大沼ひろみアナウンサーの結婚や子供について【NHK】

スポンサーリンク

2015-07-10_171941

今回は、NHKに所属する大沼ひろみ(おおぬまひろみ)アナウンサーについての情報をリサーチして行きます。

 

大沼ひろみアナウンサーは、1988年入局のベテランアナウンサーであり、現在はNHKラジオ第1放送の『ラジオ深夜便』のアンカーを務めています。

 

大沼ひろみプロフィール
出身地秋田県(出生地は宮城県仙台市)
生年月日1964年7月18日(54歳)
身長
血液型
最終学歴東北大学文学部卒業
勤務局NHK放送センター
部署NHK放送研修センター・日本語センター
職歴秋田→仙台→東京→さいたま→ラジオセンター→東京→
日本語センター→福井→東京→日本語センター
活動期間1988年~
ジャンル情報番組など
推定年収?
推定カップCカップ
好きな食べ物

きりたんぽ

趣味

推理小説

同期

阿部陽子(広島→東京→名古屋→東京→長野→東京→甲府→東京→日本語センター→ラジオセンター→大阪)

担当番組(過去含む)

・NHKラジオ第1『ラジオ深夜便』

大沼ひろみアナウンサーの経歴。

 

大沼ひろみアナウンサーの経歴は、出生地は宮城県仙台市秋田県出身、秋田県立秋田高等学校を経て、東北大学文学部を卒業後、1988年にNHKにアナウンサーとして入局しています。

 

幼稚園から高校までは秋田県で育ち、大学時代には仙台で過ごしています。

 

初任地は、地元である秋田放送局。本人曰く「帰ってきたくなかった」といいます。(理由は不明)

 

その後、仙台放送局→東京アナウンス室→さいたま放送局→ラジオセンター→東京アナウンス室→日本語センター出向→福井放送局に4年間→東京アナウンス室→日本語センター出向と10回の異動を経験しています。

 

東京アナウンス室時代には『NHKニュース7 』のニュースリーダー、『生活ほっとモーニング』のリポーター、Eテレ『ミューズの微笑み』のナレーター、『NHK俳句』の司会などを務めています。

 

NHK福井放送局に赴任するまでは、東京近辺の局に勤務し、その間に結婚して2人の子供(男)を産んでいるようです。

2015-07-10_170448
画像引用:NHK福井局公式サイト

福井放送局時代には、福井放送部副部長を務め、全国を旅するラジオ番組『ここはふるさと旅するラジオ』、『旅ラジ』にて、県内各地に自動車で移動し公開生放送の司会などを務めていました。

 

大沼ひろみアナウンサーまとめ 。

 

・NHK入局以来10回の異動を経験している。

・NHKシニアアナウンサー。

・結婚しており2人の子供がいる。

 

今後も大沼ひろみアナウンサーに注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式

『アナウンスルーム』

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(...
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。随時更新していきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NHK

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日

TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他フリー

その他ローカル局

TOKYO MX

お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者

出身大学偏差値

身長ランキング

アンケート集

タレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍
女性アナウンサー大図鑑

  1. 今のNHKの番組はテレビの12時15分の番組のように放送局内におけるおしゃべりに徹していて聴いている側がカヤの外ですごくストレスが溜まる。つまりひとが楽しいのが聞かされている。もちろんこうゆう種類の番組もたまにはいいが最近ほとんどこれです。視聴者を大事にしてもらいたい。それから最近レスビアンの推薦する様な映像が流れていますが、本来男同士女同士は気があうものです。それを仲が良ければレスビアンと本人を勘違いさせるような映像はやめてもらいたいです。自分で自分の心は分からない時があり思春期ならなおさらです。影響力大きいので極端な映像はやめてください。