.

【NHK】桜井洋子アナは結婚はしておらず未婚で独身

この記事は約 4 分で読むことができます。

2017年12月31日

2015-04-03_054640

今回は、NHK所属の桜井洋子(さくらいようこ)アナウンサーの情報をリサーチしていきます。

 

桜井洋子アナは、NHK元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は定年を迎え、嘱託職として活動。ラジオ第1『ラジオ深夜便』のアンカーを務めています。

 

桜井洋子プロフィール
出身地 新潟県直江津市(現・上越市)
生年月日 1951年(昭和26年)8月9日(66歳)
身長 152㎝
血液型 O型
最終学歴 明治大学文学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 初任地
活動期間 1975年~
推定年収 ?
推定カップ Cカップ
趣味

映画鑑賞

同期

・川端義明(現NHKサービスセンター(NHKの関連団体・NHKホール支配人)

・末田正雄(東京アナウンス室、以下同)

・徳田章

・三宅民夫

・山下信

出演番組(過去含む)

・『ラジオ深夜便』アンカー

・『きょうの健康』司会

桜井洋子アナウンサーの経歴

2016-10-28_053821

 

桜井洋子アナウンサーの経歴は、 新潟県直江津市(現・上越市)出身、新潟県立高田高等学校を経て、明治大学文学部を卒業後、1975年にNHKに入局しています。

 

NHK入局後には、主に『NHKこどもニュース』などの教養番組を担当。その後、報道番組にシフトし、1985年4月から『7時のニュース』(土日版)を担当。その後、平日朝の『NHKニュースワイド』、『NHKモーニングワイド』を歴任。1993年4月からは『NHKニュース7』(平日版)を担当。NHKの『看板女性アナウンサー』として活躍しています。

 

 

NHK入局当時は、女性アナウンサーに対する扱いも酷い時代で、その厳しい状況の中でも桜井アナは“女性の社会進出”の看板を担う聡明さと芯の強さで女性メインキャスターの草分け的な存在となりました。

 

桜井洋子アナウンサーが帰省中に新潟県中越地震に遭遇


左から三雲孝江(TBS) 、桜井洋子(NHK)、安藤優子(フリー)、小池百合子(フリー)、小宮悦子(テレビ朝日) 、井田由美(日本テレビ)

 

2004年10月23日には、法事のため地元新潟県直江津市に母親と帰省中に新潟県中越地震に遭遇。それ以来、新潟局・東京制作を問わず、地震関連の特別番組の司会を担当しています。

 

38歳の時にチーフアナウンサー、その後、2000年には、エグゼクティブアナウンサーとなり後輩の指導、部内のアナウンサーのスケジュール管理などを行うようになり、徐々に番組出演も少なくなります。近年では、『NHK俳句』に出演しており、プライベートでも俳句を詠む事もあるようです。また、桜井洋子アナは、NHK入局以来、地方異動経験が1度もなく、一貫して東京アナウンス室勤務でした。

 

2017年度現在も現役で活躍しており、NHKラジオ第1『ラジオ深夜便』のアンカーを務めています。

 

また、桜井洋子アナは、今までに1度も結婚したという情報はなく、現在も独身だといいます。

 

桜井洋子アナウンサーのまとめ

・NHK入局以来、地方転勤の経験はなく一貫して東京アナウンス室に勤務。

・元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。

・1度も結婚した事がなく、現在も独身。

今後も桜井洋子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式サイト

『NHKラジオ深夜便』

関連記事
【NHK】女性アナウンサー、契約キャスター名鑑【一覧】
  日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、にほんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。日本の放送法に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する。公式略称は(nippon housou kyoukai、nihon housou kyoukai)から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記されています。   NHKのアナウンサーは正職員はアナウンサー、非正職員は契約キャスターと分類されています。 NHKオフィシャルサイト 公式サイト:NHKアナウンスルーム   NHKの女性アナウンサー (退職者も含む)(情報が古い場合があります)   関連記事 https://joseiana.com/archives/2355   1975年入局 ・桜井洋子 元エグゼクティブアナウンサー(局長級)。現在は嘱託職。入局以来東京アナウンス室   1977年入局 ・山田敦子 エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学文学部卒業(入局以来東京アナウンス室、NHK日本語センター)   1981年入局 ・杉浦圭子 チーフアナウンサー(東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→広島→大阪)   1982年入局 ・渡邊あゆみ エグゼグティブアナウンサー(局次長級)東京大学教養学部卒業(東京アナウンス室→日本語センター出向→横浜→東京アナウンス室)   1984年入局 ・森田美由紀 エグゼクティブアナウンサー(局次長級)。(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→東京アナウンス室)   1986年入局 ・上田早苗(大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室)   1987年入局 ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台)アナウンス担当副部長   1988年入局
【NHK】女性アナウンサーの異動や主な番組の降板や担当変更
  NHKに在籍する女性アナウンサーの人事異動や主な番組の降板や担当変更をお知らせしています。   平成29年度(2017)夏に異動となった女性アナウンサー ・上田早苗 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→北九州放送局長→東京アナウンス室) ・阿部陽子(広島→東京→名古屋→東京→長野→東京→甲府→東京→日本語センター→ラジオセンター→大阪) ・石井かおる(名古屋→東京アナウンス室→仙台→東京アナウンス室→名古屋→金沢→東京アナウンス室→金沢→東京アナウンス室→仙台) ・中川緑 (大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室→京都) ・伊東敏恵 (岡山→広島→東京アナウンス室→広島→東京アナウンス室→甲府) ・柘植恵水(福井→東京→名古屋→東京→名古屋→東京→日本語センター出向)   平成29年度(2017)春に異動となった女性アナウンサー ・秋野由美子(富山→名古屋→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→熊本→大阪→東京アナウンス室) ・井上あさひ(鳥取→広島→東京アナウンス室→京都→東京アナウンス室) ・赤木野々花(徳島→大阪→東京アナウンス室) ・上原光紀(新潟→広島→東京アナウンス室) ・千葉美乃梨(山形→仙台→東京アナウンス室) ・保里小百合(高松→福岡→東京アナウンス室) ・高橋美鈴(札幌→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室) ・三輪秀香(長崎→福岡→東京アナウンス室→名古屋) ・副島萌生(大分→名古屋局) ・石橋亜紗(熊本→大阪) ・井田香菜子(長野→大阪) ・星麻琴 (岡山→札幌) ・森花子 (東京アナウンス室→水戸) ・礒野佑子 (東京アナウンス室→宇都宮) 番組担当変更 2017年2月16日発表 出典:http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/pdf/20170216.pdf こちらの公式PDFによりますと、担当番組の出演者が変更になった番組は以下の通り。 担当変更のみ【★は新番組】 NHKニュースおはよう日本(平日) (平日)4:30~08:00 「MC」中村慶子(産休)→赤木野々花、近江友里恵(隔週交代)、「スポーツ」森花子→上原光紀、「まちかど情報室」近江友里恵→千葉美乃梨
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す