国谷裕子の年齢や結婚相手や子供の有無【NHK】

スポンサーリンク

2015-06-05_215252

今回は、フリージャーナリストとして活躍する国谷裕子(くにや ひろこ)キャスターの情報をリサーチしていきます。

 

国谷さんは、NHK総合で放送されていた長寿番組『クローズアップ現代』に放送開始から長年キャスターとして出演していました。

 

国谷裕子プロフィール
出身地大阪府
身長?㎝
血液型?型
生年月日1957年2月3日(61歳)
最終学歴ブラウン大学国際関係、国際経済専攻
活動期間1981年~
配偶者夫、国谷史朗(弁護士)
推定年収?
推定カップB
趣味、特技

ランニング

出演番組(過去含む)

・『クローズアップ現代』

国谷裕子さんの家系

 

国谷さんは、大阪の良家出身で、曾祖父は田附政次郎(たづけ まさじろう)で、日本の近江商人、実業家で東洋紡・日清紡ホールディングス・兼松創業に関与し、帝塚山学院や、北野病院を創設し、また、綿糸相場師としても活躍し『田附将軍』と呼ばれた人物です。(伊藤忠商事・丸紅創業者伊藤忠兵衛は叔父にあたる)

 

祖父は二代目田附政次郎、父親は三代目田附政次郎で、三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)専務を経て、三和キャピタル相談役、大阪化成品取締役、いすゞ自動車監査役を務め、帝塚山学院、北野病院では理事を努めています。

 

また、母方の祖父は茶道家・和中金助だといいます。

 

国谷裕子さんの経歴

 

国谷さんの経歴は、大阪府出身、幼少期は日本、アメリカ(ニューヨーク、サンフランシスコ)、香港に在住していました。

 

学歴は、曾祖父が創設した帝塚山学院小学校、中学からは東京都渋谷区広尾に所在するカトリック系の聖心インターナショナルスクールを経て、全米でも最難関大学のひとつと言われるブラウン大学(専攻は国際関係学、副専攻は国際経済学)を卒業しています。

 

大学卒業後、日本国内の外資系の家庭用品メーカーに就職します。

 

商品の販売戦略を担当することになりましたが、研修もなく明日は東京出張へ、来週は沖縄へマーケティング調査に行ってきてとか、日本中あちこちのマーケットを見てくるようにと指示され、指導してくれないことに疑問を感じ、納得がいかず1年たらずで退社してしまいます。

 

報道の世界へ

 

退社後は、知人の紹介で1981年にNHK『7時のニュース』で英語放送アナウンサー、ライターを努め報道の世界に入ります。

 

しかし、海外での生活が長かった為、日本や日本語について知識が不十分だと痛感し夜は同時通訳の学校に通って勉強していました。

 

また、複数の派遣会社に登録し、英語で行われたインタビューのテープ起こし、通訳、リサーチャーの職を経験しています。

 

その後、結婚を機に仕事を全て辞め、夫が赴任していたアメリカ・ニューヨークに生活拠点を移します。

 

渡米してから1年後、NHKから再び声がかかりNHK衛星放送のニューヨーク契約駐在キャスターとして活動し1988年に帰国します。

 

帰国後は、NHK総合『NHKニュースTODAY』の国際担当キャスターに起用されましたが、後継番組である『NHKニュース21』ではスタジオキャスターを降ろされ、海外の取材担当リポーターに起用されましたが半年後に降板することとなり大きな挫折を味わいます。

 

その後、1989年から衛星放送『ワールドニュース』、『アジアナウ』、『世界を読む』などにキャスターとして出演し、『ベルリンの壁崩壊』『湾岸戦争勃発』『クリントン大統領に聞く』『日本のがん医療を問う』などの番組に出演しています。

 

『クローズアップ現代』のキャスターに就任

 

数々の功績が認められ、1993年からNHK総合『クローズアップ現代』のキャスターに就任しています。

 

