伊波紗友里アナの結婚した夫は?元ラジオ沖縄でミス日本出場

スポンサーリンク

2015-08-26_180705

今回は、伊波紗友里(いはさゆり)アナウンサーの情報をリサーチしていきます。

 

伊波紗友里アナは、ラジオ沖縄(ROK)のアナウンサー兼報道記者、『TBSニュースバード』キャスターを経て、現在は琉球朝日放送『ニュースQプラス』のキャスターを担当しています。

 

伊波紗友里プロフィール
出身地沖縄県
生年月日1988年4月1日(30歳)
身長165cm 
血液型O型
最終学歴琉球大学観光産業科学部観光科学科卒業
所属事務所元キャスト・プラス
職歴ラジオ沖縄
(2011年4月~2013年9月)
『TBSニュースバード』キャスター
(2013年10月~2016年10月)
琉球朝日放送
(2017年1月~)
活動期間2010年~
ジャンル報道・情報番組
推定年収?
推定カップCカップ
趣味

マラソン、着付け、落語(高座名=沖な家ビーン)

苦手なもの

早起き

休日の過ごし方

東京観光、ジム

ストレス解消法

沖縄の海を眺めること

好きな言葉

「温故知新」「なんくるないさ」

好きな色

ターコイズブルー

資格

普通自動車免許、実用英語技能検定2級、国内旅行業務取扱管理者資格

出演番組(過去含む)

・『TBSニュースバード』

伊波紗友里アナウンサーの経歴

伊波紗友里アナウンサーの経歴は、沖縄県出身、琉球大学観光産業科学部観光科学科を卒業後の2011年にラジオ沖縄に入社し、アナウンサー兼報道記者として活動します。

 

小学6年生の時に 平成11年度 (第21回) 『省エネルギーポスターコンクール』沖縄地区の努力賞を受賞しています。 

2015-08-26_180801
出典:http://www.okinawastory.jp/

大学2年の2008年には『ミス沖縄』クリーングリーングレイシャス(3名の中の1人)に選出され、1年間沖縄観光のPR活動等をしています。

 

2010年からは、琉球放送『RBCiラジオラジオカー』のレポーターを務めています。

 

2011年には、全日本きものコンサルタント協会が主催するミスコン『全日本着物装いの女王』の九州・沖縄代表に選出されています。

 

大学卒業後の同年4月には、ラジオ沖縄(ROK)に入社しています。

 

入社後は経済ニュース、高校野球沖縄県決勝戦のベンチリポート、報道特番『被災地の足並み』『空からジェット機が降ってきた~宮森小ジェット機墜落事故の記憶~』などの制作に携わります。

 

スポンサーリンク

会社に内緒でミス日本に出場

 

2012年には、『第45回ミス日本コンテスト』(2013年度)に会社に秘密で出場し、九州グランプリとなり「これはもう言わなくては」と思い社長に報告したといいます。

 

本選では関西テレビの竹上萌奈アナ(2015年入社)らと共にファイナリストに選出されています。

 

2013年6月に琉球新報のコラムで婚約したことを発表し、8月に担当番組である『フィルマチグヮーソレイユ』内で結婚する事を報告し、9月に夫の転勤(首都圏に勤務)に伴いラジオ沖縄を退社しています。

 

東京での活動

 

そして、翌10月からは、活動拠点を東京に移し、キャスト・プラス所属のフリーアナウンサーとしての活動を開始。同月から『TBSニュースバード』のキャスターとなります。

 

アナウンサー以外の活動では、各種イベントの司会、2014年4月からは、話し方スクール『KEE’S』の講師、四季報オンラインでコラムを執筆しています。

 

2016年10月30日をもって『TBSニュースバード』キャスターを卒業しています。その後、地元・沖縄に戻り、2017年1月より琉球朝日放送(QAB)の夕方の報道番組『ニュースQプラス』のキャスターを担当しています。

 

伊波紗友里アナウンサーまとめ

・2008年度『ミス沖縄クリーングリーングレイシャス』。

・『全日本着物装いの女王』沖縄代表。

・元ラジオ沖縄(ROK)のアナウンサー。

・2013年度『第45回ミス日本』ファイナリスト。

今後も伊波紗友里アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式プログ

⇒伊波紗友里オフィシャルブログサユリズム日記

関連記事
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。 セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。...

コメント