宮島咲良アナがかわいい!結婚や元彼氏は左迅の噂?(競馬イレブン)

スポンサーリンク

 

今回は、ワタナベエンターテインメントに所属する宮島咲良(みやじまさくら)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

宮島咲良アナは、元九州朝日放送アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、タレント、歌手活動など幅広く活動しています。

 

宮島咲良アナは、色白清楚系のルックスで間違いなくかわいいのですが、熱狂的な戦隊ヒーロー好きなどの独特のキャラクターをしており、一部では「可愛いのに残念すぎる」などと言われているようです。

 

宮島咲良プロフィール
出身地東京都江戸川区
生年月日1983年11月9日(35歳)
身長/体重166cm/46㎏
スリーサイズB78-W61-H84
血液型O型
最終学歴共立女子大学文芸学部卒業
職歴青文字系読者モデル、タレント
九州朝日放送(KBC)
活動期間1999年~
推定年収?
推定カップBカップ
趣味

ライブめぐり、漫画(少年漫画)、アニメ・アニソン関連、特撮ヒーロー、コスプレ、オカメインコを愛でる(名前は英樹)

特技

辛い食べ物にとにかく強い(中国山椒の辛味は苦手)

好きな食べ物

バナップル、湯葉、ブラックオリーブ、エンガワ

資格

英語検定2級、書道4段、、ベースボールエキスパート1級。

出演番組(過去含む)

・BS11『BSイレブン競馬中継 SUNDAY』

・BS11『うまナビ!イレブン日曜』

宮島咲良アナウンサーの経歴。

 

宮島咲良アナウンサーの経歴は、東京都江戸川区出身、東京都立両国高等学校を経て、共立女子大学文芸学部を卒業後、1年間の就職浪人を経て、2007年4月に福岡県福岡市に所在するテレビ朝日系列である九州朝日放送(KBC)に3年満期の契約アナウンサーとして入社しています。

 

1999年(当時16歳)に、女性ファッション雑誌『MORE』(集英社)に掲載されモデルデビューをしています。その後、大学卒業までティーン向けの女性ファッション雑誌『CUTiE』(宝島社)の『カリスマキッズ』と呼ばれるレギュラーモデルを始め、青文字系雑誌の読者モデルとして活動。(青文字系雑誌とは、原宿などで多く見かけるガーリー、個性的、非日常的で同性受けを狙ったファッションおよびそれらを多く取り上げる雑誌)

 

また、音楽(ビジュアル系ロックバンド)好きで、ライブの企画などもしており、読者モデルということもあり、その手のファンからも有名な存在だったようです。大学時代には、アナウンサーを目指し、テレビ朝日が主催するアナウンサースクールである『テレビ朝日アスク』でアナウンス技術を学んでいます。

 

2005年には、アスク受講者から選出されたアナウンサーの卵が出演する番組、テレ朝チャンネル『アナタマ』に出演しています。就職活動では、キー局はほとんど受けましたが、全て不採用だったといいます。テレビ東京の採用試験では、スタジオで急に「モノマネをして下さい」と振られ、やったこともない中尾彬のモノマネをしたといいます。

 

 

2006年9月より、3ヶ月間、気象会社ウェザーニューズの携帯電話向け動画配信サービス『おは天』の関東地区キャスターを務めています。(4期生)

 

同年11月に放送されたテレ朝チャンネル『上田ちゃんネル』の第7回に『アナタマ』メンバーとゲスト出演。新しいタイプの男らしいアナウンサーになるのが目標と発言し、得意技である「座頭市」のモノマネを披露しましたが、MCのくりぃむしちゅー・上田晋也に「今、大事な時期だからやめとけ!」と注意されています。

 

九州朝日放送時代。

 

九州朝日放送に入社後は、2007年6月より平日朝の地域情報ワイド番組『アサデス。』のニュース(不定期)を担当。金曜日のみスポーツコーナー「スポーツきらり」を担当していました。

 

同年10月より半年間、KBCラジオで冠番組『さくら色の音楽絵巻』のメインパーソナリティーを務めています。同年12月7日には、テレビ朝日系列局で選出する『第6回ANNアナウンサー賞』「原稿のあるもの部門」にて、奨励賞を受賞しています。(入社1年目の受賞は史上初)

 

2008年春には『KBCサクラサイト2008』、『KBCサクラ・咲くキャンペーン』のイメージキャラクターに名前が咲良(さくら)であることから任命されています。また、九州朝日放送の地上デジタル推進大使「デジタルよかたい・ひろめ隊」の隊員も務めていました。同年度より『気ままにLB』のMCを村仲皆美 、深町健二郎と共に務めています。

