本行慶子アナの経歴やマツコ会議出演まとめ(テレビ信州)

スポンサーリンク

 

今回は、テレビ信州(TSB)に所属する本行慶子(ほんぎょうけいこ)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

本行慶子アナは、元さくらんぼテレビアナウンサー。学生時代に日本テレビ系『マツコ会議』に出演したことをきっかけに、ネットで注目された女性アナウンサーです。

 

本行慶子プロフィール
出身地神奈川県横浜市
生年月日1996年10月4日(24歳)
身長?cm
血液型B型
最終学歴東洋英和女学院大学国際社会部卒業
職歴さくらんぼテレビ(2019年4月~2019年11月)
テレビ信州(2019年12月~)
活動期間2019年~
推定年収?万円
推定カップCカップ
趣味

スポーツ観戦、散歩、読書

特技

きれいに食べること、どこでも寝られるところ

座右の銘

「謙虚・感謝・寛容」「ピュアこそ正義」

担当番組(過去含む)

・『news every.』など

本行慶子アナの経歴やマツコ会議出演まとめ(テレビ信州)

本行慶子アナウンサーの経歴。

本行慶子アナウンサーの経歴は、神奈川県横浜市出身、私立桐蔭学園高等学校を経て、東洋英和女学院大学国際社会部を卒業。

 

大学時代には、競技ダンス部に所属。一方ではアナウンサーを目指し、テレビ朝日のアナウンススクールである『テレビ朝日アスク』やTBSのアナウンススクール『Voice』を受講しています。

4年時の2018年4月からは、第16代横浜市観光大使を務めています。

 

また、同年5月5日放送の日本テレビ系『マツコ会議』で、アナウンサー合格者が続出するという東京都文京区にある就活写真スタジオ『Studio Diva(スタジオディーバ)』を紹介した際に、そこに居合わせたアナウンサー志望の女子大学生として出演しています。

 

 

そこで本行アナは、アナウンサーを目指す理由として野球が好きで高校野球を取り扱えるテレビ朝日系列かTBS系列を目指していると答えました。しかし、マツコから「どうせプロ野球選手狙いだろう?」と勝手に決めつけられています。これに本行アナは否定していましたが、マツコは「これまでに高らかに宣言した子はいないので宣言してしまっていいと思う」と話すと、本行アナは大きく右手を上げ「野球選手を捕まえます!」と宣言しています。これにマツコは「やっぱ言わない方がいい」と裏切っていましたが、彼女についてはノリが良くてテレビ向きと話していました。

 

 

その後、同番組2018年9月8日放送回では、東海地方のテレビ局から内定を得たことが紹介されています。(RAB青森放送から内定を得た松本卓也アナも一緒に紹介された)

 

アナウンサーとしての活動。

 

大学卒業後、2019年4月に山形県のフジテレビ系列局であるさくらんぼテレビ(SAY)にアナウンサーとして入社。『FNNさくらんぼテレビニュース』などの番組に出演しています。

 

その後、11月に同局を退社し、翌12月に長野県にある日本テレビ系列局であるテレビ信州(TSB)に移籍しています。同局では定時ニュースや『ゆうがたGet!』のナレーション、『news every.』などの番組に出演しています。

 

そして、2020年9月26日には、『マツコ会議』のこれまでの出演者のその後を紹介する回で、局アナとして活動する彼女の姿が紹介されます。

 

人物・他のエピソードなど。

 

・好きなものは、朝ごはん、いい香りの花、〇〇限定のもの、マンガ『宇宙兄弟』。

 

・苦手なものは、ホラー映画。

 

本行慶子アナウンサーまとめ。

 

・第16代横浜市観光大使を務めた。

・元さくらんぼテレビアナウンサー。

・大学時代にマツコ会議に出演。

今後も本行慶子アナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『おはようけいこです』

関連記事
地方局(ローカル)に勤務する女性アナウンサー・キャスター名鑑【一覧】
地方の放送局に勤務する女性アナウンサー名鑑【一覧】です。(NHK以外) 民放キー局以外にも魅力的な女性アナウンサー達がたくさんいます。 随時更新していきますが、移籍情報が古い場合もありますのでご了承下さい。