萩原早紀子アナ(abn長野朝日放送)の年齢や出身大学や学歴は?

スポンサーリンク

今回は、長野朝日放送(abn)に所属する萩原早紀子(はぎはらさきこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

萩原早紀子アナウンサーは、元NHK長野放送局キャスター。モデル並みの高身長でスタイル抜群の美人アナです。

 

萩原早紀子プロフィール
出身地長野県小谷村
生年月日1986年12月7日(34歳)
身長?cm
血液型O型
最終学歴長野県短期大学生活科学科生活環境専攻卒業
職歴NHK長野放送局(2012年~2016年12月)
長野朝日放送(2017年1月~)
活動期間2012年~
推定年収?万円
推定カップDカップ
趣味

お酒と料理の組み合わせを考えて、作ったり飲んだり、キツくないゆる~い運動、アロマ。

同期

大槻瞳

担当番組(過去含む)

・『abnステーション』

・『信州スゴヂカラ』

・『今ドキ!昼ドキッ』

萩原早紀子アナウンサーの経歴。

 

萩原早紀子アナウンサーの経歴は、長野県小谷村出身、長野県大町高等学校長野県短期大学生活科学科生活環境専攻を卒業後、長野市にある広告代理店の営業職を経て、2012年よりNHK長野放送局で契約キャスターとして勤務。

 

同局では、情報番組『ひるとくテレビプラザN』、NHKラジオ第1放送『もぎたて信州朝いちばん』などの番組を担当しています。

 

2016年12月に退局。翌2017年1月より、テレビ朝日系列局の長野朝日放送(abn)でアナウンサーとして勤務。同局では『abnステーション』、『信州スゴヂカラ』、『今ドキ!昼ドキッ』などの番組を担当。

 

また、全国ネットの『サンデーLIVE!!』のコーナー「朝メシLIVE!!」(2017年11月12日、2018年8月26日、11月12日)や『朝だ!生です旅サラダ』のラッシャー板前の中継コーナー(2018年1月13日、2018年6月30日)に出演しています。

 


人物。他のエピソード。

 

・きょうだいには3歳年上の兄がおり、本人によると顔が瓜二つだという。

 

・アナウンサーを志した理由は、いろんな人と出会い話を聞きたかったら、誰かの役に立ったり喜んでくれたりする人がいることを実感できる瞬間があるから。

 

・2014年11月22日に発生した長野県神城断層地震の際には、たまたま小谷村の実家に帰省中で、全国放送のニュースで電話でリポート出演をした。

 

・NHK時代の『イブニング信州』では「さきササイズ」というエクササイズをする冠コーナーを持っていた。

 

・NHK長野で同僚だった小椿希美と仲が良い 。

 

萩原早紀子アナウンサーまとめ。

 

・元々は広告会社に勤務していた。

・元NHK長野放送局キャスター。

今後も萩原早紀子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『萩原早紀子ブログ』

関連記事
地方局(ローカル)に勤務する女性アナウンサー・キャスター名鑑【一覧】
地方の放送局に勤務する女性アナウンサー名鑑【一覧】です。(NHK以外) 民放キー局以外にも魅力的な女性アナウンサー達がたくさんいます。 随時更新していきますが、移籍情報が古い場合もありますのでご了承下さい。

テキストのコピーはできません。