信長ゆかりアナはゆかた美人!出身高校大学は?(KSB瀬戸内海放送)

スポンサーリンク

今回は、瀬戸内海放送(KSB)に所属する信長ゆかり(のぶながゆかり)アナウンサーについての情報をリサーチしていきます。

 

信長ゆかりアナウンサーは、2017年入社の若手アナウンサー。大学時代には『第20回新橋こいち祭ゆかた美人コンテスト」でグランプリを獲得した美貌の持ち主です。

 

信長ゆかりプロフィール
出身地岡山県岡山市
生年月日1995?年3月30日(23歳?)
身長168cm
血液型O型
最終学歴首都大学東京卒業
職歴瀬戸内海放送(2017年4月~)
活動期間2017年~
推定年収?万円
推定カップCカップ
趣味

陶芸、ベランダ菜園、和菓子屋さんめぐり

特技

テニス、ダンス

座右の銘

得るは捨つるにあり

同期

担当番組(過去含む)

・『KSBスーパーJチャンネル』

・『KSBニュースview』

信長ゆかりアナウンサーの経歴。

信長ゆかりアナウンサーの経歴は、岡山県岡山市出身、岡山県立岡山朝日高等学校を経て、首都大学東京を卒業後、2017年4月に岡山県、香川県を放送対象にしている瀬戸内海放送(KSB)に契約アナウンサーとして入社しています。(子会社の人材派遣会社キャストKSBパートナーズ所属)

 

大学時代にはキャンパスのある東京都八王子に在住。大学では、ダンスをしておりジャズとヒップホップをやっていました。


出典:http://www.shinbashi.net

2015年7月24日には、東京都新橋の『第20回新橋こいち祭』「ゆかた美人コンテスト」でグランプリを獲得。1年間、新橋に関するさまざまな行事やイベントでPR活動をしています。優勝の際には賞金20万円と副賞としてペアハワイ旅行も授与しましたが、岡山の実家の両親にプレゼントしたいとコメントしたといいます。

 

また、高校生の時から海外へ留学したいという想いがあり、イタリア・ローマにあるローマ大学トルベルガータ校に留学しています。

 

KSB瀬戸内海放送入社後。

 

KSB入社後は、7月の夏の全国高校野球選手権大会中継の「めざせ甲子園」のコーナーを先輩の辻紗樹と担当。10月から『KSBスーパーJチャンネル』のお天気コーナーやサッカーJ2・ファジアーノ岡山の応援コーナーである「クロスポイント」を担当しています。

 

また、信長ゆかりアナウンサーには、これまでに彼氏や結婚などの恋愛に関する情報はなく現在独身だと思われます。

 

信長ゆかりアナの他のエピソードなど。

 

・珍しい「信長」という苗字は、全国でも240人ほど。山陰地方に多く見られ、広島県尾道市から岡山市の間に集中してみられるという。

 

・アナウンサーとしての基礎である発声練習すら1度も経験がないまま瀬戸内海放送に入社したという。

 

・KSBFM香川アナウンススクール岡山校34期生。

 

・好きな食べ物は、肉の塊、蕎麦、だんご、水羊羹 。もしアナウンサーになっていなかったら和菓子職人に弟子入りしたかったほどだという。嫌いな食べ物はないにもない。

 

・最近のマイブームは、ベランダ菜園で、現在、ゴーヤ、しそ、バジルを栽培中。

 

・好奇心旺盛な子供でピアノ、習字、水泳、テニス、エアロビクス、ダンス、銭太鼓など習っていた。

 

・好きな作家は、重松清。大好きでほぼ全作読んでいる。

 

・諸國沙代子(読売テレビ2015年入社)は高校の先輩にあたる。

 

信長ゆかりアナウンサーまとめ。

・「信長」という珍しい苗字。

・『第20回新橋こいち祭』「ゆかた美人コンテスト」グランプリ。

今後も信長ゆかりアナウンサーの活躍に注目です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

公式ブログ

『KSBアナウンサー通信:信長ゆかり』

関連記事
地方局(ローカル)に勤務する女性アナウンサー、キャスター名鑑【一覧】
地方の放送局に勤務する女性アナウンサー名鑑【一覧】です。(NHK以外) 民放キー局以外にも魅力的な女性アナウンサー達がたくさんいます。 随時更新していきますが、移籍情報が古い場合もありますのでご了承下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
地方局(ローカル)

女性アナウンサー名鑑【一覧】


NHK

日本テレビ

フジテレビ

テレビ朝日

TBS

テレビ東京

セント・フォース

フォニックス

その他フリー

その他ローカル局

TOKYO MX

お天気キャスター

女性アナウンサーの人気ランキングなど


人気ランキング

年収ランキング

ミスコン出身者

出身大学偏差値

身長ランキング

アンケート集

タレント活動

熱愛、結婚報道

カレンダー、書籍
女性アナウンサー大図鑑

コメント