『クローズアップ現代』がヒット作となり、1994年には「橋田壽賀子賞」、1996年には「放送文化基金賞」(個人・グループ部門)(国谷裕子と「クローズアップ現代」番組制作スタッフ)1998年「放送ウーマン賞 ’97」、2002年「菊池寛賞」(国谷裕子と「クローズアップ現代」制作スタッフ)、2011年には「日本記者クラブ賞」など多数の受賞歴があります。

 

国谷裕子さんの結婚相手の夫

2015-06-05_230853

 

国谷さんの夫は弁護士で弁護士法人大江橋法律事務所の代表社員である国谷史朗氏です。

 

経歴は、1980年京都大学法学部卒業、1982年に最高裁判所司法研修所司法修習修了、1982年に大江橋法律事務所入所、1987年5月には、ニューヨーク州で弁護士登録しています。

 

1997年6月にはサンスター株式会社社外監査役、2002年4月からは弁護士法人大江橋法律事務所代表社員を務めています。

 

2006年6月には、日本電産株式会社社外監査役、2011年4月環太平洋法曹協会会長、2012年3月からは株式会社ネクソン社外取締役に就任しています。

 

2012年6月からは、株式会社荏原製作所社外取締役、2013年6月から武田薬品工業社外監査役、2013年6月からはソニーフィナンシャルホールディングス社外取締役を務めています。

 

主な取扱案件は、ライブドア対ニッポン放送、新株予約権発行差止請求仮処分事件、ウィルコム会社更生事件、京都大学iPS細胞ライセンス契約などに携わっています。

 

なお、2人の間に子供に関する情報はありません。

 

画像引用:http://www.takeda.co.jp/

『クローズアップ現代』が終了

 

2016年3月17日、『クローズアップ現代』が最終回を迎え、23年間キャスターを務めた国谷さんが番組の最後に挨拶をしています。

「23年間、視聴者の皆さまからお叱りや戒めも含め、大変多くの励ましをいただきました。国内、海外の変化の底に流れるものや、静かに吹き始めている風をとらえようと、日々もがき、複雑化し見えにくくなっている現代に少しでも迫ることができれば、との思いで携わってきました。23年が終わった今、そのことをどこまで視聴者の皆さまに伝えることができたのか、気がかりですけれども、長い間番組を続けることができましたのは、ご協力いただきました多くのゲストの方々、そして何より番組を見てくださった視聴者の皆さまのおかげだと感謝しています」

と感謝の意を述べています。

 

また、同日NHKの広報局を通じ、

「23年前に『クローズアップ現代』という番組に出会って以来、見えないゴールに向かって走り続けてきたように思えます。時代が大きく変化しつづける中で、物事を伝えることが次第に難しくなってきましたが、今日という日を迎えて、自分の人生に大きな区切りをつけることが出来たとの想いです。番組を通して出会った人々から得られた多くのことを今後に活かしていきたいと思っています」

とのコメントをしています。

 

初の著書を出版

2017年1月20日には初の著書『キャスターという仕事』(岩波新書)を出版し、23年間にわたる『クローズアップ現代』について、自身のキャスター人生を綴っています。

以下、国谷さんのメッセージ

番組を離れて10か月が経ち,〈クローズアップ現代〉に自分なりの区切りをつけたいと思いました.私には,次に向かって進むために,番組とともに過ごしてきた時間を整理することが必要だったのです.番組との出会いと別れ.キャスターの仕事とは何かと悩んだ日々.記憶に残るインタビューの数々.そしてテレビの報道番組が抱える難しさと危うさ.偶然のようにしてキャスターになり,大きな挫折も経験し,そのことへのリベンジとしてキャスターをやめられなくなった私.番組を制作する人々の熱い思いに突き動かされながら,様々な問いを出し続けてきました.この本は,言葉の力を信じて,キャスターという仕事とは何かを模索してきた旅の記録です.

引用:https://www.iwanami.co.jp

国谷裕子さんまとめ

 

・良家出身のお嬢様で海外経験も豊富で英語が堪能

・長年NHKに専属契約?出演している

・夫は弁護士の国谷史朗氏

今後も国谷裕子さんの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】

コメント

  1. miyashita より:

    国谷さんの長年のフアンでした。
    降板は残念の一言です。
    今後、NHKのクロ現は観ないだろう。
    mt