.

菊間千乃弁護士の結婚相手や転落事故やジャニーズ飲酒事件とは?

この記事は約 7 分で読むことができます。

2018年1月4日

2014-10-19_223317

『発掘!あるある大事典』や『めざましテレビ』など、1995年から2007年まで活躍した元フジテレビアナウンサーの菊間千乃(きくまゆきの)。

 

『めざましテレビ』生放送中に、建物の5階から落下した事故が、記憶に残っている人も少なくないでしょう。

 

現在、菊間千乃は、企業法務を多く扱う松尾綜合法律事務所に所属しフジテレビの顧問弁護士も務めています。

 

事故からテレビ復帰、そして弁護士になるまで、その間の某未成年アイドル飲酒スキャンダルによる無期限謹慎処分など、山あり谷ありな彼女の経歴と現在についてリサーチしていきます。

 

菊間千乃プロフィール
出身地 東京都
生年月日 1972年3月5日(46歳)
身長 160cm 
血液型 AB型
最終学歴 早稲田大学→大宮法科大学院大学
職歴 元フジテレビアナウンサー
活動期間 1995年~2007年 (アナウンサーとして)
所属先 ノースプロダクション
配偶者 あり
推定年収
推定カップ C
同期

・高木広子

・伊藤利尋

・森昭一郎

資格

国連英検B級、英検準1級

出演番組

・TBSテレビ『ビビット』水曜日コメンテーター

菊間千乃の経歴

 

菊間千乃の経歴は、東京都出身、光塩女子学院中等科・高等科を経て早稲田大学法学部卒業後の1995年4月にフジテレビにアナウンサーとして入社しています。

 

父親は八王子実践高等学校女子バレーボール部元監督の菊間崇祠氏。1958年以降、50年以上八王子実践のバレー部監督を務めた名監督で、春高出場27回(優勝5回)、インターハイ出場32回(優勝5回)。教え子には、元日本代表の大林素子三屋裕子など多数います。2000年11月には著書『道は開ける―現代っ子を「やる気」にさせる法』を出版しています。

 

また、母親も教え子で同校バレーボール部マネージャー。2歳上の兄がいます。

 

小学校時代から、早稲田大学入学とアナウンサーになることを目指していました。

 

イギリスに留学経験があり、国連英検B級、英検準1級を所持しています。

 

フジテレビ時代

 

フジテレビ入社後は、『笑っていいとも!』のテレフォンアナに抜擢。『発掘!あるある大事典』、『2時のホント』、『FNNスーパーニュース』のスポーツキャスター、『めざましテレビ』などの番組を担当。明るい性格と癒し系キャラで人気を博しました。

 

また、父親の縁もあり、春高バレー、バレーボールワールドカップを担当しています。そんな彼女は、番組生放送中に大事故に見舞われた事があります。

 

1998年9月2日に、当時リポーターを務めていた『めざましテレビ』の「それ行け!キクマ」というコーナーで、避難器具の体験リポート中に、不具合があって、建物の5階(地上約13m)から落下してしまい動かなくなってしまいました。

 

地上にはマットが引かれていましたが、全治3カ月(腰椎の圧迫骨折)の重傷を負い入院してしまいます。

 

当時、担当した主治医からは、「生きてることが奇跡。新しくもらった命を大切にしないとダメだよ 」と言われるほど、非常に危険な状態だった為、翌年には現場に復帰しましたが、リハビリは1年間に及びました。

 

この件以来、9月2日が彼女の「もう1つの誕生日」となり、毎年自分でケーキを買ってお祝いすると、自身のブログで綴っています。

 

元NEWS内博貴との未成年飲酒スキャンダル

2014-10-19_223216

 

事故から数年後の、2005年4月からジャーナリストとして、より活躍する為に、ロースクール・大宮法科大学院大学(夜間主)に入学。法律の勉強を始めました。

 

その3ヶ月後の7月16日に、スポーツ新聞で当時未成年のジャニーズ所属のNEWSのメンバーだった内博貴と共に飲酒したと報じられてしまいます。(当時バレーボールワールドグランプリ中継で仙台に出張中。NEWSは同大会の応援サポーターとして番組に参加していた)