 

2009年度より深夜番組『ドォーモ 』のリポーターを務めています。宮島アナは、そのキュートなルックスで九州では絶大なる人気を誇っていたといいます。

 

宮島咲良アナウンサーがフリーアナウンサーに転身。

 

2010年3月31日をもって、九州朝日放送(KBC)との3年間の契約を終了。退職理由については、3年契約ではありましたが、彼女は人気が高く、局側に止められましたが、趣味である「漫画・アニメ・コスプレ」が好きすぎるのと、大好きな「スーパー戦隊の役に立って死にたい」という想いから東京に戻ったといいます。

 

その後、ワタナベエンターテインメントに所属するフリーアナウンサー、タレントとして活動し、翌4月より福岡県向けの夕方ワイド番組であるテレビ西日本(TNC)『ハチナビプラス ギュギュっと!』の木曜リポーター、10月より九州放送(TVQ)『エンタメ侍』、『激PUSH!』、2011年4月2日より『のびのび!カマンベーロ』などの番組に出演しています。

 

 

2011年4月には、『週刊プレイボーイ』にて、グラビアデビュー。ビキニなどセクシーな水着グラビアを披露しています。同年10月26日から30日にかけて、銀座博品館劇場で開演された舞台『ザ・デッド・エンド』にて舞台初出演しています。この時に共演した同事務所所属のAKB48・松井咲子とはアニメ好きという共通点からプライベートでも仲がよく、ラジオやニコニコ生放送などで共演しています。

 

2014年4月には、NHKEテレで放送されたテレビアニメ『くつだる。』のオープニング『Hello Hello』およびエンディングテーマ『白いページ』を担当し、念願の歌手デビューを果たしています。翌5月からは、MBSラジオ『テゴマスのらじお 』にレギュラーとして出演。共演者のNEWS・手越祐也増田貴久から「貴様」とか「お前」などと呼ばれからかわれています。

 

 

2015年には、スーパー戦隊シリーズ第39作『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の挿入歌ロボ曲『忍ばず わっしょい!シュリケンジン』(作詩:高取ヒデアキ、作曲:山下康介、編曲:籠島裕昌、歌:高取ヒデアキ&宮島咲良、演奏:Z旗)で、念願のスーパー戦隊歌手デビューを果たしています。

 

 

2016年6月6日放送のTBS系『直撃!コロシアム!!ズバッと!TV』では、「部屋が散らかってしまう女子アナ」として紹介され、現在実家暮らしの彼女の部屋を初公開。漫画とフィギュアと戦隊グッズやCDや洋服などでかなり散らかっており、収納王子コジマジックに整理してもらっています。

 

同年10月26日放送の日本テレビ系『ナカイの窓』にゲスト出演した際には、共演した川田裕美(セント・フォース)と共にスキップを披露しましたが、スキップが出来ない川田に「酷い」と言われるありさまでした。

 

 

2017年1月からは、BS11『BSイレブン競馬中継 SUNDAY』、BS11『うまナビ!イレブン日曜』両番組のアシスタントを担当しています。

 

 

宮島咲良アナウンサーは結婚しておらず独身!ネット上にある元カレの噂とは?

2016-09-17_012223
出典:sakura_miyajiman

 

宮島咲良アナは、まだ結婚はしておらず現在独身です。学生時代には、ビジュアル系バンドの有名な追っかけで、ネットでは『girugämesh(ギルガメッシュ)』のボーカル・左迅(サトシ)との熱愛報道?噂?が浮上した事がありますが、両者とも否定していたようです。

 

また、好きな男性のタイプは家族と仲良しで家族を大切にしていて、決断力があって、頭の回転が速い、歌の上手な人で、色黒よりは絶対色白だと発言しています。(体毛が生理的にムリで戦隊ヒーローのようにツルっとしているのが良いと明かしている)

 

宮島咲良アナウンサーまとめ。

・高校生時代からモデル活動を始めた。

・元九州朝日放送(KBC)アナウンサー。

・極度のスーパー戦隊好きが高じて歌手デビューもしている。

 

今後も宮島咲良アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事
宮島咲良アナの実家の父親や元彼氏と別れた原因!
2017年2月21日、フリーアナウンサーの宮島咲良アナ(33)が日本テレビ系深夜の人気番組『徳井と後藤と麗しのSHELLY』「一人暮らしじゃない女」に芸人・大久保佳代子(45)と元レスリング日本代表の浜口京子(39)とゲストとして出演。...
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。 セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。...

コメント