナウンス室) ・高橋美鈴(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室) ・三輪秀香(長崎→福岡→東京アナウンス室→名古屋) ・副島萌生(大分→名古屋局) ・石橋亜紗(熊本→大阪) ・井田香菜子(長野→大阪) ・星麻琴 (岡山→札幌) ・森花子 (東京アナウンス室→水戸) ・礒野佑子 (東京アナウンス室→宇都宮) 番組担当変更 2017年2月16日発表 出典:http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20170216.pdf
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す