菊間アナウンサーは、16日午前1時頃、電話で未成年メンバーを仙台市内の飲食店に呼び出し、飲酒させた上、付近の宿泊施設に同伴した帰路の同日午前3時頃、泥酔しているメンバーが公園に停車していた車を蹴ったことから車の所有者と口論となり所有者が警察に通報したところ、未成年メンバーに対する保護監督責任などを果たさず、その後の警察の聴取にも応じないままその場を立ち去った疑い。

この件で、菊間は、フジテレビから無期限謹慎処分を受けてしまい、自宅にもマスコミが押し寄せてきて帰れない状況になったといいます。

 

大宮法科大学院大学の友人宅に2ヶ月居候し、騒ぎをなんとか乗り越えたと後に明かしています。

 

冤罪で復帰するもクレームが殺到

 

この記事は全くの事実無根で、その後の週刊誌などでは、内博貴が飲酒をしたのは、菊間達と合流する前の事だったと報じられています。

 

内博貴は、店に来た時には、すでに酔っ払っていたそうで、実際には、菊間と同じ店内に居合わせただけで、席も別で話もしていなかったと言います。

 

しかし当時は、今ほどインターネットも普及していなかった為、この件が冤罪であるという事が、世間には伝わらなかったのです。

 

その為、1年間の謹慎期間を経て『とくダネ!』で、テレビ出演復帰を果たした際には、フジテレビにクレームが殺到。余りにも世間のバッシングが酷く、菊間さんは番組出演を辞退したこともあったそうです。

 

後日、その当時の伊藤利尋アナら同期の支えや、「番組があなたを必要としている。全力で菊間を守るから」というプロデューサーの言葉が忘れられないと菊間さんは語っています。

 

苦難を乗り越え弁護士に

 

落下事故と未成年飲酒事件を乗り越えるも、弁護士資格取得はアナウンサーとの並行では困難と判断し、2007年末にフジテレビを退職します。

 

当時担当していた『とくダネ!』でお世話になったプロデューサーやMCの小倉智昭笠井信輔アナとの別れは、涙なくしては済まなかったそうです。

 

そして、2009年3月に無事、大宮法科大学院大学を修了しています。その後、2010年9月に、2度目のチャレンジで、新司法試験に合格、司法修習(新第64期)を経て晴れて弁護士となりました。

 

司法試験に合格した際には、両親の次に笠井アナに報告したといいます。その後、司法修習生として、フジテレビで法律知識をいかした講習を行うなどして、現在は、弁護士法人松尾綜合法律事務所に所属し弁護士として活躍しています。

 

そして、フジテレビの顧問弁護士としても活躍しています。

 

2015-02-21_160203

菊間千乃の結婚について

2014年2月4日、自身のブログにて結婚したことを報告しています。(当時41歳)翌5日の日刊スポーツによると相手は早稲田大学時代の同級生で一般企業に務める会社員の1歳年上の男性だといいます。

 

2人の馴れ初めは、約10年ぶりに再会して、互の距離を縮めるようになり交際に発展。1年間の交際期間を経て、結婚に至ったそうです。また、子供はいないようです。

 

フジ退職以来、イベントに初登場

 

2015年1月5日には、東京都内で行われた映画「ブリッジ・オブ・スパイ」(スティーブン・スピルバーグ監督)のトークイベントに司法試験合格後、久々に公の場に姿を見せています。

 

同イベントで「新年の抱負」を聞かれた際には、「強くなる」といい、弁護士として「クライアントを頭、体、心で守るというか、相手からすごく攻撃を受けるんですよ。そのときにいちいち落ち込んでいたりしたら守れない。だから自分が心身ともに強くないといけない。自分がもっともっと強くなって、たくさんの人を守っていきたい」とコメントしています。

 

2017年4月からはTBSテレビ朝の情報番組『ビビット』に、水曜日レギュラーコメンテーターとして出演しています。

 

様々な困難を乗り越え、女の幸せも名声も手にいれた彼女。

 

芯の強いかっこいい女の代表として、これからも活躍してほしいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『菊間千乃 Official Blog』

関連記事
【フジテレビ】女性アナウンサー名鑑【一覧】
  株式会社フジテレビジョン(Fuji Television Network, Inc.)は、関東広域圏を放送対象地域とするテレビジョン放送の特定地上基幹放送事業者です。略称はCX。   通称はフジテレビ、フジ。FNNフジニュースネットワーク、FNSフジネットワーク(フジテレビ系列)のキー局にあたります。   フジテレビ公式サイト ⇒女性アナウンサープロフィール フジテレビ女性アナウンサー名鑑【一覧】(退職者も含む) 1977年入社 ・益田由美(2015年2月28日で定年退職):誕生日:2月11日:出身地:東京都:出身大学:早稲田大学:血液型:B型 ・城ヶ崎祐子(1997年退社) ・桜井郁子(2014年5月退社)   1983年入社 ・松尾紀子(2015年7月31日退職):誕生日:9月5日:出身地:東京都:出身大学:慶應義塾大学:血液型O型 ・筒井櫻子(?) ・牛尾奈緒美(明治大学情報コミュニケーション学部教授)   1985年入社 ・長野智子(1990年退社、古舘プロジェクト)   1986年入社 ・阿部知代:誕生日:7月23日:出身地:群馬県桐生市:出身大学:上智大学:血液型O型 ・岩瀬惠子(現:フリー)   1987年入社 ・中井美穂(現・フリー) ・青木美枝(1987年 – 1996年、経理局財務部謝金担当)   1988年入社 ・有賀さつき(現:フリー) ・河野景子(現:フリー) ・八木亜希子(フォニックス)   1989年入社 ・佐藤里佳:誕生日:1月14日:出身地:神奈川県:出身大学:フェリス女学院大学:血液型:A型 ・木幡美子(現:CSR推進室) ・田代尚子(フジテレビ国際開発局国際部所属の社員)   1991年入社 ・近藤サト(ベルベットオフィス所属) ・中村江里子   1992年入社 ・西山喜久恵:誕生日:6月22日:出身地:広島県尾道市:出身大学:上智大学:血液型AB型 ・小島奈津子(フォニックス所属)   1993年ニッポン放送入社2006年にフジテレビに転職 ・川野良子:誕生日:6月14日:出身地:神奈川県:出身大学:法政大学:血液型O型   1994年入社
女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
  フリーランスとして活動している女性アナウンサー、キャスター名鑑です。   セント・フォースや三桂などのアナウンサーに特化した事務所に所属する場合が多いですが、最近では、ホリプロなどの大手芸能プロダクションに所属する場合も多いです。   今後も随時更新していきます。(リポーターやお天気キャスターとして出演していた者も記述)   女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】 セント・フォース、フォニックス所属の女性アナウンサーはこちらから https://joseiana.com/cent-force https://joseiana.com/phonics 事務所移籍など情報が古い場合もあります。   NHK契約キャスター(過去も含む) ・国谷裕子(元クローズアップ現代司会) ・遠藤育美(シブ5時) ・駒村多恵「あさイチ」(三桂) ・久田直子「きょうの健康」 ・岩渕梢「くらし☆解説」(ライムライト) ・小林恵子(ライムライト) ・村上文香(NHK大津、元NMB48メンバー)   『ひるまえほっと』首都圏放送(2017年4月7日現在) ・安部香央里 ・高橋温美 ・勝田真季 ・小村弥生 ・島 紗理 ・清水明花 ・竹澤知位子 ・西村美月 ・本庄美奈子 ・松尾衣里子 ・宮澤結花 ・八木菜月 卒業 ・菊池真帆 ・高松祥子 ・中嶋 梓 ・角宮英里 ・田中里香 ・藤田悦子 ・井上朋子 ・菅野真美恵   NHKBS1『BSニュース』 ・長谷川静香(2017年4月1日~) ・竹村優香(2017年2月1日~) ・山住悠(2016年3月29日~) ・高嶋未希(2016年3月30日~) ・杉本麻紀(2014年4月1日~) ・上代真希(2012年4月3日~) ・實石あづさ (2013年4月~2016年8月23日、2017年復帰) 卒業 ・白石理央(2016年8月24日~2017年3月) ・工藤紋子(2013年4月1日~2017年3月31日) ・井上真帆 (2014年1月13日~2017年1月29日) ・滝本沙奈(2014年4月2日 ~2016年3月18日) ・堤真由美(2011年5月~2016年3月29日)   NHK大阪 ・塩見泰子 芸能プロダクション所属 オールウェーブ・アソシエツ
 

 

 

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日


TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他のフリーアナウンサー

その他の準キー局、ローカル局

TOKYO MXテレビ

気象予報士、お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者まとめ

出身大学偏差値ランキング

身長ランキング

アンケート集

学生時代のタレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください